だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ごはん( 184 )


2014年 03月 17日

春休み後半2

c0005318_353528.jpg
ロールケーキ、ひしゃげていますが、めずらしく作ったら息子たちは大喜びでした。
カネゾは「倍の分厚さに切って!」というもので、写真ではよくわかりませんが、5cmぐらいある一切れでした。


昨日土曜日は午後から大雨の予報で、じゃぁうちでプレイデートをしようということになって、カネゾくんの同級生をお家にお招きしました。
我が家の兄弟と仲良く3人で遊んでくれて、みんな楽しかった様子。
おやつにロールケーキをだしたら、アメリカ人には珍しく「食べたことないけど、おいしい!」といってパクパク食べていたので、この子は私のお気に入りに決定(笑)
夕食まで食べていきました。
Make your own pizza(一人用の生地を広げておいて、好きなトッピングを各々載せて焼く)を作ったら、「カネゾの家はこんな楽しいことばっかりしているの?」だって。
彼は四人兄弟の末っ子なので、家は忙しいのでしょうかね、、、


その前の夜(昼食がハンバーガーだった日)は魚を焼きました(親分がね)。
c0005318_3542715.jpg
Branzino(ヨーロピアンシーバス)という種類で、とても美味しいのだけれど限られたシーズンしか出回っているのをみたことがないです。
この魚とおにぎりを出したら次男坊は「Mommy, I missed you」だって。
たった3晩留守にしただけだったのですが、食べるのがすきな次男坊にすると、母不在=好物(魚とおにぎり)がでてこない、ということなのですね、、、笑えます。

by darari | 2014-03-17 04:05 | ごはん | Comments(0)
2013年 07月 29日

イチジク豊作

c0005318_11274812.jpg
5年ぐらい前に、オフィスの秘書さんから頂いたイチジクの木。今年は大豊作になりそうです。
c0005318_11274969.jpg
完熟したのを木からもぎって食べると甘くて美味しいのです。
が、家族は食べてくれず、私が消費するのみ。

プロシュート巻いて食べたり、トーストに載せたりしても、一人で一日に消費できるのは3つぐらいでしょうか。
食べるのに疲れてきたらコンポートでも作りますか、、、
とりあえず贅沢な悩み♪

by darari | 2013-07-29 11:19 | ごはん | Comments(7)
2013年 07月 23日

息子たちの好物

c0005318_12112733.jpg
息子たちの好物ナンバー1、スペアリブ。
ダディーが焼いてくれます。
何が食べたい?と長男次男に聞くと、たいてい言われるのは「スペアリブ!」
じゃぁ作るのに時間がかかるから、週末まで待ってね、と旦那さんが作るのです。

お母さんは何を作るかというと、付け合わせですな。
c0005318_12112980.jpg

このレシピのブロッコリーがものすごく美味しくて、時間があるときは、これ。
あとは、子供たちのリクエストのマック&チーズ、ポテト。
長男はリブ!とリクエストするだけあって、リブとマック&チーズしか食べない夕食となるのですが、次男坊はポテトが好きで、ぱくぱく食べます。
この人は、食べっぷりも飲みっぷりも(ミルクとか水とかですが)豪快なので、私はこっそり「豪快くん」とか「GKくん」と呼んでいます。
この日も兄弟二人で、ポークリブほぼ片腹分(一ラックとしてお店で売っている分)を平らげていました。

、、、まぁね、お母さんは、ブロッコリーとポテトだけあれば(あとお酒と、、、一枚目にビールの缶、写ってますな)幸せなんですけどね。


日中博物館でシェールガスについて学んでお腹が減った兄弟だったもようでした。
c0005318_12113033.jpg


ところで、昔書いた蟹と猫の記事にロシア語のコメントがつくのはどうしてなのでしょうか、この記事にだけつくのですごーく不思議。
なにかロシア人の気を引くトリガーがあるのでしょうが、古い記事なのに同じコメントが10個もついている、、、非公開にすればいいのかしら。

by darari | 2013-07-23 12:09 | ごはん | Comments(4)
2012年 11月 17日

Thanksgiving potluck

c0005318_12253940.jpg
今年もこの時期になりました。職場のサンクスギビングポットラック〜。
職場の会議室の蛍光灯の元で撮る写真なのでどうもまずそうになってしまうのだけれど、今の職場はこのポトラックを組織立てて綿密に計画するので、品数といいデコレーションといいなかなかゴージャスなのでありました。
これ、私のプレート。
c0005318_12254284.jpg

男性が多い職場なので、肉肉しい・・・大量のBBQ。
お肉だけお店から調達、サイドディッシュとデザートは各自持ちよりな方式でした。
c0005318_12254299.jpg
なんでも、来週はみんなターキー食べるから、今週はBBQを堪能するんだそうです。
この考え方も非常に男性の多い職場らしい(笑)

