だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2017年 09月 27日

移民局

c0005318_07594259.jpg
8月某日、グリーンカード(永住権)更新の手続きのために、フォートワースの移民局(でもアプリケーションサポートセンター、つまり申し込み支援センター)へ赴きました。
10年に一度更新するものなので、前回の更新は長男が生まれる直前だったようでむくんだ顔した写真のグリーンカードを10年持っていたようです。前回は、ダラスの移民局(古くて汚くて無愛想)のサービスが嫌だった覚えがあったので、気が重いな〜と思いながらドライブして向かったところ、
1)待ちなし、早めについたのに早速手続きしてくれた
2)指紋取る担当の方、迅速で正確
3)その場で「1年延長」のシール発行してくれた
ので、まったく文句言うどころか、「すっごい民間よりサービスよかった!」と出たところで思わず親分に電話してしまったくらい。

担当の人は昔日本にいたそうで、旦那さん、ミリタリー?君は仕事してるの?
永住権とったほうがいいよ、悪いこと言わないから。
などと指紋を取る最中の5分ぐらいの間に色々話をしてくれました。
終わったら、「市民権を取るためのプロセス」などという説明書もくれた次第。

いや、、、市民権とるかどうするか考えたけど、必要ないと思うんですけど、日本は二重国籍認めないし。
と言ったら、「旦那さんに先立たれたら米国政府はまったくヘルプしてくれないから市民権とったほうがいい。ぜひ日本の領事館に相談しなさい」とまで言ってくれたので、そそそそんなに言ってくれるならちょっと家族でリサーチしてみて来年パスポート更新するときにヒューストン領事館に伺ってみようかなぁ、と思っているのです。

、、、と思っている間にあっというまにほぼ2ヶ月たっていますが、まだ新しいグリーンカードは手元に届かないし、市民権vs永住権の私のリサーチも進んでおりません。
ただUSCISからは二週間に一度、自動化されたメールで「あなたの申請書は処理中です。アップデートはありません」という連絡が律儀におくられてきます(笑)。

米国の健康保険のことを考えると老後は日本に住んだほうがよいのかなぁと思う一方、トランプが大統領になった半年でなんだか外国人として住むのがだんだん肩身狭くなってきたかも、、、と感じる場面が増えてきたり、いろいろ悩むお年頃です。ま、次の決断時まであと10年あるさ。
ちなみに日本国の法律に従って、日本国籍を残しつつ米国籍を取るつもりは(いまのところ)ない次第です。



by darari | 2017-09-27 11:22 | ダラス | Comments(0)
2017年 09月 19日

ネバダ州リノで社会見学

c0005318_08271196.jpg
9月14日(木曜日)、朝4時起きでダラスラブフィールド6時発のデンバー行きフライトに乗り込みました。
写真は、ダラス上空。まだ暗いです、、、

やってきたのはネバダ州リノ。
c0005318_08272305.jpg
Reno Air Raceにお招きいただいたという、またしても出張なんだけどどう考えても仕事じゃないという役得な1泊二日。
なかなか楽しかったです。
民間機じゃない飛行機、まーったくわからないのですが。
c0005318_08283840.jpg
ディズニーの、プレーンズの世界ですね。古い飛行機が曲芸していたり、戦闘機が旋回していたりしました。
c0005318_08274488.jpg
あ、これ買おうよ!と同僚と言っていたのは、ホンダジェット。飛ぶところ、初めてみました。
すごく静かです。
ちなみに、お値段は$4.5Mだそうですので手は届きません(日本では、5.4億円なんですか、ちょっとアメリカの方がディスカウントかも)。

エアショー以外には、工業団地のテスラ ギガファクトリーswitchというデータウェアハウスの世界最大のデータセンターというのを社会見学させてもらいました。
テスラの工場、日本語がたくさん書いてあると思ったらパナソニックの方が大勢いるのだそうです。
いや、リノはすごかった(すいません、すごいもの見せてもらって感想それだけかい、、、リンク先のサイトを見て事後学習しました、、、)。
スパークス工業団地というところです。リンク先はアップルですが、グーグルだのebayだの、どんどんこの近所に工場作るらしいです。
ちなみにほとんどまだ更地。
学校が足りないとか住むところが足りないとか聞きました。すごいです。
c0005318_08293868.jpg
帰りもデンバー経由でしたが、デンバー空港の近所で山火事が見えました。
西海岸(デンバーは西じゃないが)は山火事が多かったり、東はハリケーンがたくさん来ていたり(今度はマリア、というのがSan Juan上陸ですか)、2017年はなかなか大変な年です。
帰宅したら金曜23時、子供達はとっくに夢の中。
なかなか疲れましたがいいものを見せてもらいました。



