だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 08月 06日

さよなら、スナフキン

c0005318_03413113.jpeg
タイトルは、「昔こういうタイトルの本をkmyさんに頂いたなぁ」と思い出して。

###

2ヶ月経ったので、「いない」ということに慣れてきました。
スナフキン。

最後に見かけたのは、カネゾの誕生日の前日(6月6日)で、カネゾの誕生日には豪雨が降ったので
「あれ、スナフキンどうしたんだろう」と思っていました(親分が)。

はじめの一週間ぐらいは、またほっついているんでしょう、そのうち帰ってくるから、、、と家族4人共思っていて、
日本へ帰省するときに、庭にスナフキンのご飯を置いていくかどうか(彼は外猫だったので)悩んで、
置いていきませんでした。
その時点で親分と私は、「これは猫天国へ逝ってしまったんだろうなぁ」と納得していたのでしょう。
一年持たないと言われたのがちょうど7月だったので、その通りでした。

しかし、さよならも言ってくれず、
天国へ行ってしまったのか、
誰かにさらわれたのか、
ついに私達を見捨てたのか、
どうなのかなぁ。
99%猫天国だと思いつつ、どうなったかわからないだけに木影からひょっこり出て来るのでないかと
庭でリスや鳥が動くのを見ると、「あ?」と思ってしまいます。

キッチンにはバンブルと仲良く昼寝していた頃の(当初は家猫だったので)、写真を飾って偲んでいます。



# by darari | 2018-08-06 07:12 | Snufkin | Comments(5)
2018年 08月 02日

デンバー日帰り出張

昨日はデンバー日帰り出張でした。
c0005318_09481733.jpeg
しかしディレイに遭遇しすぎのこの夏、日帰りでも用心してもしかして帰れなくなった場合に備えて
着替えとトイレタリーはカバンに入れて行きました。
(これは、前の職場の上司に学んだ、、、「航空会社を信用するな!」と)

目的のミーティングが始まった途端、同僚達と私の三台の電話が一斉にブルブル、、、(サイレントにしているから)。
オートメッセージで「ディレイのお知らせです、、、」と。

備えてたから別にいいけど。
うん、当日に帰れるぽいし。
その分デンバーでゆっくりできるし。
ポジティブ思考で。
と3人で言っていたのですが、3時間ディレイすると、ダラスに戻ってきたころには結構くたびれていました。
c0005318_09483022.png
次男坊じゃないけれど、旅行は当分いいです、と言いたい。


# by darari | 2018-08-02 11:29 | 旅行 | Comments(0)
2018年 08月 02日

ペンサコーラを堪能した日


c0005318_09434833.jpeg
ちょっと間が空いたら、何書いていたのか忘れましたが、、、続きものの記事は勢いで書いてしまわなければ。
c0005318_09441932.jpeg
ペンサコーラへ行った目的は、Blue Angelsのホームカミング(シーズン最後の凱旋公演)を見るためでした。
会場のど真ん前にあるホテルの部屋を取ってもらってお招き頂いたのでせっかくなので家族連れて参上しました。

c0005318_09444086.jpeg
すごい迫力で6機編成のショーを繰り広げてくれるのです。

それをビーチパラソルの下からビール飲みつつ見物。
c0005318_09450949.jpeg
息子たちは砂のお城を作りながら見物。
どんだけええ身分、、、。
c0005318_09455938.jpeg
とはいえ、品行方正にしていました。
なぜなら、目の前には現大統領支持派(↓写真の旗、見えるでしょうか)が陣取っていたので。
c0005318_09452817.jpeg
考えてみたら、ペンサコーラって軍の基地で(なのでブルーエンジェルズのホームなので)
それはつまり愛国心が強く、Red State(リパブリカン)な人たちが多く
思い返して見ればフロリダというのは先の選挙で真っ先に赤(共和党)が勝った州なんでした。

で、その街を壮挙させる一大イベントに来たからにはアジア人の私はマイノリティーで大変肩身が狭い、、、。
アジア人には見えない親分も(彼は白人ですから)、「日本で感じるよりアウェーな気分」と言って縮こまっていました。
なんていうか、「ここでなにかあったら多分だれも助けてくれない」感は久しぶりに感じました。
なので、ニッコリしながらおとなしく鑑賞。

もちろん、何事もなく(沖合で鑑賞していたボートが転覆して救助されたというニュースは翌日みましたが)、
夕方はディナー
こんな美しい景色が見えるところで。
c0005318_09462108.jpeg
c0005318_09464012.jpeg
海岸にいた時間は実質半日ぐらいの短い2泊3日の旅でしたが、多分一生に一回の経験であろうから満足しました。

上空からみたペンサコーラの橋(↓)。
c0005318_09470114.jpeg
ちなみに、このフライトも遅延2時間半。
次男坊は「うちは旅行しすぎ!もうこの夏は旅行しません!」とご発言。
はい、わかりましたよ、、、。「出張(カギカッコ付)」についてきてくれてありがとう。


# by darari | 2018-08-02 11:18 | 旅行 | Comments(0)
2018年 07月 23日

ペンサコーラに到着できなかった日(7月12日)

さて、今年の夏は暑いので天候が荒れています。
しかし、私は晴れ女なので雨雲は私は避けて通って行くのだといままで固く信じていました。
が、今回は引っかかった、という話。
7月12日(木曜)の夕方のフライトでダラス(ラブ・フィールド)→ナッシュビル経由→フロリダ州ペンサコーラへ行こうとしていましたら。

