だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:コロラド ( 8 ) タグの人気記事


2017年 12月 24日

デンバーでスキー(その2)

c0005318_08101132.jpg
前回の更新以降、更新が遅くなりました、、、こちらの12月は年度末でもあるので色々と忙しいです。
子供の参加する団体が増えるにつれて「クリスマスの寄付(おもちゃとか本とか)」行事が増えるし、お歳暮的にクリスマスギフトを先生や同僚やに贈るものですからお買い物に走り回る12月です。
気がついたらもう23日だ!

ということでさっくり先月のスキーの記録を。
2日目、3日目はArapahoe Basinという有名なスキー場に行きました。例年シーズンが長いかつ、初心者向けのスロープがほとんどない山です。
次男坊には無理かな〜と思っていたのですが初日の手応えが良かったのと、他のスキー場に比べると安い(子供のリフト代無料というプログラムがありました)ので向かってみました。
c0005318_08120546.jpg
11月の中旬、リフトは3本ぐらいしか空いていなかったのですが山頂まで行けるのです。
スロープは割と急なのですが広いし整備も良いし、何よりも空いているので子供たちはスイスイ滑ってくれました。
c0005318_08121375.jpg
(これは次男坊が写真用にポーズしているところです)。
怖くないし、ママが一番おそーいんだそう(笑)
家族4人で山頂から麓までスキーできる日がきました、一つ夢が実現した感じです。

もっと滑りたーい、という息子たちに「また今シーズン中スキーしようね〜」と言いながら帰路に向かいます。
ちなみに、この旅行中食費はあんまりかけませんでした。
次男坊はどこへ行ってもピザ食べたいというので、昼ご飯も晩御飯もピザ食べていたような、、、(汗)。
空港でもピザ。
c0005318_08122996.jpg
帰る日はサンクスギビングだったのですが、ランチにピザ(x4人分)。
帰ったら夜6時とかでしたので、ラーメン食べておしまい。サンクスギビングのご馳走は省略でした。



by darari | 2017-12-24 08:23 | 旅行 | Comments(0)
2017年 04月 11日

不良母、コロラドスプリングスへ。


c0005318_08593584.jpg
4月7(金)ー9日(日)、2泊三日でコロラドスプリングスへ遊びに行ってきました。
2ヶ月ぐらい前から、友人が40歳になるお祝いをサプライズで驚かそう!とその友人の旦那様が企画してくれていたもの。
他の友達2人、合計4人で旅行してきました。
この友人は2011年2010年にも遊びに行っているところで、10年来の友人です、ありがたいことに。

で、なんで不良母かというと、その2−3日前から次男坊が体調不良だったのです。
熱で木曜日学校を休んだので、金曜日の朝、8時半からのドクターの予約を取って診察してもらうと、「インフルエンザのテスト陽性だね、、、」との診断。
いや、、、そうじゃないかと思っていたんです、が、まぁインフルエンザだったら2日ほど寝れば治るであろうときっぱり決めつけて(金曜日当日の方が木曜日よりも体調が良くなっていたこともあり)、次男坊を親分に任せて、10時半のDFW-DENのフライトでコロラドスプリングスへ向かってしまいました。

友人たちには「いや、次男が熱出しててねぇ」と連絡していたので、「飛行機のった」とテキストしたら喜ばれました、みんな「こいつ、ドタキャンだろう」と思っていたそうで(汗)
デンバー空港でシアトルからくる友人と落ち合って、アトランタからくる主賓を無事驚かせた後は(彼女の旦那さまはとりあえず寒いところに行くのでそのつもりで荷造りをするように、と指示して空港へドロップオフしたそう)、レンタカーでコロラドスプリングスへ1時間半ほどドライブ。
Garden of the Godsというところのホテルを友人の旦那さまが予約してくれていたのでした。部屋からの眺め、上の写真の通り。まさに絶景。
部屋には、シャンパンが用意してあり、4にんで乾杯した後は、街のレストラン(これも旦那様が予約してくれていた)へ。

