<   2008年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2008年 10月 31日

ハロウィーン前夜祭

c0005318_11421662.jpg

このコスチューム、忍者が洋風にアレンジされているというかぁ、後ろに龍なんぞ描いてあるし、「ヤクザ風ニンジャ」とでも言いましょうか、
とにかくモコモコしてないこと、暑くないこと、
を第一条件に選んだ、今年の衣装。

小道具として背中に背負う刀セットも持っていますが、刀に背負われている姿が結構笑わせてくれます。
明日写真とれるかなぁ〜?

息子、今日は大変な多忙ぶりで、午前中は普通にデイケアに登校し、3時前に親分が迎えに行って彼のオフィスのハロウィーンイベントに参加しました。
親分同僚のお子さんと遊んだあと、帰宅して夕食食べてから、またデイケアへ向かい、デイケアのハロウィーンイベントへ。
それが上の写真です。
「ふぉぉ、いつものデイケアと違う!お友達がプリンセスになってる!」
と目を丸くしてあたりを観察していました、が、どこまで理解しているかは謎。

私のオフィスのハロウィーンイベント、今年はばっちり親分のとバッティングしてしまい、二つのオフィスをかけもちさせるのもかわいそうかなと、カネゾウは親分に譲っておきました。
まぁ今年のうちの会社はリストラだしボーナスでないし(万年不景気業界で、私が就職してからボーナスでたのは去年だけ。)、ハロウィーンイベントもこじんまりとしていました。は頑張ってたもんですが・・・。

ま、親分が楽しんでいたようだからよしとしよう。
二つのイベントでもらったお菓子もほぼ一人で独占していたし。
彼、「飛ばない職業」になってからほぼ一年経過です。
前の仕事ではこういうイベントをいつも逃していて、たぶんオフィスでハロウィーン祭りを楽しむ、しかも息子を連れてくる、というのは彼にとって意味があることだったのではないか、と心優しく譲ってあげた妻としては思うわけですよ。

おまけ。

by darari | 2008-10-31 12:19 | カネゾウ(仮名) | Comments(20)
2008年 10月 29日

準備中・・・

c0005318_12443381.jpg
これは、明日息子がデイケアへ持って行くクッキー2ダース(2個入り×12袋)。
カボチャとオバケと猫の型抜きクッキー入り。
c0005318_12451296.jpg
焦げたオバケのんが息子の味見用、手前のいびつな猫が親分の味見用。←親分はさっきもぐもぐと食べて消えて行った・・・おぉい、コメントはぁ〜?
まぁいかにも失敗作品を適当に写真に撮ったという感じですが・・・。
c0005318_1246257.jpg
これは金曜日にうちへ来る子供達に配るトリート。
まぁこれだけあったら足りるかと。
なんかこれも微妙に味見されてますけど。
足りなくなったら、下の記事に写真を載せたカボチャのライトを消灯して「閉店」するのです。

・・・平日の夜、息子が寝てから型抜きクッキーなぞ作ったら、肩凝りました。
まぁ、楽しみだからいいや!

by darari | 2008-10-29 12:52 | おかし | Comments(4)
2008年 10月 28日

寒気乞い

c0005318_11192495.jpg
昨日、日曜日はご近所のハロウィーンパレードでした。

c0005318_11195853.jpg
みんな、衣装を着てマーチングバンドについてわらわらと行進。

と、書くとさぞや楽しかったと思って頂けそうなのですが、実際は。
・・・気温27度超の夏日。
だれだ、もう涼しくなったなんて油断したのは。
この口かぁ〜
なにせ半袖にサンダルでも暑いのに、かわいそうなコドモ達はこんな厚着して。
c0005318_1118527.jpg

