だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2005年 04月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2005年 04月 19日

飼い主はその飼い犬に似る

昨日は獣医さんへ行ってきました。
バンブルどん、3回目の予防接種。
注射は、彼が犬用おやつを一生懸命食べている間に一瞬で終わりました。
ドクターが、「短足・・・短い鼻・・・でか耳・・・しっぽなし・・・僕のお気に入り(笑)」と言ったのが私のことゆってるのかと思ってしまいました。どきどき。もちろん、バンブルのことでした。
そら私、しっぽはないわ〜。

だけど、「飼い主はその飼い犬に似る」のは、本当らしいですね。カリフォルニア大学サンディエゴ校の去年の調査らしいです。
飼い犬が飼い主に似るんじゃなくって、飼い主は、似た犬を選ぶらしいです。
(雑種は含まれません。)

だから、短足しっぽなしでか耳犬を選んだ親分と私は、短足しっぽなしでか耳なんだろうか・・・私は、日本人だからそんなに足長くないけど、耳も大きくなるんだろうか、と、コーギーを選んだ時からちょっと心配してます。

今朝のバンブルショット。c0005318_2335138.jpg今朝から、急に「掃除機ってば恐い!」と決めたらしいです。今まではなんともなかったのに・・・。
ぶおーんという、アメリカンな粗雑な掃除機の音に反応して、キッチンの窓枠によじ登って避難してみるけれど、さらに執拗な掃除機に追いつめられ・・・



c0005318_23351754.jpg椅子に登って、このあと落っこちました。(写真がピンぼけですいません)
バンブル、焦り過ぎです。恐くて耳がへたん、ってなっちゃってます。







意地悪なご主人に怒ることもなく、掃除機をかけ終わると「めっちゃ、恐かってん」ってすり寄ってきました。掃除機は、別の生き物と思うのでしょうね、犬は。
今はいびきかいて、足元で寝てます。
・・・こんなアホな飼い犬に似たら、いやだなぁ。賢くなるように、躾けなくては。

by darari | 2005-04-19 23:41 | Bamble | Comments(8)
2005年 04月 19日

時代祭りへ行ってきました

土曜日は一日、Scarborough Faireという、16世紀のイギリスを模した時代祭り、みたいなのに連れて行ってもらいました。縁日です、縁日。
テキサスっぽくて濃ゆくて面白いよ、ってのと、ちょうどビールフェスティバル開催中、ということで、ダラスからは車で約40分の道のりを、義兄カップルと4人で行ってきました。
みんな、おのおのが「16世紀のイギリス風」と思っている格好しています。お店の人なんだか、観光客なんだか、区別がつきません。
c0005318_441447.jpg


食べた物は、Gyro(ヒロサンドイッチ)、ターキーモモ丸焼き、プレッツェル、ピクルス2本、串刺しステーキ、ファネルケーキ、ビールサンプラー、普通のビール、ハニーミードという甘ったるいワイン (を、親分と半分こです)

見た物は、ナイフ投げ、亀レース、騎士の戦い、綱渡り、迷路、など
c0005318_44299.jpg



4月9日から5月30日までの期間限定祭りなのに、広大な敷地を年中保有しているそうで、さすが土地の余っているお土地柄、と思いました。

暑かったので、ビールがおいしうございました♪

by darari | 2005-04-19 02:00 | 旅行 | Comments(16)
2005年 04月 18日

マンゴーシフォンパイ

土曜日一日、遊びに行ったので、バンブルにお留守番してもらいました。
そのせいで、今日はワンコに「絶対もう、見捨てられないようにする!!」って勢いでつきまとわれてます(Macに向かっている今も、私が逃げないよう、私の足を枕にして寝てます)。c0005318_9184717.jpgとっても可愛くて嬉しいのですが、朝、水をやりながら私が眺めていた三つ葉、
「大事なモノなんだったら、ボクも食べてみる!」
ってむしり食べられました。
手前のあたり、むしられちゃってます(涙)
こんなところに天敵がいるとは思わなかった。用心、用心。


