<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 31日

息子、めろめろ

c0005318_13462630.jpg
ハロウィーンイベントの夜、息子がべた惚れの先生、ミス・クリスタ(推定年齢ハタチ)と一緒に一枚。
もっとちゃんと撮れた写真は先生にあげて、ボツになった分をブログ写真に採用です(爆)。

先生のピンクの衣装(綿菓子、の仮装だったんだそう)がとっても印象に残ったようで、

「クリスタ、ピンクドレス」

ってつぶやいてはうっとりしたはります、うちの息子。
もうイベント以来、2週間にもなろうというのに。

男子のDNA入ってるって感じだわぁ〜と思わされます。

私もピンクの服なぞ着てると、
「マミー、ピンク、キュートォォォぉ」
って褒めてもらえます。

わっかりやすぅ〜。

(11月10日記)

by darari | 2009-10-31 13:45 | カネゾウ(仮名) | Comments(3)
2009年 10月 30日

ジャパニーズ スーパーヒーロー参上

c0005318_11512841.jpg
昨日の予告どおり、今日は親分の職場と息子のデイケアでハロウィーンイベントがありました。
私が帰宅すると、アンパンマン、もとい、アンパンマンのコスチュームを着て上機嫌な息子の姿が。

ど、ど、どぉやって着せたの〜???(←予想外で激しく動揺)
と親分に聞くと、

「仮装してないとお菓子貰えないよ」と言ったとのことでした。

うーむ、その手は先週のパレードの時も行使したと思っていたけれど、今日は効果あったようです。

ばんざーい。
あ、でもこれで「2歳のときのカネゾのいじわるの思い出」として衣装を額に入れて飾る計画がボツになってしまった。


彼の職場では、付き添いひとりでは忙しかったようで、アンパンマンの説明まで追いつかず、
「スマイリーフェース スーパーヒーロー」と呼ばれてしまったようですが、ま、それでもいいか。

仮装したまま夕食を食べて、デイケアのハロウィーンイベントへ。
c0005318_11514177.jpg
ちびっことその親たちを迎えるのは、仮装した先生たち。
一枚目の写真にかすかに写っていますが、子供たちの作ったハロウィーンアートもあちこちにかわいく飾られています。

デイケアでは、モデルのアンパンマン人形を見せて「これだよ〜」とアピールして
「ジャパニーズスーパーヒーローです」と先生やお友達にも説明できました。

事前に用意して、時間外なのに自分たちも仮装して子供たちを迎えてくれるデイケアの先生たち、本当にありがたい。
このイベントの楽しさは、学祭の楽しさに似ているかなぁ・・・。
特に今年は夜なべ作業という学祭準備を彷彿させる準備もしたことだし、他の人たちの展示をみたり、変な時間に学校(デイケア)へ行ったりで、文化祭を思い出します。

さて、明日は私の職場のハロウィーンイベントです。
もう今日、息子の衣装着た姿を見られたから、明日はどうでもいいや(笑)。

by darari | 2009-10-30 12:08 | カネゾウ(仮名) | Comments(20)
2009年 10月 29日

全国チョコレートの日

10月28日はNational Chocolate Dayなんですって。

という事は今日、職場でニュースサイトを見ていて知りました。

いわれについては調査しないまま、チョコレートデーを祝うべく、
以前買ったまま暑くて開封する気になれなかったホットチョコレートを解禁。
c0005318_1294143.jpg

甘くて、デミタスカップでも十分満足。

ドルセデレチェ味のホットチョコレートなので、色がチョコレートじゃないみたいです。
c0005318_12123315.jpg


ソーサーに並べてあるのは、Argentina Bakeryのドルセデレチェをはさんであるクッキー。
このクッキーは蜂蜜をしみこませてあって、しっとり甘いのでしたが、ホットチョコレートと一緒に食べるとあっさりと感じてしまう、おそろしや。

