だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:Snufkin( 50 )


2006年 10月 27日

猫のちっちゃい頭の中の企み

c0005318_1048810.jpg
うちの猫、スナフキンは大きな猫ではないので、頭も私のげんこつぐらいの大きさです。
この頭の中で、何を考えているんだろうなぁ、と思わされることがたびたびあるのですが・・・と、言うのは、妙に眼光鋭かったりじっと私を見つめてきたり、なーんか考えていそうなので(しかも目つきからして悪そうなことを)・・・最近は、朝起きて居間に行くと、毎朝彼のタクラミに驚かされているのです。

彼のタクラミはですね・・・

by darari | 2006-10-27 11:16 | Snufkin | Comments(29)
2006年 09月 07日

ネコとてふてふ

c0005318_12314444.jpg
このひらひらしたのは何にゃ?
c0005318_1232262.jpg
蝶にゃ?
c0005318_12321916.jpg
食えるにゃ?

雑草が見苦しいのですが、涼しくなってネコも日中庭遊びができるようになったようです。
涼しくなったからって、きっとまたすぐ暑さがぶり返すに違いないと油断を怠らないようにしつつ、ほぉ〜っと一息。
ツクツクボーシと鈴虫が一緒に鳴いてます。変だにゃ??

<写真は親分提供>

by darari | 2006-09-07 12:36 | Snufkin | Comments(12)
2006年 08月 12日

バケーションへ行ってきます

明日から近場でバケーションへ行ってきます。
親分の仕事がどうも片付かないみたいなので、安近短なのですがビーチです♪

って浮かれているのですが、英国テロ計画のせいで、空港はどこもレッドゾーンの警戒レベルだそうで、混乱しているようですねぇ。
昨日NYから出張で会議に来た人たちは、911以来の混乱だと言っていた(足止め食らって会議遅刻してた)し、一方、アリゾナ州ツーソンみたいな小さな空港から先ほど帰宅した親分は「いつもと全然変わりない」と言うし。

まぁ、手荷物は少なく、液体は持たず、なんとかなるでしょう。
c0005318_13175421.jpg

写真は、おもちゃを狙うスナフキン。彼はお家を今回も守ってくれます。

by darari | 2006-08-12 13:27 | Snufkin
2006年 06月 22日

あっけなや 我が愛猫の 登頂は

c0005318_12153969.jpg
家に帰って来たら、猫がもうツリーのてっぺんでくつろいでいました。
登る穴からぶらーんとシッポをたらしたりして、もの馴れた様子じゃぁありませんか。いきなり使いこなされてしまってます。返品できるように、値札もまだはがしていないというのに。
あぁ、初めて登る、というドキドキそわそわビクビクわくわくぶり、側で見ていたかったな〜。見逃したな〜。

がっかりした気分をヒナタマンマさん風に、五七五のタイトルで表してみました。いかが?

c0005318_12191270.jpg
それにしても、なんか頭上から見下ろされている気分がするの、落ち着かないんですけど、ツリーってこんなものでしょうか。それとも彼の目つきが悪いので、こういう気分になるものでしょうか。


さて。c0005318_12223066.jpg巷を席巻しているサワドリ倶楽部の門を叩いてみるべく、私もサワドリを作りました。
アメリカンチェリーとワインビネガーとラズベリービネガーとブラウンシュガーです。チェリー、今週登場するの三回目ですが、一袋が大きくて余りまくっているのですよ、早い話。

電子レンジで加熱するときれいな赤い色になったのですが、酢の匂いが強いのでまだ飲んでいません。
一晩寝かせるとおいしくなるのかな。

わくわくです。

by darari | 2006-06-22 12:29 | Snufkin | Comments(34)
2006年 06月 20日

ご機嫌 猫パンチ!

c0005318_10452069.jpg

日曜日、ニャンコにキャットツリーを買ってあげました。
親分に、「猫が元気になるかもしれないよ」って言ったら、いつもは堅い財布の紐があっさり緩んだのです。ふはは。
やっぱ、父の日にちゃんと親分の父様に尽くした甲斐があったというか。
それにしてもペット用品にこんなに投資するの初めて、と言うぐらいの大きなツリーを買うというので、いいだしっぺの妻びっくり。

ツリー、買ったものの車に収まらないので、えらいめに遭いながら帰ってきました(注:ツリーが大きいというより、私の車が小さいのが、そもそもの問題です。)

帰って来てツリーにおもちゃを結びつけると、スナフキン大喜び。躊躇なんてしません。
c0005318_1052405.jpg

猫パンチ炸裂!
c0005318_10454021.jpg

こちらの猫サマのような立派な登頂にはまだ至りませんが、ツリーの気に入り具合からして登頂の日は遠からずやってくるかと期待しております。

はやく病気もよくなれよ〜。高いんだから。

by darari | 2006-06-20 09:44 | Snufkin | Comments(18)
2006年 06月 18日

ボクの避暑スポット

c0005318_4594274.jpg
スナフキン、暑くなると洗面所を占領してしまいます。タイルがひんやり冷たいのがいいのでしょう。犬に寝込みを襲われることもないし。だから、タオルを敷いて寝床をちゃんと整えてあげました。
c0005318_515792.jpg
「あ、ども。今くつろいでるからカメラ禁止」


去年も夏になるとこの洗面台で昼寝していたのですが・・・去年は、洗面台の中にちょこんっと収まっていたのに、今年はみ出してるし。なんてまぁ、おっきくなったもんだ、たまげたもんだ。