気を取り直して、親分が寝ている間に、朝からマンゴーシフォンパイ、作りました。
c0005318_053718.jpg

Williams-SonomaのPie&Tartって本より。マンゴーが2個、卵が5個入っています・・・要はマンゴームースでしょうか。マンゴーをフードプロセッサーで荒めに挽いたおかげか、軽い食感なのにマンゴーごろごろ感で、良いです。

W-Sの料理本も含め、うちには古い料理本が沢山あります(W-Sの店舗は「普通の物売ってるのに、無意味にお高い感じ」で、好みではないのですが)。親分の亡母の本を私が引き継いだのと、義兄が、「料理本をプレゼントしておけば間違いない」と信じて、イベント毎にくれるのと・・・W-Sの本、今数えると、8冊ありました。
親分母に、直接アメリカンおふくろの味を教えてもらえたら良かったのに、と思いますが、言っても仕方がないので、1996年で止まった料理本コレクションを眺めたり、お菓子の型を使ったりと、ありがたく教えを乞うてます。

*マンゴーシフォンパイ*
①23cmパイ型にグラハムのクラストを作る
②マンゴー2個の皮/種を取った実をフードプロセッサーでミックスする(実が荒く残ってるほうが良いです)
③ゼラチン1Tを60mlの水でふやかす
④卵黄5個、レモンジュース2Tを小鍋に入れて、(本は、ここで60gのお砂糖も入れるけど、私は省略)4分ほど、ホイッパーで混ぜながら加熱、沸騰はさせないこと。③のゼラチン液を入れて30秒ほど加熱する。
⑤ ④と②をボウルへ入れて混ぜる。ジンジャー1tも入れ、どろっとするまで冷やす
⑥卵白5個分を、塩ひとつまみ、砂糖60gを入れて、固く泡立てる。⑤と混ぜ合わせ、クラストに注ぎ、冷蔵庫で冷やしたらできあがり!

by darari | 2005-04-18 09:37 | おかし | Comments(10)
2005年 04月 17日

回転寿司を目指し・・・回ってなかった

金曜日の夜は、ご飯の用意をし始めてから、やっぱ外ご飯にしよー、何食べに行くー、っていう話になりました。で、食べたい物は
 親分:回転寿司
 私:ギリシャ料理
と投票が別れたので、コイントスで決めました。
・・・お寿司に決まり。
なんだか、食べたい物の立場が逆な気がするけど、大蔵大臣は親分だから、いいやっ。
「東京の花」という、ダラス唯一(と思われる)回転寿司を目指しました。

c0005318_2310558.jpg・・・そしたら、回ってなかった。回ってるのは、ランチアワーだけなんだそうで。まぁ、いいや。穴子、椎茸、サバ、まぐろ、ハマチ、サーモンを食べてさくっと後にしました。椎茸のお寿司にポン酢がかかっていて、おいしかった。


うちの親分は回転寿司好きで、日本へ行くと回転寿司なら一人でも入ってしまうほどです。ファーストフード感覚ですね。ほとんどしゃべらなくていいし、早いし。
そして、「まぐろ、まぐろ、サバ、まぐろ、まぐろ、ハマチ・・・」という食べ方をします。とろじゃなくて、赤身のまぐろ好き。
そして、darariより自分の方が、日本食は好きだ、と主張します・・・ま、そうかも。でもね、お醤油にワサビ大量に入れて、混ぜ混ぜにして食べるのは邪道(アメリカ人はたいがいこうやってワサビを食べてる気がします)、って教えてあげたのは私だからね。
ということで、旦那様のおかげで、日本食をたべております。

by darari | 2005-04-17 23:18 | ごはん | Comments(8)
2005年 04月 16日

ザリガニ祭り

c0005318_0414673.jpg


南部料理名物、Boiled Crawfishでっす。うきうき。
前はお店で食べたのですが、今が旬なので、親分が出張から帰ってくるのを待ち構えて、近所のスーパーで安売りになっていた生のザリガニ約40匹を買ってきました。
1ポンド$1.6です。安っ!

