2007年 12月 21日

オミヤゲ vs プレゼント

c0005318_12593979.jpg
親分が先週ラスベガスへ行って買って来たオミヤゲ。
クリスマスオーナメントです。

彼が夏にNYに遊びに行った時に何も買ってこなかったので、
「NY温泉マンジュウでも何でもいいから、なにか買って来てよ(カネゾウが生まれて1ヶ月余りのところで遊びに行くのに協力したんだから)」と怒ったら、「そんな暇なかったし目新しい物も特になかったし」とは弁解していたものの、その次からちょこちょこ買って来てくれるようになりました。
この事件、私が怒ったんじゃなくってホルモンが怒ったんだっていうことに我が家ではなっています。(と、書いても意味不明ですが、Knocked Upという映画で妊婦がキレた時にそういう台詞を使っていて、それがぴったりきたのです。)

NYに温泉まんじゅうはないでしょうが(あるかもしれんが)、とにかく日本人はオミヤゲが欲しいというもの。

一方オミヤゲ、というものをうちのアメリカ人はあんまり重視しません。
職場のアメリカ人達も出張へ行っても特になにも買ってきません。
オミヤゲ文化がないからといってしまえばそれまでなのですが、
代わりにクリスマスプレゼント、一個でいい(と私からしたら思う)のに、ストッキングスタッファーからメインのプレゼントまで、親分側の家族は複数個用意してくれるので、こちらも複数個用意せねばならず知恵を絞らねばなりません。

はて・・・義父達になにあげるべきか、知恵が尽きたなぁ・・・。

by darari | 2007-12-21 13:19 | 旅行


<< さて、      がんばれ小売業 >>