c0005318_08594582.jpg
Rabbit Holeというビストロでした。お支払いも旦那様。いやはや、すごいものです、この接待ぶり。
ディナーの後部屋に戻るとクッキーとミルクが用意してあったり、この至れり尽せりぶり、参りました、、、。
c0005318_08595550.jpg
翌朝起きると、部屋からの眺めは雪化粧。
でも大した雪でなかったので、運転はできるほどで街へブランチへ繰り出しました。
c0005318_09000222.jpg
昼前から、ブラッディーマリー飲んで、かしまし4人でご機嫌。
その後ドライブしましたが、雪なので適当に切り上げてまたホテルのバーでまったり。
c0005318_09001229.jpg
帰る日の朝は晴れて、こんな綺麗な眺めでした。
帰る時には次男坊もすっかり元気になっていて、順調順調、と思っていたら
ダラスが雷雨でDFWまで帰ってきたらゲート待ちで30分ほど着陸後飛行機の中で待ちましたが、大したことないトラブルでした。
友人と話し込んですっかりリフレッシュしました。
留守番してくれた親分、毎度ご苦労様でございます。ありがたや、ありがたや。


by darari | 2017-04-11 09:21 | 旅行 | Comments(0)
2015年 04月 04日

春スキー2015

c0005318_1022496.jpg
今年も、Crested Butte(コロラド)へ家族スキーへ行って来ました。

今年は、初日だけ息子達を二人ともスキースクールに入れて、私と親分はのんびりスキー(彼はスノボですが)。
c0005318_1032371.jpg

スノボする風景を写真に撮ってみる。春スキー、雪は十分にあるけれど、ゲレンデはがらがら〜。

カネゾくんをリフトの上から発見。先生に説明をしてもらっています。
c0005318_1013112.jpg

近寄ってみる。コース取りの説明を神妙にきいている。
c0005318_1042355.jpg

初日で、かなり滑る自信が着いたようです。スキー3年目でようやく楽しさがわかったようす。翌日は、どんどん山に行きたがるカネゾと滑りました。親のほうが体力持たないので、午前はカネゾ/親分組、午後はカネゾ/私と交代して(笑)

次男坊もスキー初めてはいたのですが、頑張ってボーゲンを学習していました。ボーゲンは、ピザスライス、直滑降はフレンチフライ、とおそわります。あったかいので、スキージャケット脱いでしまっています。
c0005318_105346.jpg
ピザが上手にできない、と言いながらも楽しかった様子。来年に乞う期待。
また来年も来ます。


c0005318_105307.jpg
この山のある空港、ガニソン(GUC)は本当に小さな空港なのですが、飛行機待ちをしている間のアナウンスがかわいらしくて笑えました:「ダラス行き待ちの乗客でピザデリバリーを頼んだ人、ピザが到着したのでセキュリティーのところまで取りに来てください」。
待っている人全員でピザを手にした青年が戻ってくるのをちょっとうらやましげに眺める(2時半のフライトなんで、みんな昼食を済ませているはずなんだけれど)。
これ、是非来年やってみたい、、、

by darari | 2015-04-04 10:19 | 旅行 | Comments(2)
2014年 04月 05日

スキー3泊4日

c0005318_23254512.jpg
3月最終週、家族でスキーに行ってきました。
2年前にも行ったCrested Butteというところです。写真の山がその山。

c0005318_2326239.jpg
カネゾは、金曜日に二時間だけ学校へ行って(それで出席扱いになるそうなので)、迎えに行ったら、「スキー!!」と大喜びしていました。
土曜日一日だけスキーレッスンに入れたのですが、この写真、本格的にスキーしているっぽい写真が(iPhoneで)撮れたのでのせときます。
本当はまだまだバニースロープでターンがきっちりできないのですが(笑)

