だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ごはん( 184 )


2010年 04月 18日

帰って来たら

c0005318_4303245.jpg
日本の旅行から帰って来たら、
お帰りって親分がハンバーガー焼いてくれました。
アメリカンビーフのハンバーガーにワサビをつけて食べるのが、私好きなんですが、このハンバーガーとてもおいしかったです。
お皿の奥に写ってる緑のは生ひよこ豆。うまー

前庭は春の花に植え変えてあったし、
居間のカーペットはクリーニングしてあったし、
冷蔵庫の中は掃除してあったし(!)、
お洗濯は終わっていたし、、、

つまり、男ひとりで一週間生活していたの?!と疑わしくなるぐらいお家がキレイにしてありました。冷蔵庫の野菜は減っていませんでしたが。
親分は私とカネゾが旅行中、休暇を取って毎日半日は義父のお見舞いに行って、後は家の事をして一週間過ごしていたらしいです。
私が帰って来てバタバタしないように、グローサリーのお買い物もしてありました。
ちゃんと戻って来たのを喜んでもらっているようでありがたい・・・(別に国外逃亡の計画をしていた訳ではなかったのですが)。



カネゾは日本で日本語の語彙をすごーく増やしたようで、帰って来て一週間、私との日常会話の半分ぐらい日本語で返答してきます。
「すごーい」「かわいー」「ないねー」「ちがうねー」
などと一人でつぶやいているし。

日本で会ったお友達の息子たち(3歳と2歳)が関西弁でしゃべっているのが、かわいくて仕方なかったのですが、うちの息子に関西弁しゃべらせるのも夢じゃないかも、と、ちょっと野望を抱いてしまいます(笑)

短い旅行だったけれど、滞在中は毎日楽しかったし、家に戻って来ても楽しい、こんな旅はめったにさせてもらえるものではないと思いました(テキサスに戻って来て3日ほど時差ボケで疲れましたが、まぁそれはそれ)。

by darari | 2010-04-18 04:48 | ごはん | Comments(8)
2010年 02月 17日

日本流でした

c0005318_1231251.jpg
"Mommy, I want pancakes and sausages for breakfast(「小生、朝食はパンケーキとソーセージを所望」)"

というリクエストにお答えして、日曜日の朝ご飯はまだ雪が残る庭を見ながら頂きました。
カネゾはちっちゃく焼いたパンケーキ("Silver Dollar")がお気に入り。
焼いているところを覗き込んで、お手伝い気分を味わうのもお気に入り。
なんでも自分でしたいし、お手伝いしたい年頃みたいです。

朝ご飯が終わったら、カネゾがダディーのためのケーキ作りもお手伝いしてくれるというので
c0005318_12351539.jpg
去年、ミゾリンさんに頂いたハート型でチョコレートケーキを作りました。
このレシピを適当にバターと砂糖を減らしたら、うーん、まぁアメリカのケーキなんてこんなもの?という味に仕上がりましたが、チョコレートをたらりんと流せば誤摩化せるということで・・・(笑)

カネゾは、粉を混ぜる係に任命したら"I don't spill(「小生、こぼさないのである」"と自慢げ。

今年のバレンタインデーは、先週結婚記念日お祝いしたところだし、特になにもしなくていいよ〜
花も先週もらったし、ディナーも食べに出かけたし、バレンタインに外食すると混んでるから嫌だし・・・
と言っておいたら、親分からは文字通りなーんにもありませんでした。

私からはチョコレート($5程度)とカードをあげておしまい。
ということで我が家は日本流(?)にバレンタインデーを祝う日となりました。

晩ご飯は親分がスペアリブ(原価$5)をグリルで調理してくれました。
c0005318_12391918.jpg
2時間ぐらいかけてじっくり焼いてくれたので、食べやすかったのでした。
サイドディッシュに、ブロッコリーキャセロール。
これ、親分母のレシピなのです・・・親分母のレシピ帳より。

お米、ブロッコリー、炒めたタマネギとセロリ、キャンベルのクリームスープ(のストックが切れていたので、ホワイトソースを一から作りました)、チェダーチーズ、ってかんじの味です。

親分母のレシピと彼女が集めていた料理本、ひっぱりだしてきて料理のレパートリーに加えるというのが私の今年の目標です・・・ちょっとこういう感じ?

