だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 09月 01日

怒涛の一週間

c0005318_11192606.jpg
怒涛の一週間でした。
ハリケーン改め暴風雨ハーヴェィが始まったのが先週の金曜日、
土曜日は息子たちのサッカー秋シーズンが始まり(だいたい学校の始業式と連動しています)、ピアノリサイタル(ピアノリサイタル、この週末に重ねなくてもと思った親たち)で遅刻しないよう走り回り(走るのは車ですが)、
月曜日は息子たちの新学年新学期が始まったと思ったら夜は柔術のベルトテスト(上の写真、6月初めの第一回目のクラスの様子。中学校のカフェテリアで開催されているクラスなのです)、水曜日も同じく柔術のベルトテストの結果(二人とも3ヶ月のレッスンで白色帯から黄色帯へ昇格)の帯をもらいに行く日でした。
ハーヴェィのニュースを見て落ち込んでいる暇なし。
あ、そうだその上に輪をかけて忙しくしてくれたのが親分の膝負傷(学校が始まる前の木曜日の夜)。
おかげで金曜日の朝一番に薬局へ松葉杖買いに走ったんでした。
この人の世話もしないといけなくて、いや世話している余裕はなかったのでほったらかし。

会社へはまるで世間話しに行っているような気分でした、、、いや、実際にはミーティングやプレゼンしているのだけど上の空。本腰入れて取り組んだのは、ダウンタウンのコンベンションセンターがサルベーションアーミーのシェルターになるから、ボランティアへ行ってくださいと会社の有志の人から連絡が来たのを部で取りまとめする役目ぐらいでしたか。
しかし、火曜日に部の同僚20人ぐらいで「さ〜ダウンタウンに行きますか」とオフィスを出ようとしたところ、「今日のボランティアは中止。ヒューストンから避難してくる人が少ない様子」とメールが来たのでUターン。水曜日は予定していなかったのに、「いますぐ10人ぐらい来てください」と連絡が来て急なことなので部内で手が空いていた5人ぐらいがボランティアに出動したところ、避難してきた人のバスが遅れてボランティア同士に昼食を配膳してきたんだとか。
ただ、バスでやってきた人たちはまさに着の身着のままでヒューストンを出てきたので、裸足の人大勢、とりあえずパジャマ代わりのジャージーとか靴下が欲しいとリクエストされたそうで本当に気の毒な様子だったそうです。じゃあ、今日木曜日はきっとボランティア要請あるだろうから準備しておこう、と同僚と用意していたけれどお呼びかからず。いろいろ難しいのでしょう。
シェルターは個人でボランティアするのは難しいと聞いているので、会社が取りまとめてくれるのがいいのだけれど、難しいようなので週末教会で何かできることがあるか聞いてみようかなぁと思っています。

で、世間話をしに行っているオフィスですが、今日の世間話は「早くガソリン入れに行ってきた方がいい、リファイナリーが閉鎖してガソリンが足りなくなるから」というトピックで持ちきり。(本当はヒューストンのオペレーションどうしよう、と徹夜で仕事しているチームも部内にいるんですが、、、私を含め部の80%は今週とか来週といった「超短期」の仕事に関係ない人々なのです。)

そうこう話をしているうちに、朝通勤する時に$2.49/gallonだったガソリンは、帰宅時には$5とか$6とかの札がスタンドがかかっていて、売り切れのスタンド続出。まだ在庫があるスタンドには長蛇の列。風評から本物のガソリン不足に陥ったダラス近郊なのでした。長男の息子の学校からは「ガソリンスタンドで給油待ちの車のせいで道路が渋滞していて、スクールバスが遅延している」という連絡が来たりして、ある種のパニック状態が生じています。落ち着け、ダラスの民。

本当に大変なはずのヒューストンからは毎日数通のメールがヒューストン領事館から届いて、その丁寧で暖かいメールの文章に心打たれるのです。
領事館の方々の携帯電話番号まで教えてくださって、多分ご自宅ではご家族含め大変な思いをされているだろうところ、テキサス、オクラホマ一帯の在留邦人に呼びかけをされているヒューストン領事館の方々にお見舞いをしに行きたい(迷惑だろうけど、、、)。

とりあえず、今週末はレイバーデーで月曜日が休暇なので、息子たちを含めて何かボランティアできないか探してみます。
わー、こんなに日本語たくさん書いたの久しぶり。


# by darari | 2017-09-01 11:46 | ダラス | Comments(2)
2017年 08月 28日

ヒューストンが大変

ハリケーン ハーヴェィ(今は熱帯性暴風雨)の影響でヒューストンを含むテキサス沿岸部が洪水しているのは、ニュースで報じられている通りですが、、、ダラス周辺は今日の昼ごろ大雨が降ったぐらいで被害はないです。
ヒューストン領事館からは(日頃から注意喚起のメールをいただいてありがたい限りです)、このハーヴェィに関する注意のメールが1日1通以上来て、領事館の方々も被害者なのに濡れずに居てくださるよう祈るばかり。

日曜夜(2000時)に来たメールを引用。
「Harvey」は、今後数日間にわたり、テキサス州の沿岸部ほぼ全域に猛烈な降雨とトルネードをもたらし続けるものと見られています。また、この降雨により、壊滅的、生命に危険を及ぼす洪水が発生しています。「Harvey」の影響を受ける地域へ赴いたり、冠水した道路に車で行かないようにしてください。