甘いクッキーと甘い飲み物を飲んだ後に、ハロウィーンの準備をしていたら胸焼けしました。
c0005318_1216717.jpg

チョコレート詰め合わせ(150個入りお徳用バッグ)。
ひとつ100kcalとして、150個あるもので15,000kcalです・・・(絶句)。

明日は午後は親分の職場、夜は息子のデイケアのハロウィーンパーティーです。

イベントについて相談する父子の会話:
父:「明日はハロウィーンパーティーだけど、カネゾは誰になるの?」
カネ:「ん〜、アンパンマン!(きっぱり)」
父:「じゃ、今コスチューム着る練習しようか?」
カネ:「ノー!!」
父:「・・・ま、いいや。じゃぁ(ひそひそ声)、明日キャンディーいっぱい貰ったら、ダディーに全部ちょうだいね」
カネ:「ん〜、、、オッケー!!」

・・・今アンパンマンって言っていても3分後には気が変わるんだから〜。
親分、息子のお菓子をまきあげようとしているようです。
ゆすり、たかりはいかんよ〜(と、こっそりつぶやく妻)。

by darari | 2009-10-29 12:27 | おかし | Comments(4)
2009年 10月 26日

ご近所イベント

c0005318_12163314.jpg
ハロウィーン前の日曜。去年と同様、ご近所のハロウィーンパレードへ。
ま、パレードといっても、ご近所さんがテキトーにわらわらと歩いているだけなんです。

今年も、女の子たちがお姫様衣装を着て楽しそうです。
で、うちの息子ですが、去年のデジャブが。
・・・衣装、着ません。
今年は去年に比べればずっと涼しくて(といっても、袖無しの女性が写真に写っている・・・そこまで暑くはなかったと思うけれど)着ぐるみさえ着ていなければ大丈夫、と思っていたのに。

プランAはアンパンマンコスチュームでしたが、着ないかもしれない気配なので
プランBに彼の第二希望だった車のコスチュームを用意したというのに、どっちも嫌だといって普段着でパレード参加。
お友達のプリンセスに手をつないでもらい、真剣な顔をして行進していました。
私は彼の気が変わったときの為に、コスチューム二つもって行進(でも徒労)。
一筋縄ではいかない頑固者です(親分に似たのね〜っと)。

もうプランCはなし。

アンパンマンコスチューム、着てくれない場合は額に入れて
「カネゾは二歳の時にお母さんの気持ちをないがしろにしました」
っていう説明書きを加えておこうと思います(ちっ)。
きっと因果応報なんだと思う・・・私も母親の思い通りになんてちっともならない娘なもので(すみません)。


ご近所つながりでもうひとつ。

c0005318_12291528.jpg
先週ある夜、ご近所のオクサマの集まりというのに参加しました。
今まで何度も誘ってもらっていたのに尻込みしていたのですが、ついに言い訳のネタもなくなり。

で、行ってみると意外に楽しかったです。
親分には「一時間で帰ってくると思う」といって出かけたのに、帰宅したら三時間経過していました。
オクサマ15人ぐらいで色々と子供/仕事の話なんぞして、ゲームして、ゲーム勝って(たぶん楽しかった一番の理由)。

ゲームの賞品は、この上の写真のかわったワイングラスでした。
魔女の持つゴブレットぽい・・・と思いながらワインを注いで飲んでいます。
ひひひ(魔女っぽい笑い)・・・息子の気を変える魔法があれば使ってみたいのじゃがのう。

by darari | 2009-10-26 12:37 | ぼやき | Comments(6)
2009年 10月 22日

ほんとに病気だった!

c0005318_1028438.jpg
いっこ前の記事で油断したら、H1N1がこじれ、息子は日曜日の夜から気管支炎になりまして。
インフルエンザの熱は金曜だけで収まったのに、日曜の夜から月曜にかけてまた熱をだして、月曜はまたお医者さんへ行くはめになりました。
カネゾは「ドーナツドクター」大好き!(お医者さんの横にドーナツ屋さんがあるのです、困ったもんです)なのでわくわくとしてドクターに診察してもらったようです。

