だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 30日

調子に乗って

c0005318_12271491.jpg
飲み過ぎてしまった

二晩経っても、まだ体が重いかも。
こんなに飲んだの、いつぶりよぉ〜

でも念願のお相手と飲んだので、うまかったのよぉ〜

by darari | 2009-07-30 12:29 | ぼやき | Comments(4)
2009年 07月 27日

7月のクリスマス 

c0005318_1283915.jpg
・・・さながら、7月にクリスマスが来たよう、と言いながら昨晩は親分と子供の木製レールを組み立てておりました。
息子が寝てからゴソゴソとプレゼントの用意する感覚が、親分曰くクリスマスイブ状態なのだそうでした。
大人二人して、深夜夢中になって鉄道を組み立てている姿を想像してみてください・・・(かなり情けない)。

起きて一番に息子の歓声が聞きたくて、アホのように頑張りました。

で、狙いどおり今朝発見して大喜びの息子、一日中この鉄道で遊んでいました。

今まで、オモチャ屋さんや本屋さんに行くたびに、鉄道模型を見ては動けなくなって(そして、彼が飽きるまでずーっと待つか、泣いているところをひっぺがすかして)いたものですが、これで解消するかなと。

先日、私のお誕生日プレゼントだったのですが、特に欲しいものがなかったので、
「トーマスの鉄道セットください」
とお願いしたことをここで白状します・・・この年にもなって(かなり情けない)。
でも、トーマスじゃなくてもっと安いヤツで手を打っておいたんですけど。

なのでこの鉄道セット、私のなんです、ふふふ。
手荒い扱いをしているところを見たら、貸してあげないんです。


すこし涼しくなったのですが、それでも暑いしまぶしいし、外へ出て遊ぶ気になれません。

エネルギーを持て余す小動物をどうしたらいいのか、毎日思案にくれる日々。

今週末は、プールへ行ったり、ホームセンターで台車を押したり、挙げ句の果てには親分のオフィスまで行って、テレビ会議して遊んでみたり(ついでにCEOの椅子にも座らせてみた)。

夏休みだからといってどこへ連れて行ってもらえるわけでもない息子なので、すこしぐらいオモチャで釣ってもいいかなーと、、、甘やかしてますね、はい。


Ref:Christmas in July

by darari | 2009-07-27 12:28 | カネゾウ(仮名) | Comments(5)
2009年 07月 23日

やっぱりそうか〜

c0005318_12351036.jpg
今年は蝉がヤケに多いような気がする、とひそかに思っていました。
抜け殻があちらこちらの植物の先端についているし、庭での鳴き声も騒がしい気がするし。
亡骸もそこらじゅうにたくさん落ちているもので、息子が家の周りで"Bug!"と指差して回るだけで日が暮れるほど(多大に誇張表現)。

で、ググったら、オースティン(ダラスの南)でもサンアントニオ(さらに南)でも、蝉が大量発生(そして北へ移動中)という記事を発見したので、今年のテキサスは蝉の当たり年だということを確信しました。

このへんを北上している蝉、Giant Cicadaというものなんだそうです。
日本のミンミンゼミやクマゼミほど大きくないのだけど、名前はジャイアント。
ウィキでセミの記事を読んだら、いろいろと勉強になりました。
全部のセミが7年地下に潜っているわけでないんだとか(3−4年のセミもいるそう)、
地上にでてきて7日間しか生きてるわけでもないんだとか(もっと長いセミもいるそう)、
地上に出てくるときには、直径1センチぐらいの穴を地面に開けてでてくるんだとか(そういえば、少し前に地面がアナボコだらけだったことがあった!)。

