だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:旅行( 160 )


2015年 08月 06日

NY旅行のたべもの:The Pavilion

ラーメン食べた日(前の日)↓の前日、つまりダラスから飛行機にのって来た日の夕食はユニオンスクエアのThe Pavilionというところへ行きました。
カネゾが「いい子だったから自分はアイスクリームを食べるべきだ!」という主張に負けまして、YelpでUnion Square周辺でアイスクリーム、と検索したら出て来たのがここだったのです。
こんな素晴らしいロケーションにあるレストランなんてぼったくりだろうからアイスクリーム食べられたらいいや、(遅めの昼ご飯にピザスライス食べたし)という田舎ものの思惑はいい方に外れました。
c0005318_10351656.jpg
ユニオンスクエア、グリーンマーケットの目の前にあるのですよ。なのでお野菜がびっくりするほど新鮮。
これ、私が頼んだサラダ(Beets and Frisee Salad, $13.75)。
c0005318_10255429.jpg
おとなりの方がビーツを食べていてビーツ好きの私なので、「じゃぁこれ」と頼んだのですが美味しかった。
c0005318_10264280.jpg
ビーツ、ラブ!
アルコールは、「都会の一等地」というお値段だったのでやめておきました。母一人、子一人の旅行でなにかあっても困りますし。周りのビューチフォーピーポーはお酒を楽しみに来ているようでしたが。
カネゾのキッズミール(こんな立地なのにちゃんと子供メニューがありました)のハンバーガーも美味しかったし、なによりアイスクリームが3つで$11だったのですが2つでいいからとバニラとチョコレートをお願いしたらちゃんと$8に割引されていたという良心的なところも良かった。

借りて来た写真ですが、こんな↓外観です。
c0005318_10420095.jpg


by darari | 2015-08-06 10:42 | 旅行 | Comments(0)
2015年 08月 05日

NY旅行のたべもの:Totto Ramen

c0005318_00161690.jpg
あらかじめ断っておきますが、私はラーメン派じゃありません、、、ホテルの近所でどんなレストランがあるかな〜と探してみたら、464 W 51st Street (Off 10th Ave) にTotto Ramenが見つかったので、「カネゾはラーメン好きだよね♪」と行ってきました。
友人に聞いたら、一風堂と並ぶすっごく人気なラーメン屋さんなのだそうで、「並んだでしょ〜?」と言われたのですが土曜日の12時半に二人で待たずに座れてその後も満席にはなっていませんでした。いや、無知でよかった。

パイタンラーメン(ポーク)↓。
c0005318_00163712.jpg
パイタンラーメン(チキン)↓。
c0005318_00165473.jpg
、、、で、バチアタリなことにカネゾくんは、「このスープ濃すぎて嫌い」といってあんまり食べてくれませんでした、、、。
おーい、これがNYで有名なラーメン屋さんなんだよぉ〜と思いつつ私も自分のラーメンを食べるので精一杯。
もったいないながら、カネゾくんの分は残してきました。

おいしかったのですが、そうですねぇ、天下一品のこってりよりもこってりしている感じ(関西人の私は天下一品がこってりの基準です)なので大量に食べられませんでした。私はどちらかというと神座とかあっさりしたスープの方がいいかと、、、それでもラーメン屋さん自体あまり好んでいかないので参考になるかどうかわかりませんが。さらに、2月に東京出張いった際には、有名なラーメン次郎に連れて行ってもらいましたが、半分も食べられませんでしたし。人気だから食べたい!と思う割にあんまり食べられるわけではないようです、ラーメンと私。

