カテゴリ:結婚関連( 18 )


2012年 10月 01日

披露宴で思ったこと

c0005318_1052715.jpg
土曜日、元同僚の結婚式にお呼ばれしました。
大雨の中、大勢集まってなかなかいい披露宴でした。

こちらでの結婚式に呼ばれたのはこれで3つ目かと思われますが、日本の披露宴(といっても最後に出席したのはもう昔のことですが)いつも思うのは「演出感」が低いこと。
そして長いこと(笑)。
この写真は新郎の友人(ベストマン)がスピーチをしているところですが、司会者の代わりに式進行を勤めて乾杯をして、頑張っておりました(会社の後輩)。

で、新郎がスピーチをした時には、率直に新婦への愛をみんなの前で語る、誓うという内容に聞いている人みんなでじーんとしてしまいました。
私の同僚なんかも、「心洗われる・・・」と私の横で涙ぐんでいたし、私もそうだよなー、日々忙しいからといって結婚式の当時の初心忘れているなぁと密かに自戒しておりました。

主催者の厚意に甘えて。

by darari | 2012-10-01 11:15 | 結婚関連 | Comments(1)
2010年 02月 08日

サプライズギフト

c0005318_5532658.jpg
金曜日、職場にこんな花が届いてびっくりさせられました。

贈り主はもちろん親分だったのだけれど、彼は昔、花を私の職場に送り損なって以来、そういうことはしないと言っていただけにかなり意表を突かれたというか、大成功だったのです。

現金な私は花効果でうきうきして、金曜一日ばりばり仕事して(その前まではたらりんたらりんとやる気なくデータ解析してたというのに)、体調もいきなりよくなり、帰宅した後家もキレイに掃除してしまいました。

お花一つ頂いただけで、ここまで生活態度変えられる自分というのにも驚いてしまいます。
ま、私から親分へのギフトは何も用意していませんが、元気な相棒ってことで(爆)。

昨日はNobu Dallas店に連れて行ってもらいました。

結婚5周年でした。
「木」婚式らしいです。

by darari | 2010-02-08 06:05 | 結婚関連 | Comments(14)
2008年 02月 06日

2月5日火曜日

2月5日火曜日は、Super Tuesday(次期大統領指名のための党員集会がいろんな州で行われる日)で、Fat Tuesday(Mardi Gras、レントの始まる前日)で、かつ、結婚記念日(3周年)でございました。
3周年は、「皮婚式」だそうです。
なんか、いまいちオシャレじゃない響きだ。

週末においしいレストランに連れて行ってもらったので、それは次に書くとして。

c0005318_1232713.jpg

「別に代わり映えのない1日だったニャ。
強いて言えば、夕べはすごい雷が鳴ってたかニャ〜。
それで夕方から寒い・・・寒いの嫌いだニャ。」


by darari | 2008-02-06 12:09 | 結婚関連
2007年 05月 23日

2のB

c0005318_118487.jpgすなわち、結婚二周年の2つめの記念日っていう訳なんです。

うちは三回結婚式をしているので、日本の披露宴から2年経ったってことですか。
なんか和食でも食べに行くかね〜ということになり、最近オープンしたSushi Sambaへ行ってきました。厳密にいうと和食じゃないんだけど。
(ちなみに2-Aの記念日にはMansion on the Turtle Creek(という有名レストラン)に連れて行ってもらいましたが、ブログのネタには落ちてます・・・暗くて写真が撮れなかったので。デザートが特においしかったです。)

NYとシカゴのお店の前は通りかかったことがあったけれど、某ドラマに登場することで有名なの(だそう)で、訪れたことはありませんでした、が行ってみたら意外と良かった。
c0005318_11153199.jpg
何が良いって、アラカルトメニューなのがいい〜(和食系ってどこもそうかもしれないが)。
最近胃がつかえてフルコースとかは無理なので、でもちょっと変わったものが良くて、こういう無国籍系(和風とラテンの融合らしいが)なのがちょうど気分でした。

サラダのドレッシングがユズ風味、奥に写っているギョウザが(ギョウザ型じゃなかったのだけど)鴨肉の中身で、外のソースがカボチャだったのかな。
鴨ギョウザ、これが一番おいしかった。
c0005318_11193316.jpgラテンなので、お魚もハマチのセビーチェ(奥)とサーモンのティラディト(手前)を。