これで息子にセミについて聞かれたときも、自信をもって対処できることと思います(爆)。

上の写真ですが、セミの写真を載せるのはコワかったので、「ミーンミーン」と鳴いてそうな子供たちの像。
ダラスフォートワース空港の北にある空港の観測所(オブザバトリー)に置いてあります。
人気のない荒野にぽつーんと建っている飛行機を見るポイントなんですが、どの飛行機が離陸しているか管制塔のアナウンスを流してくれるので、なかなか楽しいのです。
で、滑走路も7本あるので、ガンガン飛行機が離着陸していて、見飽きません。
息子も喜んでいたので彼のお気に入りスポットとカウントしています。
c0005318_12494765.jpg


by darari | 2009-07-23 12:54 | 趣味 | Comments(6)
2009年 07月 17日

甘いもの、甘いもの

c0005318_11353653.jpg
下の記事の焼き鳥大会のデザートだった、ドルセデレチェのブラウニー(+アイスクリームつけて食べました)。
ブラウニーのなかに、ドルセをたくさん入れて焼くと中はファッジのようにやわらかいのです。
むーっちゃくちゃ甘いです。
多分、普通の日本人には甘すぎて食べられないと思います。
こういう甘くてグーイーにやわらかいの、親分は好きでしてね〜。

彼はクリスピーなもの(おせんべいとか、フランスパンの皮の部分とか。チップスは除く)嫌いなので、このブラウニーのことを「人生最良のブラウニー」と呼んでます。

彼の人生最良のブラウニー、この夏はせっせと作っていたのですが、禁止令が出ました。
「太ったから」
だって。
そりゃー、夜寝る前におっきな一切れ食べてたらねぇ〜。

甘いものをよく欲しているような気がします、この夏。
なんだか暑いからか不景気だからか、カッカしている人が多いような(特に私の職場のボス!)。
不景気になるとタバコだのアルコールだのの嗜好品が売れるというの、納得だなぁ。

えーと、この写真載せたっけ?アルゼンチンのドルセデレチェを挟んだクッキー。
c0005318_11481437.jpg

ずっとHavannaというお菓子だと思っていたらAlfajoresというのがお菓子の名前で、Havannaはお菓子のブランドだった!(葉巻みたいな名前だな〜とは思っていた)

ドルセを沢山食べている私も、太っています。
でもデブな方がイライラよりいいし〜。
カネゾが、「マミー!」って言いながらダイブしてくる緩衝材としてもデブなのはいいし〜。
甘い物は緩衝材として不可欠な、今年の夏なのです(と、まとめてみた)。

by darari | 2009-07-17 12:07 | おかし | Comments(8)
2009年 07月 15日

焼き鳥たくさん

c0005318_11593779.jpg
焼き鳥食べたい病に取りつかれ、先週の日曜は義兄夫妻を招いて、焼き鳥大会でした。

その前に、Yakitori Barとお店に看板が出ている日本食レストランへ行ったら、ふつうの焼き鳥しかなくて、えぇ〜?と思ったらただのSushiレストランだった、というのが私の焼き鳥熱に拍車をかけてくれたのです。
先月のカネゾのお誕生日にも焼き鳥を作ったのですが、そのときはハンバーガーと焼き鳥という和洋折衷なメニュー(焼き鳥嫌いな人もいるかなーと思い)だったのだけれど、今回は焼き鳥づくし。
串が累々と屍のように重なる感じをイメージ。

用意したのは
ねぎま(タマネギと青ネギ)
レバー(私と義兄しか食べない)
つくね
アスパラガス
ベルペッパー

写真が雑ですが・・・一刻を争って熱々を食べてもらわねばならなかったので。
c0005318_11595418.jpg

全部用意したら、親分がいつものごとくBBQグリルで焼いてくれ、
たれもちゃんと塗ってね、と言っておいたら、ちゃんと刷毛で塗ってくれていました。
なので、焼き鳥屋さんになれるね〜とおだてておきました(こんなものでよいでしょうか、ミゾリンさん?)

