だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 08月 19日

夏休みおしまい

c0005318_11062931.jpeg
あっという間に明日から始業式、新学年です。
長男7年生、次男3年生。

夏休みの終わりに、クッキーケーキを作りたい!という次男坊のリクエストで
21cmのパイ型でチョコレートチップクッキーを焼いて、市販品のアイシングでデコレーション。
次男坊の好きなように色選択(赤、緑とピンク)で派手派手にできました。
目に焼き付くBye Summer クッキー。次男坊、大満足の様子でした。
(Summerっていうところだけ「書けない」というので手伝ってみました。
スペースが足りないんで、字が潰れているのはご愛嬌。)


学校が始まるというのに今週が一番暑いようです。
なのでビールがうまい。
コスコでテキサス近辺ののクラフトビール二種類を買ってみました。
これは、フォートワースのRahr & Sons Brewingの詰め合わせ。
c0005318_11064135.jpeg
こっちは、Tupps Brewery というMcKinneyのもの。
c0005318_11065553.jpeg
Tuppsから二種類飲んでみた♪
Juice Pack (と、おつまみに作ったファラフェル)。
c0005318_11070851.jpeg
こっちはシーズンものの、Rising Hopeというグアバが入っているもの。
c0005318_11072003.jpeg
どっちもフルーティで美味しい。

外が暑いのでインドア気味の人間に合わせてワンコもインドア系。
最近はおトイレが問題なのでダイパーを着用中のシニア犬(14歳)です。
c0005318_11073204.jpeg
毎日ご機嫌でニコニコしているのですが、暑い夏あと少し頑張って乗り越えてもらおう。


# by darari | 2019-08-19 11:21 | 歳時記 | Comments(0)
2019年 07月 30日

お友達とシカゴ一泊二日

c0005318_10304066.jpeg
金曜おやすみもらって、カネゾとそのお友達J君、そのお母さんの4人で遊びに行ってきました。
シカゴへ♪
c0005318_10311112.jpeg
12歳の男の子二人が楽しめるように、と思って
シカゴギャングスターとゴーストツアーChicago Gangster and Ghost Tourに申し込みました。
c0005318_10335037.jpeg
このホテル↑出るんですって、おばけ。
H H Holmes っていう連続殺人魔のこととか、Death Alleyでいっぱい人がなくなったこととか、
シカゴ大火のこととか、血生臭ーい話を2時間聞く、というツアーは少年たちに大層喜ばれました。
アルカポーネの話を聞いて歴史にも興味を持ったみたい。良かったよかった。

お部屋はウェスティンホテルで、4人2部屋。
少年たちを一部屋にすると朝までゲームして遊んでいるだろうから、母+子で別れました。
c0005318_10313303.jpeg
部屋からの眺め。川が見えますがヘリコプターが窓から見えるのって都会だなぁと思ったので写真を撮りました。
c0005318_10315250.jpeg
シカゴで何食べる!?とワクワクしながらも、親分おすすめのBilly Goat Tavernへ。
c0005318_10321650.jpeg
なんでも、彼が昔シカゴに住んでいたときのお気に入りのレストランだったそうな。
あんまり母と子で行く感じのところではなかった(おっさんが多い感じ)のですが、まぁシカゴ名物だからいっか。
c0005318_10323291.jpeg
ちなみに、ビリーゴートの支店は空港(ミッドウェー)にもあった、、、

その後は、もっと可愛らしいところへ行きました。
Stan's Donutsっていうドーナッツ屋さん。
c0005318_10324886.jpeg
こちらはJ君のお父さんご推奨。
きれいなドーナツ♪ピスタチオフレーバーなんてのもありました。
c0005318_10330930.jpeg
翌日は、ミシガン湖ツアーへ。
c0005318_10332976.jpeg
シカゴへ来たの久しぶりです。
2015年2014年2006年の記事がブログ上見つかったけど、
2001年から2003年に住んでいたのでなんとなく土地勘があって
道案内できたので少年たちからのリスペクトを得られた、、、ような気がします。
いや、彼らは「友達と旅行」という体験が楽しかったようなので、別にシカゴじゃなくてもよかったのかも。
でもお母さんたちもとっても楽しかったです。
子育ての話とか仕事の話とか、ネタに尽きない感じで話をして発散しました。
c0005318_11282319.jpeg
また行こっと。


# by darari | 2019-07-30 11:06 | 旅行 | Comments(0)
2019年 07月 15日

南部料理、スコタッシュ (レシピ書いてみた) 

c0005318_00275450.jpeg
友人宅で食べて美味しかったもの:スコタッシュ。
ハンバーガーとホットドッグのサイドディッシュで出てきました。
アメリカのお呼ばれでオクラ出てきたの初めてかも。

