だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 28日

冬休みのワンコとニャンコ

c0005318_2404298.jpg
11連休ですよ!!
こっちで仕事始めて以来の長期休暇。うっきうきです。
さぁジュネーブでも行くか、それともカナダにスキー?、いやCabo San Lucas(カンクンよりもオシャレだそうで)でリラックス・・・などと野望だけは大きく言っている間に11連休も早5日目突入、親分と二人、家でだらだらと過ごしております。もったいない。

いいんだ、ワンコとニャンコが幸せそうだから。
c0005318_2441374.jpgバンは新しくもらったピコピコに大喜び。
裏庭でさっそくお試しの会。

はい、いくよ〜。構えて〜。









がぶ〜。










ナイスキャッチ〜。


このピコピコ、めっちゃかわいいと思ったのにモノの30分で破壊されました。
至上最高に短命だったピコピコ・・・高かったのに。
やっぱヤツには、ウォルマートで買った$1のピコピコで十分だな。


その間、ネコは・・・ネコ科の猛獣よろしく、すごい勢いで走ったり転がり回ったりしていました。
c0005318_2491077.jpg

c0005318_2564849.jpg
かわいいけど、何したいのか良く判んないな、スナフキンくんや。

クリスマスイブの惨劇。

by darari | 2006-12-28 03:06 | snuf-bamble | Comments(18)
2006年 12月 26日

クリスマスディナー、無事終了

c0005318_10592015.jpg
今年もクリスマスディナー、無事にできました。
去年同様、義父ワイフにご飯作らせるよりは、と強引に今年も義父達、義兄とそのフィアンセ(彼女からフィアンセに、パチパチパチ)の総勢6人でうちでごはん。

食べたものも去年同様。

by darari | 2006-12-26 11:34 | ごはん | Comments(12)
2006年 12月 24日

サンタさん御用達

c0005318_2344918.jpg

成田の出国手続きしたところで見えちゃったので、私の後に続いている親分をほっぽりだして、駆け出しました。
早く見ないと、アリタリアに隠れちゃう!!

え、よく見えない・・・?
c0005318_235224.jpg
サンタさん御用達エアライン!
カッコいい〜♪いいな〜FIN NAIR
中は各国にプレゼントを届けるサンタさんだらけだったりして!
荷物、容量オーバーしていたりして。
トナカイ、貨物室?・・・ルドルフだけ機内?

確認のために一度、この時期に乗ってみなければ・・・。

by darari | 2006-12-24 02:44 | 旅行 | Comments(6)
2006年 12月 22日

さよなら、ちっちゃなオレンジの車

c0005318_11503440.jpg
実家に置いて来た車がついに廃車になるという連絡を受けました。
この車を買ったのは、社会人になって1年目の冬で、2001年にシカゴへ留学する際に、5年乗ったしすぐ壊れるからいつ廃車にしてもいいからあげるね、と言って父に残して来たもの。それがその後5年も乗ってもらえるとは、幸せな車でした。

すぐ壊れる・・・それはそれは問題児で、手間がかかっったかわいいヤツでした。
まず納車されてすぐに、冷房をかけると冷房の排水が助手席の足元に溜まっている。
幌と窓の間に指がすっぽり入る隙間が開いていて、雨が降るとだだ漏れ。
エアサスペンションなので気温の変化で夏は車高長、冬はぺったんこ。

傾向と対策を練るために入ったニ○ティで不具合を自慢するネタに尽きませんでした。でも、乗ってて本当に楽しかった〜。
雨の日以外はオープンにして、六甲山、生駒山、妙見山、比叡山・・・関西一円の山へ走りに行ったし、筑波サーキットもこの車で行ったし、「幌型自動車の会」というハシリ屋さんとの出会いもあったし、いろんな悪さもしたし、楽しかった思い出をいっぱい作ってもらいました。
親分を初めて日本に連れていったときも、この車で東京から箱根〜飛騨高山〜京都〜大阪と横断して、いろんな景色をみせてあげられました。
c0005318_0413072.jpg

