だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 04月 24日

アルゼンチン旅行記③

c0005318_1159401.jpg
4月15日土曜日。本日は重要別順に並べだしてみることにしました。

①私とドゥルセ・デ・レーチェの出会い。上の写真のクレープの中のキャラメルがドゥルセ・デ・レーチェという「アルゼンチンのおいしい牛の牛乳」を煮詰めたもの。

私、これ初めて食べて感涙にむせびました。三十余年、こんなおいしいものを知らずに生きてきたことを後悔しましたとも(大げさ)。キャラメルほどくどくなくて、練乳みたいなものなんですが、ミルキーは母の味というか・・・ヤミツキ。

これを機に、これからは毎日ドゥルセ・デ・レーチェを食べることに決めました、一生。食べたことある人、共感してください、食べた事ない人、アルゼンチン大使館に問い合わせてください(日本ならどこで買えるか、書いてあります・・・)。

c0005318_1271150.jpg

②親分と「最もうまい牛肉」の出会い。上のデザートと同じレストランでの昼食なのですが、このごろんと肉だけお皿に盛られたヒレ肉(こんなにヒレ肉を塊でみたこと、私の人生初)
「神戸牛と比べてどうよ」と聞くと、「うまい、これはうまい」と答えになっておりませんでした。どうにかしてください。(参考までに、これだけのお肉を食べたので晩ご飯は抜きました)

c0005318_12102084.jpg
③リコレッタ地区にあるエビータのお墓を参拝。エビータって誰?マドンナの映画の題材ということしか知識のなかった私ですが、1940年代に大統領夫人(&実質支配者)となり、貧困層に篤い保護政策を打ち出した人だそうでした。今でも彼女のお墓には花を供える人が絶えない模様。
c0005318_12143968.jpg
富裕層の敵みたいな政策だったようなのに、アルゼンチンのお金持ちばっかり入る墓地に入っているという皮肉さ。猫がたくさんいる、豪華な墓地でした。

c0005318_12154780.jpg
④Cafe Tortoniを見ずして、ブエノスアイレスに来たとということなかれ、とガイド本に書いてあるカフェトルトーニに入るも、サービスが悪くてがっかり。ここでタンゴが見られるという話だったのに、ガイド本を頼りにしていた私たちは「予約して別料金を払ってしかるべき時間にくれば」タンゴを見られる、ということを知らずに不発。
パック旅行ではありえない、個人旅行の悲劇でした。タンゴ見られずにダラスに帰れるか、と私たちは別の日にタンゴツアー決行しました・・・それはまた別の日の日記で(Tamarindさん、じらしてすみませぬ)。

c0005318_1224375.jpg
⑤この日から晴れてとても寒くなりました。秋がきたなぁ、と実感しながらセーターをはおる日。街中のおばさまの中には毛皮まで着込んでいる方がいらっしゃり、さすがにおしゃれとは言えそれは見るからに暑苦しい、と思ってしまいました。

by darari | 2006-04-24 12:25 | 旅行 | Comments(31)
Commented by Tamarind-Cafe at 2006-04-24 12:49
呼ばれたので出てきました(笑)。
トゥルセ・デ・レーチェ。どっかで最近~と思ったら、こないだ自分チで「トラベラー」というハリウッドのチョコを紹介(http://tamarind.exblog.jp/2968002/ )したシリーズの中にその味が入ってました。甘いだろうけど美味しそうと思ってました。スペイン語なのでスペイン発祥と思ってましたが、実はアルゼンチンだったんですね。大使館のサイトでは成城石井で扱いがあるそうなんでチェックしてみます。
肉肉肉~すごい塊(笑)。やっぱり肉は気取っちゃダメですよね。ストレートに美味そう。
おお~い、タンゴ、頼みまっせ~(^^)v。
Commented by snowdrop99 at 2006-04-24 13:11
エビータはミュージカルになっていて、(多分)日本で上演される前に、ABBAがカバーしてます。その頃は私も訳がわかってませんでしたが。

ドゥルセ・デ・レーチェのほうがヒレ肉よりおいしそうに写ってるのはdarariさんの気持ちがこもってるからですよね?
Commented by LiLA管理人 at 2006-04-24 13:31 x
アルゼンチン紀行、「うらやますぃ」モードで読んでおります。特に食事関係。同じアメリカでも、北と南じゃ全然違いますね、って、全然違う国ですけど。
この巨大な肉の塊、これ一人分なんでしょうか。
Commented by koru2005 at 2006-04-24 13:37
どのネタも面白かったですが、やっぱ、ヒレ、でしょうか、一番、衝撃的だったのは。そういう形で、サーブしていい物だったんですね(笑)。でも、うまいんだぁ、すごいなぁ、いいなぁ。
ドゥルセ…アルゼンチン大使館は我々のための情報はくれないようでしたので(笑)、ググッて見たら、アメリカでも瓶詰めやら、アイスクリームやら出てるのねぇ。探さなければっ! 想像するに、フォションのミルクジャムみたいな感じかしらぁ♥ 食べるのが楽しみだわ、本場で食べたいけどもT_T
Commented by whitewaterlily at 2006-04-24 19:49 x
ドゥルセ・デ・レーチェ、koruさんも書いていらっしゃいますが、見た目はミルクジャムと似ていますね~
某所で、手作りを見かけたので、試してみようかしらん。