で、親分は「おぉ、母の味」と懐かしがって涙ぐんだりしてくれるかという狙いだったのですが、
彼はけろりとして食べていたのでちょっと期待はずれ。
また他のレシピも作っておいしければブログに書こうかと思います。
ブロッコリーキャセロールはおいしかったしお野菜がたくさん食べられるので合格(エラそう)。

こういう感じで、2月14日は日本流に私が男衆につくしておいたので、あとは日本流に来月3倍返しを期待しよう。
先行投資、先行投資(っていうほどお金かけてませんね・・・)。

by darari | 2010-02-17 13:02 | ごはん | Comments(8)
2009年 12月 07日

冬のダラスに生アーティチョークはあらず

c0005318_4564320.jpg
イタリアからきれいな紫のアーティチョーク、もとい、カルチョーフィを捧げて頂いたので、私もアーティチョーク!と思ったのですが、冬のダラスには生アーティチョーク、売ってません。北米でのシーズンは3−5月だそうで。

なので、缶詰登場。わっはっはっ。
c0005318_459395.jpg

これなら茹でたり剥いたりせずにすぐ料理・・・(昔、ちゃんと料理している記事はこちら)。
ところで生のアーティチョークの下処理中でてくる、中のふわふわの部分、"Choke"っていうそうでした>tさん。

できましたのは、アーティチョークとほうれん草のディップ
アッメリカーンにいっときました。
ポーラディーンのレシピは高カロリーすぎてそのまま使えないのでマヨネーズ1/2カップというのは無視、上に載せるジャックチーズも無視。
冷凍のほうれん草+アーティチョーク+サワークリーム+パルメザンチーズに塩こしょうとレッドペッパー少々を入れて耐熱容器に入れ、オーブンで焼いてぐつぐつ。
c0005318_574172.jpg
アツアツで食べるのがおいしいディップでございます。

アーティチョークはビタミンA、ポタシウムが豊富で低カロリー、コレステロールを下げる働きもあるのだとか。
私の野望のひとつとして、庭でアーティチョーク栽培してみるというのがあるんですが、刺がすごいみたいだし、巨大になるので親分に却下されています。
たけのこ代わりにタケノコご飯作っても違和感ありません、ちなみに。


で、できたディップを持って、(仮)病み上がりの私は友人主催の「ワイン頒布会」へ出かけましたとさ。
ゲホゲホしながら飲むワイン、、、どれ飲んでも違いが分からなかったはずなのに(鼻が利かないので)、
気がつけば$100超お買い上げしていました・・・。
風邪薬ハイだったってことにしておきました。

by darari | 2009-12-07 05:28 | ごはん | Comments(4)
2009年 11月 29日

食べに食べた祭日

c0005318_13445146.jpg
サンクスギビングの日、いったい全米で何羽のターキーが食卓にのぼっているんだろうかぁ〜と思いを馳せながら、11月26日はターキーを頂きました。

これは、ターキーを食べた翌日の特権、ターキーサンド。

t-fortunatiさんの本のカボチャパンにターキーとクランベリーソースをのせてがぶっと。

息子用にはクマパンも作りました(横にぼやっと写っている)。

余裕綽々だった

by darari | 2009-11-29 14:22 | ごはん | Comments(8)
2009年 11月 13日

チパ

c0005318_1321526.jpg
息子をピックアップしていつも右折する道を左折すると、もう分かるらしくって

「チパー!イェーイ!」

って大歓声。
月に一度ほど、あらかじめ帰宅途中に電話を近所のピザ屋さんに入れておいて、息子と一緒にピックアップして帰ります。

息子、「ピザ」が言えなくて、「チパ」。
この言い方が可愛くって、親分も私もついマネして「チパ」と言ってしまいます。

私のオーダーはいつも決まっていて、ラージサイズのピザの半分は親分が好きな"The King"(王道ってかんじでしょうか? ペパロニ/ソーセージ/マッシュルーム/オリーブ/タマネギ/ベルペッパーが載っている)、もう半分は"Noah's"(ピンクソースにキャラメライズドオニオン/チキン/ベーコンなど甘めの味)。