カネゾくんの日記には、「NYで食べたピザがおいしかった!」と書いてあるので、次回からもうピザだけでいいか、という結論になりました。



by darari | 2015-08-05 00:38 | 旅行 | Comments(0)
2015年 08月 04日

母と息子のニューヨーク旅行

c0005318_00215939.jpg
カネゾ(8歳)と二人で二泊三日でNYへ遊びに行って来ました。今回ラガーディア空港(LGA)入りしたので着陸から盛り上がる私。
c0005318_00230251.jpg
ラガーディア空港が見えています↑。
旅のハイライトのひとつめは、Intrepid博物館。
c0005318_00244511.jpg
イントレピッドは太平洋戦争〜ベトナム戦争で活躍したUSS空母が博物館となったものです。もーこれは、8歳児のハート鷲掴み♡
c0005318_00253063.jpg
甲板上の建物のなかには、スペースシャトル(Enterprise)。
c0005318_00314503.jpg
間近でみると思っていたより大きい。ほとんど触れそうですがガラスの壁が間にあります。
コンコルドも(British Airwaysのもの)。
c0005318_00321361.jpg
旅のハイライトの二つ目は、私の中学校の同級生の皆様との「ハドソン川屋形船ツアー」。イントレピッドからすぐ近くのピアにあるNorth River Lobster Companyのボートに乗ってハドソン川を遊覧するもの。
c0005318_00340709.jpg
お友達の写真↑。カネゾと私が下船しているのが写っています(笑)
総勢7人(+カネゾがお邪魔)の同級生が北米各地から集まりました。このボート、すっごく人気みたいです。
c0005318_00343101.jpg
というのは、乗船は無料、食べ物と飲み物も法外に高くなくて、なによりシーフードが新鮮!
この大きなお皿にロブスター、カニ、エビ、牡蠣がどっさり(このお皿で$159)。テキサスの内地から来ている私は「内陸の方優先」で新鮮な牡蠣をたくさん頂きました。多分このお皿の1/3の牡蠣は私が食べたかも、、、でもお腹壊さなかったので本当にフレッシュなのだと思われます(または私が鉄の胃袋なのか)。

ニューヨーク、カネゾくんはこれで3度目なのですが、毎年違った楽しさがある様子。今回、泊まった宿がHells Kitchen(昔はWest Sideと言ったと思うのだけど、、、)というIntrepidに近いロケーションで便利で良かったのですが、「ニューヨークはピザのいいにおいがする所もあるけれど、ゴミの匂いが臭いほうが勝っている」そうです。的確な指摘。
あと、みなさん親切ですごくいい印象でした。「おもてなし」のココロは東京にヒケを取らないかも。一つ印象に残ったのは、地下鉄に乗った際、子供をみるとさっと座席を譲ってくれる若者が多いこと。日本は(友達とも話していたのだけれど)親切で丁寧な人が多いのだけど、電車にのるとみんな人格が変わる(座席は譲ってくれない)のですね、みんな疲れているからかな。その記憶がまだ新しいので、ニューヨークの地下鉄で「座って」と座席を譲ってもらうとすごくココロに残りました。あとは、ホテルのチェックインの際にチョコレートバーを貰ったり、フライト中もポップコーンを貰ったり、町で「そのTシャツかっこいいね!」(ユニクロのスターウォーズのもの、3枚持っているのでこの夏はこればっかり)と2度ほど声をかけてもらったり、、、昔はNYと比べてテキサスの人は優しいと思ったものでしたが、今回NYはイヤな思いを一度もしませんでした。

カネゾと二人、「楽しかったね!!」と言いながら帰ってきたので、大成功の旅行でした。



by darari | 2015-08-04 01:09 | 旅行 | Comments(0)
2015年 07月 21日

2015日本帰省その9:東京ディズニー

c0005318_2257374.jpg


7月2日(木)と3日(金)はそれぞれディズニーランドとディズニーシーへ行きました。
横浜のホテルからディズニーランドへの直行バスが出ているので雨だしそれが便利だ!とそれに乗って、到着がだいたい9時頃。荷物をロッカーに預けたりして9時半頃入場。
私達は去年の春にカリフォルニアのディズニーへ行っているのですが、東京ディズニーは初めてでした。二度いくと比べられて楽しかった。
以下、思ったことをちょこっと。