親分から「嵐が来ているみたいだよ」とテキストが入りました。
ラブ・フィールド空港は我が家よりもだいぶ東にあるので、まぁ大丈夫だろうと思いながら飛行機に搭乗。
c0005318_09473763.jpeg
(↑写真は翌日ヒューストン経由で行ったのでヒューストン(ホビー空港)でのもの。)

さて離陸の時間がそろそろ、と思っていたら機長よりアナウンス:
「ダラスの西からストームが来ているので行程を変える必要があり、
そのためにもう少し燃料をたさないと行けないのでちょっと遅れるけど待ってね」。

その直後あたりから稲妻がピカピカとしているのが窓から見えました。
その後もういちど機長より:
「嵐がすぎるまで離陸できないのでもう少し待ってね」

離陸予定時刻より15分経過。雨はザーザー。
「まだ離陸できないし、新しい出発時刻がまだ連絡ないので、
当機から降りたい人は一度降りていいです。でもアナウンスがあったらすぐ戻って来れるように。
もし定刻に戻っていなくても出発しますので。At your own riskで降りていいよ」

うーん別に降りる用事ないけれど、このまま遅れたらナッシュビルでの乗り継ぎに間に合わないなぁ、、、
と気づいたので天気予報を見たり、Flightradar(アプリ)で空港の様子を見たりし始めました。
そしたら、ラブ・フィールド空港だけではなく西の(嵐が通過したはずの)DFW空港も誰も発着していないし、
アメリカンはDFWからナッシュビル行きもペンサコーラ行きも本日は既にキャンセルしていました。

あ、これは今日は自宅に帰れるかも♪とこの時点でちょっとヨコシマな考えを持つ。
一応、出張(という名の遊び。私の出張本当に仕事してない出張ばかり)なのでちょっと嬉しい。
結局機内で2時間待ったあと機内のアナウンスで
「ナッシュビル乗り継ぎのお客様で
タンパ行きの方〜それからカンザスシティー行きの方〜あなた方はラッキーです。
当機を降りて次の直行便に乗り換えてください。
ペンサコーラ行きの方〜。あなた達はアンラッキーです。明日の便に振り替える手続きをゲートで行ってください。
ナッシュビル行きのみなさん、もうすぐ出発しま〜す。乗り継ぎの人たちは早く降りてね!」
(サウスウェスト航空だからこんなアナウンスで問題なし)。

とのお声を聞いてアンラッキーな人々は飛行機を降りました。

その後ゲートで明日のフライトに振替してもらうために30分ぐらい待ちます。
並んでいた前のグループは払い戻ししてもらって、「今からペンサコーラまでドライブするから一緒に行く?」と聞いてくれました、、、
ありがたいが、そこまで急いでフロリダ行く必要もないので断りました。
サウスウェストに乗る人はお客さんもサウスウェストのノリになっちゃうのでしょうか。
トラックで14時間の旅行、見知らぬアジア人のおばさんに一緒に乗っていく?って聞いてくれる精神はありがたいものです。

それにしても長年飛行機に乗っているけれど、一度乗った飛行機から降ろされて当日目的地につかない、という経験は初めてです。
めずらしい体験をしました。

(↓写真は翌日ついたホテルからの眺め)
c0005318_09475861.jpeg
ペンサコーラまで行った目的については次の記事に。
c0005318_09482168.jpeg


# by darari | 2018-07-23 10:15 | 旅行 | Comments(0)
2018年 07月 21日

時差ボケに悩まされた帰国後のこと

日本から戻った私達を待っていたのはなんだかいつもよりひどい時差ボケでした。

成田ダラス直行便で夕方についたので、「あー疲れた」と言いながら8時頃まで頑張って起きていてから就寝したのですが、、、
朝4時に次男坊が「お腹減った〜!」と元気いっぱいでベッドルームに入ってきました。
そだね、お母さんもお腹減ったかも、日本で晩御飯の時間だものね〜と
パンケーキとベーコンの朝ごはん作りました。外まだ暗いんですけど(笑)
c0005318_11150883.jpeg
戻ってきた翌日は独立記念日(7月4日)だったので洗濯したりしてのんびりのはずが
気がついたら4人共うっかり昼寝してしまい、夜中に目が冴え冴えするというパターンになってしまいました。
それでも私は2日会社へ行ったのですが(生産性の低い2日間であったことでしょう)、
週末になっても4人で私達どこの時間帯で生活しているんでしょう〜ハワイ?みたいな時差ボケ状態。

日光が足りないんじゃない?体内時計リセットしなきゃね〜と土曜日に朝ごはんを食べにいった写真。
レストランの外のパティオでサンサンとテキサスの日光を浴びながら朝ごはんを頂きました。

これは私のオムレツ(と左はグリッツ)。
c0005318_11153324.jpeg
親分のミガス(↓)ー メキシカンな一品。
c0005318_11162938.jpeg
次男坊のパンケーキ、スクランブルエッグとベーコン(↓)。
彼はほんとにベーコン好きだな。
c0005318_11165444.jpeg
長男のチキンとワッフル(↓)。考えてみたら朝から揚げ物食べている、、、胃がまだ日本(笑)。
c0005318_11171403.jpeg
その翌週から子供たちはサマーキャンプが始まり、規則正しい生活になったので時差ボケはあっというまに治りましたが、
大人たちは述べ日数8日ぐらい変な時間に目が冴えていました。
同僚からは「年取ってくると時差ボケ抜けなくなるんだよね〜」と脅されましたが、思い当たるかも。


ところで、今週末のダラスは熱波に襲われているので、外で朝ごはんなどはできません。
最高気温43℃(摂氏)または109F(華氏)。
どっちの気温が熱く感じるか、、、久しぶりにめげそうに暑い夏です。


# by darari | 2018-07-21 11:31 | ごはん | Comments(0)