2006年 07月 14日

青柳 皿屋敷

c0005318_12392143.jpg
サラダボウルに入っているのは、神戸のおやびん殿経由dartenさんのビールのお漬け物、なのですが、これ3日経ってパリパリのこの姿。仕方がないので、お塩降って食べましたが・・・なぜ漬からぬ?

c0005318_124334.jpg
小皿に入っているのは、アスパラとゴートチーズのパイ。パイケースは市販品でトースターでジジジと焼きました。

c0005318_12441843.jpg
スープ皿に入っているのは、ルッコラのリゾット。

c0005318_1244595.jpg
大皿に盛ったのはスペアリブ。

というわけで、我が家には、このブルーウィローのお皿、フルセット(コーヒーカップとソーサーも)で8枚ずつ、それがなぜか3セットあります。付随して、大皿やグレービー皿、ミルクポットやらももちろん。微妙に裏側のラベルの年代が違うのですが、全部英国のChurchill製。親分母の物なのか、その母のものも混じっているのか、どれほど貴重なものなのか、なにかいわれはあるのか、事実はすべて謎に包まれております。

あと、同じような青と白の「たまねぎ柄」のお皿と、「雪の日の小屋」柄も、大皿だけさらに8枚ずつあります。私が日本から持って来た、一回り小さい和風の青と白の皿も6枚あります。つまりですよ、セット抜きにして、大皿だけで青と白のお皿は、3*8+8+8+6=46枚あるということです。青と白の皿だけで戸棚一個埋まってます。

変ですよねぇ?なんでこんな皿いっぱいあるんでしょう。お菊さんも数えきれなくて泣いちゃうよ。

<追記>ウィローパターンの伝説というのを発見しました。ミントン社が最初なのだそうで。うちのは違いますが。

by darari | 2006-07-14 12:55 | ごはん | Comments(16)
Commented by Tamarind-Cafe at 2006-07-14 13:44
さっそく鑑定に参りました。ほぉ、いい仕事してますねぇ~(中島センセのマネ)。
私は洋食器はそんなに詳しくないのですが、チャーチル・チャイナのブルーウィローなら、少なくとも19世紀の製作でしょうね。当時の英国では非常なブームだったそうです。またそのコレクターも世界中にいるそうですね。で、タマネギ模様もチャーチルですか?、もしかしてマイセンじゃないですか♪。
染付けはいつまでも飽きないですし、どんな料理にも合いますね。良いもの受け継ぎましたね~。大事になさってください(再び中島センセのマネ)(笑)。
じゃあTBで私もブルーウィローを披露しようかな~、って、違いましたね。
私はビールのQちゃん係りでした(^^ゞ。何故漬からないのか。そのワケ。
1、テキサスのキュウリは何にも染まらない頑固者だから。
2、アメリカのビールはビールぢゃない、黄色い水だから。
いちびってる場合ではないか(爆)。うーん、砂糖は入れました?。
Commented by momozaruu at 2006-07-14 14:02
↑す、すごいおやびんさん....
久々に鑑定団を見た気分になちゃった..
そしておさるにも分かる解説だわ〜。
ステキな食器ですよね。我が家のオットが見たら危険だわ〜。
(なぜか食器好き)

ブルーオニオンのマイセンだったら、すんごいですよね。
我が家はマイセン高すぎてセカンドを使ってます。
それでもあの値段だものなぁ..なのでカップ&ソーサーを2客しか
買えませんでした..いや、買わせなかった。オットはいくらでも欲しそうだったが...
Commented by snowdrop99 at 2006-07-14 15:07
鑑定団に出したら、とコメしようとしたら既に中島センセに見てもらってましたか(笑)
で、なんで他の色がないんでしょう?
Commented by koru2005 at 2006-07-14 23:52
その皿を置くスペースが代々あると言うのもアメリカ。いい柄じゃないですか、奥様。いろんな料理に合いそうですよ♪ そして、今日も美味そうです、ああ(朝飯前の私)。
きゅうり、、、SDのは漬かったぞ@@? ただ、ビールはキリンでしたが。イングリッシュキューカンバ、を使ったからかな。太い普通のだとどうなるんか、あたしも試すべき?
Commented by gongxifacai at 2006-07-15 00:00
もちろんお皿も素晴らしいですけど、料理も決して負けていませんねぇ。
時間と空間を超越したコラボレーション、いいじゃありませんか!
こういう食器は使ってこそ、ですから飾っておかずに
どんどん使って楽しんでください。(←負けずに中島先生風で)
Commented by tablemei2 at 2006-07-15 01:05
3枚重ねでお出しすればいいですねぇ。
すてきなお皿のパッチワークです。涼しそうでいいですね^^
ビールのお漬け物、試してみます〜、でもビール飲んでしまいそう^^;