○東京ディズニーはカリフォルニアディズニーより入園料が安い
- 東京ディズニー:大人2人(JPY12,400)+子供2人(JPY8,000)2日券=JPY40,800=USD336( @121.46/USD)
- カリフォルニアディズニー:大人2人(USD185)+子供2人(USD172)2日券=US714 (JPY86,722)
つまり為替レートにもよりますが、カリフォルニアディズニーの半額以下でした。これにはびっくり!
c0005318_22591125.jpg


○プリンセスはカリフォルニアのほうがエレガント
カリフォルニアよりパレードが多いのがすごく良かったです。
パレードでプリンス、プリンセスは白人が扮装しているのですが、(これって、人種差別で米国では問題になるのでは?と思わず親分相手に文句を言ってしまいましたが、ブランドコントロールの観点からすると眠れる森の美女がアジア人だと夢が壊れるのでしょうか)、カリフォルニアでみたプリンセスのほうがしぐさがお姫様っぽかった
c0005318_22595956.jpg


○ディズニーシーは日本語しかないものもあってアメリカ人は100%エンジョイできるかどうか謎。まぁ大体雰囲気でなんとかなるものが多いですが、「タートルトーク」というニモのキャラクターと話をするアトラクションは日本語が分からないと難しかった(コソコソ耳元で英訳していました、迷惑な客でした、、、)

○食事がローカライズされている
そろそろアメリカンな食べ物が恋しくなっていた子供たち。本場アメリカのホットドッグって書いてある!といって喜んで買ったホットドッグが日本のホットドッグで長男がっかり(ソーセージが違うのだそうです)。

○大陸の方が多い
聞こえる言語がマンダリンばかりでびっくり。日本人は大声あげないし静かなんですね、、、
私も北米大陸に住んで10年なので声が大きいのを反省しました。でも、大声あげないと我が家の長男聞こえてないみたいなんですよね、、、(聴力の問題じゃなくて)

c0005318_2305623.jpg
次男坊が「どうしてもミッキーに会いたい」というので40分待ちでミッキーのおうち。ファストパスがないので、ミッキーのおうちだけ待ちました。でも待った甲斐はあって、ミッキーにあったらハグッとしていました。しかしミッキーのおうちは、ミッキーに待つ間とミッキーに会っている間ずっと立っているので疲れます。アトラクションだったら最後アトラクションに座れるじゃないですか、、、次回のDランドに備えて体力つけないと!

○思ったより空いていた
2日とも開場から2時間ほどして入場しましたが6月の雨の平日だったおかげで乗りたいものはすべて乗ることができて、くたくたになったので初日は晩ごはんまで食べて8時頃退散、二日目は5時に出て外で夕食を食べました。次男坊はディズニーシーでは2時間ほどお昼寝までしていました。4歳の彼にはちょっとまだ盛りだくさんみたい。長男は身長制限もなくなんでも乗れるし、満喫していました

c0005318_2315532.jpg
ホテル(シェラトン東京ベイ)の窓からの眺め。集中豪雨警報がでていたのでしたが、午後には止んでいた、ありがたや。

我が家の旦那さんにとっても、東京ディズニーとカリフォルニアディズニーの違いはとっても興味深かったようで、彼のブログにも色々考察を書いているようです(親分のブログここで暴露しちゃった、右下の「外部リンク」にも貼っておきました)。

by darari | 2015-07-21 23:16 | 旅行 | Comments(0)
2015年 07月 17日

2015日本帰省その8:横浜

c0005318_018476.jpg
横浜は二泊しました。
主要な観光場所でちゃんと写真も撮った(私にしては)という、余裕が出てきた証拠。
やはり子供二人に大人二人だと余裕を感じます。

c0005318_019916.jpg
横浜のお宿はインターコンチネンタル(*後述)でした。便利で、ホテルの外の桟橋からシーバスに乗って山下公園へ行ったのですが、子どもたち大喜びしていました。