もう水曜の今日は元気になって、デイケアでも人一倍元気に遊んでいたので心配はないのですが、油断は禁物でした(汗)
新型インフルエンザ、曲者です。。。

で、月曜と火曜は親分と私が交代で一日ずつカネゾ担当で家にいました。
家に一日こもっていると、退屈なんだよね〜。
ってことで二人で暇つぶしにクッキーを作りました。
生地を伸ばして、型で抜くっていう作業、予想以上に息子に喜ばれて(時間もつぶれたし)楽しかったです。
c0005318_10323587.jpg

しかも、焼き上がったら食べられるのも、またよろしい♪

寝る前に、今日はどんな一日だった?と聞くと
クッキー作って、飛行機と車と星のクッキーがおいしかった、、、などとむにゃむにゃと話してくれました。
心に残ったようで、よかった。

しかし、もうこのインフルエンザは遠慮したいです。

by darari | 2009-10-22 10:34 | カネゾウ(仮名) | Comments(8)
2009年 10月 18日

ほんとに病気?

c0005318_1215216.jpg
木曜日午前二時、息子が発熱してました。
想定済みだったので、やっぱりきたか〜、と小児用タイレノル(解熱剤)を飲ませてそのまま朝まで待つ。
c0005318_12171262.jpg
(↑一家に一本、小児用タイレノルのブドウ味。他にチェリー味もあり)

親分は午前中外せない会議があるとのことで、交代で半休を取る事に。
なので、私は新しい部署3日目で午前半休。
感じわる〜いけれど、こればっかりはどうしようもないし。
だいたい、私がテンパると息子は病気するものなのです、多分。

肝心の息子、朝には微熱程度になっていて、いつもどおり食欲も旺盛、本当に病人なんだろうか?と親分と苦笑いしながら、とりあえず咳はしていることだし、と小児科医の午前中のアポイントを取り付けました(微熱に下がっている、っていうのは伏せておいて)。

息子と私がドクターのオフィスへ行くと、今までみたことないぐらい混雑した待合室で、受付の人に「忙しそうね〜」というと、

"Welcome to the mad house!"

と疲れた顔で返事されました。
新型インフルエンザ、大ブレーク中ですな・・・。

待合室で30分弱待った上で、ドクターの問診。
はい、耳みせて〜。
あ〜んして〜。
聴診器で胸の音きかせて〜。
おしまいっ。

ドクター曰く、

「新型インフルエンザだと断言はできないけれど、インフルエンザのテストをしてもA(新型ならAが陽性)もBもfalse negative(誤陰性)とでることも多いので、信用できない。
今フルーにかかっている人は99%新型なので、息子さんも新型インフルエンザだったと仮定して、熱はおそらく日曜日ぐらいまで続くはず。
でも、息子さんはぜんそく持ちなどのハイリスク患者でないので、タミフルは処方しない。
月曜日になって、まだ熱が続いていたら肺炎などを併発している可能性があるので、電話で抗生物質を処方します。でも新型インフルエンザから他の病気を併発する確率は1%。
マスコミの大騒ぎに影響されないように。」

だそうでした。

これも、先週家族がインフルエンザになったボスに既に聞いていた話と同じだったので驚く事もなく、
「あぁ、保険の自己負担分と1時間無駄にしたな〜」
とつぶやきながらドクターのオフィスを後にしました。

帰りの車で、息子が

"I like the doctor!"

と。
そりゃ〜、ニコニコしてお話してくれて、注射もなにもしないんだから。
好きで当然、よかったね〜(←投げやりな気分)。

で、お昼に帰宅してきた親分にお家にいる当番をバトンタッチして、半日仕事(するふり)して帰宅したら、息子、いつもどおり元気に家の中で走り回っていました。
本当に新型インフルエンザ発症中の幼児なんだろうか?

そのまま熱を出す事なく、翌日土曜日(本日)へ。
一応、一日外出を自粛していたのですが、午後の時点で家の中で遊ぶのに飽きたらしい。
c0005318_1240414.jpg
夕方、近所のナーサリー(植木屋)へ連れ出しました。
いろんなカボチャがあるので見て楽しいし、カボチャ以外にもいろいろとデコレーションが凝っていて(一枚目の写真もこのナーサリー)人混み激しいわけでもないので、他の人にも害はなかろうと。
息子は
"I like pumkin!"
(パンプキンって言えなくてパンキンと言う2歳児)だそうでした。

結局、ドクターがインフルエンザのテストもしてくれなかったので、本当にインフルエンザだったのかどうか分からず仕舞で、息子の症状は鎮静化しました。
・・・新型インフルエンザにしては症状が軽すぎるような???

