だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 08月 09日

夏の思い出:2003年

昨日に引き続き、バックアップした際見つけた写真の続き。

の前に。
c0005318_11524145.jpg
今日から暦の上では秋。
残暑お見舞い申し上げます。


souu-mさんの記事を拝見するまでまったく気づかなかったのですが、そういえば一日が以前より短くなりました。バンブルのお散歩へ行く時間が早くなると、日が暮れるのが早くなったな〜と解ります。
写真の彼、なんだか目の下クマなんですが、もしかしてまだ胃が荒れているのかな。そうだとしても自業自得だっ。



c0005318_11583123.jpg
2003年の夏、シカゴの学校を卒業した親分と私は、仕事が始まるまでの2ヶ月ほどの間、だらだらと一緒に過ごしました。まず、このレンタカーのトラックで家財一式と共にシカゴからダラスまで南下。
それから親分初の日本を体験してもらうために、東京〜箱根〜飛騨高山〜大阪と移動した後、京都/奈良でうだうだとし、サンフランシスコとナパに立ち寄ってからダラスへ戻り、親分の実家でぐーたら生活。

朝起きるとまっさきに裏庭のプールに飛び込んでぷかぷーかと過ごす気楽な毎日。小学生でもこんな暇はあるまい、二人で「さぁて、今日はなにするかね〜」とつぶやいているうちに過ぎる日々。テキサス辺りの一軒家は裏庭にプールがあることが多く、プール付きだと家の価値が増します。メンテナンスが面倒なんですが。
c0005318_1214548.jpg

夏休み中、私は親知らずを3本いっぺんに抜くという暴挙に出たため、後半は本当になんにもしないで養生してました・・・主食、アイスクリーム生活。怠惰だったなぁ。

上の写真の右端に青いドアが映っていますが、このドアが鬼門だった話もついでに。
以前、こるーさんの閉め出した話たまりんどさんの閉じ込めた話を読んだ際に思い出したまま書いてなかった、ドアにまつわる話の私版です。



親分は、もう働き始めていたので不在でしたが、私は東京の仕事が始まるまでまだ暇があったので、相変わらずダラスでだらだらと暮らしていました。友人が大阪から遊びにきてくれ、夕刻車を運転して外でご飯を食べた後に、空き屋に二人で帰宅した際のこと。

この家にはアラームシステムが着いていたのですが、アラームがなった形跡があり、中庭に通じるドアが空いていました。友人と二人で、この事実に気づいた途端、思い当たったのは
「やばい泥棒が入った、まだ家の中のどこかにいるかもしれない」
ということ。
911に電話しなくっちゃ、でも携帯電話は居間に置きっぱなしだから、電話なくっちゃ警察にも通報できない・・・。

泥棒に気づかれないように、電話取って来て通報すればいいんだよね、ということになり(いや、ちょっと呑気な思考だと今は思う)、暗い居間に忍び込んでダッシュで電話を取ってガレージに置いてある車に駆け込むまでの恐怖感というのは、今まで生きてきた中でも上位に位置する恐さでした。膝ガクガク、冷や汗じっとり。

やっとの思いで車のエンジンをかけ、家から少し距離を置くまで運転した後、警察に電話し、
「誰かが家に侵入したので、見にきてください。あ、いや私は家のオーナーではなくってオーナーの友達とその友達なんですが、今はオーナーが不在で私が住んでて」
などと、しどろもどろ説明しようにも、膝ガクガクがアゴまで来ていて、ろれつ回らないっていう状態でした。

警察は、すぐ向かうからパトカーが着くまで、一本隣りのストリートに車を止めて待っていなさい、と返事をくれた後、実際けっこうすぐにパトカーが駆けつけてくれました。
ごっついがっしり系の警察官達2名がどかどかと家の中に向かい、一階二階の各部屋を異常がないか確かめてくれたのですが、このときほど、警察のお兄さん達ってなんて頼りになるんだと思ったことはないです。
侵入者(頭の中では暗闇にとけ込んで息を潜めている侵入者のイメージが、すっかりできあがっている)が銃を持っているかもしれないのに、躊躇なく踏み込んで行ってくれる二人の頼もしい事といったら・・・。惚れそうでしたよ。

で、屈強な警察官達が言うには、
「結論として物は盗られていないし、誰も侵入していない。
アラームが鳴った際に警備会社から警察に連絡が行き、その際にもパトロールしているが、異常なし。中庭のドアをちゃんと閉めずに出かけたので、風でドアが開いた際にアラームが作動しただけだろう」
ということでした。