山下公園↓。
c0005318_0201160.jpg
そこから中華街へ行って晩ごはん。ここでもラーメン。

翌日は雨だったのですが屋内で遊べる博物館がたくさんあるので問題なく。
c0005318_0205161.jpg
日本丸

この日のハイライトはやっぱりカップヌードルミュージアム
c0005318_0253755.jpg
朝一番に行ってカップヌードルを作りました。
4人で4つ。
c0005318_0261295.jpg
上2つのが息子たち、左下が私、右下が親分。子どもたちは「具材なし、オリジナルスープ」がよかったのですが、具を必ず4つ入れなくてはならないそうなので、ひよこ*4が入っています(笑)。
ダラスまで大事に持って帰ってきて、食べました。次回の帰国時はインスタントラーメン発明記念館へも行かなくては。


夕方はコスモワールドで観覧車に乗って、長男だけこんな↓怖いのも乗ってました。
c0005318_0221831.jpg
この中のどこかにカネゾがいます。怖くて泣いちゃっているんじゃないかと思いましたが、終わるとニコニコとでてきて「もいっかい乗りたい!」と言っていました。大きくなったな、、、

*ホテルについて

by darari | 2015-07-17 01:04 | 旅行 | Comments(0)
2015年 07月 16日

2015日本帰省その7:東京(ちょっとだけ)観光

c0005318_337624.jpg
どぜう@築地市場
c0005318_3382599.jpg
この日の写真、あんまりありません。
泊まっているホテルから築地までとても近いので、せっかくだからご飯を築地で食べよう!(寿司、寿司と思う大人二人)ということで、
でも息子達は起きないのでマグロのセリなんかは諦めて(朝5時に申し込み所についた先着120名)、9時頃到着しました。

お仕事している人たちに邪魔にならないようにはどうやって歩いたらいいですか〜と案内の方々に聞きつつ、ターレーや仕入れをしているトラックに敷かれないように歩いて、、、寿司が食べたいけれど並びたくない大人二人vs.お腹空いた!ラーメン!な子供二人の思惑は、見事子供二人に勝利を譲り、、、ふぢの、というところで朝ご飯。
その後お隣のお寿司やさんで大人だけ食べればいいさっと思って。
でも不覚にもラーメンでお腹いっぱいになってしまって、お隣のお寿司やさんへ行けずおーいウニ丼!

いや、腹ごなしに走って戻って来たらいいんじゃない?という私の必死の提案で、腹ごなしに近所の浜離宮恩賜庭園へ。
c0005318_3485548.jpg
そうすると思ったより張り切った子供達、走り回って疲れたからホテルへ戻りたいだと(哀)。
え、時差ボケの親分もそれでいいと(号泣)。

というわけで築地まで行きながら寿司食べないという体験をしました。
振り返って関東地方にいた一週間、日本らしい鮮魚は一度しか食べませんでした(しかも回っていた)。私は実家でご馳走三昧だったからいいけど、、、子供達の味覚に合わせるとなんだか良い物食べられません。

あ、失意の築地の後、モスバーガーを食べました。
c0005318_357197.jpg


この後、最初は日光へ行こうと思っていたのですが天気予報はずっと雨だったので、実家を離れるまえに予定を変更して横浜に向かうことにしました。横浜なら雨でも子供が遊べるところがあるし、ということで。
電車を待っている間に、「東海道新幹線は新横浜から小田原まで運行しておりません」というアナウンスを聞いて「?」と思っていたら、新幹線の事故だったのでした、、、やたらと東海道線が混んでいるのでどうしたのかと思ったら。