アメリカでは妊婦は寿司食べちゃだめってことになっていますが、私はそういうの無視してます。
以前寿司シェフに聞いたら、ご自分の奥様も妊娠中お寿司食べてたっておっしゃったし、そもそもアメリカ人は悪くなった寿司の区別がつかないだろうけど、日本人なら解るでしょう?という説に納得したので。
ただし水銀の含有量が多いマグロなどは避けてますが。

でもやっぱりレストランで、妊婦がスシ食べてると周りからぎょっとされている気がしますが・・・(ため息)。

c0005318_113246100.jpg
このロール、マンゴーとアボカドが一番外に巻いてあって、中に穴子とパプリカなどが入ってました。
マンゴーの酸味がおいしかったです。
毛色の変わったものを色々食べて、サービスも良くてご機嫌♪

c0005318_1135836.jpg特筆事項としては、ドラマの主人公のゲイ友人(→)にそっくりのウェイターさんがいたこと・・・。
あとダラスでは見かけないような、痩せたオネーチャンが大勢いましたが、これは本店から応援に来ているのでしょうか、どうなのでしょうか。
痩せた人が気になる時点で、自分の感覚がもうテキサスって感じだわぁ・・・。

(注)ちなみに、一番上の写真の飲み物はスイカジュース(virgin watermelon daiquiri)です。アルコール飲んでるのは親分だけ。

by darari | 2007-05-23 11:45 | 結婚関連 | Comments(14)
2007年 03月 28日

義兄の結婚式

c0005318_114630.jpg
だーいぶ間が空いてしまったのですが慶事はネタ落ちさせまい、ということで。
これの続き。小さな町のB&Bの居間で行われた、家族だけの結婚式。

Something old, something new
Something borrowed, something blue
And a silver sixpence in her shoe.


古いもの、新しいもの、借りたもの、青いものと靴には銀の6ペンス(の代わりに米国ではペニーだ)を身につけて、義兄彼女は両家族が見守る中、2月24日無事義兄の奥様になったのでした。
この言い伝えは花嫁さんが幸せになるように、ということで、彼女も幸せになってくれるといいなぁ、・・・義兄はちょっと変わり者なのですが。
c0005318_1111177.jpg

誓いの言葉を交わすシーンで涙ぐむ花嫁さんって、いいねぇ〜。

総勢8人の式だったこともあり、参加者全員一人一言ずつお祝いの言葉を述べてください、というのが花嫁さんの希望でした。

で、事前にウェブで結婚にまつわる格言をサーチして来た親分・・・。
「すごいの見つけた、これを守らなかった我々は幸せになれないのかも!」と興奮しておりました。

それはどんな格言かというと・・・。

by darari | 2007-03-28 11:34 | 結婚関連 | Comments(12)
2007年 01月 30日

義父ワイフの入退院

c0005318_11222081.jpg
土曜日、朝9時半に義父から電話あり。
「明日、家の修理に付き合うっていう約束、多分無理っぽい、
なぜならワイフが昨晩脳梗塞を起こして緊急入院しているから」と。

これ聞いて義父ワイフ(注:親分の母ではなく、義父が再婚した人なので本ブログではそういう呼び名になっています)が運ばれた病院へ二人ですっ飛んで行きました。
病院について義父ワイフの無事を確認するなり、義父にはそういう大事件は夜中でもいいからちゃんと連絡するように!と怒っておきました。
義父ワイフは以前も脳梗塞を起こしたことがあるらしいのですが、今回は夜中に犬を庭に出そうとしてトイレに立った途端に倒れたそうです。
幸い、発見と手当が早かったため、後遺症はなく、今日月曜に無事退院できました。

大事に至らず済んでよかったのですが、なにかあった時のために、義父達と一緒に住むとか面倒みるとかそういうオプションってアメリカ人はあんまりないんだよねぇ、と聞くと、そういうのは不自由と感じる二人に違いないから、もし自分たちで自分たちの面倒が見切れなくなったら、リタイアメントホームに入るのだろうなぁ、と返事が返ってきました。

ドライで自立していて嫁はラクでいいのか、でも自分の両親に何かあったら、その場合も面倒を見てあげられないのか(遠いので実際どうしたらいいのか判らないのだけれど)、面倒みないというのは寂しいなぁと思い。両親には元気でいてもらうしかないので、念を送っておきましょう。むんっ。

