だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:旅行( 187 )


2018年 12月 07日

サンクスギビングスキーその3

c0005318_12302947.jpeg
スキー旅行の続き。3日目は長男が元気になってスキーする!とやる気なので早めにスキー場へ。
結構寒いのでホットワインを山の中腹のロッジで飲んで景気づけ。
そうするとつま先から頭のてっぺんまで温まり、スキーも上達したような錯覚に!!
よい気分です。
c0005318_12304896.jpeg
山の麓の景色。このときは11月半ばでまだまだ地面が見えています。
今はもう豪雪なアラパホベースンらしいですが。

元気になったカネゾくん、パチリ。
今年からストックの使い方を覚えました。
c0005318_12312867.jpeg
次男坊は怖いもの知らずですごい勢いで滑ります。
終日まって〜といいながら追いかけるのでした。
c0005318_12314678.jpeg
今シーズン、もう一度スキー行けたらいいなぁ、長男の学校が忙しいから無理かなぁ。


by darari | 2018-12-07 11:45 | 旅行 | Comments(0)
2018年 12月 04日

サンクスギビングスキーその2

c0005318_12283876.jpeg
スキーの記 録の続き。
今回の宿は、ホテルじゃなくてコンドミニアムだったのでキッチン付、でもレストラン併設はなし。
なので、朝ごはんは近所のスーパーで調達しました。
冷凍食品のワッフルとサンドウィッチとヨーグルトとミルク。
ビールはハッピーアワー用。
ラクチン。
Slopesideというコンドでしたが、安い(一泊4人で$100とか、、、まぁオフシーズンでしたが安い)し、
部屋も便利だったので来年もリピートすることでしょう。


で、二日目はスキーせずにBreckenridgeの町へ遊びにいきました。
地元の人はVail とBreckenridgeは人口過密!って言っていたけれど、ダウンタウンは観光客でごった返していました。

ランチはナチョスを大人二人でシェア。
c0005318_12292605.jpeg
次男坊は観光地らしいおみやげを手に入れて満足。
c0005318_12294833.jpeg
(I love Breck)って書いてあるキツネのぬいぐるみ。
一日のんびりしたらカネゾくんの咳も収まったので翌日は4人でスキーすることにしました。


by darari | 2018-12-04 12:24 | 旅行 | Comments(2)
2018年 11月 27日

サンクスギビング スキーその1

c0005318_11141070.jpeg
ほとんど去年と同じ日程でデンバー4泊5日のスキー旅行へ行ってきました。
11月18日(日)から22日(木)の間です。世間では22日はサンクスギビングでしたね。
昔はこの時期に日本へ帰省していたもので、日本の紅葉がなつかしいな。
**
デンバーから車で西へ90分ほどにあるKeystoneに宿を取って、そこから車で10分ほどのところにあるArapahoe Basinで2日滑りました。
c0005318_11144677.jpeg
どうして2日かというと、このA Basinは「子供は二日間無料!」という太っ腹なパッケージがあるからなのです。
そして、カネゾくんはその前の週風邪で2日ほど学校を休んでいたので、熱はないけれど咳がひどいというので初日はお留守番。
体調のせいよりも、そろそろ自分がしたいことをするんだ!みたいな自我かなぁと思って、
「ちゃんと寝て治すこと」と言い置いて次男と親分の3人で一日滑りました。
まぁ11歳ですし。

一日おとなしくしていたようで、翌日からは家族4人で行動できたのでした。
スキーした3人はパウダースノーを満喫、11月中旬なのに山頂から麓まで滑れるアラパホベースン、素晴らしいです。


特筆事項としてこのランチおいしかった!山の中腹にあるゲレンデ内レストランなんですが、
食べたのはバイソンのシチュー。
c0005318_11151038.jpeg
野菜がたくさん入っていて、体が温まってとっても良かった(あんまり美味しそうに見えませんが)。
昔はスキーしながらビールというのが定番でしたが、寒いのでこの日はパスしました。



by darari | 2018-11-27 10:14 | 旅行 | Comments(0)
2018年 10月 12日

Brenham, TX

c0005318_11493991.jpeg
Brenhamの町へ遊びにいった記事の続き。
この街はオースティンとヒューストンの間ぐらいにあるのですが、
ブルーベルの工場がなかったらテキサスの田舎にあるただの小さい町です。