男の子の衣装は特に暑そうで、見てて脱水症状になっちゃうんじゃないかと心配になりました。
数日前から涼しくなれ〜涼しくなれ〜と念じていたのになぁ。

暑がりのうちの息子は当然、コスチュームの着用拒否。
ものすごい怒られましたから、私。
午前中に試着してみたときは、
「うわ〜かっこい〜。ハンサムくん〜♪」
と持ち上げていたら、まんざらではない様子だったのに。
今年は去年の教訓からモコモコ衣装はやめて、ペラペラの服にしてみたのになぁ。
パレードも普段着で参加してみたものの、それでも暑くて途中で落伍。
(親分がね、ストローラー押すのさえ暑くなったらしい)
息子の写真はありませんわぁ。
親分は「これでもダラスのハロウィーンでも寒い年もある」
と弁解していましたが・・・。
だいたい、ハロウィーンのコスチューム、東海岸だの中西部だの、もっと寒い地方をターゲットに考えてあるような気がします。
モコモコのぬいぐるみみたいな衣装、ダラスで着るのは難しそう・・・。かわいいのだけど。

息子、涼しくなってから、カボチャを引き回しの刑にしていました。
c0005318_11252396.jpg
このカボチャ、夜は「営業中」のサインになります。
c0005318_1125519.jpg


で、私の寒気乞い、一日遅れてやってきたようで、今晩の最低気温は4℃。
なのに金曜日(31日ハロウィーン)の予想最高気温は27℃。
やってられません・・・。

by darari | 2008-10-28 11:53 | ぼやき | Comments(8)
2008年 10月 26日

渡りの季節

c0005318_10553780.jpg
植物園で写真を撮った蝶、Monarch (オオカバマダラ)。
カナダからメキシコへ渡りをする途中、テキサスを通過する蝶なのですが、ダラス周辺はちょうど先々週から先週あたりがピークだったようで、家の周りでもひらひらと飛んでいるのを見かけました。
この蝶、春に北上する時は3代ぐらい世代交代するのに、秋にメキシコへ南下するのは1代で飛びきるのだそうです、アメリカ縦断。
すごいなぁ。

まぁダラスの街はぺたんとしているから飛びやすいかも。
c0005318_1056544.jpg

c0005318_10563490.jpg

ちなみに、幼虫の頃から毒性のある草(milkweed)を食べるので、鳥に食べられないのですって。賢いなぁ。

オレンジと黒の蝶の柄が季節柄ちょうど似合います。
c0005318_10571298.jpg

いよいよハロウィーンまで一週間を切りました。
子供がいると、なんだか盛り上がってしまいます。
カネゾはまだなにがなんだか解ろうもないし、貰ったお菓子も親が巻き上げるだけだというのに、あ、だから親分と私が盛り上がっているのか(爆)。

by darari | 2008-10-26 11:16 | ダラス | Comments(8)
2008年 10月 23日

カボチャのおうち

c0005318_1240021.jpg
日曜日は、ダラスの植物園へ出掛けました。
今のシーズン、至る所でパンプキンパッチ(カボチャ畑)と称して写真撮ったりカボチャ買ったり(玄関先に飾るため)する場所ができているので、近所に見に行くかな〜と思っていたら、親分が「アルボリータムまで行く!」と張り切ったのです。
親分がお出かけに張り切るのはめずらしいことなので、喜んでオニギリを持って出掛けました。

いったい、いくつカボチャを使っているのか・・・。入り口からカボチャを道の両脇にずらっと並べてオレンジの道ができています。
c0005318_12404283.jpg

普通のオレンジのカボチャ以外にも、いろんな種類のカボチャがたーくさん。
これ、全部食べられるものなのですよねぇ、すごいなぁ。
c0005318_12413697.jpg
カネゾ氏は、カボチャを一目見るなり、
「ぼ!(ボール)」
と叫んで持ち上げようとしていましたが・・・
重くて持ち上がらないのを悟った後は、よじ登っておりました。
サルとなんとやらは高い所が好き、と申しますが。

