だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2005年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2005年 12月 31日

猫の手

c0005318_14213482.jpg
大晦日ですね〜、大掃除も佳境にさしかかりましたねっ・・・今頃そんなこと言ってて、遅いでしょうか?


普段から掃除が好きじゃない私は、テキサスサイズの家を掃除するのに閉口しています。猫の手も借りてますよっ・・・スナは私が掃除するのを見守ってくれている、「掃除の友」です。
いっそのこと、前足にモップつけて狭いところを拭いてくれたり、高いところの埃を払ってくれたり、しっぽで窓ふきしてくれたらいいのになー・・・。

# # #
ダラスは水不足ですが、暖かく過ごしやすい年末年始を迎えられそうです。
どれぐらい暖かいかというと・・・
夜、レストランのパティオ(屋外)で食べても寒くないぐらい
(於:昨晩友人夫妻といったTaverna Pizzeria and Risottoria
c0005318_1419753.jpg

昼間、Tシャツでゴルフしても寒くないぐらい 
   (今日ハーフラウンドしてしまいました)

あぁ・・・いくら日本とは時差があるといっても遊んでばかりいないで、マジメに掃除しないと間に合わない。
お茶でも飲んで頑張りましょう。
c0005318_14191916.jpg

皆様、本年は大変お世話になりありがとうございました。どうぞ良いお年をお迎えください。

by darari | 2005-12-31 14:22 | Snufkin | Comments(26)
2005年 12月 29日

謎のお菓子

c0005318_8215565.jpg
あと一つだけクリスマスネタを。
このキャンドルは灯を灯すとクリスマスの匂いがするので、インチキなんですけどずーっと点けてます。今もしつこく点けて、クリスマスの余韻にひたろうとしています。

25日の朝起きると、暖炉際にお菓子が積んでありました。
c0005318_8245317.jpg
誰が置いて言ったの!?ってか、私の好きなお菓子とそうじゃないお菓子が混在してるのは、何!?と一人大騒ぎ。
TridentのシュガレスガムとかAltoid'sのすっぱいガムシリーズなど、私はレジ横商品の魔力に時々やられて抵抗しきれずに買ってしまうんですけど(・・・手短にいうと好物)、Twizzlerなんて恐怖ですよ〜袋でかいしっ。

ちょっと前にこちらでも、そのまずさが取り上げてられましたが、いくら"SOURZ"と書いて別商品ぶりを大々的にアピールしようとしたって、Twizzlerはまずいっ!食べもんじゃなーいっ!!

こんなのくれたの誰だ〜サンタかな〜!?

とバンに問いかけていたら、「ふふふ、驚いた?」と親分が顔を出しました。
君かい、犯人は。君、妻の好物ちゃんと覚えなはれや〜っ。

さらにキーホルダーみたいなPorky Poopというモノも積んでありまして・・・「これ、好きでしょ、去年喜んでたからさっ」と自慢げにブタ君キーホルダーを差し出す親分。
c0005318_8364843.jpgうっっ。そういや去年、友人のクリスマスパーティーがホワイトエレファント(という、ガラクタを立派な包装紙に包んで参加者同士がよりマシなギフトに取り替えるゲーム)で、私が入手したプレゼントが、
「pooping cow」だったのですよね・・・。この牛君、背中を押すと茶色い物体を産出するんです。あ、生まれるものはいちおうコーラ味のジェリービーンズなんですけどね・・・。牛君を面白いやんっと去年結構遊んだのが悔やまれます、この動物達がシリーズ化して来年も来たらやだなー・・・。
c0005318_9121131.jpg
「まぁ、牧歌的で素敵なブタ達♪」(などと言っちゃ駄目ですね)
親分からはまともなギフトも頂いたのだけど、そっちは書かないで、ゲテモノだけネタにするヤーな妻でした

まともなものは・・・

by darari | 2005-12-29 08:55 | おかし | Comments(15)
2005年 12月 28日

cogicogi家にお呼ばれ

c0005318_1045784.jpg
25日はうちで大お昼ご飯を食べた後、夕方からcogicogi家のクリスマスパーティーへとお邪魔してきました。腕を振るわれたご馳走の数々です(みんなが食べ終わったあとで、「あ、写真」と撮ったので、その素晴らしさを半分も伝えられない写真でごめんなさい)
c0005318_10452170.jpg