2.3lbsのザリガニを、「こんなでっかいお鍋、なにに使うん?」って言ってた大鍋を出してきまして、ケイジャンのスパイスを入れたお湯で茹でます。c0005318_1104429.jpgザリガニの味は、ロブスターやエビよりずっと柔らかくて甘いのです。そこに、ケイジャンスパイスが効いて、ビール、がんがん進みます。茹でるときに、一緒に野菜も入れておくと、スパイスがしみてめちゃおいしくなります。
大量のザリガニは余ったら、ビスクにしようと思ったのですが、二人でたべきっちゃいました。お店で食べたのより大きくて、はさみの身まで食べられて大満足です。

c0005318_057843.jpgせっかくなので、ジャンバラヤとケイジャン料理本に載っていたマメのサラダもつくって、「ケイジャンづくし」にしました。全部辛くて、口が火を吹きそうでした。

食べ物で遊んではいけません

by darari | 2005-04-16 01:13 | ごはん | Comments(14)
2005年 04月 15日

謎の植物

うちの旦那さんが梅干好きっていう話は前に書きましたが、2年前のお誕生日に、「プラムの木の盆栽」をオンラインで見つけて、プレゼントしました、梅に一番近かろうということで。
Calyx&Corollaっていうオンライン花屋さんの、"PLUM BONSAI"ってやつなんですが・・・
2年経った今、こんな姿です。
c0005318_0461652.jpg

・・・2年間、プラムの実がなったことないです(汗)・・・。ご参考までに、まだオンラインで売ってます。「4月から9月の間、星形の白い花が咲き、赤い実をつけます」って説明がありますが・・・

ちなみに、Calyx and Corollaという会社は、1800 Flowers(日本の花キューピッド的、加盟店方式)の対抗馬となるぐらい急成長している、「花を愛する人のための」オンライン直送高級花屋さんです。注文するとFEDEXで来るのです。割高ですが、花を頼んだらフレッシュぴちぴち、とりたてって感じのが来たことがあります。

でも・・・花を愛する人のための花屋さん・・・これ、なんの木なん?柑橘系のように見えるんですけど・・・どなたかこの木が何の木かご存知の方、教えてください。

あと、うちの家庭菜園の様子をご紹介。めっちゃ初心者ですが・・・c0005318_1445663.jpg左手前からタイム、ラベンター、パクチー、三つ葉、シソ、バジル、セージ、チャイブ、オレガノ、パセリ、ミントが植わっています。バン坊が遊んでいるのが、「池予定地」。

去年まで、一週間の出張から帰ったらベランダで鉢植えが枯れてた、という人とは別人のようです、私。
地味めだけど、こういうのが日々の幸せというヤツなんですね。双葉が出て来てるのを確認する時とか、「わっ!」と一人で喜んだりしてます。前の記事の皆様の暖かいコメントありがとうございました。
地に足がついた生活を実感してますです、はい。

またしても、TAMAさんのところから、TB頂きました。でも、TAMAさんは、ご自分のクイズの答えをご存知だけど、私は知らないので・・・ご容赦くださいませ。

by darari | 2005-04-15 01:56 | 趣味 | Comments(6)
2005年 04月 14日

バンブル ver2

昨日のネタは、実家の母に不評だったようで、
「社会派すぎておもろないわー。バンブルネタ求む」というメールが来ました。
ご要望にお答えして、はい。
c0005318_0542824.jpg

池を作るために、親分が掘り返し中のところを、さらに掘り返してみるバンブル。
おかまみたいなひげづら顔。掘っちゃ駄目!っていうの忘れて笑わされてしまいました。

c0005318_043733.jpg親分が月曜から出張に出たあと、今週のバンブルは妙に感情豊かです。
日中も「あそぼー」って督促して目を合わせてきたり、
夜中にトイレへ連れて行くと、「4時間ぶりに会ったねー!」って大はしゃぎで飛びついてきたり。
「スクラッチしてしてー」って要求に応じてあげると、耳を倒して「でへーん」ってなります。
←「でへーん」な写真。

