<   2015年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 30日

RIP ダラス動物園のキリンの赤ちゃん、、、

c0005318_02185864.jpg
Dallas Zooの赤ちゃんキリン、Kipenziが事故死してしまったそうです。
写真は、私たちが日本から戻った翌日(7月5日)に動物園に行った際のもの。
c0005318_02201013.jpg
4月10日に生まれたばかりだったので我が家の兄弟は初めてみて大喜びしていたのです。
ちっちゃくてかわいかったので、年会員になっている私たちは成長を見守るのを楽しみにしていたのですが、、、

赤ちゃんキリンなので、夕方に寝場所に戻るのときにはしゃいで壁にぶつかったのであろう、とのこと。頸椎骨折だそうです。
かわいそうに。





痛い話、、、

by darari | 2015-07-30 02:42 | ダラス | Comments(0)
2015年 07月 27日

チーズケーキ

c0005318_06435354.jpg
お友達のおうちにプレイデートとディナーにお呼ばれしたので、デザートとワインを持っていくのです。
日本のレシピでチーズケーキを作ったら「甘くないね、、、」という声が聞こえたので甘い目の生クリームトッピングしました。
ブルーベリーも乗ってたら、お友達の一歳の坊やが喜ぶかな、とブルーベリーも。
チョコレートチップクッキーは保険(チーズケーキが嫌いな子供がいた時のために)。

お皿がへんですが、、、「スターウォース」の紙皿なのです。
カネゾくんのお誕生日パーティーで使った残り。

我が家はスターウォーズグッズで溢れ返っています。
子供達の洋服やオモチャはもとより、冷蔵庫の中まで進出中。
↓スターウォーズヨーグルト。
c0005318_06443838.jpg
↓スターウォーズシリアル。
c0005318_06513035.jpg

この調子でメーカー各社の皆様にはスターウォーズほうれん草とかスターウォーズケール(青汁)とか販売して頂きたい、そうすればうちの坊主たちが喜んで消費するのに、と思う日曜の午後でございます。



by darari | 2015-07-27 06:50 | おかし | Comments(0)
2015年 07月 24日

ワンコの熱い吐息

c0005318_00000665.jpg

御飯時、我が家のワンコさんの定位置:私と次男坊の間。
一番甘い人と一番食べ物を落とす人との間を陣取ります。

「ご飯落ちて来ないかな〜」
と、ずーっと願っているもので、思わず口が開いて熱い息を私の膝辺りに吹きかけるのです。
c0005318_00000658.jpg

私はこの熱い息が苦手でですね、、、
食べ物あげるからあっち行ってくれる?
と、一口あげてしまうもので悪循環。

c0005318_00000604.jpg

居間にいるときはどんなに見つめてくれてもいいから、キッチンのテーブルのしたから息を吹きかけるのだけは勘弁!

新しくなったエキブロのアプリで投稿してみています、便利になって良いです。


by darari | 2015-07-24 23:51 | Bamble | Comments(0)
2015年 07月 23日

2015 日本帰省記録その10:米国帰国

これで最後の日本帰省記録です(バンザイ)。

米国帰国のCBP (Customs and Border Protection、入国手続き)のことを書いてオシマイです。


DFWの入国手続きをグローバルエントリーのキオスクでするか、APCのキオスクで行うか、ちょっと迷いました。

我が家は4人ともグローバルエントリーなのですが、去年ぐらいからグローバルエントリーがなくても米国の入国手続き、自動化が進んでいて待ち時間が減っているのです。

APCとはautomated passport controlでGlobal Entry同様のキオスクで入国審査をするものです。

c0005318_23581450.jpg

(CBPのサイトから写真を借りました)

日本パスポートはビサ免除なのでESTA登録をしていれば APCのキオスクが使えます。

DFW空港で導入されたのは去年のことですが、これが入ってから入国手続きの待ち時間が20−40%短縮したのだとか。米国入国する際の青いカスタムフォームを機内で記入する必要もなくなりました。


まぁグローバルエントリーでいいんじゃない(キオスク近いし)、と4人分手続きしたのですが、キオスクから出てくるスリップを持ってオフィサーのところへ持っていくと、次男坊の書類を見て、「これダメだから別窓口へ」と言われ、4人で別窓口へ向かいました、、、