私が持ち寄ったのは、マッシュポテトとビーンキャセロール。
c0005318_12254040.jpg

ビーンキャセロールは、好評で売り切れました。

・・・とはいえ、別に残ってもまったく凹むことはないレシピだったのですけれど・・・下の写真が原料。
c0005318_12253827.jpg
マッシュポテトは朝、沸騰したお湯の中に左の袋を4袋ざぁ〜っと流しいれただけ。
ビーンキャセロールは缶詰のクリームオブマッシュルーム(キャンベルスープ)を牛乳を入れて薄め、水を切った缶詰の豆(4缶)とタマネギを混ぜてオーブンで温めたところにフライドオニオンを載せただけ。
これ、本当に「料理」と言えるのか・・・と心の中でつぶやきつつ、「アメリカンクッキング、万歳」な二品(笑)
失敗の心配まったくなし、安心のお味。
そして私は、今の職場で「料理上手」の肩書きを手に入れました(爆)

by darari | 2012-11-17 12:25 | ごはん | Comments(4)
2012年 08月 21日

日本の夏の味覚

c0005318_11142818.jpg

鱧。
c0005318_1114301.jpg

鮎。
c0005318_111431100.jpg

白桃。
c0005318_11143327.jpg

お寿司やさんの冷たい緑茶。
c0005318_1114359.jpg

妹の焼いたベーグル。
(これは夏の味覚ではないか)
c0005318_11143640.jpg

ホテルの朝ご飯のオムレツ。

以上の写真が美味しかったものとしてiPhoneに記録されていました。
フライトが遅れた為に、実家でみんなで夕食はかなわなかったけれど、私の好物を用意して待っていてくれたというだけで、実家は天国のように感じて夕食食べ終わったらもうダラス帰ろうかと思いました。
鱧のお吸い物なんて7年ぶりに違いない。
出張も楽しかったし、出張ついでに実家によれるというのは役得としか言えません、会社ありがとう。


私が四泊留守のあいだ、息子たちも楽しくダディーと一緒に過ごしてくれたようでした。
「お母さん」としての存在が薄い私・・・。

by darari | 2012-08-21 11:09 | ごはん | Comments(10)
2012年 05月 23日

ワッフルメーカー続き

c0005318_11195852.jpg

金曜の夜は、ワッフル生地を仕込んで寝ました。
お箸でワッフル(イースト使用)というとっても簡単な生地を倍量で。
土曜日はブーちゃんと早起きするなり、ワッフルメーカーの電源を入れて焼きました。
ワッフル慣れしている方々には当然のことかもしれないけれど、イーストを入れた生地、アメリカの軽いワッフルと全然ちがうのですね〜。
ベルギー風というのでしょうか?
無理に型全部に伸ばさないでいいや!と開き直って(生地も重たいので伸びないし)適当に焼きました。
家には発酵バターがあふれているので、惜しみなく使ってものすごく薫り高いワッフルができて大満足。

c0005318_11202456.jpg
カネゾくんは、ホイップクリームどっさり乗せてもいい〜?
フルーツいらないから〜。(どうせ金曜日、オフィスの帰りに買い物へいく余裕はなかったので、家にあるフルーツはスイカぐらいでした、カネゾのフルーツいらない宣言にホッとしました)といってクリームどばばばば。

途中からホイップクリームだけすくって食べておりました・・・。
c0005318_11203875.jpg


親分は一枚食べたけれど、他の3人は半分づつ食べて、半分余ったのは冷蔵庫に入れました。
こういう重いめの生地のワッフルをみんなが気に入ると知っていたら、丸形でなくて四角のワッフルメーカーのほうがよかったかな〜という感じですが、まぁいいや。

今週末ワッフルを作るのを(そして食べるのを)すでにみんなで楽しみにしている我が家です。

by darari | 2012-05-23 11:30 | ごはん | Comments(4)
2012年 05月 18日

ワッフルメーカー登場

c0005318_11292664.jpg
ふふふ。

下の記事でポチッとしたブツが到着しましてね。
c0005318_11295021.jpg

今朝は早起きしてワッフルを焼きました。
作るの楽しいけれど、結構難しい。
最初はこんなのができました・・・。
c0005318_11301852.jpg
どうも生地をケチったらしいです。
思い切り良く生地を型に流して、マシンを縦向けるというのがコツのようでした。
ブーちゃん以外、みんな喜んで食べました(この人は今、歯が痛いので流動食か冷たいものしか受け付けない)。

カネゾは、ワッフルにホイップクリームとベリーをたくさん乗せてほしい、とうっとりとして言うので、
土曜日にまたゴージャスバージョンを作ってあげよう。
私は愛するCentral Marketが今、フランス祭りを開催していてフランス製発酵バターなんかもセールにしてくれているので、おいしいバターを乗せて頂きました。
フランス祭りは22日まで。また通おう。
私の愛するセントラルマーケットのフランス祭り、ただいまフランス製クッキーなんかも安く出ています、子供二人と私でモンサンミッシェルから来た塩キャラメルサブレ、なぞという珍重なお菓子、一日一箱空けています。
危険・・・。