・・・がく。ドア閉め忘れかい。死ぬかと思ったのに、私がドア閉め忘れてただけ。
侵入者は私の妄想でしたか。

ということで、締出す出す女、閉じ込める女に続き、自分は「締めない女」って名乗るべきかと思いますが・・・どうでしょう?(ロックアウトも本当によくやったものですが。)

友人には、せっかく大阪から遊びに来てくれたのに、血も凍る思いをさせてしまうし、散々でした。当時はごめんよう>M嬢
せめてもの慰めとしては、通常こういうアラーム誤作動の場合、警察から罰金を取られるのですが、なぜか免除にしてもらったことかなと。

by darari | 2006-08-09 12:39 | 旅行 | Comments(20)
Commented by cogicogilucky at 2006-08-09 14:42
でも警察を呼んだのは正しかったよ~。
「万が一」ってことがあるものね。女はやっぱり生物的に弱いから、用心にこしたことはないのだ。 その時のガクガク感、すっごくよくわかります。ワタシは東京で一人暮らしのとき、空き巣に入られて、荒らされた部屋(半分はワタシによってすでに荒らされていたんだが)でガクガクしました。 怖かった・・。
アラームの誤作動での罰金だけれど、プレイノでは毎年30ドルくらいを警察に払えば誤作動3回まで無料っていうのがあるから、そういうのがあったのかも??と思ったりして。 ちなみにこの年会費を払っていれば警察から「ちゃんとアラームを警察に届け済み」みたいな番号入りのステッカーがもらえて、それを表玄関に貼っていれば、アラーム会社の立て看板をたててるより泥棒に効力があるらしい。 本当かどうかは・・・はて?
Commented by souu-m at 2006-08-09 16:16 x
リンク有難うございました。確かに日は短くなってきましたね。

2002年、2003年 色々ありましたね。でも、先日のバンブルちゃんもタイヘンでしたね。人間には大丈夫でも犬には・・・って物がありますものネ 自業自得なんて可哀相!無事で良かったです。
スナちゃんも マイペースで元気そうですね。2人(?)を見ているとホッとします。
Commented by hana-fuka at 2006-08-09 23:07
darariさんってアウトドアな方だったんですね~
泥棒事件には笑いました、、でも妄想ってどんどん
恐怖をあおりますよね。夕刻、人気のないところで
一人で歩いていると私のうしろにもう一人の影がず
っとついてきて恐怖で冷や汗まで出てきてたのです
が、自分の影だと分かった時には自分が嫌になり
ました(笑
Commented by sucre_sel at 2006-08-10 01:05
家にプールがある生活に憧れます! 素敵~。
それにしても、空き巣などの犯罪ではなくてよかったですね。警察を
呼ぶのがいちばんですよ。何があるかわかりませんから。
下の記事を読んで驚きました。バンちゃん無事でよかった~。ガムなんて
食べるんですね^^;
Commented by whitewaterlily at 2006-08-10 04:11
残暑お見舞い申し上げます~。まだまだ暑いですから夏ばてには気をつけましょう!いろんな思い出があるって楽しい・・・いやいや大変だったと思うのですが。すぎてしまえば・・・ですね。