その窓口は1つしかないので5分ほどまって、オフィサーに「こちらへ来るように言われました」とスリップを見せると、「顔写真が写っていないからダメなのだ」と。

次男坊の顔写真が写っているはずのスペース、何も写っていないのはやっぱり問題でしたかね、、、気がついていたのだけどやり直しできないしね、、、


ここで、親分が「でも次男は身長が108㎝なのでキオスクのカメラには低すぎて映らないのだけど」と文句を言ったところ、オフィサーは「それは親が抱きかかえてカメラに映るようにしなければいけない」と木で鼻をくくったような答え。はぁ、、、


Global Entryは一人$100(5年有効)払って有料サービスなのにこの対応、失礼すぎる!いつカメラのシャッターが落ちるかわからないキオスクの前で子供抱っこしろ?スツール置くとか考えないわけ?と親分はその場をでてからぶつぶつ文句を言っておりました。

私は「アメリカにお帰り!Welcome back to the US!」とニヤっと言ってあげました。苦情はこちらへ(笑)

この時点で結構時間を食ってしまったので確かにグローバルエントリーの意味なし。


まぁ日本だったらキオスクに踏み台がおいてあるでしょうね。または係員の人がそばについていて、「子供は抱っこして写真撮ってください〜」と言っているか。



で、この経験を踏まえて、自動化パスポート(APC)が導入されている空港で入国する場合(上のリンクをみると日本からの直行便が飛んでいる空港は全部)、Global Entryはいらないのではないかと思いました。我が家の場合グローバルエントリーはあと2年ほど有効なのですが、日本から帰ってくるためだけなら、これを更新する意味はあまりないかなぁと。さらに成田は米国入国のPreclearance(プリクリアランス)の交渉中なので、もう少しすると離陸前に事前入国審査ができるようになり、さらに楽になるでしょうし。

こんなにサービス悪いんじゃ、なおさら$100払う意味がないぞ〜。


入国以外にグローバルエントリーが有益なのは、TSA Preでして、こちらは空港のセキュリティーチェックを受ける際、優先レーンを使えるシステムです。TSA Preレーンはさらに靴を脱がなくていいという利点があります。

こっちは国内線・国際線関係ないので頻度という点からはTSA Preに認められているのはグローバルエントリーより優先度が高いです。

しかしこの対象者はtrusted travelerとしてTSAのシステムに記録がされていることで、グローバルエントリーに加入したら自動的についてきました。私の両親が渡航する場合でもパスポート情報を提出してあれば、航空チケットにTSA Preと印字されてでてくるので、我が家の場合、次は更新しなくてもいいのではないかと推察されます。


一方で日本の入国でいうと、日本はまだまだ紙ベースの申告が必要だなぁと思いました。

税関の携帯品・別送品申告書(これは入国する人全員)および出入国カード(日本パスポートじゃない人)を記入する必要があります。

今回の帰国の時点で長男は日本パスポートが切れていて次男のはまだ有効。

でもアメリカンの機内で出入国カードが残り一枚しかないと言われたので、ややこしいのですが長男は米国パスポートで入国、次男は日本パスポートで入国しました。

こうやって入国すると以前は日本の入国審査官に「お子さんも日本パスポート保持してください」と怒られたものですが、今回はなんにも言われなかったので良かったです。


まぁ日本も自動化を進めてはいます。私は「自動化ゲート登録手続き」を前回の出張の時に行ったのですが、子どもたちのパスポートは手続きするほうが面倒なので(といっても、10分ぐらいで手続きしてくれるのですが)、、、
成田の入国審査が子連れにとってありがたいのは、列の入り口にある案内の方が子供連れとみると、「特別室へどうぞ」「クルー用のレーンへどうぞ」とさくさくっと采配を振ってくださること。
子連れ=自動化ゲートより早いのです。