1  米国海洋気象庁(NOAA)や国務省の情報によれば、熱帯性暴風「Harvey」は、テキサス州ビクトリアとサンアントニオの間にほぼ留まっており、毎時1マイルの速度で南南東の沿岸部に向かっています。「Harvey」は今後数日間にわたり、テキサス州の沿岸部ほぼ全域に猛烈な降雨とトルネードをもたらし続けるものと見られています。また、この降雨により、壊滅的、生命に危険を及ぼす洪水が発生しているとして、「Harvey」の影響を受ける地域へ赴いたり、冠水した道路に車で行かないよう注意を呼びかけています。
大雨、強風等の影響により、停電や断水、通信の途絶、また交通機関への影響等が引き続き発生することが懸念されてます。

2 つきましては、在留邦人の皆様におかれては、引き続き、報道、関係機関等から最新の気象情報の入手につとめ、「Harvey」による影響が長期化することも考えられますので、備えを十分にするとともに、不要不急の外出は控える、いざという時の退避場所を確認しておく、また河川や水たまりには近づかないようお願いします。
あわせて、日本のご家族等に安否状況を連絡しておかれるようお願いします。また、何かお困りのことや支援が必要な場合は日本総領事館へご相談ください。
ダラスもですが、アメリカのインフラの弱さときたらまるで途上国のようです。
去年の10月だったか、大雨警報が出た際に会社でイベントをしていて帰宅が遅くなり携帯電話にアラームが出た時には私の車は冠水道路にはまって溺れるところでした。
道路の冠水は集中豪雨が来るとものすごい速さで水がたまり、主要幹線道路は警察が封鎖しているものの、細い道は夜間は暗くてよく見えない上に、誰も見張っていないわけで、暗い治安の悪い路地裏で車が溺れると大変なことになるという危険な状態を身を以て体験したのです。
幸いバックして冠水道路を抜け出て、大雨がおさまってから高速道路に乗って半泣きになって帰宅したら夜中だったのですが、あれは怖かった。
ですから、今回の暴風雨において、知事が避難勧告を住民に出さなかったのは納得できるというか、、、渋滞が平時でもひどいヒューストンの市街で住民が一斉に非難して道路が動かない状態で道路が冠水したらものすごい犠牲者が出ることは想像に難くないです。

しかし、この暴風雨、今週金曜日までヒューストンあたりを去らない様子。
c0005318_11300825.png
うちの近所では明日8月28日が公立学校の始業式なのですが、影響を受けている地域ではレイバーデー(9月4日)まで学校は始まらないのだとか、、、。
沿岸のリファイナリーも閉鎖しているのがとか、、、。
ニュースを見るにつれ、2005年のカトリーナを思い出して心配になっています。とにかく被害が早く治りますように。




# by darari | 2017-08-28 11:35 | テキサス | Comments(10)
2017年 08月 21日

Ichiro Ramen

c0005318_07591261.jpg
今の職場の近所はヒスパニック系のレストランが多くて、アジア系が少ないのですが、車で10分ほどのところにラーメン屋さんがあります。
Ichiro Ramen
上の写真は、スパイシー味噌(お肉は鶏か豚か選べるので、豚)ラーメン。$9.5(結構高い)。
c0005318_07574862.jpg
これはまた別の時に行った同じくスパイシー味噌ラーメン。担々麺もよく食べております。
いつ行ってもよく混んでいて、今のところは日本人は見かけません。
メディカル区が近いので、医療機関系ぽい方が大勢。



# by darari | 2017-08-21 10:45 | ダラス | Comments(0)
2017年 08月 09日

Broken Bow, OK (オクラホマ州ブロークンボウ)

週末(金曜から日曜)、オクラホマ州ブロークンボウへ遊びに行ってきました。
義理兄夫妻とシェアして、バンブルさんも連れてダラスから車で北東へ行くこと3時間半ほど。
c0005318_10123585.jpg
これはブロークンボウ湖(貯水湖)。透明で綺麗な湖で、釣りしている人、泳いでいる人、ボートに乗ったりジェットスキーしている人、などなどで賑わっていました。
息子たちが泳ぎたくなーいって言ったため、私たちは水際で遊んだだけで引き上げましたが、まぁ楽しかった。

キャビンはこんなキッチン。
c0005318_10120652.jpg
(ウェブサイトの写真を借りました)。
周辺30分ぐらい運転しないと何もないところだとはわかっていたので、2日間分の食料*大人4人、子供2人、犬1匹分詰め込んで行ったのでした。
夜はコヨーテが群れで鳴いている声が周りから聞こえてきたりしてワンコはうろたえていましたが、人間は気にせずキャンプファイアーでスモアを焼いて楽しみました。
しかし、我が家は飛行機での旅行に慣れているもので(甘えた発言)、ドライブ旅行は息子たちが喧嘩するので疲れます。
c0005318_10132187.jpg
こういうダダーッぴろい道が延々続くのですよ、テキサスのドライブ。


# by darari | 2017-08-09 10:20 | テキサス | Comments(0)
2017年 07月 29日

ワンコ、12歳

我が家は同じ頃に犬と猫を家族に加えたので、ニャンコが12歳ならワンコも12歳です。
c0005318_07490535.jpg
ありがたいことに、ワンコはまだまだ元気。
最近、足の関節が痛いのか長距離の散歩には行きたがらず、「もう帰ろうよ」と上目遣いに見られたら散歩はUターンします。
7月のダラスは暑いので、短足犬には暑さが余計に堪えるのかと思って、無理強いはしません。
猫と同じ日の定期健診のドクターの意見は、若い頃より体重が落ちているので、もっと食べさせること、とのこと。
なので、美味しいものをあげようと思います。もうご老体だし、、、


# by darari | 2017-07-29 07:52 | Bamble | Comments(0)