ヒレ肉、ぜひ、トライしてみたいです~♪
Commented by cibifigaro at 2006-04-25 03:08
なんですか!そんな人生で出会ってよかったと思うようなお菓子なら一度食べてみたい。
思わずHPみました。
コンデンスミルクをキャラメル状にしたもの?!
すごい濃厚そうですね。うーん。どこで手に入るんだろう。
肉もすっごいおいしそう!

頭にエビ-タの歌が流れて止まらなくなってます・・・
Commented by eriko621 at 2006-04-25 03:08
そ、そんなおいしいお菓子なんですかぁ、食べてみたい!
一緒に家建てる人の奥さんがアルゼンチン人なんで、今度リクエストしてみよっかな~。アルゼンチンの食べ物なんて全然知らなかったけど、ダラリさんのおかげで雰囲気つかめてきました。肉が美味そう・・・。
そういやその家族、里帰りで一ヶ月アルゼンチンに滞在してましたけど、旦那が8キロも太って帰ってきてました。食べては寝るのシエスタだったらしいです^^;
Commented by TAMA@合衆国の片隅 at 2006-04-25 20:24 x
これから一生毎日食べたいほど美味しいモノに出会えたなんて幸せな旅行でしたねー。いいなあ。私はとりあえずそういうものに出会ってしまったら困るので(笑)今のところ我慢しておきます(そして何年か後に激しく後悔したりして)。

