だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:グリーンカード ( 5 ) タグの人気記事


2017年 12月 31日

新しいグリーンカード届く

8月某日にバイオメトリックス(指紋取り)にいったグリーンカード、年末に郵送で届きました。
c0005318_12175582.jpg
クリスマス翌日から、ステータスアップデートのemailが毎日来ていたので、「そろそろかね」と思っていたら、ステータスの画面が「グリーンカード作りました。品質確認中」というメッセージになった日にポストに入っていたのです(笑)
4ヶ月できたから早かったよね〜と親分にいうと、「12年前は60日以内に来たし、10年前も同じぐらいだったからやっぱり長くなってる」とのこと、、、2度めの更新のこと、まったく覚えておりません(カネゾがお腹にいた頃であろう)。

c0005318_12211870.png
カードと一緒に入っていたのが上の写真の冊子。「米国へようこそ。新しい移民のための手引」というペラっとした冊子が入っていて、詳しくはUSCISのウェブサイトを読むこと、と。
12年以上グリーンカードステータスで住んでいたけど、読んだことなかったかも、と思い冬休み中時間があるのを良いことに本体の手引は107ページもあるもので、 一通り読んでみました。
永住権の義務と権利、社会保険番号の申請、住む場所の決め方、子供の世話、銀行口座が必要です、教育と健康保険、安全について、米国のついて知る、で最後に「米国市民になるには」で終わっています。

昔(12年前)は米国市民になんてならないぜ、としらっと思っていたものですが、政権が怪しいこともあって、市民と永住権どっちがいいんだろう、、、と色々考えています。



ぶつぶつ。

by darari | 2017-12-31 12:59 | 結婚関連 | Comments(0)
2017年 09月 27日

移民局

c0005318_07594259.jpg
8月某日、グリーンカード(永住権)更新の手続きのために、フォートワースの移民局(でもアプリケーションサポートセンター、つまり申し込み支援センター)へ赴きました。
10年に一度更新するものなので、前回の更新は長男が生まれる直前だったようでむくんだ顔した写真のグリーンカードを10年持っていたようです。前回は、ダラスの移民局(古くて汚くて無愛想)のサービスが嫌だった覚えがあったので、気が重いな〜と思いながらドライブして向かったところ、
1)待ちなし、早めについたのに早速手続きしてくれた
2)指紋取る担当の方、迅速で正確
3)その場で「1年延長」のシール発行してくれた
ので、まったく文句言うどころか、「すっごい民間よりサービスよかった!」と出たところで思わず親分に電話してしまったくらい。

担当の人は昔日本にいたそうで、旦那さん、ミリタリー?君は仕事してるの?
永住権とったほうがいいよ、悪いこと言わないから。
などと指紋を取る最中の5分ぐらいの間に色々話をしてくれました。
終わったら、「市民権を取るためのプロセス」などという説明書もくれた次第。

いや、、、市民権とるかどうするか考えたけど、必要ないと思うんですけど、日本は二重国籍認めないし。
と言ったら、「旦那さんに先立たれたら米国政府はまったくヘルプしてくれないから市民権とったほうがいい。ぜひ日本の領事館に相談しなさい」とまで言ってくれたので、そそそそんなに言ってくれるならちょっと家族でリサーチしてみて来年パスポート更新するときにヒューストン領事館に伺ってみようかなぁ、と思っているのです。

、、、と思っている間にあっというまにほぼ2ヶ月たっていますが、まだ新しいグリーンカードは手元に届かないし、市民権vs永住権の私のリサーチも進んでおりません。
ただUSCISからは二週間に一度、自動化されたメールで「あなたの申請書は処理中です。アップデートはありません」という連絡が律儀におくられてきます(笑)。

米国の健康保険のことを考えると老後は日本に住んだほうがよいのかなぁと思う一方、トランプが大統領になった半年でなんだか外国人として住むのがだんだん肩身狭くなってきたかも、、、と感じる場面が増えてきたり、いろいろ悩むお年頃です。ま、次の決断時まであと10年あるさ。
ちなみに日本国の法律に従って、日本国籍を残しつつ米国籍を取るつもりは(いまのところ)ない次第です。



by darari | 2017-09-27 11:22 | ダラス | Comments(0)
2005年 05月 11日

緑のカード

3月4日に面接へ行って以来、90日かかるものと信じていた、通称緑のカードが昨日、郵便で届きました。
驚きました。
・・・だって、アメリカのお役所なのに予定より早い、60日ちょいで手続き完了。
・・・だって、カードが全然緑色じゃない。(ここに見本があります)

永住権ゲットでついてくる権利(米国移民局による)は、
―住んで働ける
―いいこにしてたら市民権も貰える(・・・いりません。私は日本人がいい)
―土地を所有できる(いりません・・・てか、先立つ物がないわ)
―社会保障を受けられる(・・・まだ要らない)
―運転免許証を申請できる(もう持ってる)
―米国軍に加入できる(・・・!!)
―銃を購入して保有してもいい(・・・!!!!!)
ということだそうです。
・・・残念ながら私には、「働ける」こと以外、大したメリットはないようです。
あ、エイリアンっていうタイトル返上ですね。これは大きなメリットかも。

