だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 05月 30日

北海道湯けむりグルメ紀行③

登別→函館/湯の川温泉(2泊)→関西空港

雨と濃霧で、有珠山も洞爺湖もさっぱり見えないまま通過。大沼と駒ヶ岳は雨のやんだ隙に垣間みました。大沼公園って新日本三景の一つなんですって。(あとは、美保の松原、耶馬渓だそうです、今調べました)
宿泊先は、湯の川温泉。旅館の屋上階にある露天風呂で、まぁーーったり。お風呂から海も見えるし、函館空港も見えるし、開放感バツグン。・・・と思ったら、隣の旅館のお風呂が、こちらからバッチリ見えていることに気づきました。あら、きっとお互い様ですわね。開放感バツグン。
翌日は天気も回復し、函館観光。五稜郭、レンガ倉庫、教会群と、箱館山観光。箱館山は夕方から夜景まで2時間ぐらい上っていました。山頂はめっちゃ涼しいのでした。
c0005318_422153.jpg
c0005318_4215254.jpg

夜景は海岸線があるのがキレイなツボだと思いますが、函館山は半島に突き出した形になっていることから、両側の海岸線が見えるのが、夜景が世界一美しい理由でしょうか。誰が世界一って決めたのか気になったらやなヤツかしら。でも気になる。それにしても、函館市って公衆街路灯の電気代がすごいんじゃないかと心配するのは止められません、あぁヤーな私。
その後炉端焼へ飲みにいき、親分モテモテ。そのせいか、「将来函館に住みた〜い」と言ってましたよ。いいなぁ函館リタイア計画。人口30万人都市、梅雨なくてシーフードおいしくてスキーもできて海が近くにあって、空港も近いと。

翌日はお昼過ぎの飛行機で大阪へ戻りました。帰ると、実家のごちそうが待ってました♪シアワセー。
c0005318_4261068.jpg
c0005318_4262833.jpg

うなぎとキュウリの酢の物、鮎の塩焼き、豆腐コロッケ、ちらし寿司・・・好物オンパレード状態です。親分より豆腐コロッケのレシピを入手するようにと指令が下り、母より入手しておきました。彼は、鮎のわたまで食べてました。驚きました。

おまけ。実家の犬、アトム君。5ヶ月のパピヨン。
c0005318_428284.jpg
アトムを見るたびに親分と二人、「バンブル・・・(涙)」となってましたが、その頃バンブルは友人宅で、楽しくレスリング大会を繰り広げていた(友人談)とは、当時知る由もなく・・・

by darari | 2005-05-30 04:35 | 旅行 | Comments(4)
Commented by CarolineIngalls at 2005-05-30 23:58
御実家のお母様の御馳走がすごい!
鮎のわたまで食べるご主人は、日本にも住めますよね。
豆腐コロッケも日本っぽいし。
日本人受けも二重丸みたいだし、ご主人さま、どんなアメリカ人なん
でしょう。気になります。
Commented by tablemei at 2005-05-31 09:48
お疲れのところ、投稿ご苦労様です。お母様すご〜い!! どのお料理よりお母様のご馳走が一番ですね。親分さんやdarariさんへの愛情あふれる最高のおもてなしです。それに写真からdarariさんのお母様への愛情(感謝)もすごく感じます。「謹んで・・」がうまく言えなくても素敵なセレモニーといい思い出になりましたネッ、 darariさ〜ん♪
アトムくん、バンブルくんかと思いました。
Commented by darari at 2005-06-01 00:51
Carolineさん、ご飯が全然手伝ってないのに並んでました〜。
娘、面目なしです・・・。
うちの親分は、今回シオカラでも納豆でもなんでも食べてました。(私は納豆食べられません)。彼はなかなか奥深いです・・・(笑)
Commented by darari at 2005-06-01 00:54
meiさん、恐縮です〜投稿をさぼってるのは、ちょっと訳がありまして・・・。やっぱり外食のごちそうもいいけど、家のご飯は格別ですね、と嫁いでるのにしゃあしゃあと言ってみたりして(笑)
アトムとバンブル、顔はちょっと似てるのですが、体は全然違いますよ〜帰ってきてバンブルをみて、「胴長!短足!」って驚いてしまいました。


<< そして、猿ですが      北海道湯けむりグルメ紀行② >>