だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:ニューメキシコ ( 7 ) タグの人気記事


2018年 03月 21日

春休み旅行2018その1:アラマゴード

ホワイトサンズからお昼ごはんを食べに行った街のことを書いて、「春休み旅行その1」はおしまいです。
アラマゴードという小さな街で、滞在時間3時間ほどだったのですが、次ホワイトサンズへ行くときはここに泊まろうと思ったのです。

お昼ごはんを探して入ったのはOur Country Kitchenというところ。
ここも昨日のレストラン同様、素朴で家族経営でいいところでした。

私が食べたのは、エンチラーダ(ビーフ)で、赤と緑のサルサをかけてもらいました(「クリスマス」っていうそうですが)。
手作りの味、じんわりおいしい。
c0005318_02380846.jpg
親分はターキーメルトサンド。
普通ですがこれもおいしかったそう(グリーンチリが挟んであるのがニューメキシコだ)。
c0005318_02381996.jpg
子供たちは子供らしくチキンフィンガーとハンバーガーを喜んで食べていました。
ホワイトサンズに戻る前に、「あ、動物園がある」と気づいて立ち寄りました。

この動物園Alameda Park Zooというそうですが、こんな素朴な街に動物園があるだなんて!と想定外だったので期待値低めで行ったら意外によかった。
長男が私のカメラで動物の写真をたくさんと撮っていましたが一枚だけ↓。
c0005318_02384513.jpg
コヨーテの写真。

ほかにもメキシコオオカミ(絶滅危惧種)とかボールドイーグル(同じく絶滅危惧種)とかいました。
動物園、ほとんど貸し切り状態だったのでのーんびりと日向ぼっこしながら動物たちをみて回りました。
のどかでよかった♪

それからホワイトサンズへまた戻り、日が暮れるまで砂遊びして砂まみれアーンドくたくたになってラスクルーセスの宿へ帰ったのでした。



by darari | 2018-03-21 10:26 | 旅行 | Comments(0)
2018年 03月 20日

春休み旅行2018その1:ラスクルーセス

ホワイトサンズに行くためにニューメキシコのラスクルーセスという街に2泊しました。
ニューメキシコ2番めに大きな街なんだそうですが、のどかな田舎町です。
ごはんごはん、ビールビールってことで探したのがHigh Desert Brewing というレストラン、というかパブ。
地ビール屋さん。
c0005318_02374741.jpg
ここのビールがおいしくてサービスがとっても親切で、さらに食べ物がおいしかったのです。
昔からグリーンチリで痛い目にあっている のですが、ウェイターのお兄さんに「うちのは辛いよ、危険だよ!」と言われつつオーダーしたグリーンチリが、、、危険でした。
涙ながしながら食べましたが、ここまで辛い食べ物はダラスにない(断言)。
親分のナチョス(スモール、にみえないがスモールをオーダーした)も美味しかったのでした。
c0005318_02375708.jpg
旅行先でひなびたレストランなのにおいしくてサービスがよい、というごはん処はニューメキシコに多いように思われます。
アルバカーキに行ったときもそう思ったし。(あ、ブログに書いてないかも)

街のハズれにはちょっとかわったロードランナーの像がありました。
c0005318_02390174.jpg
廃品でできています。
下からみると、首のあたりは白いスニーカーなのがわかるでしょうか。
c0005318_02394576.jpg
ここで「写真撮ってくれる」とお願いされたご夫婦、リタイアしてシアトルからキーウェストまで旅行中なんだそうでした。
2ヶ月かける予定だそうですが、楽しそうだな、、、。