以上、米国入国時の「自動化でスムーズなはずなんだけど結局は人手を煩わして、しかもその人が不親切なのでイヤーな気分で帰国」という記録を持って楽しかった日本帰省記録、終了です。長らくお付き合いくださってありがとうございます。


by darari | 2015-07-23 02:12 | Comments(0)
2015年 07月 21日

2015日本帰省その9:東京ディズニー

c0005318_2257374.jpg


7月2日(木)と3日(金)はそれぞれディズニーランドとディズニーシーへ行きました。
横浜のホテルからディズニーランドへの直行バスが出ているので雨だしそれが便利だ!とそれに乗って、到着がだいたい9時頃。荷物をロッカーに預けたりして9時半頃入場。
私達は去年の春にカリフォルニアのディズニーへ行っているのですが、東京ディズニーは初めてでした。二度いくと比べられて楽しかった。
以下、思ったことをちょこっと。

○東京ディズニーはカリフォルニアディズニーより入園料が安い
- 東京ディズニー:大人2人(JPY12,400)+子供2人(JPY8,000)2日券=JPY40,800=USD336( @121.46/USD)
- カリフォルニアディズニー:大人2人(USD185)+子供2人(USD172)2日券=US714 (JPY86,722)
つまり為替レートにもよりますが、カリフォルニアディズニーの半額以下でした。これにはびっくり!
c0005318_22591125.jpg


○プリンセスはカリフォルニアのほうがエレガント
カリフォルニアよりパレードが多いのがすごく良かったです。
パレードでプリンス、プリンセスは白人が扮装しているのですが、(これって、人種差別で米国では問題になるのでは?と思わず親分相手に文句を言ってしまいましたが、ブランドコントロールの観点からすると眠れる森の美女がアジア人だと夢が壊れるのでしょうか)、カリフォルニアでみたプリンセスのほうがしぐさがお姫様っぽかった
c0005318_22595956.jpg


○ディズニーシーは日本語しかないものもあってアメリカ人は100%エンジョイできるかどうか謎。まぁ大体雰囲気でなんとかなるものが多いですが、「タートルトーク」というニモのキャラクターと話をするアトラクションは日本語が分からないと難しかった(コソコソ耳元で英訳していました、迷惑な客でした、、、)

○食事がローカライズされている
そろそろアメリカンな食べ物が恋しくなっていた子供たち。本場アメリカのホットドッグって書いてある!といって喜んで買ったホットドッグが日本のホットドッグで長男がっかり(ソーセージが違うのだそうです)。

○大陸の方が多い
聞こえる言語がマンダリンばかりでびっくり。日本人は大声あげないし静かなんですね、、、
私も北米大陸に住んで10年なので声が大きいのを反省しました。でも、大声あげないと我が家の長男聞こえてないみたいなんですよね、、、(聴力の問題じゃなくて)

c0005318_2305623.jpg
次男坊が「どうしてもミッキーに会いたい」というので40分待ちでミッキーのおうち。ファストパスがないので、ミッキーのおうちだけ待ちました。でも待った甲斐はあって、ミッキーにあったらハグッとしていました。しかしミッキーのおうちは、ミッキーに待つ間とミッキーに会っている間ずっと立っているので疲れます。アトラクションだったら最後アトラクションに座れるじゃないですか、、、次回のDランドに備えて体力つけないと!

○思ったより空いていた
2日とも開場から2時間ほどして入場しましたが6月の雨の平日だったおかげで乗りたいものはすべて乗ることができて、くたくたになったので初日は晩ごはんまで食べて8時頃退散、二日目は5時に出て外で夕食を食べました。次男坊はディズニーシーでは2時間ほどお昼寝までしていました。4歳の彼にはちょっとまだ盛りだくさんみたい。長男は身長制限もなくなんでも乗れるし、満喫していました

c0005318_2315532.jpg
ホテル(シェラトン東京ベイ)の窓からの眺め。集中豪雨警報がでていたのでしたが、午後には止んでいた、ありがたや。

我が家の旦那さんにとっても、東京ディズニーとカリフォルニアディズニーの違いはとっても興味深かったようで、彼のブログにも色々考察を書いているようです(親分のブログここで暴露しちゃった、右下の「外部リンク」にも貼っておきました)。

by darari | 2015-07-21 23:16 | 旅行 | Comments(0)
2015年 07月 19日

ChipotleのCarnitas

c0005318_3582929.jpg
Chipotle(日本語ではチポトレという方がチポレというより検索に引っかかってくるようですので、ここではチポトレ、でも発音はチポレ。コストコとコスコみたいなものかな)というのは全米のメキシカンチェーンレストランで、日本から帰ってくると食べたくなる味の一つ(あぁ、アメリカだなぁという味とボリューム)。

