だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ごはん( 185 )


2009年 07月 15日

焼き鳥たくさん

c0005318_11593779.jpg
焼き鳥食べたい病に取りつかれ、先週の日曜は義兄夫妻を招いて、焼き鳥大会でした。

その前に、Yakitori Barとお店に看板が出ている日本食レストランへ行ったら、ふつうの焼き鳥しかなくて、えぇ〜?と思ったらただのSushiレストランだった、というのが私の焼き鳥熱に拍車をかけてくれたのです。
先月のカネゾのお誕生日にも焼き鳥を作ったのですが、そのときはハンバーガーと焼き鳥という和洋折衷なメニュー(焼き鳥嫌いな人もいるかなーと思い)だったのだけれど、今回は焼き鳥づくし。
串が累々と屍のように重なる感じをイメージ。

用意したのは
ねぎま(タマネギと青ネギ)
レバー(私と義兄しか食べない)
つくね
アスパラガス
ベルペッパー

写真が雑ですが・・・一刻を争って熱々を食べてもらわねばならなかったので。
c0005318_11595418.jpg

全部用意したら、親分がいつものごとくBBQグリルで焼いてくれ、
たれもちゃんと塗ってね、と言っておいたら、ちゃんと刷毛で塗ってくれていました。
なので、焼き鳥屋さんになれるね〜とおだてておきました(こんなものでよいでしょうか、ミゾリンさん?)

つくねは私はフライパンであらかじめ焼いておいて、グリルでは焦げ目つけてもらうだけなんですが・・・味のイメージだけあって、作り方をよく知りません。
とにかくショウガの効いたつくねが食べたかったので、たくさん作ったつもりが売り切れていました。
カネゾにもお気に召した様子。

あとは、日本風ポテトサラダとおにぎり、デザートにドルセデレチェ入りブラウニー(写真なし)。
アメリカンな味覚な義兄夫婦にいつもはもう少し配慮するのですが、今回は頑なまでに私が食べたいものを作っておきました。
でも、オニギリもみんな食べていたな〜。

c0005318_120248.jpg

で、カネゾはベビーチェア卒業。
ぜーったいにベビーチェアに座ってくれず、大人の椅子に座るので仕方なく。
ブースターチェアも買ったのに使ってくれません。
一人前扱いしてくださいますように、と、届かないのに大人の椅子に正座してご飯食べます。
なんでそんなに急いで大きくなりたがるんだろう・・・。

息子の足をみると条件反射的にくすぐりたくなります。
足の指をくすぐるThis little piggyという指遊びがあって、こんなのです。

This little piggy went to market.
This little piggy stayed at home.
This little piggy has roast beef,
This little piggy had none.
And this little piggy cried "Wee! Wee! Wee!" all the way home.

親分は原文のまま、私は和訳版でもってカネゾの足をくすぐります、エンドレスに。

by darari | 2009-07-15 12:28 | ごはん | Comments(12)
2009年 06月 20日

スライダー

c0005318_1255915.jpg
スライダーが流行りなんでしょうか?
我が家でも流行らせています、ちっちゃなバーガー。
今年は、バーガーキングでもミニバーガーがメニューに登場していて、危険な限り(数あるファーストフードのなかでBKが一番好き・・・というと
周りに「男らしい」と言われますが。量が多いのですね、MやWに比べて)。

うちのスライダーは、パンが少しこげてしまいました。
ハワイアンロールという甘いパンを使ったから気をつけて〜と親分(@グリルマスター)に忠告するの、忘れてまして。
これに、ワサビをのせて食べるのがさらに親分と私のハヤリ。

このとき飲んでたのは、ハワイのビール。
c0005318_12552779.jpg

友人の結婚式がハワイであったのに、出席できず・・・
罪滅ぼしに、彼女のウェディングシャワーをハワイアンをテーマに我が家で開催したときの残りものでした。

by darari | 2009-06-20 13:03 | ごはん | Comments(6)
2009年 06月 06日

土曜日は

c0005318_1292180.jpg
土曜日は、ドーナッツ(息子のいう「ドーダツ」)の日。

近所のドーナツ屋さんは、カネゾが行くとドーナツホールをいつも一つくれます。

彼は甘党じゃないので、家に帰ると甘いドーナツに見向きもせず、
コラチ(ソーセージロール)の生地をはいで、ソーセージだけ食べるくせに
ドーナツ屋さんのドーナツホールだけは
うっれしそーうに食べます。

明日もきっとソーセージロールのソーセージだけ、
「ドーダツ」
と言いながら食べる姿を想像すると
笑ってしまいます・・・すっごい間違ってるんで、
それ、ドーナツちゃうやん!と突っ込みたいんだけど。