翌日、リフトに乗ってお母さんとてっぺんまで行きたい!とせがむので、一番短いリフトに乗せたのですが、乗っておりるはきっちりできたのはいいのですが、滑る方は重力加速度運動となってしまうので、途中から歩いてスロープを降りました。
まぁ、そんなもんか、と二日目の午後はみんなでバニースロープに行って、カネゾの練習と私がブーちゃん抱えて滑る、という感じで家族で楽しく滑りました。
次男坊、「自分はスキーした」と思っていて、帰ってきてからいろんな人にスキーした!と言うのがなかなかかわいらしい(本当は、抱えられてただけなのに)。きっと来年は自分の板をせがむことでしょう。

c0005318_23271518.jpg
スキー場にある、Avalancheというレストランの中の一枚。
スキー場価格でなく、子供向けのメニューも充実しているので、昼夜通いました。
c0005318_23274927.jpg
ナチョスグランデ〜。(二人で分けて食べました)。

帰りは、このシーズン最終便のGUC-DFW便で。
c0005318_2328246.jpg
ピカピカのA319。新しい飛行機のにおいがします♪

また来年もいこうっと。

by darari | 2014-04-05 23:43 | 旅行 | Comments(4)
2013年 07月 09日

Grand Junction

c0005318_9915.jpg

こんな小さい飛行機に乗って、7月4日から6日、2泊3日でコロラド州グランドジャンクションというところへ行ってきました。
目的は、大人は国立公園めぐりとワイナリー、子供は恐竜博物館と(ホテルの)プール。

グランドジャンクションは、コロラド州の西の端にあり、山と砂漠に囲まれた小さな街なのです。
c0005318_99344.jpg
北東に向かうと、Grand Mesa National Forestというところがあり、
c0005318_99414.jpg
断層がきれいに見える山、、、
c0005318_99576.jpg
に向かってどんどん車を走らせ、、、
c0005318_99696.jpg
これは、途中にあるPalisadesというワイナリーのある小さな村のメインストリートにたって断崖をみたところ。
こんな絶景を毎日見て育つワインはどんなものかと、試飲。
c0005318_991217.jpg
おいしゅうございました。この村で晩ご飯も食べたけれど、なかなかよかったので、また来たいリストに入れておきました。
c0005318_991317.jpg
(といっても、私は軽くステーキサラダ、子供達はチキンフィンガーとフレンチフライ。だいたい旅行にいくとフレンチフライばっかり食べ続けることになります、、、)

夕食を食べたもまだまだ日は明るいので車にまだ頑張ってもらいます。
c0005318_99745.jpg

(このあたりで、後部座席の子供達は眠りに落ちたような、あらかじめ昼間にホテルのプールに入れてお風呂にも入れたので計画通り)メサ、というのは台地のことで、ここのグランドメサは世界最大のメサなのだそう。
c0005318_99973.jpg
てっぺんに着くと、湖(と大量の蚊)があります。
c0005318_991010.jpg

ふだん山のない平地に住んでいるもので、山に登って森林をみるとホッとするというか絶景を眺めてストレスが飛ぶというか、とにかく大人は大満足(そして子供は夢の中)のドライブでした。

==
翌日は、西へ向かいます。ちなみに、車はこんなの、、、
c0005318_991448.jpg
なつかし、、、いんだけれど、子供用シート二つ入れて、子供二人と大人二人乗るのは無理だろう、と思ったら乗りました。
とはいっても、小さい車は、出たり入ったりを繰り返す国立公園めぐりにはとても不向きでしたが(街中のレンタカーから車が出払っていて、他に選択の余地はなかったので)ありがたく乗せてもらいました。
このちっこい車でColorado National Monumentという国立公園へ向かいます。
c0005318_991620.jpg
絶景かな。
c0005318_991732.jpg
ゴツゴツの岩でいかにも化石が発見できそう

こんな岩を切り開いて、道を造ったひとすごーい
c0005318_991889.jpg
こんな岩に穴をあけて、トンネルを作ったひと、すごーい
c0005318_991933.jpg
と大人二人が喜ぶ一方、後部座席の子供達はまったく退屈していました。オモチャとお菓子で懸命の対抗。
c0005318_992059.jpg
この岩のてっぺんにはアメリカの国旗が掲揚されています。誰が登るんだろう、すごーい超人!と思ったけれど、普通にハイキングして登っている人がいました。
c0005318_992197.jpg


c0005318_992291.jpg


大人が絶景を堪能した後は、子供の番。山を下りたところにある村のDinasaur Journey Museumという恐竜博物館へ。
c0005318_992348.jpg
これが結構すごくて、小さな博物館なのだけれど、あなどれません。よく教科書にでてくる「世界一有名な恐竜の写真」↓
c0005318_992410.jpg