耳の倒し方が、今までのヨチヨチ子犬っぽい動作と違う・・・意思表現といい、滑らかな動きといい、なんだかバージョンアップしてます。生後12週。

by darari | 2005-04-14 00:13 | Bamble | Comments(9)
2005年 04月 13日

粗大ゴミ収集

c0005318_9234639.jpgご近所は庭の枝刈りを行ったらしく、大型ゴミの収集に来てもらっていました。オンラインでお願いすると、無料で収集してくれます。うちも、前の住人のゴミをこの大型ゴミ車でピックアップしてもらったことがあります。




c0005318_9244546.jpgガゴーンという音がして、大胆な収集です。この装置操るの、ちょっとやってみたい。
こういうの、シカゴ留学時代はアパートに住んでいたから、シカゴでもあったのかどうか、知らないです。あまりの大胆さに最初はびっくりしました。





さて、2004年の納税申告期限が間際に迫っています。(4月15日)
親分は、「夏休みの宿題、最終日に片付ける型」なので、週末は一生懸命申告書を作成していました。何事もぎりぎりまで先延ばしにする人・・・。
昨年彼の実家を売った際に、廃品を沢山寄付したものの還付申告を、一番大変がっていました。キングサイズベッドを始めとする家具、古いフードプロセッサー、ジューサーなどの古電気機器などをサルベーション・アーミーに寄付したそうです。


こういう寄付システム、日本でももっと普及すればいいのに、と思いますが、まぁ日本人は古いものを嫌うので、定着しないのだろうなと思います。使える中古車を、日本では誰も乗らないから、海外輸出する国だし・・・。

去年私が東京の家を引き払う際、商品価値のありそうな家具を古家具屋さんに引き取ってもらい、そうでないものは、区の粗大ゴミとして有料で処分しました。商品価値がない、とされたものが意外に多くて、1年使った布団(古い布団は、生活保護の人でも使わないとのこと)、ベッド、テーブルと椅子など、まだまだ使えるのになぁと思いながら、引き取ってもらいました。結構お金がかかったので、驚きました。古家具屋さんの引き取りも叩き値だったし・・・。

日本は、日常ゴミのリサイクルはとっても得意で、リサイクルしない人に代償がかかる(分類しないと持って行ってもらえなかったり、名前をかいてゴミをださないといけなかったり)けど、非日常(引っ越しとか、死亡した人の家具とか)のゴミ処分は苦手かなと思います。

一方、こちらテキサスは、古い家、車、家具などはいろんな人の間をぐるぐると回って使い続けられるけれど、まだまだリサイクルしたい人に余分なコスト(紙のゴミは車で収集所まで運びに行かないといけなかったり、アルミ缶リサイクル用の袋を市役所まで貰いに行かないといけなかったり)がかかるようです。庭の枝は、でかトラックで家の前まで取りに来てくれるけどね。

両方の良いところを活用できれば、エコなのだけど。それぞれの事情があるのでしょうね。日本はなんといっても小資源国だし、土地の制約条件も大きいから、古くて使わないものは、捨ててしまった方がよい。
米国でも特にテキサスのようなところは、石油も出るし、土地も余ってるからゴミ収集所もどんどん作って、一方でリサイクルの人件費が逆にかさむのが困る、みたいな感じかなと想像します。もっとマクロな視野で全体最適を、と一市民の声(あ、市民でもなかった、「エイリアン」だった)。

by darari | 2005-04-13 10:02 | ダラス | Comments(2)
2005年 04月 13日

私の味覚について疑問

自分で最近ふと思ったのですが、「外食にお金かけず、地味な食生活してるな〜」ってことです。もちろん、親分は「料理するのは労働だから」といって、彼が家にいるときは、しょっちゅう外食につれていってくれます。なんて一応のろけてみたりして。

いや、そういうことではなくて、比較のために、今までの自分の食生活を振り返ると:
東京時代(去年);職場でプロジェクト打ち上げといっては、近所のホテルご飯やら、ちょっと遠出ご飯やらご馳走になってた。さらに、アパートの近所だった手前、ピザ釜が素通りできないとこや、おしゃれレストランや、不倫カップルばっかりいるとこや、夜中まであいてる居酒屋や、芸能人と遭遇するとこや、ショーウィンドウが素通りできないとこや・・・魅惑に負けてた。