週末がやってくるとうれしいねぇ♪

by darari | 2009-06-06 12:13 | ごはん | Comments(7)
2009年 04月 23日

釜茹でぐらぐら

c0005318_1242298.jpg
アメリカ南部の春の味覚、ザリガニの茹でたん。
毎年家で茹でて食べているのですが、(200720062005
今年は、ザリガニを茹でるための鍋(外に置くの)を親分が購入しました〜♪

c0005318_12424753.jpg
外でグラグラ釜茹でにしているの図。
外での調理になると私の出番ではなくなるので、ほくほくです。

なんでも、彼のボスの湖畔の家で集ってディナーをするための予行演習とかでした。
スパイスが足りなかったのか、あっさりとしたcrawfish boilとなり、次回はもっとスパイスを入れなくては、などと親分はメモっていましたが、
カネゾウでも余裕で食べられたぐらいなので丁度良かった。

実はこれはザリガニよりも、そのサイドとして一緒に茹でられるブロッコリ、ジャガイモ、カリフラワーなどがおいしいのです。

手づかみで食べて手がべとべとになった後、いったんテーブルの上を片付けまして・・・
デザートは、アルゼンチン土産のドルセ・デ・レチェをたんまりっと上にかけてイチゴロールケーキ。
c0005318_12432446.jpg
スポンジの生地とイチゴにドルセがたまりませーん。
気管支炎になってせっかく2kgほど落ちた体重が、また戻ってしまう・・・

残ったザリガニは

by darari | 2009-04-23 13:00 | ごはん | Comments(12)
2009年 04月 20日

ブォーノ!

c0005318_1039728.jpg
・・・帯にかいてあるとおり、食べてブォーノ!(おいしい)と言いました。
こちらのレシピ本が出版されたので、熱帯雨林便で急いで買って、本が到着した当日に作っちゃいました。
まずは表紙の写真を今までこちらで2ヶ月ほどみて、ずーっと食べたかった、「なすのソース」(P34)というパスタ。

アメリカのナス、大きくて皮が硬くて灰汁がたくさんでるのですが、レシピどおりに作ったらうまみがでて、今まで知らなかったナスの領域を新たに知った感じ。
ふかーいうまみがするパスタソースなのです。
近頃、野菜嫌いになりつつある息子が、よそった分をばくばくっと食べて、
「モア!モア!」
とお替わりしたのにはびっくり・・・
あ、そぉ〜おいしいものはわかるのだね〜。
お腹が前方にでっぱった後、横にのびるほど食べて、息子は大変満足していました。

なお、飢えた1歳10ヶ月児の目の前でカメラを構えて時間を食う訳にもいかないので、本の表紙の写真に近づけようという無駄な努力は省きました。

同時にもう一品作ったのが、
「春野菜と生ハムの炒め物」(P60)
c0005318_10393088.jpg
これは冷蔵庫にある材料で作ったので、多分このレシピの特徴と思われるペコリーノチーズがなかったし、グリーンピースもフレッシュの物はなかったので、ソラマメ、アスパラガス、生ハム、タマネギだけで作りました。
それでもソラマメ〜(嬉)
ソラマメと生ハムの組み合わせ、うまーぁ。
2年前もt-fortunatiさんの一冊目のレシピ本にでてきた、ソラマメと生ハムのパスタがおいしくて何度もリピートしたものですが(と、言っても春だけ)それを思い出しました。
当時は息子が生まれる直前だったな〜。
いっぱい作っていっぱい食べてもオッケーだったな〜。
あいかわらずお野菜がおいしく食べられるレシピがたくさんでありがたいな〜。

まだまだこの本からは作りたいメニューがたくさんです。
美味しいレシピをありがとうございます、作者様も編集者様も。
本の手触りも素敵でよいです。ペカっとしてないの、好き。
ブォーノ!です。
チャ〜オ(←イタリアン)。

by darari | 2009-04-20 11:01 | ごはん | Comments(20)
2009年 04月 07日

モヒート

c0005318_1261946.jpg
土曜日、汗ばむ陽気だったので、親分がモヒートを作ってくれました。

その日の朝、ナーサリーで買って来て庭に植えたばかりのミントをさっそく活用して。
可哀想に、ミント・・・うちに来たのが縁の尽き、こき使われるのさぁ〜。

モヒートをみた息子が、「ウォーター!」とほしがったので
氷水にミントを入れてあげたら、ものすごくおいしそうに飲み干しました・・・。

しかし、今調べたら、キューバ版ハイボールなんですって。
じゃ、ハイボールグラスを使わなくっちゃ。
来週も作ってもらおう(最近、親分の料理ばかり披露するサイトになってます 汗)。