この車の影響で、今も着る服にオレンジが多いし、荷物は最小限にすることを覚えたし、ちょっとぐらいの故障なら判るようになったし、多分これからもMT車にしか乗らないと思うし、ダラスでもやっぱり同じOxford工場からきた車に乗っているし。
こんなに楽しいツーシーターのオープンカーに乗れるのは一生に何度もあるものではなかった。臭いけど、私の二十代を豊かにしてくれて、ありがとう。

そして長い間、この車の面倒をみてくれて、どうもありがとう>家族。

by darari | 2006-12-22 12:12 | 趣味 | Comments(8)
2006年 12月 21日

去年といっしょ〜

c0005318_1227215.jpg

ラスベガスは2泊3日の旅で、日曜の夜には帰ってきていました。
忙しくてブログ更新が途絶えていたら、日本の父から心配して電話がかかってきました。
「本当に夜逃げされたのか?」って・・・。
大丈夫です、仲良しです。
賭博は負けたらしいけど、楽しかったよね!とご機嫌で二人で帰ってきました。
別々のフライトで。
・・・いや。ロジ上の効率追求しただけなので、仲良しですよ、別々に帰ってきても。

今年の旅行は、去年のデジャブのようだったので、ほぼ目新しい写真なしです。
c0005318_1232752.jpg

Bellagioのクリスマスデコレーションは、今年もシロクマ(上の写真)は、去年も、その前も一緒〜。そして今年は新しくトナカイ。全部ペカンナッツでできています。そして今年も真ん中にはクランベリーがぎっしりと浮かぶ池。そして例年通り、すごい人でした。

去年と同じメンバーで同じ時期に同じレストランで集まると、我ながら人々の行いは周期性があるなぁ〜としみじみします。
今の仕事が、去年のトレンドを見ながら今年または来年の需要を予測するというものなので、毎年同じようなトレンドになる、というのが数字をみながら不思議な気分がするのです。
たくさんの人がいて、去年と今年は違うことをしている人もいっぱいいるはずなのに、集合体として見ると「例年の行事を今年も」という人が去年と同じぐらいいる、ってことなのですよね。

例年の行事続きで言えば。

by darari | 2006-12-21 12:52 | 旅行 | Comments(4)
2006年 12月 20日

マタニティーショッピング

だんだん手持ちの服のウェスト周りが苦しくなってきました。
15週だし。そろそろ仕方がないかも。しかし、マタニティーウェアを着るというのは、これまた一つ踏み絵というか自覚を促されるというか、でかくてかわいくなくて、どうも抵抗がある。

今までの服は朝はすんなり入るのに、夜になるまで会社に居る間に浮腫んでくるのか、締め付けられる気分が疲れる原因になっている気がする、ということで渋々仕事帰りにマタニティーウェアを買いに。Gapにマタニティー関連が意外とあるのを発見したので、ジーンズ、スカートなどを手に取って試着室へ。
試着してみると、抵抗感があった割には、ウェスト周りが線じゃなくて、太い面なので一挙にラクになって試着室で脱ぎたくなくなるほど。
しかも、ここんちの服はコットンがやわらかくてふにゃふにゃで気持ちがいい〜。

他にA pea in a podなどもメジャーなマタニティウェア屋さん、らしい。Old Navyのラインは安くて買いやすいのを発見。(我が家はGapの株を持っているので、Gap3兄弟でのショッピングは奨励されているのだった。)

それにしても、日本ではうるさく言われる「冷やさない」ためのグッズがどうもこちらにはない様子。「腹帯」とか「毛糸のパンツ」とか「あばら骨まで届く下着」とか・・・。かろうじて、腹帯らしきモノは、腰痛防止のためのコルセット、ぐらいかも。
先日日本で知った「犬印本舗(え〜そんなメーカー聞いた事ない!と叫んだものであった)」はこちらで啓蒙活動するべきなんじゃないだろうか。
こちらには「冷やさない」という概念は多分、ないな。
冷やすと流産早産の元だし、羊水が増えて腹が大きくなっちゃうんだぞ〜(とは、同サイトの受け売り)とアメリカの妊婦さんに教えてあげたい、かも。あ、この会社がないからアメリカの妊婦さんは、お腹がボーンっと出ているのか・・・な?
それとも、日本人以外の人種は冷えにつよいのか。謎でございます。