それにしても花を持って行くぐらいしか役に立たない嫁でした。不甲斐ない。

by darari | 2007-01-30 11:55 | 結婚関連 | Comments(14)
2006年 02月 08日

紙婚式

2月5日は親分と私の結婚一周年でした。一周年って紙婚式と言うのですってね。一年経つのはっやい。あやうく、忘れそうでしたよ・・・って、本気でアメフト観戦が優先だったので、私たちは一日早く4日土曜日にお祝いしました。

ダラスのアップタウンにあるHotel Zazaの中のレストラン、Dragonflyというところへ連れて行ってもらいました。今まで何度か予約を試みたことがあったのですが、事前に予約しないと取りづらかったところです。親分、ちゃんと2週間前に予約を入れたそうです。えっらーい、ぬかりなし。

c0005318_11555691.jpg

食事の方は、暗くてちゃんと写真が撮れませんでしたが(こっそり撮ってるし)、一応月替わりのメニューだそうなので・・・神戸牛のカルパッチョ(神戸牛っていってもアメリカ育ちのはず)、トマトのサラダ、他にもう一つサラダと前菜(写真なし)、私がHaddock(タラ)のなんちゃらかんちゃら、親分がマグロの上に味噌と海藻が載ったもの、みたいなのを頂きました。
このマグロの海藻味噌和え、めちゃくちゃおいしかったです。なんだか、なつかしい感じの和風味、というかねぇ・・・高級レストランへ行ってそんなこと言うのは、冒涜と言う気もしないでもありませんが、はは。

デザートは、クレームブリュレを分けっこしました。チョコのドラゴンフライが載っています。ブリュレもですが、上のアイスクリーム、おいしかった。
c0005318_1251167.jpg


翌日はアメフト観戦の合間に、去年のウェデイングケーキを食べました。
c0005318_12142837.jpg
左が去年の写真、右のボロッとしたのが義父の家で一年冷凍保存してもらっておいたケーキの写真です。なんでもケーキの一番上の段を保存して、翌年食べるのが習慣なんですって。

・・・なんだか写真で見比べると、一年経ったケーキというのは、いくらキレイに保存してもらっていたとは言え、みすぼらしいですね。一年保存しておくのは、こういう自覚を促すためなのでしょうか・・・うぅっ。結婚式当時の感動を呼び起こすためかと思っていたけど、冷凍保存していたケーキ、ボソボソしておいしくないし、あんまり感動しない。

私、平日はワンコとニャンコと遊んでいるだけでマジメに家事をしているわけでもないので、未だに自分は主婦だっていう自覚に欠けているのですが、このぼろっとしたケーキを食べてあぁ〜もう新婚サンって言ってもらえないんだ〜と実感がきました。・・・まぁ、新婚サンって言ってもらいたかったわけでもないんですけど、なんとなく。

しかしですね、まだ9月の第三弾披露宴のケーキもあとしばらくフリーザーで眠ってます。早く食べてスペース空けたい(←このへんの現実感は主婦が板についてきたかも)。多分日本ではこの習慣定着しないですね、フリーザーが小さいという以外に、一年経ったケーキなんて誰も食べようと思わないだろうから。

「紙」婚式の記念品は、近いうちに一緒に紙製品・・・部屋に飾る水彩画でも探しに行こう、ということになっています。

by darari | 2006-02-08 12:33 | 結婚関連 | Comments(40)
2005年 12月 04日

1年経ちました

c0005318_10133928.jpgこのブログをはじめて、今住んでいる家を買って、K-1ビザでダラスへやってきて、1年経ちました。厳密にいうと、ブログはダラスへ来る前日に開設したものの、日記としてつけ始めたのは1月に入ってからなので、去年の12月頃の記事は、遡って書いたものなのですが。



c0005318_10135523.jpgそもそもブログを始めた主旨は、多くの海外ブログがそうであるように親/友人への報告なのですが、ダラスでの結婚生活が上手く行きそうになかったら親に連れて帰ってもらう判断をしてもらおう、と思って始めたものでした。




c0005318_1014946.jpgアメリカに引っ越しするのは三度目とはいえ、一度目は駐在家族、二度目は留学生と立場ある身分だったのと比べると、今回は無職外国人(米国人の婚約者)というふら〜とした立場で始まり、選択を誤っていたとしても誰にも責任転嫁できないというのは、サラリーマンを8年やった者としては結構不安なものでした。来てみると、新しい家はメチャメチャで住めるまでに1ヶ月以上要し(このへんの日記に書いていますが)、引っ越しも大変だわ、頼りの親分殿もイライラしているわ、いや〜日本戻って何気に就職活動しようか、と何度も思ったものでした。