納得できないままの私と親分なのですが、
新型じゃなかったとしたら、またインフルエンザに罹るかもしれない、とビクビク用心するのも嫌だし、ここは一つ「新型だったけどとっても軽く終わった(なんてラッキー!)」という心意気で過ぎた事にしようか、ということになっています。

そういうことでいいんだろうか、いや、良い(自問自答)。

追記

by darari | 2009-10-18 12:57 | カネゾウ(仮名) | Comments(6)
2009年 10月 14日

秋かなぁ?

c0005318_101229100.jpg
ドアの飾りを秋っぽいのに変えたら、息子がドアを出たり入ったりするたびに、つぶやいています。

"He's...happy."とか
"He's ...funny."
とか。
普通のリースの時は何も言わないのに、人の顔がついているとなんだかんだ思うみたいです。

景気が悪いからか、お祭り好きの人たちが引っ越ししていってしまったからか、うちの周りのハロウィーンのデコレーションは、今年はなんだか地味です。

うちも地味めに、前庭をカボチャで飾りました。
c0005318_10124220.jpg

うむ。
この飾りなら感謝祭(11月末)までいけるな(←ケチな発想)。

雨上がりに、カボチャの上にちっちゃなかたつむりが乗っているのを、息子が発見しました。
c0005318_10125668.jpg


by darari | 2009-10-14 10:19 | Comments(4)
2009年 10月 12日

夜なべ終了

c0005318_11544092.jpg
「ま〜だ〜?」
と待ちぼうけのワンコさん、ひどい顔、ひどい格好。
カネゾのお昼寝用に用意した毛布をぶんどっちゃってるし。

「だって、カネゾがボクのお昼寝用のベッド取るんだもん」
c0005318_11545572.jpg
あぁ、たしかに。
そういうことがありました。

で、ワンコさんにはお待たせでしたが、できました、私の夜なべの成果、今年の息子のハロウィーン衣装。
c0005318_11551494.jpg真ん中のニコちゃんマークが歪んでいるので、やり直すことになりそうですが、とりあえず。

サイズもぴったり、まるであつらえたようです・・・ってあつらえたんでしたっけ。


でも、できた衣装に見向きもせず、息子はハロウィーンにはCarになるんだと言っていますが・・・

とりあえず、また彼の気が変わるのを、顔をひきつらせつつ待つ事にします。





季節の変わり目、先週のダラスの気温は乱高下しました。
7日(水)の最高気温18℃、8日(木)は31℃まであがり、9日(金)の最高気温は日付が変わったあたりに22℃を記録してからずっと寒くなりはじめ、10日(土)の最高気温は12℃。

で、金曜あたりに、くるぞくるぞ〜と気持ちの用意をしたところ、案の定土曜日には息子は風邪っぴき(ついでに親分も)。
幸い熱もでなかったし、ちょっと具合が悪いぐらいなので、外へ遊びに行く予定を変更したぐらいですみました。
とりあえず普通の季節性インフルエンザのワクチンは3週間前に3人とも受けてあったし、インフルエンザの症状でなかったので、今回、特に心配はしませんでした。

しかし、H1N1は確実に近所まできているようで、かかっちゃうのも時間の問題かな〜と恐れています。

インフルエンザの予防接種をしたといっても、気休めみたいなものだけれど。

注射打たれた時、カネゾの反応が私と一緒で、私はこっそり笑いました・・・。
針をじーっと見つめて、目をそらさないの(そして泣かなかった)。興味津々。
何が起こったか分からないうちに済ませてしまおうと彼の注射を一番にして、親分、私の順番で打ってもらったのですが、親分と私の注射シーンもじーっと見ていたし。