部長!ドルチェ・デ・レチェ礼讃記事をTBさせていただきました!入部よろしくお願いいたします。
Commented by darari at 2006-08-10 11:49
cogicogiさん、空き巣に入られたんですか〜。それは怖いですね。本物の恐怖だったに違いないです。
この家は、親分の父が出て行ってしばらく空き家になっていたので、そういう費用はもちろん払っていなくて、警備会社も電話してなかったとかなんとか。結構いいかげんですね・・・。
うちの人はNational Rifle Associationのステッカーでも貼ったら安全かな〜という話をしていたことがあるのですが、逆に銃を手に入れようとする人が侵入するので危ないと聞いてやめました。世の中ってフクザツですねぇ。
Commented by darari at 2006-08-10 11:52
souu-mさん、こちらこそ教えてくださってありがとうございました♪
秋という気配はぜんぜんないのですけどねぇ・・・あと1ヶ月ほど耐えれば涼しくなると思います。
犬も猫も(飼い主も)マイペースが取り柄で・・・(笑)
Commented by darari at 2006-08-10 11:53
hanaさん、アウトドアなのかアウトローなのか・・・反省しております。
まさしく幽霊の正体みたり枯れ尾花ですよね。
でもすっごい良くわかります(笑)自分の想像力がイヤになりますよね。
Commented by darari at 2006-08-10 11:55
sucre_selさん、プールなんですけど、掃除の手間が大変だってことをこの夏に体験しました。水が濁るのを薬入れ続けないといけない他に、落ち葉だとか虫だとか掃除しないとすぐ泳げない状態になっちゃうんですよ。
だから、うちはプールは持たないことにしました(笑)
まさかガムを食べられるとは、ものすごく想定外だったんですよ〜。
Commented by darari at 2006-08-10 11:57
whitewaterlilyさん、わードルチェ特集ありがとうございます!
入部よろしくお願いします〜。部の存続が危ぶまれていますからね(笑)
思い出って苦労も笑い話になりますね。自分のアホさを何度再確認しても進歩しないというのは、哀しいですけどね(笑)
Commented by Tamarind-Cafe at 2006-08-10 14:47
最後はホッとして大笑い。まあ何事もなくて良かった、良かった。
そして私の恥まで掘り起こしてくださってありがとう~(^^ゞイヤハヤ。
プールは管理が大変ですよね。やっぱ蓮(睡蓮)池が正解でっせ。
できたら鯉や金魚も入れてビオトープにしましょうよ♪。憧れデス!。
Commented by koru2005 at 2006-08-10 16:03
アメリカの家にはみんなプールが付いてるのかと思って来たのですが、ここらでプールのある家など、もんのすごい金持ちのみ。。。なんだ、日本と変んないじゃん、と、夢破れたワタクシです。いいなぁ、テキサス。やっぱ、アメリカって感じがしまーす^^。
鍵事件、第三弾はこう来ましたか(笑)。まぁ、でも、なんでもなくて良かったよぉ。私は最近、鍵を指したまま、出かけると言うのを何度かやりまして、また叱られました。。。
Commented at 2006-08-10 16:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by smilingtail at 2006-08-10 21:16
下のバン君のガム事件・・・スイカの話は読んだのに・・・もしや食事中の人は読まないで下さいとか何とかでしたか? という事は私食事中かなんかで「ハイ!わかりました。」とすんなりスルーしてしまったとか?(笑) とにかくdarariさん共々ご無事で何よりでした。 過酸化水素水って家に常備してあるものなの? ヒナタも何を口にするかわからないコなので用意しておこうかなと。 ま、ウチはスナちゃんのような協力者はいませんけどね。
残暑お見舞いをアメリカ在住のdarariさんから頂くなんて・・・俳句の季語と実感のズレに悩む私としては残暑にも納得いかずにうろうろする始末です。ふぅ〜。
Commented by darari at 2006-08-12 12:54
Tamarindさん、書くぞ書くぞといって、めちゃめちゃ時間が経ってしまいました(笑)
睡蓮池ですが、金魚最近まで6匹いたんですけど、最近一匹の残骸ものらしきものが、フィルターの中から見つかり、ぞぉ〜っとしているところです。池も大変・・・私は面倒みてないので、いいんですけど(笑)
Commented by darari at 2006-08-12 12:56
koruさん、西海岸の土地の上がり方からすると、プールはお金持ちしか持てないものになっちゃったのかもしれませんねぇ。ダラス辺りもだんだんそうなるのかも。
鍵指したまま、というのも私も以前はよくやっていました。車の鍵と一緒に持つようにしてからは、なくなりましたが・・・(笑)
Commented by darari at 2006-08-12 12:57
鍵さん@08-10 16:25
いえいえ、ぜんぜん気にしないでください〜。
みんなでさらそう、鍵ネタということで(笑)
Commented by darari at 2006-08-12 12:59
ヒナタマンマさん、おぉ〜「食事中よむべからず」に反応してくださって嬉しい♪過酸化水素水、消化器官系に穴があいていたりする場合は使えないと思いますが、今回は効果てきめんでした。ついでに懲りてほしいと思うんですけどねぇ・・・。
残暑ですよっ。こうも暑いと秋になる気配を無理矢理にでも感じて、早く秋に持って行きたい趣向です(笑)
Commented by doggypaddle at 2006-08-15 11:45
ごめんようだなんて、とんでもない、あれはすばらしい体験でした。「ここで死ぬのかも!><」って思っちゃったあの緊迫感。日本でのんびり生活する私にとって忘れられない大事な思い出^^
それに、darariさんと親分様の結婚を心底お祝いする気持ちになれたきっかけの出来事でしたよ♪
Commented by darari at 2006-08-16 02:47
doggypaddleさん、普通「死ぬかも」っていう思いはしない方がいいですよねぇ・・・。もいっこついでに、「ごめんね」の記事あげておきましたから(爆)
あのホテルは、蟻はでるわ、お湯は出ないわ、鍵はかからんわ、大変だったわねぇ。


<< 夏の思い出:2004年      夏の思い出:2002年 >>