だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ダラス( 151 )


2018年 10月 14日

BETOでハロウィーン

c0005318_11472287.jpeg
ご近所さんの、ハロウィーンデコレーションを装った中間選挙に向けた支持看板。
お顔は本物のカボチャです。
なかなかウィットが効いていて、これなら取られなさそう(笑)

テキサスといえば圧倒的に共和党派の土地柄で、
我が家の近所も2008年の大統領選の際にオバマ支持の看板は捨てられていたのですが、
今回の中間選挙に向けた支持表明もご近所で白熱(?)しています。

ご近所さんのBETO支持派の方によると、看板がすぐになくなるのでポストにステッカーを貼るようにしたんだそうです。

我が家のストリートでBETO(オルーク、民主党)の看板を飾っているおうちが3軒、
テッドクルーズ(現役上院議員、共和党)の看板をたてているお家が4軒。
ちなみに我が家は政治的意見を表庭に表明しておりません。

11月6日まであと3週間、日本の選挙と比べて街頭演説も選挙カーもないので静かといえば静かですが
看板が夜のうちになくなると聞くとちょっと怖いものがあります。



by darari | 2018-10-14 11:46 | ダラス | Comments(0)
2018年 10月 01日

コーギー バッグ♪

セントラルマーケットに行ったらこんなにかわいいバッグ売ってた♪♪♪
c0005318_03500131.jpeg
コーギーが4種類。
ねねね、バンブルどう思う?
「えー、いいんじゃないですか」
c0005318_03503455.jpeg
(上目使いなので、言わされている感満載の写真が撮れました)。

結構大きくて、ワインがすっぽり立ったまま入ってボタンが止められるサイズ。
これは重宝する感。
お値段は$9.99とショッピングバッグにしては強気。
c0005318_03501903.jpeg
開催中の英国フェアの一環のようでした。
他に買ったのは、ブラッドソーセージ(下のお皿の左下)。
去年行ったロンドンで食べた朝食 が美味しかったよな〜と思ってブラッドソーセージを探していたのですが、アメリカで売っているの、初めてみました。
c0005318_03512088.jpeg
このソーセージも$9.99でした。
コーギーバッグと同じ値段、、、

問題はブラッドソーセージは食べるのは私だけ、家族は「げー」と敬遠すること。
食べても食べてもまだあるぞ、ソーセージ。

一方でコーギーバッグは息子たちが頂戴、頂戴とせがむこと(笑)
この柄はちょっと女の子っぽすぎるんじゃない?と言ってあげないでおこうと思っていますが、
念のためにもう一つ買いに行こうっと。


by darari | 2018-10-01 04:01 | ダラス | Comments(0)
2018年 05月 05日

ボランティア後、ランチ

c0005318_11570757.jpeg
労働した後のハイカロリーランチ。
Blues Burgerというダラスのバーガー屋さんでThe HMFというバーガー($13!)を食べたものです。
c0005318_11572532.jpeg
半分に切ったところ、、、チーズが溶けてきれいな写真でないのですが、グリルしたハラペーニョとオニオン、ゴーストペッパーチーズ、ベーコンなどが混然と乗っていて刺激的においしいバーガーでした。

大きなバーガーなので夜になってもお腹減りませんでした、、、。
でも労働した後なので良いか!と同僚と奮発したものでした。

というのは、Meals on Wheelsというボランティアをした後だったので。
ミールズ オン ウィールズとは、高齢者か身動きが不自由な方、低所得者で自宅に住んでいる人に一日一度温かい食事を食べてもらうべく、ボランティアが給食センターで個別に包装された温かい食事を、ボランティアの車で配達するものです。
これで3回目ぐらいかな?私が職場のボランティアグループで参加したの。
今日は雨だったので、受け取る人たちの在宅率が高くて、13軒配達するのが結構効率よく終わりました。

ダラスの低所得者層が住む地域に配達するので集団で行動するのです。
地図でいうと、トリニティーリバーの南あたり、West Dallasと表示があるあたり。
c0005318_11594416.jpeg