ところで、ラスクルーセスのホリデーインにあったパンケーキ焼き器。
c0005318_02393018.jpg
一分に一枚焼けるんだそうです。
ボタンを押してじーっとみる。
c0005318_02393863.jpg
うにょーん、とでてくる。
ちょっと欲しかったかも、、、


by darari | 2018-03-20 10:51 | 旅行 | Comments(0)
2018年 03月 19日

春休み旅行2018その1:ホワイトサンズ

春休み旅行、今年は2つ行ってきました。
まずはじめは二泊三日でホワイトサンズ国定記念物。
国立公園じゃないのです、砂が国定記念物らしい。

ダラスからエルパソ(ELP = テキサス州)まで飛んで、そこから車でLas Crusesという町までまずドライブ。
翌日、ホワイトサンズへ。
絶景です。
c0005318_02365410.jpg
c0005318_02370383.jpg
公園の入り口のビジターセンターでソリを買って、いざ絶景の砂遊びとソリ滑り。
c0005318_02371154.jpg
途中でお昼ご飯を食べにAlamogordoという町まで車で20分ほど運転して行ってきましたが、
いやだ〜帰りたくない〜という子供達に付き合って5時間ぐらい砂遊びしました。
大人が滑っても楽しいし。

砂が石膏なんだそうで、足が触れても暑くなく、ひんやりして気持ちいいです。

上の写真に見えるヨットみたいなのはピクニックエリアの日陰で、春休みだからピクニックしている家族も大勢いました。
次回行く機会があれば、ホットドッグの用意してBBQしよう。



by darari | 2018-03-19 02:52 | 旅行 | Comments(0)
2016年 03月 27日

春休み旅行:帰る日

c0005318_04180846.jpg
Santa Feを去る日の朝ごはんは、Tia Sophia'sというニューメキシカンレストランへ。
写真は、木曜スペシャルの、carne adovada plateというもので、写真映りが極めて悪い上に、
次男坊とスクランブルエッグをシェアするために別のお皿に入れてもらったので、煮豆と豚肉の煮込みしか写っていない、
殺風景なお皿になっていますが、この豚肉が、スパイシーですごく美味しかったのです。
アドボチリから出る旨味がじわ〜と効いて胃がほんわりと暖かくなる、ニューメキシコだなぁというご飯でした。
昔はチリペッパーの旨味なんてちっともわかりませんでしたが、こればかりはテキサスに長らく住んでわかるようになった味覚かも。

朝ごはんの後はホテルをチェックアウトして、アルバカーキ市内の動物園へ。
あんまり期待しないで行くと楽しいものです、各地の動物園。
子供達に間違いなく受けるし。
ここにはシロクマとカバがいました。
c0005318_04213232.jpg
c0005318_04205164.jpg
4時間みっちり動物園を見て、ダラスに帰るために空港へ向かいました。


by darari | 2016-03-27 05:50 | 旅行 | Comments(0)
2016年 03月 23日

春休み旅行その2:サンタフェ

c0005318_04045779.jpg
ホテルで二泊まったりしたあとは、少々アクティブに。
アルバカーキからサンタフェ入りして市内観光。
Santa Feとはスペイン語で「聖なる信仰」という意味だそうで(Wikiより)なるほど教会が多いのです。
ちなみに米国で2番目に古い都市なのだとか。
子供達に退屈かな、と思いきやSan Miguel Chapel(全米で最も古い教会だそうです)
で、鐘をつかせてもらったのが楽しかったそうです。
c0005318_04063735.jpg
この教会で鐘をついた人は必ずサンタフェへ戻ってくるのです、と司祭に言われて「僕サンタフェに戻ってこなきゃ」と真面目に言い続ける5歳児(笑)
私は実はサンタフェ11年ぶり、2度目です(前回、鐘ついていないけれど)。
今回観光できてよかった
c0005318_04054104.jpg
芸術的な街なので、街のいたるところにアートが。
ホテル(Hilton Santa Fe Historic Plaza)のお部屋も地元のアーティストの絵がかかっています。
c0005318_04123987.jpg
良い街なのですが、あまりキッズフレンドリーな街ではないです。
芸術を求める大人の街。
なので、キッズフレンドリーなレストランを探すのにちょっと苦労。
ホテルの人に聞いて、Rooftop Pizzaというピザ屋さんが良いよ、と教えてもらったのでそこでご飯と成りました。
c0005318_04150031.jpg
美味しかったし、子供達がご機嫌だったので良いのですが、あまりニューメキシコらしくはなかった(笑)