エビータは私のお気に入りトップ10に入る映画です。劇団四季版も観たけれど、マドンナの映画版が断然良かった!エビータの遺体って盗まれちゃったんじゃなかったでしたっけ・・・・
Commented by symzak at 2006-04-26 04:55
す、すごい、ヒレが単体でボーンと出てくるとは、さすが牛の国(?)
食べてるはしからシッポが生えてきそうです。(フサフサ希望)
これをどうやって食べるのですか?ソースとか付いてこないのでしょうか?それにしてもダイナミックですな〜
甘味好きとしてもレチェ菓子にもうっとり〜
Commented by darari at 2006-04-26 10:39
Tamarindさん、ほんとだ〜!記事になさってますね。私も自分で食べてみるまで、このようなモノの存在を知りませんでした。キャラメル味って別に好みでもないのに、この味はハマってしまいましたよ〜。毎朝パンに塗って食べてます♪
成城石井って今は関西にもあるんでしたっけ。食べてみてくださーい。
Commented by darari at 2006-04-26 10:41
snowdropさん、ドゥルセ・デ・レーチェには気持ちがこもっているんですよ〜♪解っていただいて嬉しいです(笑)
ABBAもエビータだったとは知りませんでした!アルゼンチンについての知識ってものすごくツギハギだったようで、「あぁ、これがあの国!」みたいな発見がいっぱいあったんです、やっぱり意識の上で今まで遠い国だったみたいです。
Commented by darari at 2006-04-26 10:48
LiLA管理人さん、北米もラテンな人たちがピリグリムとして上陸していたら、食べ物がおいしい国として発展してきたかもしれませんね(涙)
肉の塊、これが一人分です・・・ちなみに私は、普通な分量のシシカバブを食べていました。
Commented by darari at 2006-04-26 10:50
koruさん、このレストランのメニューの最大量として、2kgのオーダーもあったんですよ・・・(汗) おやびんに頼まれたらどうしようかと焦りました。
ドゥルセ・デ・レーチェ、うちの近所のグルメスーパーで見つけたので、SDでもし見つからなければお送りします♪(でもお土地柄、絶対みつかるに違いないと思ってますが)
Commented by darari at 2006-04-26 10:52
whitewaterlilyさん、英訳するとミルクジャムらしいので、同じものカモ知れません。ミルキーみたいな味なんですよ。手作り、もし作られたら作り方教えてくださーい。
Commented by darari at 2006-04-26 10:54
cibifigaroさん、なんだか濃厚なんだけどキャラメルよりあっさりしているんですよ。私が瓶を抱えてたべてたら、おやびんが「ヌテラをクリスマスプレゼントにもらった人のことを思い出した」と(ぱっさんのことを思い出して)笑ってました・・・、ぱっさんに張り合えるほどではないと思うんですけどね(汗)
私もマドンナがとまりませーん。
Commented by darari at 2006-04-26 10:55
erikoさん、おぉ〜アルゼンチン人がお知り合いにいらっしゃるのですか。肉の国なのに、みんなスタイルよくて(アメリカと比べるからか)痩せていらっしゃいました。痩せてられる秘訣はなんなのか、聞いてみてくださーい!
Commented by darari at 2006-04-26 10:57
TAMAさん、おぉ〜さすがエビータもオペラ座の怪人と作曲者が同じなんでしたっけ。エビータは死後にミイラにされて転々としたようですね。なんてまぁ、死んでからも劇的な人生ですこと(と言っていいのでしょうか)。
Commented by darari at 2006-04-26 10:59
symzakさん、肉からふさふさのしっぽが生えてきたらイヤだよ〜!!
この肉、ソースもなにもついていなくてグリルしただけなのに、パンパ草原の草を食べた牛だけになんとも味があるんです(いや、思い込みではないはず)。
私もレチェ毎日食べてうっとり〜♪
Commented by アー君のママ at 2006-04-26 13:25 x
ドゥルセ・デ・レーチェ甘甘じゃないのですね?一瞬見たときに、んん?チョコ?と思ったら牛乳を煮詰めて、ミルキーのようなお味?よだれもんですね~。。ヒレには驚き!!さすがアルゼンチン!なのか、日本のお肉がキレイに盛り付けすぎ?フフフ。 この肉(笑 は柔らかいのですか?いつもお料理の写真を見せていただく度にお腹がグ~~~!!ですよ。。あぁ~なんと、我が家のテーブルに並ぶモノが寂しいことか。。。ハハハ♪タンゴ、、たのしみですね~。親分さまとは踊らなかったのですか♪ 
Commented by koru2005 at 2006-04-26 14:54
りりぃさんのレシピと同じかわかんないけど、ググッた時に私もレシピ幾つか見つけたんでおまけ。http://www.milk.com/recipes/dessert/dulce-de-leche.html
でも、どのレシピも、コンデンスミルク、『缶ごと』ゆでてるんですけど(笑)。うちにコンデンスミルクがあるんで、私もトライしてみまーす。
Commented by sucre_sel at 2006-04-26 20:25
おいしそう~。darariさんが絶賛するドゥルセ・デ・レーチェを食べてみたいです!
やさしそうな味がしそう。ミルクジャムのような味でしょうか?
日本でも食べられるんですね~。これは探さなくては^^
アルゼンチンは食べ物がおいしい国なんですね。
Commented at 2006-04-26 22:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by darari at 2006-04-27 12:22
アー君のママさん。これは、キャラメルほどアマアマじゃないんですよ〜(と思ってます)。お肉のほうは、私も普段の食卓サイズからすると5倍ぐらいあるので、びびりました(笑)フィレ肉だけに、柔らかかったですよ。
タンゴっぽく踊ってみたら、おやびんに「中国の雑技団?」って言われましたよ、ぶ〜。
Commented by darari at 2006-04-27 12:23
koruさん、さんきゅ〜です。このレシピ、こわいですね・・・「すごい加圧するので危険と思ったら穴を缶にあけてください」って書いてありますよ・・・。爆発したら、コンデンスミルクでグチャグチャですよ(汗)私は心配です、koru家の黄色いキッチンが・・・。
Commented by darari at 2006-04-27 12:25
sucre_selさん、どうも作り方からするとミルクジャムより危険そう(koruさんによるとコンデンスミルクを缶ごと茹でる)ですけど、味はほぼ同じなのかもしれません。日本で是非食べ比べして頂きたいです。
アルゼンチンって、農産物の国だけになんでもおいしかったです♪
Commented by darari at 2006-04-27 12:27
鍵さん@04-26 22:37
アルゼンチンは、北米からは近いですよ〜。オススメです♪
良い季節は、春か秋だそうですよ。私たち、次はパタゴニアとメンドーサ(ワインの地域)へ行きたいと思ってリピート必須の国となってしまいました。
Commented by darari at 2006-04-27 12:27
鍵さん@04-26 22:41
そちらへコメントしますね〜。
Commented by aradas_j at 2006-05-02 22:25
アルゼンチン、楽しそう・・・いや、おいしそうですね!
肉もワインも気になるけど、一番気になるのはドゥルセ・デ・レーチェ!
だって、どんな味なのか想像できないんだものー。
早速、今度成城石井でゲットしてきたいと思います♪
Commented by eriko at 2006-05-19 07:10 x
ちょいとTBさせていただきました~♪
Commented by darari at 2006-10-08 00:45
aradasさん(今頃ですが)、成城石井でゲットされたかなぁ。
ミルキーの味がしますよ。
Commented by darari at 2006-10-08 00:45
erikoさん、その節はTBありがとうございました♪(今頃ですが)


<< アルゼンチン旅行記④の1      アルゼンチン旅行記② >>