日曜日のディナーは閉まっているレストランも多くて、うーむと思ったのですが、
町の人にオススメされたBT Longhorn Steakhouseでご飯を食べることに。
上の写真はBrazos Valley Breweryという地元のクラフトビール。
なかなか良いです。

私が食べたのは、BTバーガー。普段BBQソースのハンバーガーは食べないですが、ハラペーニョに惹かれてオーダーしました。
カネゾくんが気に入ってパクパク食べていました。
c0005318_11500223.jpeg
でも親分が頼んだテキサスチーズステーキを分けてくれたから問題なし。
c0005318_11502305.jpeg
マッシュルームとポブラノペッパーが入っていて美味しかった。

ご飯の後は、ダウンタウンにある公園を軽く散策。
公園といっても本当に小さな広場みたいなところですが、町の歴史が学べます。

c0005318_11505683.jpeg
なんと1836年にテキサスがメキシコから独立宣言をしたのがこのあたりなんだそうです。
それで、1850年代には鉄道のせいで栄えていたんだとか。
c0005318_11513501.jpeg
へー。
今はこんなにさびれた小さい町なのに、、、。

Tripadvisorでランキングが高かったHome Sweet Farmというところも覗いてみました。
c0005318_11520641.jpeg
庭でライブをのんびり。
ここでも地ビールと地ワイン(子供たちはジェンガで遊ぶ)。
c0005318_11522949.jpeg
のんびりしたいいところでした。
なんでも、普段はこのバーの外にフードトラックがいるのらしいですが、
この週末は近所のラウンドトップでアンティクフェアがあってそっちにみんな行っているのだとか。
c0005318_11525344.jpeg
美味しいアイスクリームが一ドルで食べられて、ほんわかしたバーがあっていい町だな、ブレナン。
まぁ、一度訪れるだけでいいかね、といいながら田舎道をドライブして帰ってきました。
c0005318_11531418.jpeg


by darari | 2018-10-12 10:35 | 旅行 | Comments(0)
2018年 08月 02日

デンバー日帰り出張

昨日はデンバー日帰り出張でした。
c0005318_09481733.jpeg
しかしディレイに遭遇しすぎのこの夏、日帰りでも用心してもしかして帰れなくなった場合に備えて
着替えとトイレタリーはカバンに入れて行きました。
(これは、前の職場の上司に学んだ、、、「航空会社を信用するな!」と)

目的のミーティングが始まった途端、同僚達と私の三台の電話が一斉にブルブル、、、(サイレントにしているから)。
オートメッセージで「ディレイのお知らせです、、、」と。

備えてたから別にいいけど。
うん、当日に帰れるぽいし。
その分デンバーでゆっくりできるし。
ポジティブ思考で。
と3人で言っていたのですが、3時間ディレイすると、ダラスに戻ってきたころには結構くたびれていました。
c0005318_09483022.png
次男坊じゃないけれど、旅行は当分いいです、と言いたい。


by darari | 2018-08-02 11:29 | 旅行 | Comments(0)
2018年 08月 02日

ペンサコーラを堪能した日


c0005318_09434833.jpeg
ちょっと間が空いたら、何書いていたのか忘れましたが、、、続きものの記事は勢いで書いてしまわなければ。
c0005318_09441932.jpeg
ペンサコーラへ行った目的は、Blue Angelsのホームカミング(シーズン最後の凱旋公演)を見るためでした。
会場のど真ん前にあるホテルの部屋を取ってもらってお招き頂いたのでせっかくなので家族連れて参上しました。