その前の週は、このあたりでHabitat for Humanityというボランティア団体で家を建てるお手伝いをしました。
c0005318_11582828.jpeg
これは家の外壁を作っているところ。
写真を撮ったのはこれだけですが、部の人たち15人ぐらい一日参加して、窓枠を入れて、外壁をぐるりと貼ってと作業したのでした。
ハビタット フォー ヒューマニティーは、やはり低所得者に無利子で住宅融資をするボランティア団体ですが、
条件は家を購入する家族が500時間、自分の家を建てるのに貢献することなんだそうで、
私が行った日も若いご夫婦が真面目に働いているところをお手伝いしたのです。
こちらは、ダラスの大きな(裕福な)教会がバックアップしているので、一日ボランティアしたらお昼ごはん(テックスメックス)も支給してくれて大変よく組織された団体でした。

というわけで4月5月、よく自分の仕事ほりだしてボランティアしました(笑)
今の会社は地域貢献のボランティアに力を入れているので私みたいなヘタレでも家を建てる体験させてもらったり、ご飯配ったりして社会貢献している気にさせられます。

あ、ちなみにMeals on Wheels現大統領が資金凍結しようとしている危機に瀕する団体です。


by darari | 2018-05-05 12:23 | ダラス | Comments(2)
2018年 04月 10日

サッカー三昧の極寒日

土曜日は寒波が来ていて、気温2℃、体感気温−2℃みたいな午前中でした。
しかも霧雨か雪みたいなものも降っている中、子供たちのサッカーの試合へ出かけました。
あまりにも風が強いのと寒いので10歳リーグも7歳リーグも泣き出す子、続出。
親たちは頑張ってサイドラインで応援しましたが、文字通り骨の髄まで凍えた感じで終わったら家へ帰ってお風呂に入って解凍しました。
この冬(もう4月なんだけど)一番の寒さだったこと、間違い無し。

昔も寒いなかサッカー見学したなと思ったけれど、2011年3月でした、、、今回は4月だけど同じ状態。
記憶に残るゲームだったのは間違いなし。

しかしこの日のサッカーはこれだけで終わらなかったのであります。
夜、FCダラスの試合のチケットを買っていたものでフリスコまで遠征しました。
(我が家からフリスコまでは大阪ー京都とか東京ー横浜の距離があるのです、50kmとか)

会場はトヨタスタジアム!
朝の寒さに懲りてスキーウェア上下着て行きました(笑)
朝より気温上がっていたし、風も止んでいたので過剰装備かと思いましたがちょうど良かった。
c0005318_10574617.jpeg
寒いので観客も入りが悪いのです。
ビール!とかいう気分にも全くならないし(笑)

赤いユニフォームがダラスチーム、黄色いのがコロラド。
c0005318_10580697.jpeg
ハーフタイムが終わったところで0対0。
カネゾくんは割りと集中して見ていたけれど、後半コロラド側に1入ったあたりで、
「じゃ、帰ろうか〜」ということになりました。
c0005318_10582115.jpeg
帰宅して結果をみたら1対1で引き分けたみたい。

プロのリーグより子供の試合のほうが白熱したね、と親分と言い合ったのでした。
まぁ、遠足気分だったので楽しかったです。



by darari | 2018-04-10 11:12 | ダラス | Comments(0)
2017年 12月 31日

ダラス動物園のライトアップ

c0005318_08325228.jpg
ダラスズーがクリスマスライトアップされているのを見に行ってきました。
12月27日(水曜日)というクリスマス後に行ったのにまだサンタさんがいて微妙、、、。
でもライトアップ自体はとってもきれいでした。1月2日までだそうです。
すごい寒波が来ているので水曜日に行っておいて良かったです。
c0005318_08324168.jpg
マシュマロも焼いておいたよ〜。
c0005318_08323018.jpg


by darari | 2017-12-31 12:25 | ダラス | Comments(0)
2017年 10月 15日

ミツワ プレーノ店へ行ってみた

c0005318_10420328.jpg
ミツワというお店はシカゴに留学していた際、週末によく通ったものでした。
日本食が恋しくなると車で片道40分ほどのドライブをして、日本食買い出しに行くのです。
(どうでもいいが、ヤオハンからミツワに変わったのは1997年のことらしいです、、、私はシカゴにいたのは2001−2003のことなので、当時はミツワと言っても通じなくて、ヤオハン、といい直していた。)ちなみに親会社はカメイという会社でメチャクチャ子会社(グループ会社?)がたくさんあって笑ってしまうけど、海外で日本食食べられるようにしてくれているというのはありがたい限り。