それにしても行楽日和、写真日和ですごい人でした。
家族のポートレイト、花嫁さんと花婿さん、Quinceañeraの豪華衣装を着たヒスパニックのお嬢さんの記念写真・・・ありとあらゆるダラスの人々が写真を撮りにこの植物園に来ていました。

なつかしい薫りがする、と思ってふらふらと匂いのする方に向かって行ったら金木犀の大木が。(写真に撮ってみたところでモジャモジャにしか見えないが。)
c0005318_12421466.jpg

さ、金木犀は英語でorange osmanthusと解ったところで、親分に庭に植えてもらおうっと。

by darari | 2008-10-23 13:01 | ダラス | Comments(10)
2008年 10月 18日

甘い朝ご飯

c0005318_11154699.jpg
うーん、これは露出オーバーというヤツでしょうか。
朝ご飯。
↓のドセデレイテ(ブラジリアン〜♪)を載せたイングリッシュマフィン(右)。
こちらのタルトタタン風 リンゴジャムを載せた、同じくイングリッシュマフィン(左)。

ドセデレイテは、なんとなく名前からしてもっさりしているというか、ドルセデレチェと比べると固めでした。
たぶん固さが違うと思う〜というのは、一緒にランチを食べたアルゼンチン人には予め教えてもらっていたので、特に驚きませんでしたが、やっぱりアルゼンチン産のほうが好きかも。

c0005318_11164789.jpgリンゴジャムはミゾリンさんがグラニースミスで作られたと読んだので、マネッコ。
というか、息子が緑のリンゴをお店で欲しがったので買ったら、彼には固かったようで、薄切りにしたリンゴを前歯(上下各4本づつしかない)で、「しゃくしゃくしゃくしゃく」としてから吐き出す(そして床に落としてワンコの餌付けをする)ので、加工するしかないかな〜と思っていたのが家に転がっていたのです。

取りあえずリンゴ2個で作ったのですが、三日でもうなくなっちゃった。
ジャム、とありますが、形も留まったままだしお砂糖も控えめだし、パンに載せても、プレーンヨーグルトに入れても、息子が気に入ってエラい勢いで食べたのでした。

まったく、私の料理の成功/不成功の基準は、私が美味しいと思うかどうかではなくて息子が気に入るかどうか、になっているところ、このレシピは大成功!
今度は違うリンゴで作ろう〜と思って、ハニークリスプという種類がキッチンに控え中。
ご馳走さまでした〜。


ところで、毎晩息子を寝かしつけてからが私の自由時間。
映画なんかで親が子供の寝室を覗いて、眠りに落ちた子供の手を毛布の中に入れてあげて、あごの下に毛布をたくしこんであげるシーン、ありますよねぇ?
あれ、アコガレなのですが息子にはできない・・・。

彼は生まれた時から寝相が悪いというか自由な状態が好きというか、ベビーの時代、おくるみにくるまれていたときも、バーン!!とおくるみを蹴って寝ていたし、今も掛け布団は1秒で蹴り飛ばします。
寒くないのかなぁ、と思うけど薄いタオル地の掛け布団も暑いみたいなんですよねぇ・・・。
とりあえず、寝てる様子を覗いても「ふーん」と見るだけで、いいお母さんらしく掛け布団を整えてあげることができないのが不甲斐ないのでした。

by darari | 2008-10-18 11:39 | ごはん | Comments(16)
2008年 10月 17日

ブラジリアン ドルセデレチェ

c0005318_11485756.jpg
涼しくなりました。
きっぱりと。

秋になったら食べてもいいか、とブラジリアンのレストラン(ここは月に一度ぐらい行く)に併設された雑貨屋で買って来たのは、ドルセデレチェ。
ドルセデレチェ、本物はアルゼンチン産なのだけれど、これはブラジル産だから、裏面には"Doce de Leite"と書いてあります。
c0005318_1281112.jpg