このあたりは、恐竜の化石がでてくる土地柄、専門家が大勢いるようで、この恐竜博物館のマニアックぶり、なかなか大人も楽しめました。
c0005318_992530.jpg
このあたりを起点にして、コロラド州とユタ州をまたがるDinasaur Diamondという街道があるそうです。
c0005318_992661.jpg
また近々訪れて、もっと恐竜と国立公園をみたいものです。
食べ物もワインもおいしいし、グランドジャンクションの人たちは会う人会う人みんな親切でとてもいい街だったので大人も子供もそれぞれ楽しんだ2泊3日でした。
c0005318_991167.jpg
ぷはー、地ビールもおいしかった!

by darari | 2013-07-09 09:03 | 旅行 | Comments(4)
2012年 03月 13日

コロラド スキー その3

その2からの続きですが・・・ダラスの今日の最高気温は28℃、週末からデイライトセービング(日本との時差は15時間です)も始まり、「あぁ、もう初夏?」という様子なので、二週間前の旅行がもっと前のことのようです。

2月29日、朝から雪。最高気温予想ー2℃。
c0005318_1055663.jpg

悩んだあげく、カネゾはスキースクールに入れてブーちゃんと親分を部屋に残して、ゆっくりめのスタートで私は山へ。
親分は前日、新雪でいっぱい滑ったからもうこの日はいい、と言っていたのです、私が好き勝手しているようですがそうではありませんから。

リフトを降りたところのコース案内図。ブラックダイアモンドばかりである・・・
c0005318_1102225.jpg
c0005318_1182784.jpg

コケて怪我したら母親として失格・・・と思いながら(親分一人で子供二人&荷物は無理なので)、重力に任せて突っ走っておりました。

体力が切れたところでカネゾをピックアップして...カネゾが山のてっぺんまで行きたい、リフトに乗りたいと無邪気にいうので彼の希望通り、
c0005318_11144749.jpg
乗せてあげました、うっしっし。
リフトに乗って大感激、カネゾくん。

二日間スキースクールに入ってもらったおかげで、ひととおりターンもできるようになったようだし(ピザをスライスするターン=プルークターンができるようになった)、止まれるようになったようだし、いちばん緩い斜面なら行けるかな〜?と思ったのですが・・・
最初の50mほど滑って、疲れたようでした。
あとは(一日の疲れもあって)、マミーがひどいところに連れてきた、もう降りられない〜と斜面に転がってダダをこねるもので、どうしたものか・・・と思っていたら、レスキュー隊の人が大丈夫ですか〜?とやってきて、、、(ここの山の人、みんな親切すぎる)
その途端、カネゾ復活。
スキーを履き直して、自力で滑って降りました。

それから。

by darari | 2012-03-13 11:30 | 旅行 | Comments(4)
2012年 03月 08日

コロラド スキー その2

c0005318_11565352.jpg
クレステッド ビュート、翌日(火曜日)は雪。
につき我が家はスキーは中止。
カネゾをそり遊びに連れ出しました。
私とカネゾが主にソリで遊んだ人で、親分はソリ遊びが下手だということが判明したのだけど(まぁテキサス人だから仕方ないか)上の写真はカネゾが乗ったソリを親分が引いているところ。

c0005318_11593679.jpg
念願のスノーエンジェルを作って、満面の笑みのカネゾくん。
パウダースノーですからね。

おおはしゃぎの兄を見つめるブーちゃんは雪の日をイマイチ楽しんでおりませんでした。
c0005318_1205637.jpg
モコモコに防寒具を着せられて身動きが取りにくいのが不満だったらしく・・・キーキーと不平たらたらでした。
あいにくの帽子と相まって、道行く人たちに
「抱っこしているのは、ベビー?モンスター?」と聞かれる始末でした。
(で、意地悪な母は、「モンスター」と応える)