で、ダラス近郊にもミツワがついに!オープンした!のは5月ぐらいだったと思うのですが、今まで10年以上ミツワなしで暮らしたし〜、最近ではその辺のターゲットやらのグローサリーストアでも日本食売ってるし〜と思い、いや、一番に腰が重たかったのは車で40分ぐらいかかる上にその途上に3ヶ月に1度ぐらい行く韓国経営のHマートというアジアスーパーがあるので億劫だという理由だったのですが、9月末にようやく訪問してきました。休暇とったのです、そのためにわざわざ。

入って「小さい!」と思ったのが第一印象ですが、シカゴのミツワと比べるとこじんまりした印象。
えーと、トレーダージョーズみたいな大きさ、というか。成城石井みたい、というか。

特筆事項
◯お米は多分Hマートより安い
◯お酒がいっぱいある!きゃっほ〜
◯日本直輸入の美しい魚がある
◯缶詰とか日本製でないものが置いてあると興ざめする(すいません)
◯お惣菜がたくさん作ってあった(買わなかったけれど)
◯それで、日本人の単身赴任または出張中と思しき若い方が乾きもの(するめとか)と酒を持ってレジに並んでいるので「は〜日本人増えたな〜」としみじみしてしまった
◯レジのバイトさんが両手でレシートを渡してくれるのが日本特有のトレーニングした感じ

で、併設してあるフードコートでラーメンを食べました、ウキウキと。
高くてびっくり。ラーメンはもう食べなくていいか。
うん、試した。ということに満足してまた片道40分かけて帰ってきました。


by darari | 2017-10-15 10:57 | ダラス | Comments(0)
2017年 09月 27日

移民局

c0005318_07594259.jpg
8月某日、グリーンカード(永住権)更新の手続きのために、フォートワースの移民局(でもアプリケーションサポートセンター、つまり申し込み支援センター)へ赴きました。
10年に一度更新するものなので、前回の更新は長男が生まれる直前だったようでむくんだ顔した写真のグリーンカードを10年持っていたようです。前回は、ダラスの移民局(古くて汚くて無愛想)のサービスが嫌だった覚えがあったので、気が重いな〜と思いながらドライブして向かったところ、
1)待ちなし、早めについたのに早速手続きしてくれた
2)指紋取る担当の方、迅速で正確
3)その場で「1年延長」のシール発行してくれた
ので、まったく文句言うどころか、「すっごい民間よりサービスよかった!」と出たところで思わず親分に電話してしまったくらい。

担当の人は昔日本にいたそうで、旦那さん、ミリタリー?君は仕事してるの?
永住権とったほうがいいよ、悪いこと言わないから。
などと指紋を取る最中の5分ぐらいの間に色々話をしてくれました。
終わったら、「市民権を取るためのプロセス」などという説明書もくれた次第。

いや、、、市民権とるかどうするか考えたけど、必要ないと思うんですけど、日本は二重国籍認めないし。
と言ったら、「旦那さんに先立たれたら米国政府はまったくヘルプしてくれないから市民権とったほうがいい。ぜひ日本の領事館に相談しなさい」とまで言ってくれたので、そそそそんなに言ってくれるならちょっと家族でリサーチしてみて来年パスポート更新するときにヒューストン領事館に伺ってみようかなぁ、と思っているのです。

、、、と思っている間にあっというまにほぼ2ヶ月たっていますが、まだ新しいグリーンカードは手元に届かないし、市民権vs永住権の私のリサーチも進んでおりません。
ただUSCISからは二週間に一度、自動化されたメールで「あなたの申請書は処理中です。アップデートはありません」という連絡が律儀におくられてきます(笑)。