シカゴ留学時代(2001−2003);普段は学食でまずいものばっかり食べてる反動だ!といって、日本人とお寿司アメリカ人にせがまれお寿司寿司じゃない日本食を紹介してと言われてつれていったトンカツシカゴで一番高いフレンチなど、・・・今思えば、繰り出してた。

大阪勤務時代(20世紀);通勤経路上、北新地や駅ビルや、ハービスや、新梅田食堂街を避けて通れないルートだったので、合コン、飲み会などの名目の元、エンゲル係数は、むっちゃ高かった。さらに、土曜日は中国語を習うという名目の元、毎週三宮へランチしに行っていたり・・・

言いたいことは、昔はグルメ志向だったということではなくて、今、外で高いもの食べたいという要求に駆られないことでもなくて。

今回のダラス生活も5ヶ月目に入り、そろそろ日本食恋しくなるべき時期だと思うのですが、高い外食や日本食食べなくても、特に平気なのです。駄目だったら、グルメ系ブログは見ないと思うのです。ちょっと味覚がおかしいんじゃないかと思うぐらい、普通のアメ食で満足してます。むしろ、今からザリガニのシーズンがくるのとか、夏のBBQとか、野球のホットドッグとか、楽しみにしているぐらい。

そこで思ったのは、

by darari | 2005-04-13 04:28 | ぼやき | Comments(9)
2005年 04月 11日

パスタ・ナイトパーティー

土曜日の夜は、友人のおうちの「ホームメイド パスタ パーティー」にご招待してもらいました。
・・・実に失礼なことに、私はタイトルを聞いた瞬間に、「ラザニアとー、ショートパスタのサラダとー、ぐにぐにミートソーススパゲティー」を予想しました。ありがちですよね・・・、茹ですぎて、フォークで巻けないスパゲティーと、長時間ワーマーの上に置かれたせいで、ヒビが入ったラザニア、みたいな。とりあえず、何はなくてもBYOB (bring your own bottle)だったので、ワイン赤白1本づつ持って行きました。

そしたら、予想はうれしく裏切られました。
でてきたものは、
c0005318_22462587.jpgまず前菜として、ホームメードソーセージとブルスケッタ、あと写真にないのですが、アーティチョークのディップ・・・これとオリーブを肴にみんな1時間ぐらい立ち話をしたあと、





c0005318_2250121.jpg「みんな着席」というコールで、サラダとパスタ3種が出てきました。18人ぐらいいるパーティーで、着席ディナーって驚きました。キッチンテーブルと、ダイニングテーブルとバーにみんな別れて座りました。






c0005318_22525880.jpg3種類のパスタは、ミートボール、エビクリームソース、アルフレド。スパゲティーは、手打ちです。
驚くべきおいしさでした。
なんでも、旦那様のおじいさんが昔イタリアンレストランで働いていて、おじいさん直伝の手打ちスパゲティーなんだと、旦那様が自慢げ。18人分のパスタを3回に分けて茹でているところを写真撮らせてもらいました。

c0005318_230380.jpgタオルの肩掛け具合が、この人の凝り具合を語っています。みんなで、料理している旦那様を「おぉー、すごい」と見守っていたので、彼はご機嫌。






苦しいほど食べ、またワイン片手におしゃべりに戻り、はっと気がつくと4時間経過。
バンブルのおトイレタイム近し!(彼は今は4時間毎におトイレに連れて行かれます)
「家でdarariのnew manが待っているので、帰ります〜」と親分がおいとまを告げると(親分のお気に入りのジョークで、みんな「ワイフ、もう浮気!?」ってぎょっとします。面白くないですねー)、
「デザートもって帰って〜」とケーキを包んでもらいました。


c0005318_2393612.jpgめっちゃ凝ったチョコレートケーキ。
ゲイのナイスガイの手作り。
一口頂きましたが、めっちゃ甘いので残りは全部親分に差しあげました。
めっちゃ食べた自覚があるのに、10時半にこんな大きなケーキ食べたら駄目ですねー。





あー、またすごいカロリー(&アルコール)摂取しました。

by darari | 2005-04-11 23:18 | ごはん | Comments(10)