だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 09月 25日

雨の週末

c0005318_04014221.jpeg
豪雨の週末でした。冠水でそこらじゅう通行止めになっていたぐらいの。
次男坊が風邪で発熱していたのと、雨で少年サッカーが中止になったので
ぽっかり暇な時間ができました。

なので、クッキー焼いたり、子供が好きなご飯作ったり(といってもトンカツとか)、、、と家庭的な二日間でした。


###


長男の学校が忙しくてバタバタの1ヶ月だったので、週末が雨でちょうど一息つけました。
長男の学校、、、6年生なのですが大量に宿題がでます。
公立の学校なのですが、7年生の数学の内容のクラスにいて(5,6年生用の算数を5年生で終わらせた)関数を習っています。
難しい問題はスラスラ解くくせにケアレスミスを防ぐのを忘れるみたい。
毎週テストがあって週末は見直しをするべきなのに忘れて遊んで、日曜の夜に焦るパターン。
数学のボリュームにおかまいなく、ランゲージアート(国語)、理科、社会も宿題やらプロジェクトやら。

それから、6年生から始まったバンド。
念願のアルトサックス担当になって満足なようですが、毎日30分練習するログをつけて毎週提出。
ちなみにバンドは音楽の授業の一環なので平日の授業中にあって、日本の部活のように放課後やるわけではないのです。
でも、上手くなりたい人はプライベートレッスンを別途することを推奨するという連絡が顧問の先生から来たので、
木曜日は30分早く学校へいってプライベートレッスン(学校までサックスの先生が来てくれるのです)。

放課後は、別途クラブ活動、、、カネゾはランニングクラブとフロアボール(ホッケーみたいなのかな?)を希望して受け入れられたようです。
ランニングクラブは5年生でもやっていて、仲がいい友達(↓ピザが間違って届いたお宅の長男)も一緒なので黙々と4km走るだけでも楽しいようです。

さらに月曜と水曜は柔術。あと週一回ピアノの先生も自宅に来てくれてレッスン。
去年も子供たちが忙しくて大変!とちょうど同じ頃に感じていたようなので、
頑張れるならいいか〜しかし忙しすぎるとストレスだしなぁ〜と「ピアノやめてもいいよ〜」と言っているのですけど、、、
(私もピアノは小学校5年生で辞めてバイオリンだけ残したし)

で、カネゾの宿題(元素記号覚えるという理科の宿題)を手伝いながら、
あ、そうだ私も6年生の宿題大変だったんだ、と思い出しました。
現地校1年目か2年目で課されたDavid Attenborough(イギリスの動物学者)のテレビ番組をみて質問に答えるという理科の宿題がありまして。

私、ESLなんで英語わからないし、しかもブリティッシュイングリッシュなんてぜんぜん理解できません〜という状態で
一時間ビデオ番組をみて宿題の答えを書く、というのはもーのすごいストレスでした。
学校から帰って母と取り組んで、ビデオを繰り返し繰り返し再生しても「なに言っているかわからん、このおっさん」という感じで。
夜、父が帰ってくると晩御飯を食べる時間も与えずに一緒にDavid Attenboroughに付き合ってもらったものでした。

あんな大変な宿題は他に記憶にないので、あの体験は後で役にたったなぁ、、、

というわけで、元素記号の暗記と算数の宿題4ページに加えて社会の「政府について」のエッセーという宿題てんこもりの週末も、カネゾさんにとって後で役に立つ経験となるのでしょう。がんばろう。


by darari | 2018-09-25 11:26 | カネゾウ(仮名) | Comments(0)


<< コーギー バッグ♪      幻のピザ >>