<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 17日

緑な日

c0005318_12153930.jpg
明日はセントパトリックスデーです。久しぶりにこの「飲んだくれる日」が土曜日にあたることもあって、周囲では盛り上がっています。
何時からどこで飲み始めるか、みたいな話題。

で緑の祝日にちなみ、緑のHummus(フムス)↑。
以前から気になっていた生ひよこ豆で作ります。

すごーくおいしいです。
普通のフムスと枝豆フムスをまぜた様な、かつ、フレッシュなテイストです。

秘密兵器は。

by darari | 2012-03-17 12:28 | ごはん | Comments(0)
2012年 03月 16日

前庭の桜 2012

c0005318_1133147.jpg
我が家の前庭の桜(ソメイヨシノ)が三部咲き頃です。きっとダラス辺り、週末が見頃ですね(雨らしいですけどね)。

今年は梨の花も早かったけれど、桜も去年一昨年より1週間以上早いです。

やっぱり暖冬だったな〜。

c0005318_1134847.jpg
もう息子たちは半袖短パンで走り回っているほど急に暖かくなったので、葉っぱも一緒に出てきてしまっています。


食器洗浄機が壊れました。
半年前から、「ディッシュウォッシャー壊れそうな音をしているから、買い替えようよ〜」と言っていたのですが、我が家のCFOがそうそうオッケーだす訳はなく、「壊れていないものを買い替えるなんて」とけんもほろろに言われていたのです。
今週ついに、稼働させる度に台所が水浸しに。
親分、這いつくばって掃除してみたけれど直せず。
だって、築18年の家に元々ついていたオリジナルだもの〜(今まで保ったのが驚き。きっと前のオーナーは外食が多かったのでしょう)、壊れて当然なのです。

で、オーダーしたものの、気に入った機種は2週間待ちです。
ほ〜ら〜壊れる前に買い替えなかったからだよね〜、と言いたいのをぐっと堪えています。うっしっし。

彼の発言:「仕方ないから今後二週間、紙皿生活だね」

いえ、手洗いすればいいのです。
会社の同僚にも同じこと言われたので、アメリカ人は手洗いっていう発想が本当にないのか〜とちょっと感動。

ちなみに新しいディッシュウォッシャーが欲しくてわざと壊したわけではありませんので、念のため。
でも電子レンジもオリジナルなのでついでに買い替えようかな、今なら親分に文句いわせない自信がちょっとある、かも(笑)。

by darari | 2012-03-16 11:17 | 歳時記 | Comments(4)
2012年 03月 13日

コロラド スキー その3

その2からの続きですが・・・ダラスの今日の最高気温は28℃、週末からデイライトセービング(日本との時差は15時間です)も始まり、「あぁ、もう初夏?」という様子なので、二週間前の旅行がもっと前のことのようです。

2月29日、朝から雪。最高気温予想ー2℃。
c0005318_1055663.jpg

悩んだあげく、カネゾはスキースクールに入れてブーちゃんと親分を部屋に残して、ゆっくりめのスタートで私は山へ。
親分は前日、新雪でいっぱい滑ったからもうこの日はいい、と言っていたのです、私が好き勝手しているようですがそうではありませんから。

リフトを降りたところのコース案内図。ブラックダイアモンドばかりである・・・
c0005318_1102225.jpg
c0005318_1182784.jpg

コケて怪我したら母親として失格・・・と思いながら(親分一人で子供二人&荷物は無理なので)、重力に任せて突っ走っておりました。

体力が切れたところでカネゾをピックアップして...カネゾが山のてっぺんまで行きたい、リフトに乗りたいと無邪気にいうので彼の希望通り、
c0005318_11144749.jpg
乗せてあげました、うっしっし。
リフトに乗って大感激、カネゾくん。

二日間スキースクールに入ってもらったおかげで、ひととおりターンもできるようになったようだし(ピザをスライスするターン=プルークターンができるようになった)、止まれるようになったようだし、いちばん緩い斜面なら行けるかな〜?と思ったのですが・・・
最初の50mほど滑って、疲れたようでした。
あとは(一日の疲れもあって)、マミーがひどいところに連れてきた、もう降りられない〜と斜面に転がってダダをこねるもので、どうしたものか・・・と思っていたら、レスキュー隊の人が大丈夫ですか〜?とやってきて、、、(ここの山の人、みんな親切すぎる)
その途端、カネゾ復活。
スキーを履き直して、自力で滑って降りました。

それから。

by darari | 2012-03-13 11:30 | 旅行 | Comments(4)
2012年 03月 12日

私にできることは?