えー、だんだん力つきて来ましたが、横浜と東京Dランドの記事を書きます。

あ、そういえば。

by darari | 2015-07-16 04:03 | 旅行 | Comments(0)
2015年 07月 15日

2015日本帰省その6:東京集合

c0005318_034064.jpg
実家で二週間過ごした後、6月22日(月)に新幹線で東京へ向かいました。
日付をわざわざ書いたのは、その翌日に東海道新幹線の痛ましい事件が起きたので記憶に残ったため。

新大阪→品川までの新幹線。子供達はプラットフォームに入って来たN700系(ちゃんとおじいちゃんが調べてくれた新大阪発のN700系に乗れたのでした)を見て大喜び、でも乗っちゃうと見えないですから、座席に落ち着いた途端に彼らはタブレットのコンピューターゲームに没頭、「あ、ほら今、鈴鹿サーキットの当たり通ってるよ」「あ、富士山見えるはず(見えなかったけど)」という私を無視していました。
ま、そんなもんか。

品川で腹ごしらえをして、JR浜松町まで。ホテルまで歩ける距離だったけれど、荷物が多いのでタクシーで今晩のお宿インターコンチネンタル東京ベイまで。

ホテルの窓からの眺め。
c0005318_043944.jpg
次男坊がレインボーブリッジも東京タワーも見える!と喜んでいました。

お部屋(次男坊のゲームしている様子つき)
c0005318_054990.jpg
エグゼクティブフロアレインボーブリッジビューというお部屋を貰った様子(ホテルのポイント使用だったので、ほほーアップグレードラッキーという感じでした、、、今このページ見ると「このフロアの方は朝ご飯無料」と書いてあるけど、そういうことは教えてもらえなかったのでたった今まで知らなかったな、、、

このホテルのロケーションが良かった理由は、ここでDFW-NRTで東京入りした親分と合流する予定をしていたので。
成田まで迎えに行くのも、子連れ二人で大変だしどーかねーと思って、集合場所を「浜松町駅のホテルの送迎バス停(もしくはホテル)」としておいたのです。
彼が乗る成田エキスプレスの時間は教えてもらったので、見計らって浜松町駅へ。
無事二週間ぶりに再会することができました。

子供達、ダディーと二週間離れる体験は生まれて初めてだったのでさぞかし積もる話があるかと思いきや、
「ダディー、マインクラフトで家を造った〜」とか二人ともいきなりゲームの話でした、、、(えぇぇ?!)
まぁ、実家にいるときも毎日朝晩ビデオチャットしていましたからね、「感動の再会」ってほどでもなかったですかね。便利になった世の中に感謝しておこう。
c0005318_074596.jpg
その後は大門あたりをぶらぶら歩いて東京タワーまで(上りませんでしたが)。

子供達との再会が盛り上がらなかった一方、私は子供二人の監督責任を無事全うしてすごーく肩の荷が降りました。
この日のビールはおいしゅうございました。ちょうど東京タワーの下でハイボールガーデンをやっていたのでここで軽く一杯、のはずがこれで晩ご飯になっちゃったのははるばる6000マイルかけてやって来た親分にはちょっと申し訳なかったかも。
やっぱり東京での再会を祝して寿司とか行くべきだったとこっそり後悔、、、

by darari | 2015-07-15 00:38 | 旅行 | Comments(0)
2015年 07月 14日

2015日本帰省その5:実家の時間

c0005318_037523.jpg
次男坊、テキサスに帰ってきてからも、「おじいちゃんのうちでやった花火楽しかったね」
と、よく思い出しています。
c0005318_0382055.jpg
手持ち花火は、こちらでみないもので生まれて初めて花火をして(鑑賞するのでなく)、すごく印象に残った様子。
ちなみにお揃いのTシャツはユニクロで買ったスターウォーズシリーズ。この夏二人の一番のお気に入りで、アメリカ人にも「それかわいい」とよく言われます。