お昼のターキーではちきれそうになっていたお腹も、和食となると私は別腹が登場したので、さくさく食べてしまった一方、親分は足が空洞になったところへ入るだけ(アメリカ人はhollow legというらしい)だから、苦しくて入らないようでした。やっぱり太腿を空にするより、お腹がもう一つ登場するほうが強いらしい。

c0005318_10543756.jpg
持ち寄りパーティーということだったので、私も恥ずかしながら持って行きました、ブッシュドノエル。昼間のと色が違うだけで一緒に見える、ということはさておき、一応こっちは生地がコーヒー味、クリームが栗クリーム、外は生クリームと日本風仕様にしたつもりです・・・(汗)
生地は朝巻いておいて、出かける前に外のデコレーションをしていたら、大幅に遅刻しました。ついでに、イチゴ乗せようかな〜と思ったので、買ってはいたものの、あまりしゃきっとしていないイチゴだったのでザクロにして正解でした、時間もなかったし。しかし、20人以上いらっしゃったパーティーでは、一本では足りませんでした、反省。



食後はゲーム大会。Dog-opoly(モノポリーと一緒)のゲームが登場した途端、それまでは、するめを生まれてはじめて口にしたりして、おとなしめにしていた親分のギャンブラーとしての本領発揮の時間となり・・・
c0005318_10565324.jpg
恐ろしい勢いで、土地を買い占めて行きました・・・(手前左が親分)。
あんた、血も涙もないよ、通った後はペンペン草も生えないよっ。

そういうアコギな勝ち方すると嫌われるんだよ〜と言っておいたのですが、「これでも、一応控えめにした」んだそうです。

c0005318_1172359.jpgラッキー君にも呆れられ中。

それにしても楽しかったです、呼んで下さったcogicogiさん、初対面なのに浪花金融道な私たちに親切にしてくださった皆様、どうもありがとうございました!

by darari | 2005-12-28 11:10 | ごはん | Comments(10)
2005年 12月 27日

クリスマスディナー

c0005318_616720.jpg25日は義父・義兄を招いてうちでディナー(お昼ご飯)を食べました。去年は義父宅へお邪魔したのですが、今年は義父ワイフの体調が悪いらしく、負担をかけるのもなんだかなということで、サンクスギビングの成功で強気になった私が料理しました。



献立はサンクスギビングの時と重複になるのですが、みんながチーズ盛り合わせをつまんでいる間にテーブルにだしたのが、レッドペッパーのムース、スモークサーモン、スタッフドマッシュルーム、バターナッツスクアッシュのスープ、ザクロとブルーチーズのほうれん草サラダ。
c0005318_621981.jpg
それからメインにターキー、ハム、コーンブレッドのドレッシング(これはスタッフィングなのですが、鶏のお腹に詰めない場合はドレッシングという呼び名になることもあるそう)、グレービー、クランベリーソース、付け合わせ一式(コーン、いんげん、マッシュポテト)・・・ドタバタしている間に私の分がお皿にてんこもりに盛ってもらってありました(汗)・・・せっかくすごくいいお皿を今回はじめて使ったというのに、みえへんっ。
c0005318_6284132.jpg
デザートはチョコレート好きの一家のために、チョコレートクリームのブッシュドノエル。飾り付けはお隣の庭から拝借したヒイラギの枝(ほほほ、窃盗犯ですな)と、ザクロです。

2002年にはじめて親分実家宅へお邪魔したのがクリスマスディナーで、親分父におもてなしをしてもらい、すごく感動した覚えがあります。当時は義父はケータリングした料理をテーブルセットしてサーブしただけだ、と笑って言っていたのですが、大事なお客さんに手伝わせてはいけない、と手出しさせてもらえませんでした。その時に、義父の七面鳥を切り分ける手さばきが鮮やかだったのが、さすがだ〜と思わされました。今回は親分がホスト役なので、義父には手出しだせず無事切り分けていました。サンクスギビングに練習(?)した甲斐ありです(笑)