c0005318_09444086.jpeg
すごい迫力で6機編成のショーを繰り広げてくれるのです。

それをビーチパラソルの下からビール飲みつつ見物。
c0005318_09450949.jpeg
息子たちは砂のお城を作りながら見物。
どんだけええ身分、、、。
c0005318_09455938.jpeg
とはいえ、品行方正にしていました。
なぜなら、目の前には現大統領支持派(↓写真の旗、見えるでしょうか)が陣取っていたので。
c0005318_09452817.jpeg
考えてみたら、ペンサコーラって軍の基地で(なのでブルーエンジェルズのホームなので)
それはつまり愛国心が強く、Red State(リパブリカン)な人たちが多く
思い返して見ればフロリダというのは先の選挙で真っ先に赤(共和党)が勝った州なんでした。

で、その街を壮挙させる一大イベントに来たからにはアジア人の私はマイノリティーで大変肩身が狭い、、、。
アジア人には見えない親分も(彼は白人ですから)、「日本で感じるよりアウェーな気分」と言って縮こまっていました。
なんていうか、「ここでなにかあったら多分だれも助けてくれない」感は久しぶりに感じました。
なので、ニッコリしながらおとなしく鑑賞。

もちろん、何事もなく(沖合で鑑賞していたボートが転覆して救助されたというニュースは翌日みましたが)、
夕方はディナー
こんな美しい景色が見えるところで。
c0005318_09462108.jpeg
c0005318_09464012.jpeg
海岸にいた時間は実質半日ぐらいの短い2泊3日の旅でしたが、多分一生に一回の経験であろうから満足しました。

上空からみたペンサコーラの橋(↓)。
c0005318_09470114.jpeg
ちなみに、このフライトも遅延2時間半。
次男坊は「うちは旅行しすぎ!もうこの夏は旅行しません!」とご発言。
はい、わかりましたよ、、、。「出張(カギカッコ付)」についてきてくれてありがとう。


by darari | 2018-08-02 11:18 | 旅行 | Comments(0)
2018年 07月 23日

ペンサコーラに到着できなかった日(7月12日)

さて、今年の夏は暑いので天候が荒れています。
しかし、私は晴れ女なので雨雲は私は避けて通って行くのだといままで固く信じていました。
が、今回は引っかかった、という話。
7月12日(木曜)の夕方のフライトでダラス(ラブ・フィールド)→ナッシュビル経由→フロリダ州ペンサコーラへ行こうとしていましたら。

親分から「嵐が来ているみたいだよ」とテキストが入りました。
ラブ・フィールド空港は我が家よりもだいぶ東にあるので、まぁ大丈夫だろうと思いながら飛行機に搭乗。
c0005318_09473763.jpeg
(↑写真は翌日ヒューストン経由で行ったのでヒューストン(ホビー空港)でのもの。)

さて離陸の時間がそろそろ、と思っていたら機長よりアナウンス:
「ダラスの西からストームが来ているので行程を変える必要があり、
そのためにもう少し燃料をたさないと行けないのでちょっと遅れるけど待ってね」。

その直後あたりから稲妻がピカピカとしているのが窓から見えました。
その後もういちど機長より:
「嵐がすぎるまで離陸できないのでもう少し待ってね」

離陸予定時刻より15分経過。雨はザーザー。
「まだ離陸できないし、新しい出発時刻がまだ連絡ないので、
当機から降りたい人は一度降りていいです。でもアナウンスがあったらすぐ戻って来れるように。
もし定刻に戻っていなくても出発しますので。At your own riskで降りていいよ」

うーん別に降りる用事ないけれど、このまま遅れたらナッシュビルでの乗り継ぎに間に合わないなぁ、、、
と気づいたので天気予報を見たり、Flightradar(アプリ)で空港の様子を見たりし始めました。
そしたら、ラブ・フィールド空港だけではなく西の(嵐が通過したはずの)DFW空港も誰も発着していないし、
アメリカンはDFWからナッシュビル行きもペンサコーラ行きも本日は既にキャンセルしていました。