で、注射を打ってもらった時に、カネゾの太ももをみた看護士さんが
「いい筋肉だね」とコメントしたのを聞いて思い出したのが、うちの近所のピクトさん。
c0005318_11553069.jpg
子供らしくない筋肉質の人が道路に飛びだす姿。
カネゾも毎日外で遊んでいると、こんなムキムキになるのかしら・・・ちょっといやだなぁ(笑)。

とにかく、H1N1対策といってもできるだけ無理しないで普通に過ごそうと思います。
その上でインフルエンザをもらってきたら、その時は最善をつくすしか、どうしようもないかと。
もちろん、H1N1ワクチンを打ってもらえればいいのですが、いつカネゾが貰えるようなるんだろう・・・上司の家族もこの週末にかかっちゃったようだし(ってEメールが昨晩入ってた)、ウイルスが流布しているスピードのほうが断然はやそう。

かかった人に聞く話では、タミフルを服用しても最初の36時間ほどがしんどいと(大人の人)。
とりあえず、処方箋をもらって速やかにお薬を飲むようにしたいのですが、だいたい病気は夜間にやってくるわけで、そうすると、備えられるのはクリニックと薬局の営業時間をチェックしておくことでしょうか。

明日はコロンバスデーで、学校が(カネゾのデイケアも)休み、親分が休暇を取ってくれて一緒に遊んでくれることになっています。
私は、水曜から部署異動(年中行事となっちまいましたが)なので、休んでいる余裕がなくて残務整理。
日本も三連休なんだとか?

by darari | 2009-10-12 12:23 | 趣味 | Comments(8)
2009年 10月 08日

夜なべ作業中

c0005318_12454031.jpg
足元からワンコに笑われているような気がする今日このごろ・・・
「なぁに似合わないことしてんの〜?」みたいな。

うちのワンコ、優しいからこんな意地悪言ってそうに見えてしまうのは、私の被害妄想が入っているからかもしれませんが。

ちくちく。

by darari | 2009-10-08 13:23 | 趣味 | Comments(14)
2009年 10月 05日

ニセモノな味

c0005318_11572283.jpg
毎朝ラジオを聞きながら通勤していて、そのラジオCMで頭にこびりついていたのが某アジア飯チェーンのJapanese Chili Beef Ramenという名のシロモノ・・・。
ラジオで毎日流れる、
"Upgrade your ramen・・・プラスチックに入ったレンガのような塊をラーメンだと思っている人々へ"
みたいな宣伝文句、音声しかないだけにやったらと想像をかき立てられてしまい。
金曜日にオンラインでオーダーして(今なら初めてオンラインオーダーする場合25%オフだったし〜)、
わくわくしながら持って帰って家のテーブルでふたを開けたら、こんなんでした↑(ビーフじゃなくてチキンにした)。

ライム乗ってるし〜、パクチー乗ってるし〜、チリペッパー輪切りだし〜、汁気ないし〜

ラーメン、っていう名前は忘れたことにして食べました。
味はどっちかっていうと、ものすごいピリ辛の焼きそばというか。
ひさびさにものすごくニセモノ食べた感でした。
だれが監修してんねん!!(ここの姉妹チェーンですが)

・・・日本のどこかにこういうのをラーメンと呼ぶ土地がある、の、かも、しれない、
と自分を押しとどめておきます。
そろそろ日本も離れて5年だし・・・こうやってアイデンティティーを失っていくのか、私・・・。

まぁ、これぐらいでキレていては、Sushi屋行けませんからね・・・特にヒバチ(ロバタ)が一緒にくっついてるヤツ。
こないだも、親分に連れて行ってもらったSushi屋で仰天するメニューがでてきましたし・・・
マティーニグラスにウニが4つほど盛ってあって、その下グラス全部トビコでグラスが一杯なのをスプーンですくって食べるという・・・
たしかウニシューターとかいうアペタイザーでしたが、巻物(無難にカリフォルニアロールとか)の後にでてきたのも笑わせてもらいました。
ダラス、もちろんちゃんとした寿司/鮨屋はいくつかありますが、うちの近所のSushi屋はこんなんでした。

しかし私も。

by darari | 2009-10-05 12:23 | ごはん | Comments(4)