近所の神社に散歩に行くのも楽しかった、またおみくじ引きたいと二人ともよく口に出します。
c0005318_042679.jpg


あとはおばあちゃんの作ってくれたオムレツがおいしかった〜とか
おじいちゃんと公園に行って蛇みたね〜とか、
夜は窓を開けて寝るのが気持ちよかったね、とか色々言っています。
実家での楽しい時間が二人の記憶に残ったようで、よかった。

私は実家で甘やかしてもらって、すごくリフレッシュさせてもらいました。
この世の中で、「あなたが食べたいでしょう(子供じゃなくて)」といって好物で食卓が満載になったり、「少年達見ておいてあげるから昼寝しなさい」と言ってもらえるのは実家だけ。
そう考えると、母親が他界している親分は甘やかしてくれる人がいなくて申し訳ないなぁと思い、実家で優しくしてもらったのは親分にお裾わけしようと思いました(と思ってもなかなか難しいのですけどね)。

今年の6月は涼しくて、二週間の実家滞在中雨に降られたのも1日だけで、毎年こうだったら毎年6月に来たいな〜と思いました。いつもは11月のサンクスギビングの休暇中に来るので。

実家滞在中一日だけざーざー降りだった日は、恒例の海遊館へ(おじいちゃんの写真を借りました)。
c0005318_0402561.jpg
我が家の海中生物好き(次男坊)はジンベイザメが見られて満足、須磨水族園とあわせて週に二回も水族館に連れていって貰えるのも日本だからだね。

by darari | 2015-07-14 01:46 | 旅行 | Comments(0)
2015年 07月 11日

2015日本帰省その4: 鈴鹿サーキット

c0005318_0252716.jpg
今回の日本帰省を決めた時に、妹が「じゃぁ鈴鹿サーキットで合同お誕生日会をしましょう」(姪っ子=1歳、カネゾ=8歳、おばあちゃん)という提案をしてくれて、「鈴鹿サーキット???」と暫く思っていたのですが、これが本当に素晴らしかったのです。

鈴鹿サーキットにはモートピアという遊園地があって、さらに鈴鹿サーキットホテルという素晴らしいホテルがあります。
ホテルにチェックインしたあとは隣接しているモートピアという遊園地で息子達大騒ぎ。
なにしろさすが本田技研の子会社が運営しているだけのことあって、男の子のハート鷲掴みの乗り物系がすごく充実しているのです。

これ、カネゾくんがレースカーに乗っているところ↓。
c0005318_0262312.jpg
この乗り物が好きすぎて、平日で空いていたので10回ぐらい乗ったのでしょうか。彼は興奮してしまってねぇ、私の手を振り切って乗りにいってしまって迷子になって怒られました。
次男坊はひととおり年齢相応の乗り物にのった後は疲れてホテルに戻るといっておばあちゃんを困らせたり。
私はテンパっていたのであんまり写真がありません、、、。
実のところ、カネゾに付き合って乗ったジェットコースターでものすごい疲労を感じて(硬直しすぎて翌日全身筋肉痛で寝込みました)、私には荷が重かった様子、妹夫妻とおばあちゃんがいてくれてよかった。

メインは、一才になった姪っ子(妹家族は平日の仕事が終わってから駆けつけてくれたのです)と、カネゾのお誕生日会@鈴鹿サーキットホテル。
c0005318_027475.jpg
これはホテルのレストランで頂いたカネゾくんのケーキ。お腹いっぱい食べたあとだったのですがおいしかったです。
地元産、オーガニックの材料をたーくさん使用していて、このレストランすごかった。
バフェなのに、「チーズとトマトソースだけの(いわゆるアメリカ人が好きな)ピザは、、、ムリでしょうか、、、?」と押し付けがましくお願いしたら、シェフの方がささっと作って席まで持って来てくださったり。

ホテルで特筆しておきたいのは、すごーく子持ち家族視点なところ。こんなホテル、生まれて初めてでした。
ベッドは子供が落ちないように低くて、コンセントには全部カバーがかかっていて、哺乳瓶消毒ケースや子供用コップが備え付けてあって。
温泉と室内プールも清潔で(頻繁に掃除している方がいます)、企業名は表に出ていないのですが、「さすが本田品質」と感動しまくっていたのでした。
私がバテていたので良い写真がなくて申し訳ない。