米国の健康保険のことを考えると老後は日本に住んだほうがよいのかなぁと思う一方、トランプが大統領になった半年でなんだか外国人として住むのがだんだん肩身狭くなってきたかも、、、と感じる場面が増えてきたり、いろいろ悩むお年頃です。ま、次の決断時まであと10年あるさ。
ちなみに日本国の法律に従って、日本国籍を残しつつ米国籍を取るつもりは(いまのところ)ない次第です。



by darari | 2017-09-27 11:22 | ダラス | Comments(0)
2017年 09月 01日

怒涛の一週間

c0005318_11192606.jpg
怒涛の一週間でした。
ハリケーン改め暴風雨ハーヴェィが始まったのが先週の金曜日、
土曜日は息子たちのサッカー秋シーズンが始まり(だいたい学校の始業式と連動しています)、ピアノリサイタル(ピアノリサイタル、この週末に重ねなくてもと思った親たち)で遅刻しないよう走り回り(走るのは車ですが)、
月曜日は息子たちの新学年新学期が始まったと思ったら夜は柔術のベルトテスト(上の写真、6月初めの第一回目のクラスの様子。中学校のカフェテリアで開催されているクラスなのです)、水曜日も同じく柔術のベルトテストの結果(二人とも3ヶ月のレッスンで白色帯から黄色帯へ昇格)の帯をもらいに行く日でした。
ハーヴェィのニュースを見て落ち込んでいる暇なし。
あ、そうだその上に輪をかけて忙しくしてくれたのが親分の膝負傷(学校が始まる前の木曜日の夜)。
おかげで金曜日の朝一番に薬局へ松葉杖買いに走ったんでした。
この人の世話もしないといけなくて、いや世話している余裕はなかったのでほったらかし。

会社へはまるで世間話しに行っているような気分でした、、、いや、実際にはミーティングやプレゼンしているのだけど上の空。本腰入れて取り組んだのは、ダウンタウンのコンベンションセンターがサルベーションアーミーのシェルターになるから、ボランティアへ行ってくださいと会社の有志の人から連絡が来たのを部で取りまとめする役目ぐらいでしたか。
しかし、火曜日に部の同僚20人ぐらいで「さ〜ダウンタウンに行きますか」とオフィスを出ようとしたところ、「今日のボランティアは中止。ヒューストンから避難してくる人が少ない様子」とメールが来たのでUターン。水曜日は予定していなかったのに、「いますぐ10人ぐらい来てください」と連絡が来て急なことなので部内で手が空いていた5人ぐらいがボランティアに出動したところ、避難してきた人のバスが遅れてボランティア同士に昼食を配膳してきたんだとか。
ただ、バスでやってきた人たちはまさに着の身着のままでヒューストンを出てきたので、裸足の人大勢、とりあえずパジャマ代わりのジャージーとか靴下が欲しいとリクエストされたそうで本当に気の毒な様子だったそうです。じゃあ、今日木曜日はきっとボランティア要請あるだろうから準備しておこう、と同僚と用意していたけれどお呼びかからず。いろいろ難しいのでしょう。
シェルターは個人でボランティアするのは難しいと聞いているので、会社が取りまとめてくれるのがいいのだけれど、難しいようなので週末教会で何かできることがあるか聞いてみようかなぁと思っています。

で、世間話をしに行っているオフィスですが、今日の世間話は「早くガソリン入れに行ってきた方がいい、リファイナリーが閉鎖してガソリンが足りなくなるから」というトピックで持ちきり。(本当はヒューストンのオペレーションどうしよう、と徹夜で仕事しているチームも部内にいるんですが、、、私を含め部の80%は今週とか来週といった「超短期」の仕事に関係ない人々なのです。)

そうこう話をしているうちに、朝通勤する時に$2.49/gallonだったガソリンは、帰宅時には$5とか$6とかの札がスタンドがかかっていて、売り切れのスタンド続出。まだ在庫があるスタンドには長蛇の列。風評から本物のガソリン不足に陥ったダラス近郊なのでした。長男の息子の学校からは「ガソリンスタンドで給油待ちの車のせいで道路が渋滞していて、スクールバスが遅延している」という連絡が来たりして、ある種のパニック状態が生じています。落ち着け、ダラスの民。

