<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2007年 06月 24日

こんちわぁ〜

c0005318_041342.jpg
スナっちがカネゾウ(もうブログ上はこのままいっちゃうぞ)に挨拶してるところ。
スナは至ってふつ〜うに、この新しい家族を迎えました。
さすがだ。
私が見張っているので、赤ちゃんに手を出すなんてとんでもない、とおとなしく眺めているだけ。

一方バンブルは、最初びっくりして、その後は自分の立場が危ういことに動揺してストレスを貯めまくり、夜のナーシングには寝ずの番をかってでて寝不足になり・・・ちょっとかわいそうな状態から二週間で少しずつ落ち着いてきたようです。

c0005318_23594556.jpgところで。
このワンコの写真。
日本のおじいちゃん(私の父)から出産祝いに一眼レフを貰いました。
17日に来てくれた母が持って来てくれたのです。
まだまだ使い方が判らないけれど、
ワンコがマンガから劇画になったぐらいの違いがあるような。

新鮮です。

いや〜しかしこれで食べ物の写真撮っても、カメラのせいにできなくなりました(汗)




とりあえず、怒濤の15日間を生き延び、何から書いていいのやら。
なんかカメラのことから書き始めてるって違う気もするのだけれど。

昨日(22日)がようやく出産予定日だったのだ、というのがとても不思議な気分です。
この生活、まだ15日しか経ってなかったんだっけ。
とにかく、外が暑かろうと寒かろうと、雨だろうと晴れだろうと、ずぅ〜と赤ちゃんのそばでぼうっとしています。
てっぺんの写真を撮ったときは雨だったみたい・・・。

by darari | 2007-06-24 00:11 | カネゾウ(仮名) | Comments(51)
2007年 06月 11日

母子ともに健康です

6月7日(木)、予定日より15日早くカネゾウ(仮名)が生まれました。
月並みな表現ですが、母子ともに健康であると報告できることに感謝です。

6月7日は、親分の母(10年前に他界)の誕生日で、
この日を選んで産まれて来たカネちゃん(仮名なのにちゃん付けしちゃった)は、
素敵な子です。

取り急ぎ。

by darari | 2007-06-11 08:54 | バーチャル母子手帳
2007年 06月 05日

うちの食卓もnon solo italiano~

c0005318_11152818.jpg
ルッコラとアーティチョークと、パプリカ。
というのは、有名ブロガーt-fortunatiさんの私の中のイメージ。
なので、庭のルッコラが茂ってくるのを待ちわびてレシピ本の料理を作りました。
本は某有名ブロガーさんの本抽選企画に外れたにも関わらず、厚かましくも送って頂いたのです。ありがたや、ありがたや。
まずは、「アスパラとパプリカの胡麻和え」から。本と比べて、私のは切り口が汚いのだ、と学びました。うぅ。でもルッコラを添えたので、気分はノンソロイタリアノなのです。

c0005318_10252787.jpg
その次のページの「トマトとモッツアレラとツナのサラダ」。これ、手順は1と2しかないのにめちゃウマです。これもルッコラと一緒に食べたので、私的にはイタリアに一歩近づいているのです。

c0005318_10311735.jpg
ペペロナータ・・・なんだけど、本よりずいぶんとどろっとなってしまいました。
この本のレシピ、どれも野菜がうまーい。
これ、翌日は玄米ご飯の上にのせて、ペペロナータ丼(笑)にしました。

c0005318_10342781.jpg
パスタも。サーモンのトマトクリームソース。サーモン大好き〜。
これも、レシピと比べるとソースが多くてドロ〜とし過ぎで、美しくない・・・。

c0005318_10361033.jpg
トマトとルッコラの冷製パスタ、ローストビーフ添え、の代わりにビーフステーキ添え、なのだけど・・・。
まぁ「イタリアンだけじゃないよ」ということでアメリカンなステーキがあってもいっか、親分がグリルしてくれたし。
お肉のサイドに写っているのも、本からパプリカのピッツァイオーラ。
トマトソースとモッツァレラチーズが入っていて、アツアツを食べると半分では物足りないぐらい。親分がステーキと一緒にグリルしたものなのだけれど、彼の方が気に入って、「中をトマトソースじゃなくて次はチリにしてもうまいかも」などと喜んでいました(で、実際リピートしました。)
c0005318_10415742.jpg
生ハムとソラマメのパスタ。
ソラマメ、生ハム、生クリームというシンプルな材料なのに、いつもどれか一つが揃っていない状態が何度か続いたことにあきれ、冷蔵庫にあった豆乳で伸ばしたらあっさりしすぎたので、これもルッコラで誤摩化す。

時にこのパスタたち、全部全粒粉のパスタを使いました。
本の中で全粒粉パスタを使ってあるのは一つだけなのだけれど、今回使い方を学習した気分です。全粒粉パスタは普通のパスタより繊維とミネラル豊富なのだそうで、特に今ありがたいことこの上なしです。白米と玄米みたいなものでしょうね。
もうパスタは全粒粉しか買わないかもしれない、と思うぐらい気に入りました。

c0005318_10301354.jpg
お肉料理はインヴォルティーニ。具を巻いた料理のことなのだそうです。
うちはベーコンを食べないので、チキンの胸肉を生ハムで巻きました。
庭のローズマリーを使って、かなりご機嫌。
冷えてもうまかった〜(と、残ったのを食べて親分が言っていた)。

あとさらにリゾットとピザ各種を作ろうともくろんでいます。
お菓子もおいしそうだけれど、これは夏以降まで保留。
色んなブロガーさんたちがこの本からお料理を作られていて、絶賛されているのだけれど、私も作ってみてよく解りました。
工程がシンプルなのに組み合わせをちょっと替えて何度も作れるお料理が多いのです。
なので臨月ではありますが、わくわくと台所に立って料理してしまうのです。

さらに親分にとってはイタリア料理ってこってりヘビーだからイマイチ好みでない、という印象だったそうですが(特にアメリカのイタリアンってそう)、イメージががらっと変わったのだそうでした。
めでたしめでたし、はぁ〜ぁ、ご馳走さまでした>作家の方、送ってくださった方

しかし、お料理のキレイなブログを見ていたら、料理の腕もさることながら一眼レフが欲しくなるもので。カメラがグレードアップしたら、もう少し料理もおいしそうに撮れるのではないかと申し出ましたが、親分からはそっけなく却下されました。
ダブルインカムなのに、給与口座が一つだというのが敗因かと思われ、秘密口座を開設するか、鋭意検討中です。

by darari | 2007-06-05 11:03 | ごはん | Comments(40)