でも、メキシコ物(ヤギのミルクで作る)とは違って、ブラジル物とアルゼンチン物は同じ、はず。
缶がへこんでいるのだけど、へこんで売り物にならないから残っていたラスト一個。
いいよ、定価で買うよ、と$3でうちに持って帰ってきました。

2007年4月以来、1年半ほどぶりにドルセを口にするぜっと、明日の朝(パンにつけて食べるの)を楽しみにしてます♪

ところで。
私のカメラのホワイトバランスというのを初めて(!!!)変えてみました。
で、kmyさんが3月に帰国した時にくださったレフ版というものも初めて(!!!)使ってみました。
なんじゃ〜こりゃ〜とびっくりしました。(その後フォトショップ使ったけれど)
あきれますよね〜宝の持ち腐れとはこのことをいうのですよね〜・・・。

こだわらないのが私の長所、と思っていたけれど、写真にもうすこしだけ凝ってみようかな、と思ったりして、ほら、芸術の秋というし。
とりあえず、カメラのマニュアル読むところから始めようかなぁ、と。
ものすごくプリミティブですが。

秋になっていちばん感じるのは、自分の気力の充実かも。

by darari | 2008-10-17 12:08 | おかし | Comments(4)
2008年 10月 16日

週一インディアン

c0005318_11491415.jpg
うーん、この写真は友人のiPhoneで撮ってもらったのだけど、イマイチだなぁ・・・日本と韓国でiPhoneが苦戦するのもさもありなん。

とりあえず、カレーとナンの写真・・・。symzakさんのカレーの記事に影響を受けて、今日のランチで行ったインディアンレストランでのランチを同僚に写真を撮ってもらいました。
いつも職場でだれかが週に一度はここのナンを食べなくては(カレーじゃなくて)・・・というので、毎週のように通っています。

たいていのインディアンレストラン同様、ここも昼はバフェで食べ放題。
だからってお皿にこんなにてんこもりしなくても、ですねぇ(>私)。
ここはナンがすごくおいしくてねぇ。
危険なことに、一度目のバスケットを空にするとお替わりをくれるのですが、そのお替わりのナンが一度目のナンよりもさらにおいしく、で、さらにお替わりするとまたさらに美味しく、なります。
デススパイラル、です。
と、いいながら同僚と2回おかわりしました。
タンドリオーブンで焼いている風味が・・・衣服にも移るので、午後も同僚達とカレーの事を夢想しつづけてしまいます。
私はなぜか日本のカレーは胃が受け付けないのだけれど、インドカレーなら毎日食べてもいけるな・・・特にベジタリアンのカレー。

さて、もう一軒インド料理や。
c0005318_1159145.jpg
これはインドの屋台の味、なんだそうで、メニューをみてもちんぷんかんぷん。
かろうじて判るのは、「サモサ」だけ。
ここ、店員も客も100%インド人。
連れて行ってくれた私の同僚もインド人(イギリス育ち)。

たぶん写真の料理はAloo tikkiというのと、masala dosaというのと、Biriyaniというものではないかと。
ベジタリアンだし、これもおいしゅうございましたが、ここはインド人の引率なしには毎週は行けないところです。

他に職場ランチで行くのは、タイ、ブラジリアン、モロッカン、エルサルバドリアン(Pollo Camperoというジャンクフード)と振り返ると、全然デリとかハンバーガー屋さんとか、いわゆるランチの王道の店へ行かないサイクルへ突入中。
それにしても、これだけ国際色豊かなレストランを揃えられるアービングという街はすごい、と思う・・・。

by darari | 2008-10-16 12:14 | ごはん | Comments(12)
2008年 10月 14日

犬と猫とワインの午後

c0005318_11334288.jpg
日曜日、(カネゾウと私が)昼寝から覚めるのを待って、みんなでそそくさと出掛けました。
c0005318_11345250.jpg
なかなかにぎわっております。
「犬と猫とワイン(Canine, Feline and Wine)」というイベントが、近所の街で開催されておりました。
c0005318_11364624.jpg
自分ちの犬と猫を連れて来てワイン飲みましょう、というゆるーい趣向のもと、犬と飼い主達がまったりしているところ。