p.s.お庭のハーブ、お風呂に入れてますかぁ・・・?
Commented by yururi10 at 2006-07-15 20:37
青と白の組み合わせって取っても好きです。
素敵なお皿の数々がうらやましい。
ビール漬け、スロバキアのビールときゅうりではどうなるんだろう?
私も試してみます。
Commented by mangobanapako at 2006-07-16 08:22 x
いちまぁいにぃまぁい・・・まだあるのかよっ!!っておこっちゃたりして(笑)
ブルーウィローですか。ひきがえるとか出てきそうですね。
あっありゃ、昔話かい??イギリスでそんな話なかったっけ??
思い過ごし??
Commented by darari at 2006-07-17 07:20
Tamarindさん改め中島センセ、そして気になるお値段いかほどでしょう・・・なぁんて。タマネギのお皿はマイセンじゃありませんでした。Johnson Brothersとありました。英国製だそうですが、うちでは電子レンジにぶち込むお皿として活用されてます、ミソクソです。
きゅうりねぇ、あと2本ぜんぜん2週間経ってもフレッシュですよ、まるでホルマリン漬けになっているみたい。お砂糖もお塩も入れたのですけどねぇ・・・。
Commented by darari at 2006-07-17 07:25
おさるさん、ね〜本物の鑑定団みたいですよね。
しかも、たまにお値段までは教えてくれないところが、本物より素敵♪
私は、食器類ぜんぜん解らないのですが、義父がレノックスで犬に水をやっているのを見たときは、さすがに一言申してしまいました。
マイセンは、絶対手が届かないですよ〜、うちは。
Commented by darari at 2006-07-17 07:26
snowdropさん、なんで他の色がないのでしょうねぇ。
義母が生前、キッチンを青色で統一していたからかなぁ・・・それとも皿がはじめにあって、青いキッチンになったからかなぁ・・・。それも考えるとさらに謎が増えます(笑)
Commented by darari at 2006-07-17 07:28
こるーさん、スペースなら沢山あります、テキサスの家(汗)
キリンビールで漬け物作るとは、さすが東京24区。普通のキュウリと安いライトビールっていうのが、やっぱり敗因なのでしょうかねぇ。
Commented by darari at 2006-07-17 07:30
gongxifacaiさん、適当な料理でお粗末さまですが・・・。
お皿飾ってたら、全部飾り皿になってしまいますからねぇ(笑) 未だに皿は一枚も割った事がないので、ありがたい限りです。ワイングラスはガンガン割ってしまうのですけど・・・。
Commented by darari at 2006-07-17 07:32
meiさん、3枚重ねですか。なるほど・・・。
お客さんが来たときは、紙皿と紙コップの世界なのでしたが(カジュアルにするためにそうするのがいいと言われるので)今度から、3枚重ね行っておきましょうか。
ハーブ、ジャングルになってます!シャワーしか最近してないので、今度ハーブと一緒にお風呂はいります!
Commented by darari at 2006-07-17 07:36
yururiさん、スロバキアのおいしいピルスナーでじゃんじゃんやってみてください。お皿、数々ぐらいなら私も嬉しいのですが、数々数々・・・ってぐらいありますからねぇ、しかも処分できないし、割らないし。新しいお皿、ワンセットしか買ってませんよ。
Commented by darari at 2006-07-17 07:47
まんごさん、その童話って「楽しいかわべ(The Wind in the Willows)」かな?モグラとかも出てきます?
お菊さん、にじゅうよんまーい、にじゅうごまーい、って数えてくれてる間にスヤスヤと眠りにつけそうですよね(笑)


<< お宝鑑定依頼      念願のいちじく >>