土曜日は暑かったのに翌日はまたセーターを引っ張りだしてくる寒さに逆戻り、そして今夜は氷点下なんだとか・・・今年の春、どうなってるんですか?
こんな天気が激しく変わるのダラスだけ?

by darari | 2009-04-07 12:10 | ごはん | Comments(10)
2009年 04月 05日

カルチョーフィご飯

c0005318_12285917.jpg
アーティチョークを、「カルチョーフィ」と言うだけでですね、私としてはもう気分はイタリアなわけですよ。

先週アーティチョークをご飯に炊き込んでみたけれど、イマイチ・・・(と親分がコメントした)と書いた時に思ったのですが、もう一度やってみました。
こんどは混ぜご飯にして、アーティチョークカルチョーフィの水煮とニンジンを出汁で焚いて、ご飯に合わせました。
そうすると、もうすこしタケノコご飯ぽくなりました。

今が旬のカルチョーフィ様には申し訳ない感想ですが・・・。
(しかも水煮缶使ってるし!)
一応、山積みされているのを買って、蒸して食べているのですが、あんまりキレイなものではないので出してこないのです。

ちなみに、一緒に食べたのはカンパチの切り身(を親分がグリルで焼いたもの。うちは換気扇が機能しないので匂いの残る魚は家の中で料理できないので、グリル担当に任せるのです)です。
下のステーキよりも高かった!・・・こちらは内陸なので仕方ないですが。

c0005318_12372143.jpg
もう一つ、イタリアンブログネタで。こちらで教わったのですが、

チーズの外側の皮をどうやって食べるか=オーブントースターであぶる

というのでやってみたのが上の写真。
これは、次からは皮の部分、わざわざ取っておいてお楽しみにしよう、と思えるおいしさでした。
今まで、食べ残していたのが悔やまれます・・・。

by darari | 2009-04-05 12:46 | ごはん | Comments(8)
2009年 04月 01日

開店の運び

c0005318_12542133.jpg
この度、親分がBBQレストランをここダラスで開店することになりました。

看板メニューご覧のとおり、アンガス牛のカウボーイカット、
焼き目もキレイに仕上げます。
その他、グリル料理一般。
野菜、魚、肉なんでも焼きます。

お店の売りは、個人カウンセリングです。
現在の経済状況の変化に伴うリタイアメントプランの見直し、
投資ポートフォリオの組み直し、
さらには、ブラックジャックの勝てる戦略の建て方、
仕事でクサクサした時の話し相手、
人生疲れちゃったとき、
などなど、幅広くカウンセリングを致します。

ただし、必ず正しい解決法を提示するとは限りません。


More

by darari | 2009-04-01 13:03 | ごはん | Comments(8)
2009年 03月 23日

花と弁当

c0005318_12162176.jpg
日本では桜が見頃のようですが、うちの前庭に植えた桜は、今日3分咲きあたりです。
以前の家にも桜を植えて「しょぼい桜」と言っていたのですが、今年のうちの桜は、さらにしょぼいです。

c0005318_12163947.jpg

去年の嵐で梨の木が折れた後に植えたものなので、まだ小さい木で「カネゾウの木」と呼んでいるのですが、ちっちゃくてもソメイヨシノです。
あと数年したらもう少し立派になることでしょう。

他にもいろいろ咲いてます。

by darari | 2009-03-23 12:35 | ごはん | Comments(14)
2009年 03月 18日

緑を身につける日

c0005318_123285.jpg
つねって良し。
c0005318_1233024.jpg
(左)つねって良し。
(右)つねり不可。
今日はSt. Patrick's Dayだったので、緑を身につけていない人はつねられるので〜す。

息子はちらりと緑を身につけています。
シャムロック〜(クローバー、アイリッシュの幸運のシンボル)。
c0005318_1235495.jpg
せっかくつねられないように、と思って緑の靴下をはいて登校したのに、デイケアで誰かとぶつかったようで、頭にタンコブ作ってましたけど・・・。

アイリッシュにちなみ、晩ご飯はコンビーフとキャベツ。
c0005318_1241546.jpg
イマイチおいしくなかったので、イマイチな写真です。
コンビーフ、といっても缶に入っている合わせた肉じゃなくて、これはもっとフランクステーキみたいなのの塩漬け肉でした。
それを、朝出勤する時にクロックポットに入れて煮込み、9時間後にはほろほろになっていたところに、野菜を足すというだけのシンプルな料理。
でも、コンビーフとキャベツって実はアイルランド料理じゃなくて、アメリカナイズされたアイルランド料理なんですって。

ま、いいや。
うちのアイリッシュ比率が一番高い人(=親分、血中アイリッシュ濃度1/16)は意外においしい、と言っていたことだし。

by darari | 2009-03-18 12:12 | ごはん | Comments(10)