by darari | 2016-03-23 09:30 | 旅行 | Comments(0)
2016年 03月 22日

春休み旅行

c0005318_04002444.jpg
春休み旅行、ニューメキシコ州へ行ってきました。
アルバカーキとサンタフェ。ダラスからアルバカーキ空港(ABQ)は約90分。近場です。
まずは、アルバカーキのHyatt Resort and Spa Tamaya
c0005318_04010564.jpg
良いところでした。
c0005318_04022819.jpg
ここでスモア(チョコレートとマシュマロを挟んだグラハムクラッカー)をみんなで作ったり
c0005318_04025810.jpg
ホテルのリビングルームでチェスをしたり
c0005318_04013258.jpg
敷地でハイキングをしたり。
c0005318_04031683.jpg
お部屋もゆったりしていてリゾート♪
c0005318_04113342.jpg
屋外温水プールも大満足の子供達。

c0005318_04035903.jpg

屋外でビールを飲むのに満足して、二晩敷地を出ずに過ごしてしまいました。



by darari | 2016-03-22 10:32 | 旅行 | Comments(0)
2005年 03月 15日

Ski Santa Fe (3)

日曜は、下界はちょっと雲が出ているだけだったのだけど、スキー場まで行くと風がきつくて寒い!かつ、二人とも筋肉痛が来たっていう感じ。

なので、スキーは軽めに2時に切り上げ、山を下りることにしました。帰りは、初日からチェックしてあった、ジャパニーズ・スパ萬波(Ten Thousand Waves)へ寄ってお風呂に入ることに。c0005318_142269.jpg門構えからして和風です。Kumagai groupという日本ぽい名前の会社が主体らしいです。メニューは、パブリックバス$15の他、プライベートバスは$19〜色々。マッサージなども充実している様子。私たちは特に予約もしていなかったし、飛行機に乗る前に汗臭くさえなければ良しってことで、パブリックバスでいいや!ってことにしました。


ところでパブリックバスの「水着可」というのはどういうことでしょうか、とフロントで聞くと、
「混浴なので、水着を着ている人も着ていない人もいます。だいたい半分ずつ。着てなくてもみんなが裸なので、リラックスできますよ。パブリックバスは混浴と女性専用の二種類あります」という。
このあたりで、私は「いやー、私日本人なんだけど、混浴で裸はちょっとリラックスできそうにないので、(女性専用にレズの人もいるかもしれないし)、混浴に水着着て入るわ〜」と、ちょい腰引け気味。(アメリカ人は水着着てるだろうっていう思惑あり)

ロッカーでシャワーを浴びてから(このあたりがちょっと日本の温泉とは違います)、二人で水着を着て混浴のお風呂場にむかいます。
c0005318_1411741.jpg
             ↑この塀の中が露天のお風呂。
風呂桶には、先客5名ほど(うち女性1名)と、ウッドデッキにすっぱだかで新聞を読んでいるおじさん2人。なんでお風呂で新聞読むんだー、じゃなくて、うっわーーーーみんな裸だ!

急に、私は時々日本の温泉でみかけるような、「温泉で水着着ている、場を読めないヤーな外人」へと立場逆転。しまったー水着きないで、女性専用のお風呂にしておけば良かった・・・と思っても、今更っていう感じなので、開き直っておきました。こんなに沢山男の人の裸みたの、初めてだよぉっ。

ちなみに、雰囲気はとても良いです。メキシカンな背景と和風の建物が絶妙にマッチしている感じ。サンタフェの空の下で、お風呂というのは、何とも言えない開放感があります。これで桶に浮かぶ冷えたテキーラなどあれば、日本の温泉よりも良いかもしれません。お客様は、地元のアーティスト風、というかちょっとアカデミックだったり、ヒッピーぽかったり。スキー客という客層ではなさそうな感じ。ちょっとお値段高めなので、そうなるのかもしれません。
次は、プライベートバスの予約をして、マッサージとかもしてもらおう〜、と心に決めて、アルバカーキー空港へ向かい、ニューメキシコを後にしたのでした。

by darari | 2005-03-15 13:57 | 旅行 | Comments(2)