つくねは私はフライパンであらかじめ焼いておいて、グリルでは焦げ目つけてもらうだけなんですが・・・味のイメージだけあって、作り方をよく知りません。
とにかくショウガの効いたつくねが食べたかったので、たくさん作ったつもりが売り切れていました。
カネゾにもお気に召した様子。

あとは、日本風ポテトサラダとおにぎり、デザートにドルセデレチェ入りブラウニー(写真なし)。
アメリカンな味覚な義兄夫婦にいつもはもう少し配慮するのですが、今回は頑なまでに私が食べたいものを作っておきました。
でも、オニギリもみんな食べていたな〜。

c0005318_120248.jpg

で、カネゾはベビーチェア卒業。
ぜーったいにベビーチェアに座ってくれず、大人の椅子に座るので仕方なく。
ブースターチェアも買ったのに使ってくれません。
一人前扱いしてくださいますように、と、届かないのに大人の椅子に正座してご飯食べます。
なんでそんなに急いで大きくなりたがるんだろう・・・。

息子の足をみると条件反射的にくすぐりたくなります。
足の指をくすぐるThis little piggyという指遊びがあって、こんなのです。

This little piggy went to market.
This little piggy stayed at home.
This little piggy has roast beef,
This little piggy had none.
And this little piggy cried "Wee! Wee! Wee!" all the way home.

親分は原文のまま、私は和訳版でもってカネゾの足をくすぐります、エンドレスに。

by darari | 2009-07-15 12:28 | ごはん | Comments(12)
2009年 07月 08日

アルゼンチンベーカリーと犯行現場

c0005318_1220888.jpg
会社の昼休み、アルゼンチン人の同僚とアルゼンチンベーカリーに行きました。
ここへ来ると浪費が止まらない〜。
これでもかっというぐらい、クッキーだのパンだのに、ことごとくドルセデレチェが入ったものが陳列されているのです、ここは。
c0005318_12202413.jpg

ロールケーキにもドルセデレチェが入ったものが数種類・・・。

カフェスペースがあって、アルゼンチン人とおぼしき人々がカプチーノを飲みながらまったりとくつろいでいる、ダラスと思えない異空間なところもポイント高し(笑)

アルゼンチンではH1N1インフルエンザが猛威をふるっているんだそうで。
あちらは冬だからかな〜。



犯行現場。

by darari | 2009-07-08 12:45 | おかし | Comments(10)
2009年 07月 07日

サファリツアー

我が家のアフリカは、ダラスから車で二時間ほど北上した、オクラホマ州にあるArbuckle Wildernessというサファリでした。

朝9時出発。
電話会議があるから出かけるの、無理・・・といっていた親分には、車の中で電話会議させ(その間私が運転)、アンパンマンのDVDのBGMがかかる中、無事に電話会議を終えていたようなのでよかったよかった。

外を歩くのは無理な暑さのなか、自分の車でドライブしながら動物たちにご対面・・・。
「ハロー、窓あけてくださいません?」
c0005318_11323858.jpg

「ご飯頂きたいんですもの」
c0005318_11325326.jpg

息子、キャーキャー言って大喜び。
動物園でみるよりずっと近くに動物をみられるのが楽しいらしい。
しかも、餌付けさせてくれるし。
(なぜか親分がつれてきたワンコは私の足元でドライブを楽しんでいました。意外に怖くないらしい)

車のそばまで近寄ってくる動物も大勢いたのですが、動物たちの間ではやっていたのは水浴びのようでした。彼らの出身地の方が暑いと思うのだけれど、なにせ100°Fだし。
ラマ、ラクダ、しかなどの方々が水に入って涼んでいます。
c0005318_1133980.jpg
c0005318_11333524.jpg

ラクダって砂漠の生き物だと思っていたけれど、池に入るんだな〜。

コヨーテ、ハイエナといった動物も飼育されていましたが、危険な動物は檻のなか(だから見えない)。
草食動物優遇な施設でした。
アフリカ下克上の構図(?)。

バッファローも水浴び。
彼らは北アメリカ出身なので、オクラホマの初夏が暑くても、まぁ妥当かと。
c0005318_11335280.jpg


ところでバッファローを見てちょっとやましい私(後述)。
c0005318_1134812.jpg


延々と1時間ぐらいかけてサファリパークの中を回りました。
最後の方になると息子は外を見るのに飽きて、足元のワンコの餌付けに熱中していまして・・・はるばる来た意味がない、と私を嘆かせてくれましたが。
まぁ、ほんとにアフリカまで行ったわけでもないからいっか。

午前中でアフリカツアー終了。
昼ご飯の後、車の中でお昼寝をする息子を乗せて、3時には自宅へ戻っていました。
お手軽サファリを楽しめるというのはありがたい限りでした。