本当に大変なはずのヒューストンからは毎日数通のメールがヒューストン領事館から届いて、その丁寧で暖かいメールの文章に心打たれるのです。
領事館の方々の携帯電話番号まで教えてくださって、多分ご自宅ではご家族含め大変な思いをされているだろうところ、テキサス、オクラホマ一帯の在留邦人に呼びかけをされているヒューストン領事館の方々にお見舞いをしに行きたい(迷惑だろうけど、、、)。

とりあえず、今週末はレイバーデーで月曜日が休暇なので、息子たちを含めて何かボランティアできないか探してみます。
わー、こんなに日本語たくさん書いたの久しぶり。


by darari | 2017-09-01 11:46 | ダラス | Comments(2)
2017年 08月 21日

Ichiro Ramen

c0005318_07591261.jpg
今の職場の近所はヒスパニック系のレストランが多くて、アジア系が少ないのですが、車で10分ほどのところにラーメン屋さんがあります。
Ichiro Ramen
上の写真は、スパイシー味噌(お肉は鶏か豚か選べるので、豚)ラーメン。$9.5(結構高い)。
c0005318_07574862.jpg
これはまた別の時に行った同じくスパイシー味噌ラーメン。担々麺もよく食べております。
いつ行ってもよく混んでいて、今のところは日本人は見かけません。
メディカル区が近いので、医療機関系ぽい方が大勢。



by darari | 2017-08-21 10:45 | ダラス | Comments(0)
2017年 05月 10日

かつて天国のような場所だった紀伊国屋

知らない間にダラス近郊には二軒も紀伊国屋書店がオープンしていましたよ。先週末、ようやく行ってきました。プレーノ店とキャロルトン店があるようで、行ったのはキャロルトン店。プレーノ店へ行くと、ミツワ(日本食料品店)もあるようですが、何せDFW空港の西側に住む我々からすると、プレーノ店の中間地点にキャロルトン店が位置するもので、プレーノはちょっと敷居が高い。
c0005318_08363144.jpg
日本語の本!日本語の表示価格X1.5倍にしてドルにした感じのお値段でした。1980年代、在ニュージャージー州の駐在家族だった私からすると紀伊国屋書店というのは、もう天国のような場所だった記憶があるのですが、、、当時はマンハッタンに行く=紀伊国屋に連れて行ってもらえる=日本語の本を2冊選んでもいい!最高!って感じでした。それだけ日本語に飢えていたのでしょう。今は、、、今回なーんにも買いませんでした。息子たちは、「ポケモンの本が欲しい!」と言っていたのですが、君たちが欲しいのは英語のポケモンカードじゃないか、じゃターゲット(どこにでもあるお店)で買えばいいじゃない、という感じで、、、。
c0005318_08383380.jpg
私自身も、今はKindleでたくさんの本がすぐ手に入る上に、オンラインで買うとプレミアム払わなくていいのですから、わざわざ紀伊国屋で買う必要はないなぁ(しかも、毎年一度は帰国しているし)。あぁ贅沢な世の中になったこと、紀伊国屋に行って目の色を変えて本を抱え込んで悩むことがなくなっただなんて。80年代の私に教えてあげたい。ちょーっとだけ買おうかな、と手を取ったのは、東野圭吾の本(Kindleで売っていないので)。アメリカで現在売っている本でKindle化されていない本を探す方が難しいと思うのだけど、日本はまだまだ電子化するか紙媒体で売るかという選択肢があるのは面白い(でも読者側からすると不便だけど)ですね。まぁ、東野圭吾の本、読んだか読んでないか忘れて同じ本を二度買ったりすることを考えると、つまり読まなくてもいい訳なのでわざわざダラスで買う必要はないのです。それより夏の帰国に備えて無駄遣い控えようっと。

by darari | 2017-05-10 08:54 | ダラス | Comments(2)