こうやってみると、具沢山なピザだしサラダもつけるので、そんなに悪いディナーじゃないよね・・・
c0005318_1345134.jpg


と言いつつ、やっぱり外食はやましいので、いくらチパ、チパと父子で喜ばれてもなるだけ自宅で料理したいものです。

言い訳すると、色々あって・・・とりあえず会社のリクルーティングが悪いってことにしておこう。

不景気なのにうちの会社は定期採用しています。
学生(MBA見込みの、特に若くてフレッシュというわけでもない学生)たち、例年と比べると格好はビジネスフォーマル(vs. 今まではビジネスカジュアル=ネクタイなし、ジャケットなし)でばりっとしているけれど、中身は例年とそう大差なく。
で、他の会社が採用を絞っているために、今まで関心がなかった層も応募してくるようで高倍率なので、採用する側としては沢山面接しないといけないので時間くわれる。

というわけで、不景気時の採用は我が家の食卓に影響するのです(なんてまぁ偉そうな発言)。

息子語録。

by darari | 2009-11-13 13:26 | ごはん | Comments(10)
2009年 11月 04日

ソウルフード、それぞれ

c0005318_11254421.jpg
親分が、「おいしいチキンフライドステーキが食べたい・・・」とうめいていたかと思うと、レシピを研究して材料を買って来て、肉をガンガンに叩いて伸ばして、
「油で揚げるのだけ、やってください」
とお願いするので、揚げてあげました、チキンフライドステーキ。

以前はたまに作っていたものですが、ちっちゃい子がいると食べにくいもので、作ってなかったなぁ〜最近はそういえば。
南部料理、安い牛肉にフライドチキンの衣をつけて揚げた料理です。

衣がポイントで、コンデンスミルクの入った卵液に浸けて、小麦粉をはたいた後、再び卵液に浸けて揚げるんです。
「母の味・・・」
と喜んだ親分、よっぽど嬉しかったようで余ったのは会社で食べる翌日のお昼ご飯に持って行っていました。
彼のソウルフードですな、これからクリスマスに向けてポイント稼ぎのためにもっと頻繁に作らなくては。

私のソウルフードというか食べたかった物は、同じお皿にのっているカボチャのたいたんと味噌味のナス。
「母の味・・・(ちょっと違うけど)」
と対抗して発言しておきました。

さらにこの日の私のごちそうはこれだったんですがね。サーモンのお刺身。
c0005318_123757100.jpg


米が切れたもので、久しぶりに日本食を買い出しに行ったのが顕著に食卓に現れます。
c0005318_1239177.jpg
で、それぞれの好物にあわせてかけるのは、親分はA1ステーキソース、私は角長のお醤油(並べてみた)。
にもでてくる有名なお醤油ですが、そのままずっと舐めていたいぐらいおいしいです、ありがとう>M嬢。

カネゾの味覚は親分と私の中間にあるみたいで、チキンフライドステーキを喜んで食べ、ナスのお味噌がついたおにぎりをぱくついていました。

デザートはめったに日本食の買い出しに行かないので、めったに自分で買わない韓国ベーカリーのケーキでした。
c0005318_12434978.jpg
デコレーションが和風(?韓風?)で、やさしげです。
手前のは芋ケーキ、奥はイチゴショートでした。

一家で統一感のない食欲の秋を満喫中です。

by darari | 2009-11-04 13:00 | ごはん | Comments(6)
2009年 10月 05日

ニセモノな味

c0005318_11572283.jpg
毎朝ラジオを聞きながら通勤していて、そのラジオCMで頭にこびりついていたのが某アジア飯チェーンのJapanese Chili Beef Ramenという名のシロモノ・・・。
ラジオで毎日流れる、
"Upgrade your ramen・・・プラスチックに入ったレンガのような塊をラーメンだと思っている人々へ"
みたいな宣伝文句、音声しかないだけにやったらと想像をかき立てられてしまい。
金曜日にオンラインでオーダーして(今なら初めてオンラインオーダーする場合25%オフだったし〜)、
わくわくしながら持って帰って家のテーブルでふたを開けたら、こんなんでした↑(ビーフじゃなくてチキンにした)。

ライム乗ってるし〜、パクチー乗ってるし〜、チリペッパー輪切りだし〜、汁気ないし〜

ラーメン、っていう名前は忘れたことにして食べました。
味はどっちかっていうと、ものすごいピリ辛の焼きそばというか。
ひさびさにものすごくニセモノ食べた感でした。
だれが監修してんねん!!(ここの姉妹チェーンですが)