しかし。ブログには「ブログに書いてない記録は忘れる」という利点があり、書かなかった細かい苦労は結構もう大半があっさり忘れられています。それよりも今年という年は、ちゃんと記録しておいた3回も結婚式したこと(1回目2回目3回目・・・って3回目の文章まだつけてないこと、思い出した・・・)、家族が増えたこと(ワンコニャンコ)、旅行へ色々連れて行ってもらえたこと、などの幸せな出来事が色々とあった年、として覚えていられるでしょう。



c0005318_1015174.jpgスナフキン、と名前を付けた猫が全然「自由と孤独を愛する旅人」に育たなかったのと同様、ブログタイトル通りだらだらとして過ごす計画とは裏腹に、運良く思っていたよりもずっと早く仕事が見つかり、平日はあまりだらだらできない生活になりました。ネタにはしていないけれどこっそりアントレになれないかなぁと色々苦心していた今年前半の無職生活のおかげで、節約の習慣もついたし(以前は消費することで日本経済に貢献していると豪語していたものだ)、体調も整えたし、ようやく今年の前半は貴重な時間だったのだと言える気分になりました。


c0005318_101423100.jpg時間があったからブログも始められたわけで、それを通じて色々な方と貴重な出会いがあったわけです。

親相手に始めたブログもいつの間にか大勢の人に読んでもらえ、色んなコメントを頂けるのがすごくわくわくして面白いです。この出会いは本当にありがたいと思う現在、くだらない日記ですが、続けていきたいと思います・・・皆様、今後もどうぞ宜しくお願いします。


以上、ブログ/渡米1周年に思う事を、乱暴ではありますが記録してみました。写真はワンコの散歩中に撮った近所のクリスマスのライトアップ風景です♪

by darari | 2005-12-04 10:26 | 結婚関連 | Comments(44)
2005年 11月 23日

義父家のペットとサンクスギビング考

あさって木曜日のサンクスギビングを前に、週末は近所にある義父の家へふらっと寄ってきました。
c0005318_12172358.jpg

左が猫のチェスター(1歳半)、右がシーズーのシスコ(9歳ぐらい)
c0005318_12174147.jpg
猫のバンディ(年齢不明)。あとトイプードルのテラ、というワンコが居るのですが、動きが激しいので写真にしたら渦巻きみたいなのしか映っていませんでした、残念。

サンクスギビングというのは

by darari | 2005-11-23 12:48 | 結婚関連 | Comments(30)
2005年 10月 29日

嗚呼、宝の持ち腐れ

うちの食器棚にさりげなく入ってる、ファイアキングのブルーサファイアローフ型。
c0005318_12432113.jpg
私、アンティークなどに頓珍漢なもので、この方が何者か最近まで全く知りませんでした。故に、ミートローフ焼いたりグラタン作ったり、かなり適当に使っていました。ebayで調べてようやく正式名称を知った次第です。はは〜コレクターズアイテムさんだったんですね、あなた。という感動がありました(そんなに死ぬほど高いものではなく、見たところだいたい30ドルぐらいで取引されているみたい)
もいっこ似たような処遇のLe Creuset達。
c0005318_1245384.jpg
ルクルーゼがみんなの憧れ、という事ぐらいは存じておりましたが、一度使った際「重たすぎ」と判別して以来、棚に仕舞い込んだまま使っていません。なんだか今のモノとは取っ手の部分の形が違うような気もしますが、どうなんでしょうか。よく知りません。

この方々、ずっと以前にも書きましたが、親分母様の遺品です。きっと大事に使っていらっしゃったのだろうなと思うと、なーんの価値も解らない自分が悲しくなります。
他にもいーっぱい、価値が解らない謎のお皿とか瀬戸物とかあります。持ち物沢山持つということに慣れていない私は、最初はガラクタは捨てようと思いました。でも、途中で価値があるのかないのかまったく判別できないので、大部分は段ボールに突っ込み直しました。こういうのは語り継がれないと、価値が解らなくなってしまいますね。もしくは、財産目録にがっちり記載しておくか(普通の人はそんなことしないと思うけど)。
今日は義母上の命日だったはずなので、明日にでもお墓へ行って弁解しておきます。

ところで、コレクターズアイテムぽいものって、使うのと飾るののどちらがいいのでしょうか。

by darari | 2005-10-29 13:01 | 結婚関連 | Comments(30)