これ、私のブリトーボール、中身は米、ブラックビーン、ソフリタス(豆腐のようなもの)、ワカモレ、コーン、レタス。
c0005318_3585887.jpg
大きいので食べきることはできません。

ソフリタスの変わりに、選べるお肉の種類はビーフ(Steak, Barbacoa)、ポーク (Carnitas)、チキンの選択肢がありますが、このチェーンは1月から豚肉を販売停止していたのです。
で、今週豚肉が一部戻って来たというニュースがあったので、行ってみたのですがダラス近郊はまだでした(上の張り紙、"Sorry No Canitas")。

ちぇっ。
チポトレ、もともとマクドナルドの子会社だったこともある(1998−2006年)のですが、新鮮でオーガニックにこだわった食材を使うことでジャンクフードから差別化できていてそれが良いのですが、Carnitasを販売していないので売上も落ちているそう。
そもそも、どうしてチポトレが豚肉を売るのをやめたかというと、米国の豚肉供給業者(多くの従来式に豚を育てている飼育者)は人道的に豚を育てないからなのだそうです。
○ 抗生物質の使用
○ 狭い小屋に押し込めて育てる
というのが要因のようです。(Chipotle.com/carnitasより)
その解決法として英国の養豚者で、人道的に豚を育てている業者が見つかったので、そこから輸入する、という発表をしたのが今週だったのですが、これが全米の養豚業者を怒らせているとか。
けっこう熱いことになっていて面白いです。確かに、海外から輸入しなければいけないほど、アメリカの豚肉は非人道的に育てられているのか、というと気になります。

変だなと思ったので世界の豚肉飼育量(wikiの2013のデータ)。
1.中国 - 49%
2.アメリカ-7%
3.ブラジル-4%
4.ドイツ - 3%
5.ベトナム - 3%
6.スペイン - 3%
7.ロシア - 2%
8.メキシコ -2%
9.フランス -1%
10.カナダ -1%
その他-27%

アメリカが世界2位の豚肉生産者だというのと、日本が10位に入っていないというのはすこしびっくり。日本って豚肉たくさん食べるイメージがありました。
英国も10位に入ってませんな、、、そうすると養豚業者協会の肩を持ってあげたくなっちゃうかも。

カルニタスが早く戻ってきてくれればいいのですが、今のところテキサスでチポトレの豚肉を食べたければ、エルパソへ行くしかないみたい(7月17日現在)。もしくはアリゾナかオクラホマなど近隣の州で豚肉を提供している州のようですいや、そこまでして食べようと思わないけれど。

by darari | 2015-07-19 02:03 | Comments(2)
2015年 07月 17日

2015日本帰省その8:横浜

c0005318_018476.jpg
横浜は二泊しました。
主要な観光場所でちゃんと写真も撮った(私にしては)という、余裕が出てきた証拠。
やはり子供二人に大人二人だと余裕を感じます。

c0005318_019916.jpg
横浜のお宿はインターコンチネンタル(*後述)でした。便利で、ホテルの外の桟橋からシーバスに乗って山下公園へ行ったのですが、子どもたち大喜びしていました。

山下公園↓。
c0005318_0201160.jpg
そこから中華街へ行って晩ごはん。ここでもラーメン。

翌日は雨だったのですが屋内で遊べる博物館がたくさんあるので問題なく。
c0005318_0205161.jpg
日本丸

この日のハイライトはやっぱりカップヌードルミュージアム
c0005318_0253755.jpg
朝一番に行ってカップヌードルを作りました。
4人で4つ。
c0005318_0261295.jpg
上2つのが息子たち、左下が私、右下が親分。子どもたちは「具材なし、オリジナルスープ」がよかったのですが、具を必ず4つ入れなくてはならないそうなので、ひよこ*4が入っています(笑)。
ダラスまで大事に持って帰ってきて、食べました。次回の帰国時はインスタントラーメン発明記念館へも行かなくては。