親分も大喜びで、
「これで一緒におうちのローンを払っていけるね!」ウルウル
って言いました。
ひー。
日本から帰って来たら、就職活動開始です。だらだらしてられなくなってしまった。
このブログタイトルの存亡が危ぶまれる・・・?

by darari | 2005-05-11 00:20 | ダラス
2005年 03月 22日

エイリアン、民主党下院議員にお願い詣でする

私の現在の米国移民手続き上の身分は、「エイリアン」です。グリーンカード取得するまでは、「エイリアン」。これって「ガイジン」よりもひどいと思う。
まー、ETごっこして遊んでいるので普段は許す。

ここで、エイリアンには一つ問題がありました。でも、エイリアンは国外へでてはいけない。
「五月吉日、宝塚ホテルにて和風挙式&宴会」というものが現在計画中で、明らかに米国外にでなければならないのに、グリーンカード取得前に米国外にでるためには、「事前請願書」を60−180日に提出しておく必要がある、ということを先週末までしらなかった、というおろかなエイリアン(判ったとたんに申請はしました)。しょうがないやん、移民局の表現、めちゃややこしい上に、支離滅裂なんだもの。エイリアンに判る訳なし。・・・でも間に合わないかもしれない。そうすると、宴会ができない・・・
c0005318_11455149.jpg

で、奥の手に出ました。「議員様にお願い」です。
セッション テキサス民主党議員オフィスへ出向いてきました。
「移民局には書類申請してんけど、絶対日本に帰国して、神道式の挙式を大安吉日にしないと、末代までたたられるかもしれへん」ってな具合の宗教上の理由を全面プッシュ。「だから、移民局に、私の書類手続き急ぐよう圧力かけて〜」っていうお願いです。
別に賄賂を持って行かなくっても、共和党員だったとしても、一般市民(およびエイリアン)がお願いしても、政府関係へのお願い関係であればいいらしいです。
同議員による「あなたのエイリアンのために一つ頑張ってあげましょー」
という請け負い手紙が、これです→。
c0005318_1471486.jpg
移民手続き、医療保険、退役軍人、その他ヨロズ相談事(政府筋がからむ場合)などなど、 議員にお願いしても、お金はかかりません。議員(のスタッフ)は、一票獲得のために意外にまじめに頑張ってくれるらしいです。高校生のときに、議員オフィスでアルバイトしていた地元民、私の親分様がそういうのだから、間違いなし!
日本で議員にお願いって、企業がちょっと邪な企みをするときしか使わないものだと思っていたので、私の親分様のような清き一市民がお願いして、それを美しい手紙つきで歓迎してくれるとは知りませんでした。

五月吉日の宝塚ホテル挙式計画実現のため、セッション テキサス下院議員の活躍に祈願いたします。(でもエイリアンには選挙権がないから、私の一票は期待しなくていいよ)

by darari | 2005-03-22 14:11 | ダラス | Comments(3)
2005年 03月 04日

グリーンカード面接

今日は、二人でグリーンカード取得のため、移民局へ面接へ行きました。

結果から言って、90日以内に条件付きグリーンカード保有者になれるそうな。
条件付き、というのは、結婚して2年たたないと外れないものらしいけど、それはどうでもいいとして、「90日以内」と、かっきり判っているというのが、今までのグリーンカード申請のプロセスからすると、ものすごい進歩なのです。今までは、かつダラス以外の移民局では、「グリーンカードは申請して2年になるけど、まだこない」というのは、ざらにある話だったそうです。いつまでかかるか判らないから、日本へ戻って書類手続き全部やり直す、という人もいたそうです。

ありがたいことに、ダラスの移民局は、「90日以内にカードを発行するラピッドサービスパイロットプログラム」というものを2004年4月から全米に先駆けて試行中で、オンライン申請して、書類が揃っているのを確認と同時に、偽装結婚チェックのための面接を行った後は、速やかに書類処理してくるのです。

今日は、書類確認の後、我々が偽装結婚でないということと、親分の収入レベルが、私を養うために最低限とされている「貧民レベルの110%を超えている(年収110万円程度以上ある)」こと、二人が一緒に住んでいることなどが認められると、無事パイロットプログラムにのっけて貰うことになりました。

移民局を出て、親分は
「NYじゃなくて、シカゴじゃなくて、ダラスに住んでて良かったね!!」だって。
確かにそうだ。他の都市では、このプログラムやってない。
ありがとうございます〜。(なんで、そもそも何年もかかるのか、という事はこの際不問)

帰って来て、芝刈りしました。アメリカ人みたい。c0005318_23575337.jpg

by darari | 2005-03-04 23:43 | ダラス | Comments(0)