だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 09月 27日

移民局

c0005318_07594259.jpg
8月某日、グリーンカード(永住権)更新の手続きのために、フォートワースの移民局(でもアプリケーションサポートセンター、つまり申し込み支援センター)へ赴きました。
10年に一度更新するものなので、前回の更新は長男が生まれる直前だったようでむくんだ顔した写真のグリーンカードを10年持っていたようです。前回は、ダラスの移民局(古くて汚くて無愛想)のサービスが嫌だった覚えがあったので、気が重いな〜と思いながらドライブして向かったところ、
1)待ちなし、早めについたのに早速手続きしてくれた
2)指紋取る担当の方、迅速で正確
3)その場で「1年延長」のシール発行してくれた
ので、まったく文句言うどころか、「すっごい民間よりサービスよかった!」と出たところで思わず親分に電話してしまったくらい。

担当の人は昔日本にいたそうで、旦那さん、ミリタリー?君は仕事してるの?
永住権とったほうがいいよ、悪いこと言わないから。
などと指紋を取る最中の5分ぐらいの間に色々話をしてくれました。
終わったら、「市民権を取るためのプロセス」などという説明書もくれた次第。

いや、、、市民権とるかどうするか考えたけど、必要ないと思うんですけど、日本は二重国籍認めないし。
と言ったら、「旦那さんに先立たれたら米国政府はまったくヘルプしてくれないから市民権とったほうがいい。ぜひ日本の領事館に相談しなさい」とまで言ってくれたので、そそそそんなに言ってくれるならちょっと家族でリサーチしてみて来年パスポート更新するときにヒューストン領事館に伺ってみようかなぁ、と思っているのです。

、、、と思っている間にあっというまにほぼ2ヶ月たっていますが、まだ新しいグリーンカードは手元に届かないし、市民権vs永住権の私のリサーチも進んでおりません。
ただUSCISからは二週間に一度、自動化されたメールで「あなたの申請書は処理中です。アップデートはありません」という連絡が律儀におくられてきます(笑)。

米国の健康保険のことを考えると老後は日本に住んだほうがよいのかなぁと思う一方、トランプが大統領になった半年でなんだか外国人として住むのがだんだん肩身狭くなってきたかも、、、と感じる場面が増えてきたり、いろいろ悩むお年頃です。ま、次の決断時まであと10年あるさ。
ちなみに日本国の法律に従って、日本国籍を残しつつ米国籍を取るつもりは(いまのところ)ない次第です。



by darari | 2017-09-27 11:22 | ダラス | Comments(0)


<< ミツワ プレーノ店へ行ってみた      ネバダ州リノで社会見学 >>