だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 12月 26日

White Christmas

c0005318_22553946.jpg
クリスマスの昼頃からみぞれが雪に変わり、一日たった今朝はワンコの足元が隠れるほど積もっています。
ダラス近郊は今年はホワイトクリスマスでした。
今朝の最低気温、−6℃(シカゴより、ニューヨークより寒い!)
c0005318_235534.jpg


私たちは、カネゾが夜中40℃の発熱したのと、天候が悪いのでちょっとどうするか悩んだのだけれど、予定通り開催した親類クリスマスディナーのホストだったので外へでる必要もなく、ぬくぬくと一日家の中で過ごしました。

ことしのクリスマスディナー、私のお皿。
c0005318_2353552.jpg
ターキーは寒空&強風の下、親分が外でターキーをディープフライ。
あとは義姉がクランベリーソースを持って来てくれたあと、私が適当に作りました。
つくったもの:
芽キャベツのロースト、
インゲンのキャセロール、
コーン、
マッシュポテト、
グレービー、
チョコレートパイ、
ロールケーキ

年々適当になって行っている・・・。
芽キャベツのローストは男性陣は誰も手を付けず、女の人たちだけで食べてしまいました。

カネゾもサンタさんと親類からプレゼントをたくさん貰い、昼間は熱も薬で押さえていたので楽しそうでよかったです。
次男坊は朝、サンタさんからのプレゼントを見て、欲しかった車を持って来てくれなかった!と
"Bad boy, Santa!"と一瞬怒っていましたが、ストッキングの中に念願の車をみつけてそこからずーっとご機嫌でした。

今年は前日のクリスマス礼拝にも行けたし、ホワイトクリスマスだったし、料理は(手を抜いたから)すべて順調だったし、モデル的クリスマスでした。
やっぱり次男坊がクリスマスが判るようになってきて、家族全員で楽しめるイベントになったのが一番嬉しくて楽しかった要素かな。

by darari | 2012-12-26 22:55 | 歳時記 | Comments(2)
2012年 12月 24日

Happy Christmas!

c0005318_815099.jpg
Happy Christmas!
日本ではもうクリスマスイブではないですか。
じゃぁクリスマスぽい写真を・・・ということで、シドニーで撮ったクリスマス写真。(11/28-30)
c0005318_821420.jpg
現地は夏につき、とっても季節感のないクリスマスでした。

街頭にこんなお花とかも売っているし・・・
c0005318_823793.jpg
南半球って夏にクリスマスなんだな〜勝手くるうだろうなぁと思いました。ダラスって暑いけど一応北半球なので(クリスマスには雪が降ってホワイトクリスマスになるかも!と大騒ぎしているし)。

ちょこっと写真も。

by darari | 2012-12-24 08:21 | 歳時記 | Comments(2)
2012年 12月 13日

追いあげてきた

c0005318_12383153.jpg

一つ前の記事を書いた翌日からシドニー出張へ一週間行ったために完全に出遅れた12月です。
12月も12日になってようやくクリスマスツリーを飾り付け開始しました(でもまだ終わっていない)。
クリスマスカードも今さっきようやくデザインを決めてオンラインオーダーしたのでカレンダーに追いついてきた気分になってきました。
あとは・・・家族とお世話になった方々全員へのクリスマスプレゼント購入(まだ全然はじめていない)。


12月、ただでさえイベントが多いので時差ボケが、とか仕事が、とか言い訳している場合ではないのです。
まず先週末は2日遅れで次男坊の2歳のお誕生日お祝いを・・・
c0005318_1238304.jpg
彼のリクエストで「アンパンマンのバースデーケーキ」でした。
非常にいびつな顔ですが、次男に「アパン!」と認識してもらえたのでよかった。
2歳児検診にも行って、健康だねと言ってもらえたのでこれもよかった。

ちなみに体重は50パーセンタイル、身長は90パーセンタイル。
分離不安で人見知りが強くて夜中に夢をみて泣き叫ぶのでまだ夜通し寝ませんが・・・との問いには、先生は「それは注意深い性格によるものなので、将来大きくなったときにも危険に注意深く対処してくれるだろうから、ドラッグに手出しする可能性が低い青年に育つと思って楽しみにしていなさい」とおっしゃいました(笑)。


カネゾくんの幼稚園のパーティー、「ジンジャーブレッドハウス作り」にも参加してきました。
c0005318_12382833.jpg

牛乳パックにアイシングを塗ってグラハムクラッカーを貼付けたところに、お菓子をデコレーションするという幼稚園にもできる工作です。チューブに入ってあらかじめ売っているアイシングが原色でまぶしいですが、まぁ食べる物でないのでいいのです。
カネゾくんの性格がきっちり現れて、左右対称でシンプルなジンジャーブレッドハウスになりました。
他の男の子の作品と比べてみると(みんなはもっと色とりどりでいろんな方向に沢山のお菓子がつけてあるもので)、「うちの子、ちょっと変わっている?」と思わされるのですが、先生はいかにもカネゾらしい、とにっこりしてくれたのもので、いいのだと思われました。
なにしろ作っている本人達はお菓子の匂いにうっとりとして、工作するより口に入るお菓子の方が多くて、それはそれは楽しそうでした。

そんなこんなで彼の幼稚園の秋学期、来週いっぱいでおしまい、二週間の冬休みが目前です。
シドニー出張の記事は冬休みに余裕があったら書く予定にしておきます。

by darari | 2012-12-13 13:42 | 歳時記 | Comments(4)