・・・日本のどこかにこういうのをラーメンと呼ぶ土地がある、の、かも、しれない、
と自分を押しとどめておきます。
そろそろ日本も離れて5年だし・・・こうやってアイデンティティーを失っていくのか、私・・・。

まぁ、これぐらいでキレていては、Sushi屋行けませんからね・・・特にヒバチ(ロバタ)が一緒にくっついてるヤツ。
こないだも、親分に連れて行ってもらったSushi屋で仰天するメニューがでてきましたし・・・
マティーニグラスにウニが4つほど盛ってあって、その下グラス全部トビコでグラスが一杯なのをスプーンですくって食べるという・・・
たしかウニシューターとかいうアペタイザーでしたが、巻物(無難にカリフォルニアロールとか)の後にでてきたのも笑わせてもらいました。
ダラス、もちろんちゃんとした寿司/鮨屋はいくつかありますが、うちの近所のSushi屋はこんなんでした。

しかし私も。

by darari | 2009-10-05 12:23 | ごはん | Comments(4)
2009年 09月 09日

言い間違え禁止アイテム

c0005318_1236781.jpg
先週の金曜日だったか、朝ご飯を食べている時に、息子が
「チョッコレト!チョッコレト!プリーズ!」
と叫びながら指差していたのは・・・

ケチャップのボトル。
オムレツにかけたかったらしいのです。
単に言い間違えたらしい。

でも、私はそこから妄想が止まらなくなり・・・
「もしケチャップがチョコレートだったら」
もしくは
「もしチョコレートがケチャップだったら」
とずーっと考え続けてしまいました(もっとろくな事に頭使え、という話は置いておいてください)。

私のフレンチフライにつけるのもケチャップじゃなくてチョコレート!
(社食ランチ、わびしく仕事しながらデスクで食べた日。ちなみにチキン+ベジタブルケサディーヤ。)
c0005318_12362553.jpg


・・・ま、ポテトにチョコレートは食べられんことはない。

あとは〜、yukoさんのようにアメリカンドッグに練り梅ならぬチョコレート、
ハンバーガーにチョコレート、
ホットドッグにもマスタードとチョコレート

・・・これはちょっと無理かも。

でも逆はもっとひどいかも:
チョコレートケーキの代わりにケチャップケーキ、
ケチャップトリュフ、
ケチャップミルク、
ケチャップアイスクリーム(これはあってもいい気もする)、、、以下自粛。
気分悪くされた方がいらっしゃったらごめんなさい。

息子には言い間違えていいものと悪いものを覚えてもらおう。
でも、ケチャップとチョコレートって似てるかなぁ〜、、、


話題(と思考)を変えまして、最初の写真はHeinzのオーガニックケチャップです。
普通のケチャップより値段がちょいと高めで、赤い色が濃いめ。
親分には
「君はオーガニックって書いてあったらなんでも買うんでしょう」
と笑われますが・・・。
うん、親分、君は正しいよ(と、認めて議論を終わらせる)。

オーガニックと銘打ってあって自分が買わないもの、ほとんど思いつきませんでした。
ガムと・・・親分の飲むスポーツドリンクぐらい?


*Some Ketchup Desserts*
Ketchup Cookie Recipe by Heinz
Ketchup Cake Recipe by Heinz
Ketchup Macarons by Pierre Herme (David Lebovitz blog)
Baskin-Robbins once had ketchup icecream

by darari | 2009-09-09 12:55 | ごはん | Comments(8)
2009年 08月 03日

グリルマスター新兵器

c0005318_12104874.jpg
誕生日が平日だと、世の中大変ですな・・・。
親分の誕生日は明日なんですが、土曜日にまったり家でお祝いをしようということでBBQ。
平日の夜は親分と私の二人で効率を競いながら(?)行程を流すのでまったりどころではありません。

毎晩、平日は2時間ぐらいで片付ける行程はこんなかんじ:
息子のピックアップ→夕食の準備→食べる→犬の散歩→
息子の入浴(夕食の片付け)→息子と読書→息子就寝。
息付く間もないかんじ。共働きなんてこんなものでしょうか。

ゆっくり準備して夕食を作って、会話しながら味わって食べるごはん、というのは週末だけかも(それでも、旦那さんも帰宅していて3人で一緒に食卓を囲めるというのは贅沢なのですが)。