彼の病状。

by darari | 2006-06-18 05:31 | Snufkin | Comments(30)
2006年 06月 07日

食べ過ぎは万病のもと?

c0005318_1233654.jpg
スナフキン、最近の庭でのお気に入りスポットは、私が手塩にかけたハーブの森の陰のようです。ここが涼しいからか、バジルとシソのニオイが好きなのか、よくここでお昼寝をしています。

お食事中の方への配慮・・・。

by darari | 2006-06-07 12:39 | Snufkin | Comments(24)
2006年 06月 05日

母、帰国する

c0005318_2281855.jpg
金曜に母が帰ってしまって、一番寂しい思いをしているのは・・・この人かも。客間で、ぽつーんと佇むうちのニャンコ。「あぁ、お母たんのお母たん、もういないヨ・・・」とため息ついてそうです。
なんだか母にものすごーくなついてしまったスナフキンをみて、親分が嫉妬してました。
c0005318_2315213.jpg
親分に「オカサンの荷物に入れてもらって、日本いっちゃえ〜」って言われているスナフキン、母のスーツケースの上にちょこんと座って落ち着いてます。まぁ、面倒みてるのに他人にそんなになつかれちゃぁ、立つ瀬ないわなぁ、うちの旦那さん。

ご飯に関する備忘録。

by darari | 2006-06-05 02:55 | Snufkin | Comments(16)
2006年 05月 15日

朝帰り

c0005318_12361417.jpg
朝帰りなんてものは、私はこの1−2年ほどやっておりません・・・いや、仕事で朝帰りってのですよ、当然。
うちの猫のことです、朝帰り猫。

どこかほっつき歩いている訳ではなくて、裏庭で遊んでいるだけなので心配はないのですが、
金曜の夜、すなーふきーん、寝るよ〜、戻っておいで〜と呼んでも、帰ってこない。
ドア閉めたら寂しくなって鳴くから、それまでほっておこう、と親分が言うので、そのまま就寝しました。・・・土曜の朝6時半に にゃーにゃー鳴く声で起き、ドアを開けてあげました。そしたらニャンコ、ずーっと昼まで寝てました。
徹夜で遊ぶほど面白いモノ、うちの庭にあるのでしょうか・・・。猫の思考回路、私には本当に謎です。水も飲まず、トイレも行かず(うちの猫、家の中にあるトイレじゃないといけないのです)、ぶっとおしで彼を遊ばせるなにかが、うちの庭にあるのか・・・?

c0005318_1241839.jpg
昼寝する猫の傍らで、ピコピコおもちゃ12号に熱中するヤツ1名。彼も一日中すごい集中力で遊んでますから・・・きっと私にはわからない面白さを二匹とも見いだしているのでしょう。そりゃぁ、良かったことだわ。

by darari | 2006-05-15 12:44 | Snufkin | Comments(18)
2006年 05月 04日

まだらボケ猫

c0005318_1211625.jpg
旅行中のスナフキンの様子です。ペットホテルに預けて行ったのですが、一週間ずっと、うちの猫は広い猫部屋の中の狭いこの箱の中で過ごしたんだそうです。
親分が犬猫を迎えにいったところ、「バンブルはお友達も大勢作って、ものすごく楽しく過ごしたんだけど、猫ちゃんはここから出てこなかったし、あまり姿をみなかったねぇ・・・」と言われてしまったそうで。

うちの猫、考えてみればちっちゃいときにお兄さんたちと一緒にシェルターに入っていた時以来、今まで他の猫をみた事がなかったんでした。しかも犬に育てられたし、他の猫をみて「なんだ、この目つきの悪い動物達は!」って感じだったのでしょうか・・・。

家に連れて帰ってきてからも、ソファの下からでてこないし、人影をみるとささ〜っと走って逃げて行くという、すっかり野生に帰った猫になってしまっていました。前は、私が帰宅すると犬猫並んで、三つ指付いて「おかえりなさいましっ」って迎えてくれたのにな〜(嘘)。

4日経ってようやく、自分はそういえば飼い猫だった、飼い主は誰だったかもすこし思い出した、といった顔をして、昼寝してました。なでてあげると、「あぁ、なでて貰うってこういう快感だった」って感じで喜ばれましたが・・・どうやってなでて貰うかまでは覚えていなかったらしく、自分の方で回転していました。
c0005318_1271949.jpg
私が手を動かさなくても、勝手に猫の方でぐるぐる動いてくれる様子。

親分のことはさっぱり覚えていないようで、「ごろごろごろ〜」と近づいてきた翌日には「しゃ〜」と言って警戒する日々が続いています。・・・もう旅行から帰って2週間経ったんですけどねぇ、よっぽどペットホテルで恐怖体験でもして、重要な記憶がまだらになくなってしまったんでしょうか。

親分が今日観察したのは、猫が庭で「きゃ〜」と鳴いているのがなぜかと思って観に出てみると、スプリンクラーシステムから水が急に出て来たのに攻められて動けなくなり、ずぶぬれになるがまま硬直している猫の姿だったそうで・・・PTSDのあまり、水が苦手ということもわかんなくなっちゃった・・・のかもしれません。それとも、猫ってこういうもんなんでしょうか。

猫はさておき、私は毎朝素敵な時間を過ごしています。
c0005318_1215394.jpg
毎朝ドルセ・デ・レーチェ食べられれば、太っても幸せ・・・。

by darari | 2006-05-04 12:18 | Snufkin | Comments(36)