夕方はコスモワールドで観覧車に乗って、長男だけこんな↓怖いのも乗ってました。
c0005318_0221831.jpg
この中のどこかにカネゾがいます。怖くて泣いちゃっているんじゃないかと思いましたが、終わるとニコニコとでてきて「もいっかい乗りたい!」と言っていました。大きくなったな、、、

*ホテルについて

by darari | 2015-07-17 01:04 | 旅行 | Comments(0)
2015年 07月 16日

2015日本帰省その7:東京(ちょっとだけ)観光

c0005318_337624.jpg
どぜう@築地市場
c0005318_3382599.jpg
この日の写真、あんまりありません。
泊まっているホテルから築地までとても近いので、せっかくだからご飯を築地で食べよう!(寿司、寿司と思う大人二人)ということで、
でも息子達は起きないのでマグロのセリなんかは諦めて(朝5時に申し込み所についた先着120名)、9時頃到着しました。

お仕事している人たちに邪魔にならないようにはどうやって歩いたらいいですか〜と案内の方々に聞きつつ、ターレーや仕入れをしているトラックに敷かれないように歩いて、、、寿司が食べたいけれど並びたくない大人二人vs.お腹空いた!ラーメン!な子供二人の思惑は、見事子供二人に勝利を譲り、、、ふぢの、というところで朝ご飯。
その後お隣のお寿司やさんで大人だけ食べればいいさっと思って。
でも不覚にもラーメンでお腹いっぱいになってしまって、お隣のお寿司やさんへ行けずおーいウニ丼!

いや、腹ごなしに走って戻って来たらいいんじゃない?という私の必死の提案で、腹ごなしに近所の浜離宮恩賜庭園へ。
c0005318_3485548.jpg
そうすると思ったより張り切った子供達、走り回って疲れたからホテルへ戻りたいだと(哀)。
え、時差ボケの親分もそれでいいと(号泣)。

というわけで築地まで行きながら寿司食べないという体験をしました。
振り返って関東地方にいた一週間、日本らしい鮮魚は一度しか食べませんでした(しかも回っていた)。私は実家でご馳走三昧だったからいいけど、、、子供達の味覚に合わせるとなんだか良い物食べられません。

あ、失意の築地の後、モスバーガーを食べました。
c0005318_357197.jpg


この後、最初は日光へ行こうと思っていたのですが天気予報はずっと雨だったので、実家を離れるまえに予定を変更して横浜に向かうことにしました。横浜なら雨でも子供が遊べるところがあるし、ということで。
電車を待っている間に、「東海道新幹線は新横浜から小田原まで運行しておりません」というアナウンスを聞いて「?」と思っていたら、新幹線の事故だったのでした、、、やたらと東海道線が混んでいるのでどうしたのかと思ったら。

えー、だんだん力つきて来ましたが、横浜と東京Dランドの記事を書きます。

あ、そういえば。

by darari | 2015-07-16 04:03 | 旅行 | Comments(0)
2015年 07月 15日

2015日本帰省その6:東京集合

c0005318_034064.jpg
実家で二週間過ごした後、6月22日(月)に新幹線で東京へ向かいました。
日付をわざわざ書いたのは、その翌日に東海道新幹線の痛ましい事件が起きたので記憶に残ったため。

新大阪→品川までの新幹線。子供達はプラットフォームに入って来たN700系(ちゃんとおじいちゃんが調べてくれた新大阪発のN700系に乗れたのでした)を見て大喜び、でも乗っちゃうと見えないですから、座席に落ち着いた途端に彼らはタブレットのコンピューターゲームに没頭、「あ、ほら今、鈴鹿サーキットの当たり通ってるよ」「あ、富士山見えるはず(見えなかったけど)」という私を無視していました。
ま、そんなもんか。