私の方はゲストを待っている間に付け合わせがオーブンの中で保温しすぎて、すこし乾いてしまったのが、次回改善点でしょうか・・・まぁ来年まで覚えていられれば。

by darari | 2005-12-27 06:38 | ごはん | Comments(10)
2005年 12月 27日

クリスマスは12日続く

c0005318_5354045.jpg
クリスマスは東方の三博士が贈り物を持ってきた日である1月5日まで12日間続くわけですよね・・・だからいいんです、クリスマス記事を書くのがちょっと遅れたって(開き直ってますかね)。日本では、25日が終わった途端にツリーは片付けることでしょうが、うちには門松もないことですしまだ出したままですよ〜。

24日は夕方教会へ行った後、義兄宅でだらだら。
TVで繰り返し流れているA Christmas Storyを延々とつけっぱなしにしたまま、ピザを食べエッグノッグ(バーボン入り)を飲み、プレゼント交換をして犬と戯れるという会。A Christmas Storyという1983年製作のこの映画は、過去数年で二回ほど観た私でさえ筋を覚えてしまっているのに、義兄カップルと親分は見て笑っているし・・・。何度同じ映画をみて、何度同じシーンで笑っているのか、この笑いのツボは理解し兼ねるところがあります、なんとも新鮮です。

c0005318_5362673.jpg義兄宅のマキシ、こんなに大きくなったんですけど、バンと相性がイマイチ良くないというか、二匹で大騒ぎすると足の長さがあまりにも違っているためにバンがマキシの足下にすっぽり入ってしまうので、バンは家でお留守番なのです。かわいそうね、バンちゃん(←「かわいそうね、さっちゃん」の口調でどうぞ)

すっかりエッグノッグがバーボンが回ったところで、日付が変わったあたりに家にふらふらと帰ってきて親分と二人でプレゼント交換。

バンもプレゼント貰いました。

by darari | 2005-12-27 06:15 | Comments(12)
2005年 12月 24日

Ho ho ho!

c0005318_1432205.jpg

さぁてホリデー突入ですね。
一応politically correctにはクリスマスとお正月以外にもHanukkah(12/26~)、Kwanzaa(1/1)が来るそうで。同僚Dはボーイフレンドがジューイッシュなのでハヌカのための7つのギフト、などといって走り回っていました。

皆様のところにサンタさんが来ますように♪
私が親分のために仕込んだギフト、一つはもうばれてしまいました。クロゼットに隠したつもりのゴルフクラブ、「ドアに挟んだんだけど大丈夫かな」っていきなり手にもって現れられてしまい・・・もっとちゃんとしたところに隠せばよかったのに、見えやすいところに置くのが盲点だろうと変なことを思ったのが悪いです、しょぼん。でもまだまだ仕込んであるから大丈夫、ふっふっふっ。
c0005318_14354617.jpg

この子達もいい子なのでサンタさん来ます♪

Happy Holidays!!

by darari | 2005-12-24 14:45 | Comments(16)
2005年 12月 24日

オオヤケにデブ猫です!!

今日からこちらは、4連休です。うちはどこへも旅行しないので、今日はのーんびり掃除洗濯などドメスティックに一日を過ごしています。
朝はスナの注射が一つ足りていなかったのを打ってもらいに獣医さんへ。
c0005318_6185425.jpg
待っている間、クレートの奥へ縮こまるスナフキンの写真を撮ってみました。
借りて来た猫とは良く言ったものですねぇ、普段バンに喧嘩をけしかけるスナとは別の猫のように不安そうです。

注射は難なく終わったものの、体重を測った際10.1lbs(4.6kg)はこの子のように小さい骨格の猫にしては太り過ぎということが判明。太り過ぎ・・・うちにきた当初は食べないのが心配されていたのに!!!
ということで、スナダイエット開始(笑)・・・意外に恩恵を被る人、この子。
c0005318_6465054.jpg
「え、僕?」(←クッキー君の真似してみました)


c0005318_655122.gifいつもご飯を残す犬のエサを横取りしているのが太る原因ということなので、バンがご飯を速攻で食べ終わってもらうように、ドライフードにかけるソース導入なのです。すっごい勢いでバンがご飯食べてます〜!!