来年は親分連れで妹家族とスイート取ろうっと、とリピートを誓う私とカネゾでした。
妹夫婦に「甥っ子達が大変すぎてイヤだ」と言われなければ、ですけど、、、。それから私は絶対ジェットコースターは乗らないこと。

by darari | 2015-07-11 00:58 | 旅行 | Comments(0)
2015年 07月 10日

2015日本帰省その3:須磨水族園

c0005318_0121010.jpg
日本帰省記録、続けまーす。
水族館好きのブーちゃんのリクエストで須磨海浜水族園へ行ったのは6月22日(月)。
海遊館へは帰省のたびに行っているのですが、この日は晴れていたので屋外の須磨水族園、通称スマスイを目指しました。イルカショー目当てで。
幼稚園や小学生の遠足の団体さんが何組かあっただけで空いていました、さすが平日。

日本は水族館がたくさんあってうらやましいです。やっぱり海に囲まれている国だなーと思います。
このサイトによると116も施設があるそうで、いいなぁ。
ちなみにTrip Advisorの世界水族館ランキングによると

世界で人気の水族館
1. Monterey Bay (Monterey, CA)
2. Oceanario de Lisboa (Lisbon, Portugal)
3. Georgia (Atlanta, GA)
4. Tennessee (Chattanooga, TN)
5. Ripley’s Aquarium of the Smokies (Gatlinburg, TN)
6. Aquaworld (Hersonissos, Greece)
7. Dallas World Aquarium (Dallas, TX)
8. Vancouver (Vancouver, BC)
9. Mundomar (Benidorm, Spain)
10. Two Oceans (Cape Town Central, South Africa)
11. Shed (Chicago, IL)
12. National Aquarium Baltimore (Baltimore, MD)
13. 海遊館Osaka Kaiyukan (Osaka, Japan)
14. Marin Habitat at Atlantis (Paradise Island, New Providence Island)
15. Alaska SeaLife Center (Seward, AK)
16. Parque Explora (Medelin, Colombia)
17. Aquarium La Rochelle (La Rochelle, France)
18. 沖縄美ら海Okinawa Churaumi (Okinawa, Japan)
19. Genoa (Genoa, Italy)
20. Aquarium of the Pacific (Long Beach, CA)
行ったことがあってブログに書いたことあるところにリンク貼っておきました。

まぁ、TripAdvisor以外にもいろんなランキングがありますが、八景島とか鳥羽とかがランキングに入っていないのとか、ダラスの水族館が沖縄美ら海よりランキングが高いのとか、いろいろ謎があるリストですね、これ。
とりあえず"Travelers Choice"だということで納得しておくことにしますか。
テネシーは#4と#5にランクインしている水族館があるそうなので、我が家の海洋生物好きを連れていく候補としてマークしておこうっと、、、

話を帰省記録に戻して、、、スマスイを堪能した後は、すぐ外の海岸へ行きました。
c0005318_0152582.jpg
まだまだ水が冷たくて、足をひたして遊ぶだけ。
兄弟で楽しく30分ぐらい遊んでいました(ぶーちゃんはズボン脱いじゃってます)。
ヒトデもいて大興奮。
c0005318_016524.jpg
すぐそばには須磨水族園のドルフィンコーストプロジェクトのイルカも泳いでいて、可愛かったです(写真がなくてごめんなさい)。

須磨の海岸って大学生の時は夏休みに行ったな〜あの時はこんな澄んだ水でなくてもっと日焼け止めでギトギトしていたような、、、とかすかな記憶を辿っておきました。
まぁ、20年以上も昔のことです。

by darari | 2015-07-10 03:32 | 旅行 | Comments(0)