品川で腹ごしらえをして、JR浜松町まで。ホテルまで歩ける距離だったけれど、荷物が多いのでタクシーで今晩のお宿インターコンチネンタル東京ベイまで。

ホテルの窓からの眺め。
c0005318_043944.jpg
次男坊がレインボーブリッジも東京タワーも見える!と喜んでいました。

お部屋(次男坊のゲームしている様子つき)
c0005318_054990.jpg
エグゼクティブフロアレインボーブリッジビューというお部屋を貰った様子(ホテルのポイント使用だったので、ほほーアップグレードラッキーという感じでした、、、今このページ見ると「このフロアの方は朝ご飯無料」と書いてあるけど、そういうことは教えてもらえなかったのでたった今まで知らなかったな、、、

このホテルのロケーションが良かった理由は、ここでDFW-NRTで東京入りした親分と合流する予定をしていたので。
成田まで迎えに行くのも、子連れ二人で大変だしどーかねーと思って、集合場所を「浜松町駅のホテルの送迎バス停(もしくはホテル)」としておいたのです。
彼が乗る成田エキスプレスの時間は教えてもらったので、見計らって浜松町駅へ。
無事二週間ぶりに再会することができました。

子供達、ダディーと二週間離れる体験は生まれて初めてだったのでさぞかし積もる話があるかと思いきや、
「ダディー、マインクラフトで家を造った〜」とか二人ともいきなりゲームの話でした、、、(えぇぇ?!)
まぁ、実家にいるときも毎日朝晩ビデオチャットしていましたからね、「感動の再会」ってほどでもなかったですかね。便利になった世の中に感謝しておこう。
c0005318_074596.jpg
その後は大門あたりをぶらぶら歩いて東京タワーまで(上りませんでしたが)。

子供達との再会が盛り上がらなかった一方、私は子供二人の監督責任を無事全うしてすごーく肩の荷が降りました。
この日のビールはおいしゅうございました。ちょうど東京タワーの下でハイボールガーデンをやっていたのでここで軽く一杯、のはずがこれで晩ご飯になっちゃったのははるばる6000マイルかけてやって来た親分にはちょっと申し訳なかったかも。
やっぱり東京での再会を祝して寿司とか行くべきだったとこっそり後悔、、、

by darari | 2015-07-15 00:38 | 旅行 | Comments(0)
2015年 07月 14日

2015日本帰省その5:実家の時間

c0005318_037523.jpg
次男坊、テキサスに帰ってきてからも、「おじいちゃんのうちでやった花火楽しかったね」
と、よく思い出しています。
c0005318_0382055.jpg
手持ち花火は、こちらでみないもので生まれて初めて花火をして(鑑賞するのでなく)、すごく印象に残った様子。
ちなみにお揃いのTシャツはユニクロで買ったスターウォーズシリーズ。この夏二人の一番のお気に入りで、アメリカ人にも「それかわいい」とよく言われます。

近所の神社に散歩に行くのも楽しかった、またおみくじ引きたいと二人ともよく口に出します。
c0005318_042679.jpg


あとはおばあちゃんの作ってくれたオムレツがおいしかった〜とか
おじいちゃんと公園に行って蛇みたね〜とか、
夜は窓を開けて寝るのが気持ちよかったね、とか色々言っています。
実家での楽しい時間が二人の記憶に残ったようで、よかった。

私は実家で甘やかしてもらって、すごくリフレッシュさせてもらいました。
この世の中で、「あなたが食べたいでしょう(子供じゃなくて)」といって好物で食卓が満載になったり、「少年達見ておいてあげるから昼寝しなさい」と言ってもらえるのは実家だけ。
そう考えると、母親が他界している親分は甘やかしてくれる人がいなくて申し訳ないなぁと思い、実家で優しくしてもらったのは親分にお裾わけしようと思いました(と思ってもなかなか難しいのですけどね)。

今年の6月は涼しくて、二週間の実家滞在中雨に降られたのも1日だけで、毎年こうだったら毎年6月に来たいな〜と思いました。いつもは11月のサンクスギビングの休暇中に来るので。

実家滞在中一日だけざーざー降りだった日は、恒例の海遊館へ(おじいちゃんの写真を借りました)。
c0005318_0402561.jpg
我が家の海中生物好き(次男坊)はジンベイザメが見られて満足、須磨水族園とあわせて週に二回も水族館に連れていって貰えるのも日本だからだね。

by darari | 2015-07-14 01:46 | 旅行 | Comments(0)