by darari | 2017-09-19 08:45 | 旅行 | Comments(2)
2017年 09月 11日

土曜の夕方、サッカーの試合

c0005318_07195258.jpg
ハリケーンHarveyがテキサス南部に甚大な被害をもたらそうと、ハリケーンIrma(書くとイルマ、ですが発音はアーマです、ちなみに)がフロリダに上陸していようと、日常は続いていくのです、ダラス近郊。
土曜の夕方6時半からカネゾのサッカーの試合があったので、お父さん(コーチ)と長男はサッカーの試合してもらっておいて、お母さんと次男坊以下はサイドラインでピクニック。フライドチキン(テイクアウトしました)とワインとアペタイザー。
サッカーフィールドは通常アルコール禁止なので、ワインとバレないように普通の水筒に入れて(笑)
c0005318_07200184.jpg
ワイン飲みながら一生懸命応援していたのに、我らがカネゾのチーム、2−1で負けました、あたた。
お母様方と言っていたのだけど、久々にのんびりした夕べでした。
土曜の夕方に試合だなんて!と憤慨していたのですが案外良かった。
1家族は、「マイアミのコンドミニアムに駐車してある車、浸水しちゃううだろうなぁ、ははは」と笑いながら飲んでましたよ。
フロリダの方々が無事でいらっしゃいますように。



by darari | 2017-09-11 07:41 | カネゾウ(仮名) | Comments(0)
2017年 09月 01日

怒涛の一週間

c0005318_11192606.jpg
怒涛の一週間でした。
ハリケーン改め暴風雨ハーヴェィが始まったのが先週の金曜日、
土曜日は息子たちのサッカー秋シーズンが始まり(だいたい学校の始業式と連動しています)、ピアノリサイタル(ピアノリサイタル、この週末に重ねなくてもと思った親たち)で遅刻しないよう走り回り(走るのは車ですが)、
月曜日は息子たちの新学年新学期が始まったと思ったら夜は柔術のベルトテスト(上の写真、6月初めの第一回目のクラスの様子。中学校のカフェテリアで開催されているクラスなのです)、水曜日も同じく柔術のベルトテストの結果(二人とも3ヶ月のレッスンで白色帯から黄色帯へ昇格)の帯をもらいに行く日でした。
ハーヴェィのニュースを見て落ち込んでいる暇なし。
あ、そうだその上に輪をかけて忙しくしてくれたのが親分の膝負傷(学校が始まる前の木曜日の夜)。
おかげで金曜日の朝一番に薬局へ松葉杖買いに走ったんでした。
この人の世話もしないといけなくて、いや世話している余裕はなかったのでほったらかし。

会社へはまるで世間話しに行っているような気分でした、、、いや、実際にはミーティングやプレゼンしているのだけど上の空。本腰入れて取り組んだのは、ダウンタウンのコンベンションセンターがサルベーションアーミーのシェルターになるから、ボランティアへ行ってくださいと会社の有志の人から連絡が来たのを部で取りまとめする役目ぐらいでしたか。
しかし、火曜日に部の同僚20人ぐらいで「さ〜ダウンタウンに行きますか」とオフィスを出ようとしたところ、「今日のボランティアは中止。ヒューストンから避難してくる人が少ない様子」とメールが来たのでUターン。水曜日は予定していなかったのに、「いますぐ10人ぐらい来てください」と連絡が来て急なことなので部内で手が空いていた5人ぐらいがボランティアに出動したところ、避難してきた人のバスが遅れてボランティア同士に昼食を配膳してきたんだとか。
ただ、バスでやってきた人たちはまさに着の身着のままでヒューストンを出てきたので、裸足の人大勢、とりあえずパジャマ代わりのジャージーとか靴下が欲しいとリクエストされたそうで本当に気の毒な様子だったそうです。じゃあ、今日木曜日はきっとボランティア要請あるだろうから準備しておこう、と同僚と用意していたけれどお呼びかからず。いろいろ難しいのでしょう。
シェルターは個人でボランティアするのは難しいと聞いているので、会社が取りまとめてくれるのがいいのだけれど、難しいようなので週末教会で何かできることがあるか聞いてみようかなぁと思っています。

で、世間話をしに行っているオフィスですが、今日の世間話は「早くガソリン入れに行ってきた方がいい、リファイナリーが閉鎖してガソリンが足りなくなるから」というトピックで持ちきり。(本当はヒューストンのオペレーションどうしよう、と徹夜で仕事しているチームも部内にいるんですが、、、私を含め部の80%は今週とか来週といった「超短期」の仕事に関係ない人々なのです。)

そうこう話をしているうちに、朝通勤する時に$2.49/gallonだったガソリンは、帰宅時には$5とか$6とかの札がスタンドがかかっていて、売り切れのスタンド続出。まだ在庫があるスタンドには長蛇の列。風評から本物のガソリン不足に陥ったダラス近郊なのでした。長男の息子の学校からは「ガソリンスタンドで給油待ちの車のせいで道路が渋滞していて、スクールバスが遅延している」という連絡が来たりして、ある種のパニック状態が生じています。落ち着け、ダラスの民。

本当に大変なはずのヒューストンからは毎日数通のメールがヒューストン領事館から届いて、その丁寧で暖かいメールの文章に心打たれるのです。
領事館の方々の携帯電話番号まで教えてくださって、多分ご自宅ではご家族含め大変な思いをされているだろうところ、テキサス、オクラホマ一帯の在留邦人に呼びかけをされているヒューストン領事館の方々にお見舞いをしに行きたい(迷惑だろうけど、、、)。

とりあえず、今週末はレイバーデーで月曜日が休暇なので、息子たちを含めて何かボランティアできないか探してみます。
わー、こんなに日本語たくさん書いたの久しぶり。


by darari | 2017-09-01 11:46 | ダラス | Comments(2)