だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2004年 12月 24日

アメリカンなクリスマスイブ

ダラスでクリスマスイブを過ごすの初めて!
一昨年は25日にシカゴからダラスへきて、そのまま風邪で寝込み、去年はクリスマスなんて忘れて深夜労働だった。だから結構わくわく。

新しい家にはすごいかっこいいオーブンがついていて(この家、ほかはリフォームプロジェクトが山積みだけど、キッチンだけはすごい)、このオーブンでターキー焼いてみようと、かなり前から思っていた。

さて、24日朝から親分は誰のクリスマスショッピングもしていないということで買い物へ行き、私は午前中だけ手伝ったものの午後はターキー焼きへ。
親分はスタッフィングが嫌い、ということだったので中身なしのターキー。11lbs。(写真は生のターキー。死んだ鳥って感じ・・・)c0005318_0394523.jpgでっかい・・・。でもオーブンも大きいので平気。しかも温度計がついていて、下ごしらえした後、ももに温度計を差し込んで、温度指定すれば、簡単ポンってか、作業完了。失敗、しようがない。さすがアメリカン。
3時間やいている間に、サイドとデザート作って、5時頃には片付いてしまった。そこへ、ショッピング疲れした親分が帰宅したので、たくさんのプレゼントのラッピング作業。

親分兄カップルと友人1名が来て7時頃からごはん。日本人の私がアメリカンなクリスマスデイナー作るってのも変なものだけど、無難に片付きました。

++メニュー++
前菜:アボガド・蟹・エビと赤ピーマンのムースのカクテル(フードチャンネルでエメリルが作っていたのをパクった)
メイン:ターキー丸焼き
サイド:マッシュポテト/コーン/ビーン/スタッフィング
デザート:ホワイトチョコレートムース/レイヤーチョコレートパイ

食後、大急ぎで後片付けして9時からイブのミサへ。エピスコパル宗派の教会へ行ったのだけど、メソジスト慣れした私には、カソリック的な進行にややとまどい。正餐式のワインが本物のワイン(しかもおいしいデザートワインだった)なのには、ちょっとうれしい驚き。今までぶどうジュースしかもらったことがなかった。

家じゃなくてアパートの方に帰宅して、兄カップルとプレゼント交換の会。エッグノッグ(にウイスキーをドバッと入れたもの)も供されたけど、私はソーダにしておいた。すごい濃ゆいのだもの・・・。

ということで、アメリカンなクリスマスイブをかなり堪能しました。

# by darari | 2004-12-24 02:51 | ごはん | Comments(0)
2004年 12月 18日

ラスベガス3日目

ラスベガス3日目。
いいかげん、夜更かしすぎて、日本とほとんど時差なくなる。
c0005318_0314895.jpg それでも朝のうちに、ベラージオのクリスマスデコレーションを見に行った。ゴージャス。 以上ラスベガス堪能しました。

# by darari | 2004-12-18 00:29 | 旅行 | Comments(0)
2004年 12月 17日

ラスベガス2日目

朝起きると、バフェ!!という気分でもなかったので、マクドナルド朝ご飯。そのまま夕方まで親分のギャンブルにつきあう。私は見てるだけ。5時間ぐらいやって、夕方になったので、ストリップからダウンタウン観光へ。ダウンタウンのライトショーをみて、またカジノ入り。

ダウンタウンのアーケード内のライトショー。こいつあーすごい。という感じでした。
c0005318_0362745.jpg


# by darari | 2004-12-17 02:43 | 旅行 | Comments(0)
2004年 12月 16日

Southwest航空でラスベガスへ

私の親分様が、世界中のどこよりも好きな街:ラスベガス。
3ヶ月から半年に一度は行かないと、彼の精神状態に悪いそうだ。
「えー、引っ越し忙しいのに今いかなきゃなんないの・・・!?」
という反論も強引に却下され、着々と友達を巻き込み、4カップルで週末を過ごす計画がついに実現する日になってしまった。

サウスウエスト航空のアワードチケットを親分にもらい、私はダラスからヒューストン経由ラスベガス行きの飛行機へ。サウスウエスト、さんざんLUV & FUNだとか、オンタイムに離発着するとかいろいろ聞いていたのだけど、過去2回(去年のお正月連れて行ってもらったニューオーリーンズと、この秋に連れて行ってもらったカンザスシテイー)乗った際は、あんまり冗談もいってくれなかったし、2回ともフライト遅延していた。でも、今回のは面白かった!

「シートベルトをお締め下さい・・・天井に頭をぶっつけないようにね!」
「この空港で他の航空会社へお乗り換えのお客様・・・私たちには関係ございません」
「私たちフライトアテンダントにご意見のある方・・・デートのお誘いなら喜んで受けます」

・・・文章にしてしまうと面白くないけど、普通の機内アナウンスのつもりで聞き流していると、妙にツボにくる、さりげなギャグ。乗客はどっと受け、みんな和気あいあいになってしまう。この航空会社のフライトに乗ると、隣の乗客と会話をしないのは、よっぽど無愛想か英語が理解できない人、というような感覚さえ持ってしまう。そして、飛行機はオンタイムに発着してくれる。機嫌を悪くする要素はほかの航空会社に比べてだんぜん低い。

サウスウエスト航空が拠点にしているラブフィールド空港も、全体にFUNな雰囲気が漂っている。ゲートのセキュリテイーでさえギャグを飛ばし、笑い合っているのだから・・・。FUNな雰囲気で働くと、効率もあがるのか、仕事はみな早い。好循環が全体にまわっている感じ。

c0005318_044163.jpgさて、夕方6時半にラスベガスへ到着。親分と空港で合流し、ホテルで親分友一味と落ち合ったあとはギャンブルに突入・・・。

# by darari | 2004-12-16 11:35 | 旅行 | Comments(0)
2004年 12月 11日

ダラスは虫天国

前の住人の遺物に、「ガレージ一杯のゴミ」というものがある。
ガレージっていっても車二台は入る、でっかいガレージに一杯の・・・
自転車の壊れたの、ペンキ缶、水槽(後ほど蛇を飼育していた蛇槽と判明)、タイル、古タイヤ、野球バット、ゴルフセット、壊れた椅子、家族の写真・・・などが、枯葉と分けわからないものの下から次々でてきました。

それらの下からは、ミイラ化した蛇の死骸、サソリの死骸、生きてる虫の幼虫が・・・。前の住人に、連絡するしてもずーっとこないので、親分/親分兄と私の3人で、泣きながら片付けました。ゴミを片付け終わったところに、前の住人がやってきて、要るものだけ、がらくたの山の中から拾っていきました。

殺意を感じた瞬間でした・・・

虫の幼虫、掃除し終わったあとからも続々と見つかって、夢にでてきてうなされた。Grub wormというらしい。大人になったら、Japanese beetleという虫になるらしい。

家の外には、ファイアーアントの塚など、いろいろあります。気がつくと、家のなかに丸虫が歩いているし。丸虫って英語ではrolly-pollyっていうらしい。かわいい名前だけど、やつの顔は恐いのを私はしってる。冬なのに、虫が元気で、ダラス怖い。

# by darari | 2004-12-11 06:25 | ダラス | Comments(0)