だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 09月 01日

怒涛の一週間

c0005318_11192606.jpg
怒涛の一週間でした。
ハリケーン改め暴風雨ハーヴェィが始まったのが先週の金曜日、
土曜日は息子たちのサッカー秋シーズンが始まり(だいたい学校の始業式と連動しています)、ピアノリサイタル(ピアノリサイタル、この週末に重ねなくてもと思った親たち)で遅刻しないよう走り回り(走るのは車ですが)、
月曜日は息子たちの新学年新学期が始まったと思ったら夜は柔術のベルトテスト(上の写真、6月初めの第一回目のクラスの様子。中学校のカフェテリアで開催されているクラスなのです)、水曜日も同じく柔術のベルトテストの結果(二人とも3ヶ月のレッスンで白色帯から黄色帯へ昇格)の帯をもらいに行く日でした。
ハーヴェィのニュースを見て落ち込んでいる暇なし。
あ、そうだその上に輪をかけて忙しくしてくれたのが親分の膝負傷(学校が始まる前の木曜日の夜)。
おかげで金曜日の朝一番に薬局へ松葉杖買いに走ったんでした。
この人の世話もしないといけなくて、いや世話している余裕はなかったのでほったらかし。

会社へはまるで世間話しに行っているような気分でした、、、いや、実際にはミーティングやプレゼンしているのだけど上の空。本腰入れて取り組んだのは、ダウンタウンのコンベンションセンターがサルベーションアーミーのシェルターになるから、ボランティアへ行ってくださいと会社の有志の人から連絡が来たのを部で取りまとめする役目ぐらいでしたか。
しかし、火曜日に部の同僚20人ぐらいで「さ〜ダウンタウンに行きますか」とオフィスを出ようとしたところ、「今日のボランティアは中止。ヒューストンから避難してくる人が少ない様子」とメールが来たのでUターン。水曜日は予定していなかったのに、「いますぐ10人ぐらい来てください」と連絡が来て急なことなので部内で手が空いていた5人ぐらいがボランティアに出動したところ、避難してきた人のバスが遅れてボランティア同士に昼食を配膳してきたんだとか。
ただ、バスでやってきた人たちはまさに着の身着のままでヒューストンを出てきたので、裸足の人大勢、とりあえずパジャマ代わりのジャージーとか靴下が欲しいとリクエストされたそうで本当に気の毒な様子だったそうです。じゃあ、今日木曜日はきっとボランティア要請あるだろうから準備しておこう、と同僚と用意していたけれどお呼びかからず。いろいろ難しいのでしょう。
シェルターは個人でボランティアするのは難しいと聞いているので、会社が取りまとめてくれるのがいいのだけれど、難しいようなので週末教会で何かできることがあるか聞いてみようかなぁと思っています。

で、世間話をしに行っているオフィスですが、今日の世間話は「早くガソリン入れに行ってきた方がいい、リファイナリーが閉鎖してガソリンが足りなくなるから」というトピックで持ちきり。(本当はヒューストンのオペレーションどうしよう、と徹夜で仕事しているチームも部内にいるんですが、、、私を含め部の80%は今週とか来週といった「超短期」の仕事に関係ない人々なのです。)

そうこう話をしているうちに、朝通勤する時に$2.49/gallonだったガソリンは、帰宅時には$5とか$6とかの札がスタンドがかかっていて、売り切れのスタンド続出。まだ在庫があるスタンドには長蛇の列。風評から本物のガソリン不足に陥ったダラス近郊なのでした。長男の息子の学校からは「ガソリンスタンドで給油待ちの車のせいで道路が渋滞していて、スクールバスが遅延している」という連絡が来たりして、ある種のパニック状態が生じています。落ち着け、ダラスの民。

本当に大変なはずのヒューストンからは毎日数通のメールがヒューストン領事館から届いて、その丁寧で暖かいメールの文章に心打たれるのです。
領事館の方々の携帯電話番号まで教えてくださって、多分ご自宅ではご家族含め大変な思いをされているだろうところ、テキサス、オクラホマ一帯の在留邦人に呼びかけをされているヒューストン領事館の方々にお見舞いをしに行きたい(迷惑だろうけど、、、)。

とりあえず、今週末はレイバーデーで月曜日が休暇なので、息子たちを含めて何かボランティアできないか探してみます。
わー、こんなに日本語たくさん書いたの久しぶり。


by darari | 2017-09-01 11:46 | ダラス | Comments(2)
Commented by yukosy at 2017-09-01 21:41
はー、何と大変な・・・。
バタバタだったのですね・・・拝読しているだけなのに目が回りそう。
親分さん、いかがですか?
早く良くなられると良いのですが・・・。
ボランティアも思う様に行かない事も多い様ですが、着の身着のままで避難されて来た方々には本当に心強い事と存じます。
ありがとうございます。
ご自身のお身体も大切になさって、休養もきちんと取って下さいね。
Commented by darari at 2017-09-11 07:43
yukoさん、ありがとうございます。うちの主人の膝はまぁ年なので回復もゆっくりです。その分私が運動しています(笑)

ボランティアは長引きそうです。でも何かこうけん出来るっていうのはいいことです。ありがたや。


<< 土曜の夕方、サッカーの試合      ヒューストンが大変 >>