震災から1年、あなたはこの国のためになにができるか
難しいです。
この一年で、日本の政府、自治体に対する絶望感は増したのは確か。
アメリカ人が日本に行くのが(放射能をあびる不安で)怖いというのも無下に批判できず、
実際円高で行きにくい国になっているのを実感した一年。
日本のために何ができるのか。

・・・具体的な行動としては今のところ寄付しか思いつきません。
あとは、変わらず訪れ続けること。



先月、会社で登録しているボランティア団体(Red Cross etc)で行われた説明で学んだ事。
c0005318_1124245.jpg
ダラスは全米一、天災にあう危険性が高い都市だということ。(出典:New York Times April 30, 2011Where to Live to Avoid a Natural Disaster)
ハリケーン、洪水、干ばつ、雹など、地震以外の天災に見舞われる確率が高いのだそうで・・・知りませんでした。
そうと知ったら備えなければ、と思ったのですが何もしていません。自戒。

by darari | 2012-03-12 11:36 | ダラス | Comments(3)
2012年 03月 08日

コロラド スキー その2

c0005318_11565352.jpg
クレステッド ビュート、翌日(火曜日)は雪。
につき我が家はスキーは中止。
カネゾをそり遊びに連れ出しました。
私とカネゾが主にソリで遊んだ人で、親分はソリ遊びが下手だということが判明したのだけど(まぁテキサス人だから仕方ないか)上の写真はカネゾが乗ったソリを親分が引いているところ。

c0005318_11593679.jpg
念願のスノーエンジェルを作って、満面の笑みのカネゾくん。
パウダースノーですからね。

おおはしゃぎの兄を見つめるブーちゃんは雪の日をイマイチ楽しんでおりませんでした。
c0005318_1205637.jpg
モコモコに防寒具を着せられて身動きが取りにくいのが不満だったらしく・・・キーキーと不平たらたらでした。
あいにくの帽子と相まって、道行く人たちに
「抱っこしているのは、ベビー?モンスター?」と聞かれる始末でした。
(で、意地悪な母は、「モンスター」と応える)

午後は親分だけパウダースノーを堪能しに出かけ、筋肉痛の私はホテルで息子たちと遊んでいました・・・まったり部屋でTVでも見られたらいいのですが、我が家のアクティブな一歳児のエネルギー消費のためにロビーで走り回っていました。

こういう日のために、ロビーの暖炉前にはボードゲームがたくさん置いてあって、カネゾはさっそく新しい友達を作って一緒にゲームして楽しんでいました。
c0005318_1292663.jpg
このホテル、ゲレンデ際にあって本当に便利で、部屋も長期滞在できるように居心地よくて、ソリも貸してくれて、ジャグジー付きプール(屋外・・・)もあって、という至れりつくせりのホテルだったので、次にクレステッドビュートに行くときはここに泊まるということに我が家では決まっています。

by darari | 2012-03-08 12:13 | 旅行 | Comments(4)
2012年 03月 07日

コロラド スキー その1

c0005318_1216793.jpg
4泊5日でコロラドのCrested Butteというところへスキーへ行ってきました。
上の写真はダラスからぶーんと飛行機でコロラドへ向かい、「ここから雪国」とくっきり境界線がついている風景。
この山を選んだのは、
1)ダラスから直行便で
2)空港からスキー場まで近くて(バスで30分)
3)ホテルからスキー場から近い
という子供連れにありがたい条件を満たしていたためなんです。

初日は移動して、街まで牛乳など買い出しして翌日に備えて絵終了。

山間のちっちゃな街、日が暮れるのが早くて、南国からの旅行者はびっくり。日が沈んだ途端に寒くなって(雪国だから当たり前なんだけれど)道ばたのお店に入って暖を取ろうとしたらそのお店が医療用大麻を販売しているお店でたまげました。知らなかったけれど、コロラドでは合法なんだそう。いきなり子連れで間違った店に入ってしまいました・・・