誕生日の主賓は、カリモチョ(赤ワインとコーラ)片手に、鼻歌まじりにラム肉をグリル。
c0005318_1211177.jpg

ご機嫌なのは、このトングのせいかも〜。
c0005318_12111752.jpg

このトング、見つけて私は久しぶりに物をみて「すごーい!」と思いました(実際に声を出して叫んだ)。
上を向けたらロックして、下を向けたらアンロックするのです。
・・・説明するのが難しいけれど、他のトングは広がらないようにロックするには、金具が必要なのですが、これは上向けるだけで畳んだ状態になる、のです(わかるでしょうか?)。

なにも要らない、という親分へ私からのプレゼントでした。
新兵器投入で、さらにグリルを喜んでしてくれることでしょう。
これで焼いてくれたラム肉、2歳児も余裕で食べられるぐらいやわらかくておいしかったです♪(トングは関係ない、という説もあるが)。

ワンコもお相伴に預かれるかと期待しているの図(貰いましたとも)。
c0005318_12112991.jpg


・・・お誕生日ディナーだというのに、結局親分に料理させてしまったことには後で気づきました。
付け合わせのアスパラガスとペッパーも彼がグリルしたし・・・私、なにしたんだっけ?
あぁそうだ、彼の好物のトマトサラダをたくさーん作って冷蔵庫に入れて、そのまま翌朝まで忘れたんだった(汗)。

父母へ:
たくさんのツボをついたプレゼント、今年もありがとうございました、と親分より。

by darari | 2009-08-03 12:33 | ごはん | Comments(8)
2009年 07月 15日

焼き鳥たくさん

c0005318_11593779.jpg
焼き鳥食べたい病に取りつかれ、先週の日曜は義兄夫妻を招いて、焼き鳥大会でした。

その前に、Yakitori Barとお店に看板が出ている日本食レストランへ行ったら、ふつうの焼き鳥しかなくて、えぇ〜?と思ったらただのSushiレストランだった、というのが私の焼き鳥熱に拍車をかけてくれたのです。
先月のカネゾのお誕生日にも焼き鳥を作ったのですが、そのときはハンバーガーと焼き鳥という和洋折衷なメニュー(焼き鳥嫌いな人もいるかなーと思い)だったのだけれど、今回は焼き鳥づくし。
串が累々と屍のように重なる感じをイメージ。

用意したのは
ねぎま(タマネギと青ネギ)
レバー(私と義兄しか食べない)
つくね
アスパラガス
ベルペッパー

写真が雑ですが・・・一刻を争って熱々を食べてもらわねばならなかったので。
c0005318_11595418.jpg

全部用意したら、親分がいつものごとくBBQグリルで焼いてくれ、
たれもちゃんと塗ってね、と言っておいたら、ちゃんと刷毛で塗ってくれていました。
なので、焼き鳥屋さんになれるね〜とおだてておきました(こんなものでよいでしょうか、ミゾリンさん?)

つくねは私はフライパンであらかじめ焼いておいて、グリルでは焦げ目つけてもらうだけなんですが・・・味のイメージだけあって、作り方をよく知りません。
とにかくショウガの効いたつくねが食べたかったので、たくさん作ったつもりが売り切れていました。
カネゾにもお気に召した様子。

あとは、日本風ポテトサラダとおにぎり、デザートにドルセデレチェ入りブラウニー(写真なし)。
アメリカンな味覚な義兄夫婦にいつもはもう少し配慮するのですが、今回は頑なまでに私が食べたいものを作っておきました。
でも、オニギリもみんな食べていたな〜。

c0005318_120248.jpg

で、カネゾはベビーチェア卒業。
ぜーったいにベビーチェアに座ってくれず、大人の椅子に座るので仕方なく。
ブースターチェアも買ったのに使ってくれません。
一人前扱いしてくださいますように、と、届かないのに大人の椅子に正座してご飯食べます。
なんでそんなに急いで大きくなりたがるんだろう・・・。

息子の足をみると条件反射的にくすぐりたくなります。
足の指をくすぐるThis little piggyという指遊びがあって、こんなのです。

This little piggy went to market.
This little piggy stayed at home.
This little piggy has roast beef,
This little piggy had none.
And this little piggy cried "Wee! Wee! Wee!" all the way home.

親分は原文のまま、私は和訳版でもってカネゾの足をくすぐります、エンドレスに。

by darari | 2009-07-15 12:28 | ごはん | Comments(12)