だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ごはん( 185 )


2005年 01月 16日

ピザで汚名返上計画

昨日のイーストなしパンは、「パン焼き機でブロックを焼いた」というネタを方々でされてしまうことでしょう。とりあえず、パン焼き機に罪はないので、挽回の為に晩ご飯にピザをつくることに。

親分に、「晩ご飯なにがいい?」というと、絶対に
「何か軽いもの」
っていうのだけど、今日は答えわかっているくせにきいて、
「えーと、じゃあピザとかどう?」
というと、いいねーという返事だった。
どこが「じゃあ」だか>私。ピザって全然軽くないと自覚はあるんだけどね。
病気の時にハンバーガー食べるお国の人にとっては、ピザは軽い夕食なんだろー。
だいぶ読めるようになってきたぞ。
c0005318_12475435.jpg

ピザ3種:マルゲリータ、プロシュート、ゴルゴンゾーラ。こってり・・・。ワインがぶがぶ。野菜は蒸したブロッコリー山盛り。

自家製ピザは大受けでした。そもそも生地から作るってことは、みんなしないらしい。ホームベーカリーの株もあがり、今度友達も呼んでピザパーテイーをしよう、とまで盛り上がってしまいました。

このブログも当初はDIYブログになるかと危惧されたけど、ちょっと今週末はグルメブログっぽくなってきた。かも。

by darari | 2005-01-16 12:38 | ごはん | Comments(0)
2005年 01月 16日

大失敗とリベンジ戦

ホームベーカリーでパンを作るのは私の一番の目覚ましなのだけど、恩恵に浴しているのが私一人ではいけないので、親分の好物のチョコレートを入れて、チョコチップ入りチョコパンを作ろうとしました。

第一日目:大失敗。c0005318_12342918.jpgなんと、イーストを入れるのを忘れました。信じられないミス。でも、「ほかの材料は全部食べられるものなんだから、食べられるんじゃー」という親分の発言で1/4ぐらい食べてみた。超まずい。

第二日目:今日はちゃんとできた。お菓子みたいなパン。二人で、すごい勢いで食べて、ほぼなくなってしまった。

c0005318_1235188.jpg








毎日こんなことしていると太ってしまうだろうね。。。

by darari | 2005-01-16 12:32 | ごはん | Comments(0)
2005年 01月 13日

繰り出す前の腹ごしらえ!

c0005318_1504784.jpg


今晩行くバーのバーフードはまずいので、どうせならってことで、出かける前に腹ごしらえ。BBQ隊長による、ホットドッグ。ホットドッグうまいっ。人が作ってくれるものはうまいっ。

by darari | 2005-01-13 14:59 | ごはん | Comments(0)
2005年 01月 01日

和洋ダブルで福がありますように

元旦。まったく用意していなかったのだけど、朝起きた勢いで、とりあえずなんちゃってお雑煮とブラックアイビーンズを作る。お雑煮のおもちはシカゴ時代に買ったまま、ダラスへ持ってきたものが発見されたので、よく見ると賞味期限は1.5年ぐらい前に切れている。

ブラックアイビーンズにはいろいろいわれがあるけど、食べた豆の数だけラッキーがあるとか、南北戦争で死んだ人の霊だとかいう説があるらしい。豆の数って・・・節分のようだ。豆のみかけも、まんなかに黒い斑点がある大豆のよう。

その後はアパートの荷物運び出し。日本人じゃないから、正月も働くのだ。

夜は、近所の「香港市場」で買ったレッドスナッパーをBBQしてもらう。市場で、掃除したまま丸ごと一匹買ったのだけど、掃除してもらった際、ひれは全部なくなってしまい、和風の鯛に仕上げる意欲がなくなってしまった。方向をかえて、ハーブをお腹につめて、オリーブオイルぶっかけ、ホイルで包んだものを、親分に焼いてもらった。兄カップルもやってきて、4人でもう一度ブラックアイビーンズを温めて食べた。年越しそば(これも香港市場で買ったところなのに、賞味期限は切れていた)は、サラダとして出してみた。

こんなに一杯豆食べたし、鯛もお雑煮も食べたのだから、今年はかなり福を期待しなければ。(去年はお正月をまったく無視してたからいまいちの年だったのかなー・・・)

なんちゃってお雑煮とブラックアイビーンズ
c0005318_0125546.jpg

c0005318_014044.jpg


by darari | 2005-01-01 09:56 | ごはん | Comments(0)
2004年 12月 24日

アメリカンなクリスマスイブ

ダラスでクリスマスイブを過ごすの初めて!
一昨年は25日にシカゴからダラスへきて、そのまま風邪で寝込み、去年はクリスマスなんて忘れて深夜労働だった。だから結構わくわく。

新しい家にはすごいかっこいいオーブンがついていて(この家、ほかはリフォームプロジェクトが山積みだけど、キッチンだけはすごい)、このオーブンでターキー焼いてみようと、かなり前から思っていた。

さて、24日朝から親分は誰のクリスマスショッピングもしていないということで買い物へ行き、私は午前中だけ手伝ったものの午後はターキー焼きへ。
親分はスタッフィングが嫌い、ということだったので中身なしのターキー。11lbs。(写真は生のターキー。死んだ鳥って感じ・・・)c0005318_0394523.jpgでっかい・・・。でもオーブンも大きいので平気。しかも温度計がついていて、下ごしらえした後、ももに温度計を差し込んで、温度指定すれば、簡単ポンってか、作業完了。失敗、しようがない。さすがアメリカン。
3時間やいている間に、サイドとデザート作って、5時頃には片付いてしまった。そこへ、ショッピング疲れした親分が帰宅したので、たくさんのプレゼントのラッピング作業。

親分兄カップルと友人1名が来て7時頃からごはん。日本人の私がアメリカンなクリスマスデイナー作るってのも変なものだけど、無難に片付きました。

++メニュー++
前菜:アボガド・蟹・エビと赤ピーマンのムースのカクテル(フードチャンネルでエメリルが作っていたのをパクった)
メイン:ターキー丸焼き
サイド:マッシュポテト/コーン/ビーン/スタッフィング
デザート:ホワイトチョコレートムース/レイヤーチョコレートパイ

食後、大急ぎで後片付けして9時からイブのミサへ。エピスコパル宗派の教会へ行ったのだけど、メソジスト慣れした私には、カソリック的な進行にややとまどい。正餐式のワインが本物のワイン(しかもおいしいデザートワインだった)なのには、ちょっとうれしい驚き。今までぶどうジュースしかもらったことがなかった。

家じゃなくてアパートの方に帰宅して、兄カップルとプレゼント交換の会。エッグノッグ(にウイスキーをドバッと入れたもの)も供されたけど、私はソーダにしておいた。すごい濃ゆいのだもの・・・。

ということで、アメリカンなクリスマスイブをかなり堪能しました。

by darari | 2004-12-24 02:51 | ごはん | Comments(0)