バッファローにやましい理由。

by darari | 2009-07-07 12:02 | 旅行 | Comments(5)
2009年 07月 04日

ちょっとアフリカまで

↓下の記事でぶーぶー言ったら、アフリカまで連れて行ってもらいました
c0005318_12583823.jpg

やったー
c0005318_12585411.jpg
c0005318_1259770.jpg


れれれ?
c0005318_12591972.jpg


by darari | 2009-07-04 13:02 | 旅行
2009年 07月 03日

明日から3連休

c0005318_12414680.jpg
今年は7月4日独立記念日が土曜日なので、明日から3連休です。
待ちに待った三連休!!!
でも大した計画はありません。

どっかいこうよ〜と私はうるさく言っているのですが、親分の
「飛行機乗りたくない&どこへ行っても暑い」
という頑な態度に屈しています。ちっ。

じゃ、近場の独立記念日花火大会へ行こうよ〜と言うも
「カネゾが寝る時間すぎているから駄目」
だそうです。ちっ。(夜8時すぎまで明るいので、だいたい花火は9時頃スタートです)

じゃ、庭で線香花火でも・・・
「テキサスで自宅で花火は禁止」
ちぃぃっ!!



だれか私とカネゾをどっか連れて行ってくださーい。

写真はまるでテキサス脱出したみたいですが、近所のGaylord Texanというホテルのサンデーブランチ
c0005318_1242022.jpg

湖沿いにある、夜はクラブになる施設が日曜はブランチできるレストランになっているのでした。

いろんな料理が食べ放題&アルコールも飲み放題だし、
さらにデザートコーナーの充実ぶりにびっくりしたのですが、写真は撮っていません。

我が家の小動物が例によってごはんそっちのけで走り回っていたので、彼を追っかけるのに手一杯でして。
眺めのいいクラブレストランを彼なりに楽しんだようで、車に乗った途端にスイッチオフになっておりました。
ゆっくり食事を楽しめる日々が戻ってくるのは、いつのことでしょうか(遠い目)。

by darari | 2009-07-03 12:59 | ぼやき | Comments(10)
2009年 07月 02日

週一ウォルマート

c0005318_1220485.jpg

ウォルマート、特に用事がなくても遊びにいく場所として活用させてもらってます、ははは。

息子がオモチャ売り場よりも楽しいらしいのがかばん売り場でして・・・。
車輪がついたおおきなスーツケースを棚から引っ張りだして、ガラガラガラっと引っ張ってまわります。
息子がすっぽり入っちゃいそうな大きなかばんなんが好みらしくってですねぇ。。。

かばん売り場は、たいがい人通りも少ないので、他の人の迷惑になることもあまりなく、気が済むまでスーツケースをひっぱりまわして、そのあとは何事もなかったように、元へ戻します。
通りすがりの人には「かばんだけが動いているかと思った」と笑われるし、
カネゾがひっぱりまわした後のかばんを本気で買う人には申し訳ないのだけれど、
害がないほう、としてもらっておきます。

害があるのは、
大きなショッピングカートを押したがったり
オモチャ売り場でミニカーコーナーの前で動けなくなったり
(買ってあげないんですが)
家電コーナーでTVのボタンを押して設定を変えてしまったり
DVDコーナーで順番を入れ替えたり・・・

まぁ、よくもこんな奇想天外な行動を思いつくな、とびっくりしながら
後を追いかけ回して破壊行動を阻止しています。
追っかけられるのも面白いらしく、キャーキャー大声をあげて走り回るし。
さすが、魔の二歳、恐るべし。

底知れずわき起こる彼の行動力に恐れをなして、
息子に大きなスーツケースが似合うものの、今年は日本帰国しない計画です。
ちょっと手に負えん、無理。
(他にも親分が今年仕事が忙しくって、1月から一日も休暇とれないぐらいという理由もあるのだけれど・・・我が家は今年バケーションないんだろうか)

6月の成長記録。

by darari | 2009-07-02 13:11 | カネゾウ(仮名) | Comments(2)