で、なんど聞いても名前を覚えられなかったのでスコタッシュの詳細をここにかいておきましょう。
アメリカ南部料理らしいです。(Southern Living recipe


材料:茹でたライマ豆(枝豆とかでもいいでしょうか):2カップ
ベーコン:4切、細切れにして炒める
玉ねぎ1つ、大きめのみじん切り
オクラ:10本ぐらい
ガーリック:1切、みじん切り
とうもろこし:4本分を茹でて芯から外しておく(缶詰とか冷凍のコーンでもいいです)
バター4T(オリーブオイルで良い)
バジル:半カップ分(10枚ぐらい)
ミニトマト:1カップ
塩胡椒適当

手順:(厚めのスキレット鍋使用)
1)ベーコン、玉ねぎ、ガーリックを5分ぐらい炒める
2)1cmぐらいに切ったオクラ、豆、とうもろこしを追加する。塩胡椒で調味する。
3)1cmぐらいに切ったトマト、バジル、バターを追加して、トマトがくたっとなったら火を止める
以上。


オクラとバジルで夏気分のサイドディッシュです。おすすめ。



# by darari | 2019-07-15 00:47 | ごはん | Comments(1)
2019年 07月 05日

7月4日

c0005318_11170476.jpeg
7月4日、アメリカの独立記念日でおやすみです。
例年は日本から帰国してくる日だったので、時差ボケで寝てしまうのですが
今年は日本帰省を早めたので、久しぶりに独立記念日に自宅にいることに気づきました。

ちょうどよいことに、ご近所の友人家族がディナーにお招きしてくれたのでFlag Cakeを作りました。
Ina Gartenのレシピをリンクしていますが、クリームチーズとバターのフロスティングはやめて、
ホイップクリームにマシュマロ混ぜて軽めにしておきました。
マシュマロ入れたら生クリーム、ダレないのです。

それで、「ローカロリー旗ケーキ(比較的)」といって持っていったら喜ばれました。
カネゾと同い年のJ君は、ふたりともすごい食欲でデザート3つ!といって食べてましたけど
まぁ12歳ってのは食べ盛りですかね。

最近のカネゾはお腹すいた〜お腹すいた〜とうるさいので、
冷蔵庫にはスイカを角切りにしたの、りんご、ヨーグルト、などを
常備してお腹すいたら食べられるようにしました。
にょきっと伸びる時期のようです。


# by darari | 2019-07-05 11:29 | 歳時記 | Comments(0)
2019年 07月 01日

大阪観光→実家へ[日本帰省2019]

c0005318_09134415.jpeg
時差ボケが2日で収まるとは記録!と思いつつ朝ごはんをゆっくり食べてから
帝国ホテルをチェックアウトしました。
名残惜しかったので、最上階まで上って、いろんなアートを写真に収めましたよ。
ほんとにいいホテル。

チェックアウトしてから大阪城へ。
去年は姫路城を見たので、時代近いよね〜と。

でも、大阪城は見どころは石垣なのですね。
この記事に石垣の説明が丁寧にしてあって勉強になりました。
しかし大陸の方が多いこと。
c0005318_00063177.jpg
てっぺんから見た大阪。もあ〜。
このもあ〜とした空気が本当に懐かしいのです。

そういえば、大阪城を階段で上ったら(安倍首相がおおせのようにエレベーターは使いませんでした)
4階あたりから、狭い階段で人が多くてめまいが仕出しました。閉所が怖いお年頃です。
最上階に行ったら外気に触れられて元気になりましたけど。

城を出たところにあった旧陸軍第4師団司令部跡地(さらに博物館だったそう)でタコ焼き(長男)とドーナツ(次男)を子供たちに早めのご飯として食べてもらって、お庭とか石垣とか、ゆっくり見ました。

その後は、大阪城公園駅まえのタコ焼き・お好み焼き屋さんで遅めの昼ごはん。
c0005318_00065555.jpg
次男坊は焼きそばが気に入ったそうです。
遅めのランチ(またはおやつ)で腹ごなしをして、実家についた途端夕方5時から子供たちにお腹減った攻撃をされないように
体制を整えたところで、デパ地下で神戸牛を仕入れて実家へ。
一年ぶりにお世話になりまっす!と焼肉とビールで晩餐となったのでした。
焼肉おいしい〜と子供たち大感激でした。
私は鮎おいしい〜♪♪♪

大阪はもわっとしていたけれど、実家近辺は風も爽やか、鶯もないていてあぁ帰ってきた、と思えるものです。


# by darari | 2019-07-01 09:32 | 旅行 | Comments(0)