だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 09月 29日

シカゴで想定外その1

c0005318_4211158.jpg
シカゴでカンファレンスでした。
初日、ホテルにチェックインたところ、32階のとても眺めのいい景色の部屋へとおされました。

わー。すてき。
なんてラッキー。
と思っていたらオチがちゃんとありました。



c0005318_422069.jpg
会議から夕方戻ってきたら、ロビーには消防士さんが大勢、、、。

c0005318_4231664.jpg
消防車もどんどん集まってくるし。
ホテルから「東棟のエレベーターが動いていません。でも火事ではありません、予防のために」
「東棟の人はエレベーターを使って部屋には戻れません」
と説明を聞き、じゃぁ6Fの部屋だったボスは階段で部屋に荷物を置きに、私は32階だからあきらめて、そのまま夜の部のイベントへ、、、。
全体イベントのあとは、こじんまりとコーポレートディナー。
相手先3名、こちら3名の夕食はは接待先のおかげでハンコックセンターにて。食べ物の写真はないのだけれど、夜景だけ写真にとりました(ご飯は大したことないです)。
c0005318_424486.jpg
このビルから眺めるシカゴの夜景が一番なのだそうで。
c0005318_4243893.jpg
以前上ったのは10年前だったかしらね、、、(B-schoolの宴会だった)。

で、ディナーが終わってホテルに戻ってみれば夜中12時(盛り上がったというより、始まるのが21時ぐらいと遅かったためですか)。
まだエレベーターが修理中ですよ、、、

32階まで徒歩で上るか、上らないか。
5分ぐらい悩んで(ワイン飲んでいたし、、、)、朝までエレベーターが復活しなかったら翌日の会議の準備ができない(しかも部屋に置いてあるラップトップの中の資料を送らないといけない)ので、腹をくくって、階段でのぼることに。
私が悩んでいるあいだにボスたち(この人たちは低層階だから歩いても問題ない)がホテルのボーイさんを捕まえて、荷物を持って降りる手伝いをしてくれるように交渉してくれていました。
なので、ボーイさんと頑張って32階上る。。。同じように歩いて上っている人たちとブーブー文句をいいながら。
この感覚はまるで登山中の狭い道を通りすがりの人たちとお互い励まし合うような非日常でした(けっこう楽しかった、酔いもあって笑いながらがんばれーといいつつ上る)。
思ったより32階歩いて上るのは無理ではなかったことに我ながらびっくり(運動していませんから)。

荷物とって、またロビーへ引き返して、新しい部屋(西棟)をもらってチェックインしたらもう1時半とかでした。
そこからメールで資料送付して、翌日の準備して、たいそう想定外に疲れた初日でした。
想定外その2に続く、、、

by darari | 2014-09-29 04:43 | 旅行 | Comments(0)


<< シカゴで想定外その2      夏休みもうおしまい >>