危険といえば。

by darari | 2012-05-18 11:58 | ごはん | Comments(6)
2012年 04月 28日

ピクニック もどき

c0005318_12182778.jpg
先週の土曜日、あまりにもいい天気だったので、お弁当もってどこかいきたいよね〜と言ってみるもカネゾのサッカーが12時からだった、、、ということで、サッカーフィールドのある公園でちょこっとだけピクニックもどきをしました。

池もあって、魚釣りしている人なんかもいたりして、なかなかいい公園なのです。
(カネゾ、魚釣りしたい!!と言って眺めているところ)

お弁当は

by darari | 2012-04-28 12:28 | ごはん | Comments(6)
2012年 04月 26日

行正り香レシピ本入門

c0005318_12185236.jpg
いっこ前のログに書いたとおり、行正り香さんレシピ「チキンのカリカリソテー」
付け合わせはこのメニューにあるキノコとジャガイモ(レンジでチン!)に、アスパラガス。
ちなみにこのアスパラガスはうちの庭で採れたので意気揚々と「うちの庭で採れた」と書いておきます。
たぶん3年ほど前に植えたんだったけな?
一度に3本ほどしか育たないのでなかなか4人分のお皿に行き届かない点が笑えます。

で、チキン。これはひっくり返さないで片面だけ焼くのがパリパリに仕上げるコツだそうで、おいしかった(が、うちの親分は皮を食べない人なのでせっかくパリパリに仕上げた皮をお皿の横の方におしやっていた・・・)。
カネゾにも食べやすい味で彼からも合格点出ました。

ところで「19時から作るごはん」、買ってまずやったことは、冷蔵庫のラベル張り。
冷蔵庫内、今まで「忙しい!」という理由でよく何がどこにあるのか判らなくなっていたのですが、この本に「冷蔵庫はコンビニと同じ」と整理整頓のコツが書いてあったところで、ものすごく納得してラベルを張ったのです。
そうしたら、何がどこにあるか見えるので、ストレスがすごく減り、効率がよくなりました。

同じ本から「ガーリック・リブ」。親分もおいしいと満足。
お花も添えるのがこの方流のようなので、庭のバラもテーブルに。
c0005318_1232397.jpg
たしかに、庭のバラでも気分が晴れるものです。(この日の付け合わせは本からならず。)
調子に乗って、「引退したら四季を通じて庭の花をテーブルに飾れるようにするわ〜」と親分に宣言したら鼻で笑われました。

同じく、「豆カレー」。これは週末にまとめて作っておくメニューとして登場します。
c0005318_12322530.jpg
もともと私は週末にミートボールなどをたくさん作って冷凍する人なので、これはその冷凍貯蔵メニューのバラエティーとしてすんなり仲間入り。本では大豆が入るのですが、私はひよこ豆。
辛くすることもできるけれど、辛くしなかったらブーちゃんも喜んで食べていたので尚良し。

写真を撮っていないけれど、ハンバーグ(などといいう王道みたいなレシピ含み)、ポークソテーごはん、などもてっとりばやくおいしい。


全部、30分(もしくは20分)以内でできる料理というテーマなのにきっちりレシピが構成されている料理本、「手抜きでもいいから自宅でパパッとごはん」というポリシーの我が家への救世主のような本です(ブーちゃんが大変すぎて外食できないから、というのが主な理由)。
本当に前書きに書いてあるとおり、「手作りの料理は、人の心を満たす力を持っている」し、一番満たされるのは「ちゃんと」家族にご飯を作った、と思える自分自身みたいです。

料理本、というのは昔は「プロみたいに凝ったものを作る」的本ばかり買い集めていたのですが、お腹減ったらキーキー騒ぐちっちゃいのが二人いる状態(しかもそのうち一人はすぐに抱っこしてほしがる)の今、料理本に求めるものは全然ちがうようです。
忙しい人が作ったこの本は、今忙しい私にぴったり。さらに読み物的に読むにもオッケー(文章が練られている)。
とりあえずバーチャル師匠状態です(笑)。

写真キレイじゃないですが夜撮ったものなのです・・・。

by darari | 2012-04-26 11:46 | ごはん | Comments(6)
2012年 03月 17日

緑な日

c0005318_12153930.jpg
明日はセントパトリックスデーです。久しぶりにこの「飲んだくれる日」が土曜日にあたることもあって、周囲では盛り上がっています。
何時からどこで飲み始めるか、みたいな話題。

で緑の祝日にちなみ、緑のHummus(フムス)↑。
以前から気になっていた生ひよこ豆で作ります。

すごーくおいしいです。
普通のフムスと枝豆フムスをまぜた様な、かつ、フレッシュなテイストです。

秘密兵器は。

by darari | 2012-03-17 12:28 | ごはん | Comments(0)