午後は親分だけパウダースノーを堪能しに出かけ、筋肉痛の私はホテルで息子たちと遊んでいました・・・まったり部屋でTVでも見られたらいいのですが、我が家のアクティブな一歳児のエネルギー消費のためにロビーで走り回っていました。

こういう日のために、ロビーの暖炉前にはボードゲームがたくさん置いてあって、カネゾはさっそく新しい友達を作って一緒にゲームして楽しんでいました。
c0005318_1292663.jpg
このホテル、ゲレンデ際にあって本当に便利で、部屋も長期滞在できるように居心地よくて、ソリも貸してくれて、ジャグジー付きプール(屋外・・・)もあって、という至れりつくせりのホテルだったので、次にクレステッドビュートに行くときはここに泊まるということに我が家では決まっています。

by darari | 2012-03-08 12:13 | 旅行 | Comments(4)
2012年 03月 07日

コロラド スキー その1

c0005318_1216793.jpg
4泊5日でコロラドのCrested Butteというところへスキーへ行ってきました。
上の写真はダラスからぶーんと飛行機でコロラドへ向かい、「ここから雪国」とくっきり境界線がついている風景。
この山を選んだのは、
1)ダラスから直行便で
2)空港からスキー場まで近くて(バスで30分)
3)ホテルからスキー場から近い
という子供連れにありがたい条件を満たしていたためなんです。

初日は移動して、街まで牛乳など買い出しして翌日に備えて絵終了。

山間のちっちゃな街、日が暮れるのが早くて、南国からの旅行者はびっくり。日が沈んだ途端に寒くなって(雪国だから当たり前なんだけれど)道ばたのお店に入って暖を取ろうとしたらそのお店が医療用大麻を販売しているお店でたまげました。知らなかったけれど、コロラドでは合法なんだそう。いきなり子連れで間違った店に入ってしまいました・・・

二日目。朝から快晴。
カネゾはスキースクール(9:30AM-3:30PMの一日)へ。
c0005318_1223574.jpg
子供用初心者クラス(生徒4人、先生一人だけど助手の人多数)で先生の言う事をよーく聞いてね〜。時々様子見に来るからね〜と言ってカネゾと別れ、
親分とブーちゃんはホテルに戻り、
私はスキーとブーツを借りて、リフトに乗って
c0005318_12263531.jpg
山へ。
てっぺんの尖った山がCrested Butteという山です。
雪山をみると「おじいさーん、山が呼んでいる〜」という気分でわくわく。
c0005318_1227397.jpg
リフトを降りていきなり滑る。空いていて誰の気兼ねもしなくていいし、一人なので黙々とスキーするのみ。
リフト2本滑った後、スキースクールを覗きに。

c0005318_12284054.jpg
おぉ、カネゾ(中央の黄色いベストを着たの)おぼつかないながら滑っていました。
スキースクール開始から1時間。
斜面の上から写真を撮ると平らに見えるのですが、一応スロープの上です。

カネゾが張り切ってスキーしているので、お母ちゃんも負けずに再び山へ。
c0005318_1232520.jpg
山頂まで。
この山、50%以上がブラックダイアモンドの斜面なんだそうで、それはどうかと思ったのですが、空いているし雪の状態も素晴らしいし、7年ぶりのスキーの私でもびびらずに楽しめました。
c0005318_12331522.jpg
ただ、黙々と滑るのは体力が持たず(しかも山頂は3700mと富士山並みに高いので息が切れる)、初日は2時間で膝が笑ってリタイア。

午後からは親分に交代して、私がブーちゃんと遊びました。
ブーちゃんは知らないところにいくとものすごーく興奮してしまうタイプのようで、旅行中は毎日お昼寝パスでした。
夜になってもキャーキャー言いながら起きているので、疲れないのかな?と思っていましたが、4日目だけお昼寝した後は元気でした。彼は1歳児ながら体力あります・・・。

一日スキースクールで頑張ったカネゾくんは、3時に様子を見に行ったら先生に元気にバイバイしたと思ったら、スクールを後にした途端「もう歩けない」と半泣きでした。
頑張ってスキーしすぎの子でした。

翌日に続く。

by darari | 2012-03-07 13:03 | 旅行 | Comments(4)