猫はねぇ・・・いませんでしたねぇ。
連れて来てもいい、と言われても、連れてこられたいっていう猫はいなかったようですねぇ・・・(うちの猫も連れて行ったらストレスで病気になるかも、と判断しときました)。
c0005318_11355487.jpg
ワイナリー自体はちっちゃい・・・というか、葡萄の木はあったもののここで本当にブドウを作っているのか、疑問です。

でもいいのです、

飲めれば♪

by darari | 2008-10-14 12:06 | ダラス | Comments(10)
2008年 10月 10日

看板の看板

c0005318_1118194.jpg
相変わらずcogicogiさんと行動が重なっている(笑)のですが、散歩中に近所で目についた大統領選挙の看板を写真に取ってみました。
↑は普通に共和党の立て看板。

c0005318_11182626.jpg
こっちは民主党の看板なのですが、看板の後ろにまた看板。
「盗ったら犯罪」という警告が書いてあります。
親分オオウケ。
というのはWSJ紙で話題になっていた話とそっくりなので。

ポートランドで16歳の男の子が自宅前にオバマ支持の看板を置くと、何度も看板が盗難にあった。少年が監視のためのウェブカメラを設置したところ、世界中からログインしてこの看板の動向をみんなで見張っている。(カメラのサイトはこちら


というヤツですが・・・。
うちの近所の民主党支持者のこのお家の方も、今までに看板を盗られたのか、便乗のネタなのか判断つきかねます。

ペイリン氏のJoe Sixpack発言といい、だいぶ盛り上がって来たな〜。

選挙、面白そうなのに選挙権がないのが残念だな〜。とちらっと思ってみる。
日本人の場合、米国で選挙しようと思ったら日本国籍をあきらめて米国の市民権を得るというのが合法なので、今の所、市民権を得ようとは真剣に思ったことはないのですが・・・。
職場の外人連中にも良く聞かれるのですが、中国人/インド人は米国籍を得て母国籍を捨てることは当たり前と思っている人が多いし、欧州人達は二重国籍が認められている国も多くて母国籍を残しつつ米国人になる、という選択もあるようで、日本人の場合、日本が二重国籍を認めていないのが残念・・・。
まぁ、今の所は選挙が面白そうだから投票したいという興味本位なだけで、日本人な状態で疑問はまったくないものの。

今年ノーベル物理学賞を受賞された南部氏は日本人、と日本のメディアでは報道されているけれど、日本国外ではアメリカ人ということになっていて(彼は米国籍を取得されている、古い言葉で言うと「移民」なのですね)、「何人なのか」ということを日本は国籍じゃなくて人種で判断し、米国は人種じゃなくて国籍で判断するというトレンドなら日本国籍に固執する必要もないのかな、と思ったり・・・。
まぁ私の問題というより、将来息子が22歳になった時に日本の意見が変わっていなければ、彼が面することなのですが。

なんでもいいから、私の401(k)は年率マイナス25%、カネゾウの教育資金の貯金も元本大割れ、この状況を改善してくれる党に投票したい、が投票権はない、というのがもどかしい。
親分曰く、
「ブッシュでもなんとかなったんだから大丈夫」
「長期的に考えろ」とのことですが(彼は逆境に冷静)。

えぇでも年金がないと引退後函館に住む計画が流れちゃうのですよ・・・。

追記:
c0005318_4103018.jpg
日を改めて(こそこそっと)もう一度このおまけの看板のほうを写真に撮ってきました。
やっぱり、本気で盗られたことについて怒っている様子・・・文章がマジっぽい。


by darari | 2008-10-10 11:58 | ダラス | Comments(15)