2011年 11月 15日

ホリデー実感

c0005318_130653.jpg
今日のオフィスでのポットラック風景です。サンクスギビング(今年は11月23日)が近づくと、オフィスでポットラック(持ち寄り一品)が盛んになります。
めずらしく写真を撮ったものの、メインは左のはじっこに小さく写るハム、手前にたくさんあったデザート群が映っていないため、あまり雰囲気が伝わらない画像です・・・。
私の一品持ち寄り品は「飲み物」でした(汗)。
やる気なし〜(というか、参加できるか直前まで判らなかった)。
人気のあったメニューは、「マック&チーズ」と「シーザーサラダ」でした。
みんな保守的なので、材料と味が判りやすいものに人気が集まるようでした。
まぁ、おいしいものもあり、「これは闇鍋か!?」と思うものもあり。

明日もサンクスギビングランチ会があります。あぁ、ホリデー近し。



最近のカネゾ画伯の絵。
c0005318_1361969.jpg
上がバンブル、下がスナフキンらしいです。
きょとんとした顔のワンコニャンコの顔を描いて、自分でもきょとんとした顔をしてくれるという凝りよう。
なかなかよい完成度なので、額にいれて飾りました。
そうすると、彼は嬉しくて何枚でも絵を描いてくれます。

こんなのも。
c0005318_138018.jpg
絵を描くことに目覚めたようで、ずーっと描いています。多色使いと中をキレイに塗ることができるようになって、楽しいみたいです。

この調子で、日本行きフライトでもご機嫌で過ごしてくれるかなぁ〜♪
いえ、本当のところカネゾについては心配していないのですけどね、一年半前もお行儀よく帰国した実績もありますし。
心配なのは次男坊なのです・・・初フライト。
実行あるのみ、週末出発予定です。

by darari | 2011-11-15 13:14 | ごはん | Comments(8)
Commented by くま at 2011-11-17 09:12 x
バンちゃんスナちゃんの口角が上がってて、こちらまでウキウキしました(^o^) お支度も大変と想像しますが、楽しい旅行になりますように!!
Commented by ティガ at 2011-11-21 13:42 x
ホリデーシーズン突入ですね~
幼児&乳児を連れて里帰りされるんですね。がんばって~応援してます!

私も書いた日の年月を記入して額に入れて子供の絵を飾ってます。子供の絵ってポジティブで癒されますよね。 Artist's Loft から出ているEaselは扱いやすいので次男は5歳の頃から愛用していて今も気に入って使ってます。

里帰りで沢山日本の美味しい食べ物を堪能してきて下さいね。
Commented by souu at 2011-12-05 08:25 x
今頃 帰国中ですか?それとも もうそちらへ?
お2人を連れての長旅は大変ですね。ご無事だと思いますがお疲れになりませんように。
カネちゃんの絵 素敵です!
Commented by darari at 2011-12-05 13:10
くまさん、子供の絵はかわいいですねぇ〜。
飾ると風水が良くなる、と私の両親に聞いてから、カネゾの絵をできるだけ色々なところに飾らせてもらっています。風水・・・あがっているのかなぁ(笑)
子連れで太平洋越えはあと2年ぐらいヤメておこうと今回思いました。楽しかったけど大変でした!
Commented by darari at 2011-12-05 13:12
ティガさん、カネゾはもう熟練旅行者でよかったんですが、乳児が大変でした〜。おじいちゃんおばあちゃんにかわいがってもらったから、結果はよかったけれど、しばらく日本行きは自粛します(笑)
子供の絵、どんどん上達するのも羨ましい限りですね〜。
Commented by darari at 2011-12-05 13:14
souuさん、11/18−25の短い旅行でした。
でも、うちの旦那さんはもどって一週間経ってもまだ時差ぼけが取れずです(苦笑)大人だけならすぐ直せるのですが、子供がいると3時から付き合って起きたりいろいろと難しいものですね・・・まぁ彼は不眠なだけですが(爆)
Commented by Kuro at 2011-12-05 15:05 x
ダラスを検索してこちらにやってきました。
最近フォートワースにやってきたのですがブログ読ませていただいてとても元気になります。これからも読ませていただきます!
Commented by darari at 2011-12-06 12:44
Kuroさん、コメントありがとうございます。
このブログを読んで元気になって頂けるだなんて、なんてありがたいコメントでしょうか。
サボリ気味な更新ですみません、これからもよろしくお願いします!


<< 33歩      CST (セントラル スタンダ... >>