あ、これは今日は自宅に帰れるかも♪とこの時点でちょっとヨコシマな考えを持つ。
一応、出張(という名の遊び。私の出張本当に仕事してない出張ばかり)なのでちょっと嬉しい。
結局機内で2時間待ったあと機内のアナウンスで
「ナッシュビル乗り継ぎのお客様で
タンパ行きの方〜それからカンザスシティー行きの方〜あなた方はラッキーです。
当機を降りて次の直行便に乗り換えてください。
ペンサコーラ行きの方〜。あなた達はアンラッキーです。明日の便に振り替える手続きをゲートで行ってください。
ナッシュビル行きのみなさん、もうすぐ出発しま〜す。乗り継ぎの人たちは早く降りてね!」
(サウスウェスト航空だからこんなアナウンスで問題なし)。

とのお声を聞いてアンラッキーな人々は飛行機を降りました。

その後ゲートで明日のフライトに振替してもらうために30分ぐらい待ちます。
並んでいた前のグループは払い戻ししてもらって、「今からペンサコーラまでドライブするから一緒に行く?」と聞いてくれました、、、
ありがたいが、そこまで急いでフロリダ行く必要もないので断りました。
サウスウェストに乗る人はお客さんもサウスウェストのノリになっちゃうのでしょうか。
トラックで14時間の旅行、見知らぬアジア人のおばさんに一緒に乗っていく?って聞いてくれる精神はありがたいものです。

それにしても長年飛行機に乗っているけれど、一度乗った飛行機から降ろされて当日目的地につかない、という経験は初めてです。
めずらしい体験をしました。

(↓写真は翌日ついたホテルからの眺め)
c0005318_09475861.jpeg
ペンサコーラまで行った目的については次の記事に。
c0005318_09482168.jpeg


by darari | 2018-07-23 10:15 | 旅行 | Comments(0)
2018年 07月 19日

日本帰省2018:実家天国

c0005318_11010792.jpeg
鈴鹿→名古屋→伊賀の旅行から実家に戻ると、実家で宴会続きでした。
実家天国!
週末には妹家族が今度は旦那様も一緒に(名古屋では会えなかったので)実家まで来てくれて、
叔父好きな我が家のボーイズと遊んでくれました。

上の写真は一ヶ月遅れでカネゾのお誕生日会をしようかーとケーキを買った時の写真。
いちごチョコレートショートケーキを選んで9人の大所帯でお祝いしました。
日頃、ダラスでは家族が9人集まることはないので、息子たちはいい体験です。

実家で手巻き寿司大会の模様↓。
c0005318_11014473.jpeg
プール行ったり、手持ち花火したり、神社のお祭りいったり日本の夏っぽいことを今年も沢山しました。
あと、私の友人家族と焼肉食べ放題も。

妹家族が週末に名残惜しく帰ってしまった翌日は、姫路城へ日帰りで。
c0005318_11030602.jpeg
こちらはさすがに大陸の方も大勢いて賑やかでした。
忍者村で忍者のことを学んだ後だったので、子供たちは日本のお城を楽しんでいました。
それにしても暑くて、姫路をもっと観光しようと思って行ったのですが、疲れて早めに戻りました。

実家楽しかったなー、美味しいもの沢山食べさせてもらったのに写真あんまり撮らなかった、、、
毎年帰省すると、朝ごはんにちゃんと野菜とフルーツ食べて、
姿勢が悪いから正しなさいと言ってもらって、リセットします。
好物の桃、鱧、鮎がなんにも言わなくても出してもらえるし(親分の好物のマグロもささっと出てきます)、
この本面白かったから読み、と本がでてくるし、実家はいいなぁー。
また来年の帰省までお楽しみしておきましょう。


by darari | 2018-07-19 11:20 | 旅行 | Comments(0)
2018年 07月 16日

日本帰省:名古屋その2

c0005318_10420789.jpeg
名古屋泊の夜は妹と姪っ子と「居酒屋行こう!」ということで、ホテル近所の居酒屋を散々検討した挙句
奥志摩という炉端焼きのところへ落ち着きました。
個室があって、子連れオッケーで、一応分煙で、、、色々と制約条件があるもので。
お刺身も美味しかったし、煮付けも美味しかった。

そして翌日はこの帰省の目玉といっていい目的地へ、、、。
c0005318_10423753.jpeg
名古屋の市内に泊まった理由:ヤマハにアルトサックスを買いに行くため!