二日目。朝から快晴。
カネゾはスキースクール(9:30AM-3:30PMの一日)へ。
c0005318_1223574.jpg
子供用初心者クラス(生徒4人、先生一人だけど助手の人多数)で先生の言う事をよーく聞いてね〜。時々様子見に来るからね〜と言ってカネゾと別れ、
親分とブーちゃんはホテルに戻り、
私はスキーとブーツを借りて、リフトに乗って
c0005318_12263531.jpg
山へ。
てっぺんの尖った山がCrested Butteという山です。
雪山をみると「おじいさーん、山が呼んでいる〜」という気分でわくわく。
c0005318_1227397.jpg
リフトを降りていきなり滑る。空いていて誰の気兼ねもしなくていいし、一人なので黙々とスキーするのみ。
リフト2本滑った後、スキースクールを覗きに。

c0005318_12284054.jpg
おぉ、カネゾ(中央の黄色いベストを着たの)おぼつかないながら滑っていました。
スキースクール開始から1時間。
斜面の上から写真を撮ると平らに見えるのですが、一応スロープの上です。

カネゾが張り切ってスキーしているので、お母ちゃんも負けずに再び山へ。
c0005318_1232520.jpg
山頂まで。
この山、50%以上がブラックダイアモンドの斜面なんだそうで、それはどうかと思ったのですが、空いているし雪の状態も素晴らしいし、7年ぶりのスキーの私でもびびらずに楽しめました。
c0005318_12331522.jpg
ただ、黙々と滑るのは体力が持たず(しかも山頂は3700mと富士山並みに高いので息が切れる)、初日は2時間で膝が笑ってリタイア。

午後からは親分に交代して、私がブーちゃんと遊びました。
ブーちゃんは知らないところにいくとものすごーく興奮してしまうタイプのようで、旅行中は毎日お昼寝パスでした。
夜になってもキャーキャー言いながら起きているので、疲れないのかな?と思っていましたが、4日目だけお昼寝した後は元気でした。彼は1歳児ながら体力あります・・・。

一日スキースクールで頑張ったカネゾくんは、3時に様子を見に行ったら先生に元気にバイバイしたと思ったら、スクールを後にした途端「もう歩けない」と半泣きでした。
頑張ってスキーしすぎの子でした。

翌日に続く。

by darari | 2012-03-07 13:03 | Comments(4)
2012年 03月 05日

ひな祭りとバウムクーヘン

c0005318_5404740.jpg
3月3日はひな祭り、3月4日はバウムクーヘンの日

我が家、今年から「日本の歳時記強化」と決めています。
去年まではひな祭りは女の子のイベントだし〜平日は難しいし〜といってやり過ごしていたイベントなのですが、春からとりあえず補修校に行かないことにしたのでカネゾの日本人アイデンティティーのために、イベントは欠かさないよう頑張ります(ただし平日の場合は考慮・・・)。

晩ご飯には、スモークサーモン押し寿司、蛤のお吸い物など作りました。
カネゾもお吸い物におそうめんを入れて(彼はお味噌汁、お吸い物にはそうめんがついているものと固く信じている、そして素麺が入っていると大喜び)食べました。(ハマグリ、と書いたけれどlittle neck clamといってコスコで売っていた、5lbs(2.2kg)入りの袋の貝なんですが、後処理どうしよう・・・と密かに悩んでいます。
とりあえず砂吐かせて冷凍してみた・・・)

で、写真のひな人形は先月私が日本に行った際、成田空港で買ったもの。
引き出しの上段にエイセイボーロ、下段にコンペイ糖が入っている、とってもかわいいお菓子。
成田空港でひな人形と一緒に買ったバウムクーヘン(ひな人形のお隣に映っている青い筒)を開けたら、「3月4日はバウムクーヘンの日」と説明書きがあったので、めっちゃタイムリーなのであった!と(私が)大喜び。我が家の男性陣、バウムクーヘンをニコニコして食べていました。

カネゾは「木のケーキ」が大変お気に召したようで、写真も撮ってくれました・・・彼は私の新しいカメラが大のお気に入りで、「写真撮らせて」とよくお願いされます。
上の写真も彼が撮影したものです。

スキーの記事は次回以降に。

by darari | 2012-03-05 05:56 | 歳時記 | Comments(0)