by darari | 2006-12-20 12:17 | バーチャル母子手帳 | Comments(2)
2006年 12月 15日

夫の夜逃げ

c0005318_12363448.jpg
親分が、夜逃げしました。
銀行から現金ありったけ引き出して。
とりあえず、明日私の仕事が終わったら後を追います。

行き先は、ラスベガス。

by darari | 2006-12-15 13:05 | ごはん | Comments(10)
2006年 12月 13日

職場のチームにお知らせ

二回目の検診後、いつでも職場の人に言おうと思いつつ、いざとなると照れくさくて敬遠しつつ4日ほど過ぎたのでした。
木曜(12/7)になってようやく上司に、
「実は・・・その・・・来年の6月から休みをもらわなくてはならず・・・というのは。」
あたふた、もじもじ、しどろもどろ。
男性には親分とうちの家族ぐらいにしかまだ言ってなくて、お知らせする免疫がついてないっ。などとかわいいことを言っている場合ではない。
「・・・妊娠でして」

というと、待ち構えたように、Congratulations!!と言ってもらいました。
勘づいてた?やっぱり?と聞くと、何度かドクターへ行くからそうかなとは思っていたけれど、自分が差しでましく聞くことじゃないから、と。
彼も1歳の娘がいて、同じ病院で奥様が産んだ、あそこの病室はウッドパネルの個室がゴージャスでいいよ!と嬉しそうに語ってくれました。
彼の言葉で一挙に気が楽になったのでした。

そして、週明けの火曜、チームのクリスマスランチ(この会社に夜の飲み会というのは公には存在しない、気のあった友人達だけがバーへいく)でTexas Land and Cattle(うちの社員は10%割引が効く)という牛の頭の剥製が飾ってあるようなコテコテステーキレストランというシチュエーションにおいて、総勢10人でランチをした後、
「えーと、お知らせ。My husband and I are expecting...」と報告。

私のキューブの向かいに座っているアナリスト(50代のナイスゲイガイ)が、
「ぜったいそうだと思っていた〜!!病院に毎月行くけど、病気にみえなさそうだったし疑っていた!!」と叫び、その隣のキューブに座っているアナリスト(同じく50代でバツイチで、ティーンエージャーの娘に振り回されている人)が、「6月誕生だとテキサスの夏を避けられてよい」と満足そうに批評し、4月に第2子誕生予定の男性(私と同い年)が、冷静に「ベビーカーが乗る車に乗り換えなきゃね」とニヤリとし・・・そんな感じでつつがなくチームメンバーに報告終了。
これで、どんと来いという感じになったかな。

*なおナイスゲイガイのおかげで、職場全体と部外の関係者にまで翌日きっちりと広まり、おかげでワーキングマザー達が親しげに自分の体験談を語りにくるという状態になりました。
私って今までは会話の糸口が見つからない難しい人だったということ・・・?

by darari | 2006-12-13 13:25 | バーチャル母子手帳
2006年 12月 12日

何人たりとも

c0005318_12255776.jpg

「俺様のツリーに邪魔なものを置くべからず」

とでも考えているのか、スナフキン。
ツリーのスカートを毎日ツリーの下からどけてしまいます。
前にも猫を相手にこんな戦いをしたような・・・。
飾りにも飛びついて、無惨な姿にしちゃうし。ため息。

c0005318_12305598.jpg
親分が、ムーミンの原作を読んで(アメリカではムーミンはあまり知られてない)、
「原作のスナフキンはなんてクールなんだ!!」と感心してました。

「うちの猫は、なんて名前負けしてるんだ!!」とも・・・。

ま、確かに。本物のスナフキンは、クリスマスツリーの飾りごときに執着しないかと。

by darari | 2006-12-12 12:33 | Snufkin | Comments(20)
2006年 12月 11日

温泉と言えば

カニ。
c0005318_12473617.jpg


温泉と言えば。

by darari | 2006-12-11 12:53 | 旅行 | Comments(8)