カネゾくんは秋から学校のバンドに入って、運良く第一希望のアルトサックス担当になったのですが、
楽器は初心者モデルのレンタルをするようにとの連絡が顧問の先生からありました。
レンタル二年したあとは買い取るオプションがあるとのことですが、ちょっと算数をした限り、
新品を日本で買ったらお得ということがわかったのです。
なので、メールで連絡を取って朝一番でお邪魔したのが名古屋店。
3本試奏させてもらいました。
カネゾくんは楽器初心者なので、試奏して意味があるのかなぁと思ったら、担当の方が「もちろん!」とおっしゃってくださったのです。
辛抱強く3本吹くのに付き合って頂いたあと、カネゾは「2本めがいい!」というのでめでたくそれを購入しました。
本人も嬉しそうだけれど親も嬉しいのです。元ジャズ研としては。

一大目的を達成したあとお昼ごはんをサイゼリヤで食べて(せっかく名古屋なのに、、、)
名古屋都心を離れて、向かったのは伊賀市。
車だと1時間半ぐらいでした。
伊賀流忍者博物館へ行くのが目的だったのですが、ついたらちょうど3時の忍者ショーが始まりますよ!とのことでした。
c0005318_10431037.jpeg
忍者ショーなんていかにも怪しい!と思い猜疑心丸出しで席に座った大人達でしたが、、、すごーく面白かったです。
この博物館、日本人よりも外国人の比率が高かったです。
ショーの観客もアジア系だけでなくヨーロッパからの方々も一緒に見ていて、なので説明もバイリンガルで行ってくれるというとっても国際色豊かな経験でした。(ちなみにその後でみた忍者屋敷は私が英語で説明させられた、、、)。
いわゆるアメリカナイズされた忍者じゃなくてちゃんと史実に基づいている、子供だまし(や外人騙し)じゃないのがすごいと思ったら
阿修羅 というプロダクションの方々は海外公演も数々こなしているし、日本政府公認だったりする国際忍者集団だったのです。
これはすっかりファンになりました。
アメリカ公演する際は教えてください〜と言って忍者村を後にしました。


by darari | 2018-07-16 09:47 | 旅行 | Comments(0)
2018年 07月 11日

日本帰省:名古屋その1

鈴鹿をでて向かったのは、名古屋港水族館
妹と姪っ子ちゃん4歳と待ち合わせ♪
c0005318_05584623.jpeg
我が家の少年たちの数少ないイトコなので、彼らは年がら年中「Sちゃんに会いに日本へ行きたい〜」と言っております。
それが実現するので鈴鹿から名古屋まで1時間半のドライブ中まだか〜まだか〜攻撃に合いました。
やっと一年ぶりに再開したら3人で水族館でハグー♪
c0005318_05591261.jpeg
c0005318_05581502.jpeg
キャッキャしながら水族館を見ていました。
特に次男坊が姪っ子にメロメロで見ていて可笑しかったのです、普段は友達の間で割りと硬い子なので。
7歳でも目尻下がるものなのですね(笑)
c0005318_05575222.jpeg
水族館のイルカショー、名古屋でみれてとっても良かったです。
イルカショーはダラスでなかなか見られるものでないので、帰省中にまた須磨水族園でも行こうかなっと思っていのです。
名古屋港水族館のイルカたち、頑張ってジャンプしてそれを捉える映像もハイテクで、また見にいきたい。

他にもサメの卵とか深海魚の画像などに子供たちはオオウケしながら歩いて回って、
最後の触れる水槽でずーっと遊んで疲れたところで六人でホテルへ向かいました。
名古屋のヒルトンホテルに泊まる用事があったのです。


by darari | 2018-07-11 11:08 | 旅行 | Comments(0)