by darari | 2005-12-24 06:58 | Snufkin | Comments(16)
2005年 12月 24日

べガス⑤ 2日目夜〜

c0005318_3223029.jpg



c0005318_3295487.jpg土曜日の夜はCafe Ba-Ba-Reebaというタパスでまず腹ごしらえ。
このお店のシカゴ本店は行った事があるので懐かしいような気も。晩ご飯になってようやくメンツが全員8名揃ってメデタシというはずが、1名姿を見せない・・・
小皿が沢山でてきて、サングリアを飲みながら楽しく食べて「S嬢はどうしたんろう、遅いね〜」と言っている間にいつのまにか食べ終わってしまいました。

食後はRioというホテルのてっぺんにあるVoodoo Loungeへ。親分たちの長年のお気に入りスポット&masaさんも以前記事になさっていた所です。ここから見るラスベガスが絶景なんです。
c0005318_343917.jpg
土曜日は最低気温が0℃とかなり寒かったのですが、カクテルを飲みながら「寒い〜!!」とビルの屋上で叫びながら夜景を堪能してきました。
これよりすごい夜景は、ヘリコプターに乗るしかないと思いますが、ヘリだとカクテル飲めませんから、こっちの勝ち(と、勝手に決めてみました)。

寒さに耐えかねて地上まで降りて来たところで、失踪中のS嬢に遭遇。
「私を呼ぶスロットマシンを探していたら遅くなった」という謎の発言。
・・・彼女は旅行に所持金$45で来、前日からその時までにWheel of Fortuneで$1,000稼いだんだそうでした。普段から不思議なところが多い人で、9月の私たちのレセプションも最初の15分で用事があるから帰る、といって帰ってしまったりと謎な言動がぴったりくる彼女なのですが、「マシンが私に語りかける」んだそうで、語って来るマシンを選んでいたらじゃんじゃかお金がでてくるんだそうです・・・。
信じられます?でも実証してるんだから、本当なんでしょうねぇ・・・(翌日も語って来るマシンを選び続け、結局彼女はこの旅行トータルで$2,000超稼いだそうです)

ホテルに戻ると12時。親分は「1時間だけ遊んでくる」といって出かけ、1AMに帰って来たそうです(私は例によって爆睡していたので知りません)。昨日せっかく+$800だったのに、半分ほどすって、彼の今回の成績は+$400。

これを書くと殴られそうですが、この旅行実はエステと晩ご飯以外はほぼ無料でした。お得意さんはホテル宿泊無料+コンプリメンタリーで食事代をホテルがカバーしてくれるというパッケージ(どんだけ博打してお得意さんになってるんだ)と、飛行機はアワードだったので。だから彼の勝った分でほぼ1¢も使わずの旅行です・・・というわけで、私は自分はほとんどギャンブルしませんが、主人の賭博に反対はできませんの、ほほほ・・・(気弱な微笑み)。

# # #
派手なラスベガスの景色を見すぎて、ダラスへ戻るとなんだかクリスマスが終わったような気になってしまいましたが・・・終わっていてはいけませんね。今からです。

by darari | 2005-12-24 04:06 | 旅行 | Comments(12)
2005年 12月 21日

べガス④ 2日目〜

朝7時半までギャンブルし続けた親分がベッドに沈み込むのを見届け、私は一人朝ご飯。
c0005318_13122529.jpg
女一人でバフェでモリモリ食べるのも怖い物がありますから、バフェはあきらめ、おとなしくホテル(泊まっていたのはモンテカルロ)のカフェでストロベリーワッフルを食べておきました。・・・一人でワッフルの写真撮ってる女、ってのも十分怪しいでしょうかねぇ・・・

午前中はふらふらと彷徨って時間をつぶした後、お昼になったので「あそこでサイコロの目が7が出なければ・・・」などと寝ぼけながら言っている親分を叩き起こして、二人でホテル内のエステへ。親分はボディーマッサージだけ、私はそれに追加してシャンパンキャビアフェイシャル、という名前からして燦然と輝くコースをお願いしてもらってありまして。ボディーマッサージ、今回は、孫も二人いるという年配の女性にマッサージしてもらったので途中で眠りそうになるぐらい安心して気持ちよかったです(5月のエステは、男性がマッサージする人として出て来たので、余計に肩凝った経験より)。

シャンパンキャビアマッサージの方は、顔のパックしてもらいながら、いつシャンパン飲ませてもらえるのかな〜、寝転んだままでは飲みにくいな〜と妄想入っている間に1時間経って終了してしまいました。
え、シャンパンとキャビアはどうなったの、と聞いたら、それはそういう名前の酵素の入ったクリームを顔に塗ったんだそうでした・・・がく。顔に塗るより胃に入れようよ・・・、と思いながらエステを後にしたのですが、シャンパン&キャビア効果、意外にあるようで顔がつるつるすべすべになりましたよ。

すっかり若返った気分になったところで、夜の部へ繰り出す時間となりました。今回のメンツは、9月のレセプションにも来てもらった人たちなので、大事な友人なのですが、私はべガス到着後ほぼ1日経ってようやく顔を合わすことに。

c0005318_13103091.jpg

写真はホテルのお菓子の家↑と、Wynnというホテルのライトです↓。
c0005318_6103242.jpg

という所まで書いたところで、今晩は眠たくなったので続く。
# # #
昨晩バンブルがゲホゲホしだして、庭にだしたり水を飲ませたりお腹をさすってあげたりしているのにすっかり目が覚めてしまいました。明け方にはすっかり収まったので、動物版ERとかに焦って行かないで済んでよかった、という出来事があったので眠いのです・・・。バンは普段まったく健康なので、たまに何かあると妙に焦ります。

by darari | 2005-12-21 13:37 | 旅行 | Comments(20)
2005年 12月 20日

べガス③ 1日目〜

今回のラスベガス旅行はサウスウェスト航空の特典旅券で連れて行ってもらいました。天下のサウスウェスト航空もダラスラブフィールド空港のライトアメンドメント(Wright Amendment)には従わざるを得ず、ラブフィールド空港発着の便は近隣8州(12月中旬からミズーリ州も追加された)よりも遠くへ行きたい場合はトランジットしなければなりません(詳細略、知りたい人がいたら詳しく書きますが・・・)。

よって私はダラスから南へ飛び、ヒューストンホビー空港でニューオーリンズから飛んで来た親分と待ち合わせ。
c0005318_124018.jpg
写真は、Maryland One号・・・かわいい〜(乗り物オタク入ってます)。そうしたら、ロス発べガス行きのフライトに爆弾を仕掛けたという狂言があったせいで、飛行機遅れました。オンタイム発着率No.1のサウスウェストもさすがに(そのときはそんなこと知らないのだけど)、1時間以上ヒューストンで足止めくらいました。
でも、LUV&FUNな会社です、遅れても機長さんは着陸後ジョークを:

「ようこそラスベガスへ〜。みんな沢山ギャンブルしてね〜、ひゅーひゅー」

ひゅーひゅーいう機長って全世界飛行機いっぱい飛んでいようと、この会社ぐらいですか。

# # #
べガスに着いたら現地時刻夜10時(ダラス時間12時)。友人達に渡すクリスマスプレゼントを前日遅くまでラッピングしていたくせに、朝持って出るのを忘れたのを家に取りに戻ったりしてバタバタしていた・・・ため(ってのは言い訳なんですが)、眠かった私は「みんなによろしく」と親分に伝え、そのまま寝てしまいました・・・あぁ、情けない。

c0005318_1219112.jpg
3AMにムクっと起きたら、うちの旦那さんはまだ帰っていませんでした。ネバダ州の財政に貢献してるらしいです。こういう場合どうしたらいいんでしょうねぇ、世の中。携帯に電話してもカジノってつながらないようになっていたりするし(アービトラージを防ぐため、と聞きました)、階下に降りて行っても、よそのカジノで遊んでいるかもしれないし、うーん・・・まぁもう少し待とうかな、ともう一度ベッドにもぐったら朝7時半、親分がドアを開けた音で目が覚めました。あらら。
クラップスで800ドル勝ったんだそうでした(あくまでこの時点で)。めでたし。それにしても、一晩嫁をほっておいて帰ってこないという事態、私ってもっと心配した方がいいんでしょうか。爆睡してる嫁・・・ひとでなし?責められるべきはどっちなんでしょう??

by darari | 2005-12-20 12:25 | 旅行 | Comments(10)