2010年 09月 22日

Day 5:ポートランド市内ぶらぶら

c0005318_10524749.jpg
9月8日(水)・・・朝からブードゥー人形、もといドーナツを求めてポートランド市内散策。

このドーナツを食べずにポートランド観光したといえまい!と気合い入れまして。

Voodoo Donutsという有名なドーナツ屋さんのドーナツなのですが、日曜日に行ったら
c0005318_1111332.jpg
行列していたので、あきらめたのでした。
我が家、行列で待てない人が約二名おりますので・・・

で、平日に出直したら誰も並んでませんでした、わーい。



c0005318_1125287.jpg魔法は穴のなかにある、ということなので、穴あきドーナツも買ってみました。

そんなにおいしいのか、というとまぁ普通なんですけど。

ピンクの箱とか怪しげな内装&24時間営業というのが特徴、マーケティングの勝利かなというか?
上のブードゥードーナツはチョコレートがかかっていて、中にはラズベリージャムが入っていて(おどろおどろしい気配)、血糖値上昇保証付きの甘さでした。

ここのドーナツ食べたからもうポートランドみた、って言えることにします。
というかこの日は他になにも予定していなかったので、午前9時に予定終了でした(ロジ担当失格、、、)。

なので、ぶらぶらとカネゾの気の向くままに公園をうろうろしてみる・・・
c0005318_1173064.jpg
三歳児ってのは、地面が碁盤になっていると、碁盤の境を踏まないように歩かなくっちゃいけないし、
ベンチでごろんとしているやる事のない人(ホームレス)をみると
「あの人なに寝てるの?!」
と大きな声で聞かないといけないし(汗。 ポートランド、ホームレスなのか休憩しているのかよくわからない人が多かったです。インテリそうで家財道具とおぼしき荷物を持っているの)、

癇癪を起こしてダディーにお説教くらう時間も必要だし
c0005318_1111165.jpg
なにかしら、よくわからないことで時間がつぶれていくものなのですね。
上の写真はダディーに「タイムアウト」をくらっているところ。親分、旅行しているとタイムアウトする場所を確保するのに苦労する、とぶつぶつ言っていました。
うちは親分がわりとガミガミ派なので、私はさらにしからなくっていいか〜という立場でいています。
そうすると、「君は甘い」と怒られるんですけど・・・


お昼の後は林業博物館(ポートランドならでは・・・)へ行って遊びました。子供でも楽しめるような体験型の博物館になっていて、なかなか面白かったです。

最後の夕食はCarafeというフレンチビストロにて。
ポロネギのグラタン。
c0005318_11185173.jpg
お魚(なんの魚だったかなぁ・・・)。
c0005318_11234810.jpg

子供用メニューもおしゃれでおいしくてカネゾも満足でした。
最後の夜に「ポートランドやっぱりうまし」と思えるディナーに遭遇できたのでよかった。

この前日はこのレストランの横にある日本食レストランに行ったのですが、子供用メニューがなくて肩身が狭い思いをしました。
お寿司はネタも新鮮でおいしかったのだけれど、厨房からでてくるお味噌汁もカネゾ用に頼んだつくねも、?!?!という味だったし、カネゾはおうどんが食べたかったので日本食にしたのに「おうどんは夜はやっていません」ということだったし・・・Todai(っていうチェーンのバフェのレストラン)にしたほうが良かったよぉ〜と悲しい思いをしたのでした。
日本人経営のお寿司屋さんってここに限ったことではなくて、割と子供歓迎じゃないところが多いような気がします。お寿司は価格設定が高めだからでしょうか、子供がいると少々味は落ちてもキッズフレンドリーなところのほうがいいな〜ってことになります。
なので、最終日のレストランのように小洒落たビストロでも子供にやさしいサービスをしてもらうと、すごーくそのサービスが沁みるというか・・・
(ダラスは価格設定にかかわらずどこでも子連れオッケーのレストランが多いような気がするね〜という話に親分になりました。通りすがりの人もダラスはフレンドリーだし・・・子育てするのにダラスは悪くない街なのかも、つまらない街だけれど、と妙に二人で納得した旅でした。)

楽しい旅行だったけれど、カネゾも「おっきいおうちに帰りたい "Can we go to our big house?"」って言い出したし(ホテルのことを「ちっちゃいおうち=一部屋しかないから」と呼んでいました 笑)、私の旅行したい虫も収まったし、五泊六日の旅は翌日のフライトでダラスまで戻り、「あー楽しかった!」と幕を閉じました。
(帰った日の夕食は、野菜いっぱい入れたおうどんでした。)

ふぅ、ポートランド旅行記書ききった。
あたかもマラソンを完走したかのような満足感です(大げさ)。

by darari | 2010-09-22 11:45 | 旅行 | Comments(4)
Commented by yukosy at 2010-09-23 13:31
完走、おめでとうございます ^^

ブードゥードーナツ、すごい発想ですね~、さすがアメリカ。
こちらではあり得ない・・・。笑。
お寿司屋さん、残念でしたねぇ・・・。味が良かったとしても、それでは楽しめませんもの。
最後の夜のお食事が素敵で何よりでした ^^

またいつか、楽しくて美味しい旅が出来ます様に・・・! ^^



Commented by organistnikki at 2010-09-24 22:59
ポートランドに行った気分になりました!
あー面白かった。
老後をどこで過ごすかは、私も時々考えるんですが、
ポートランドは候補に入ってなかったんです。
darari さんの旅行記を読んで、
考えてみようという気になりました(笑)。
カネゾーさんと親分さんの写真、もうすっごく可愛い!!!
ブードゥードーナツ、強烈な甘さと想像できます。
これなら行列もできるでしょうね。
シャイニング のロケ地がポートランドだったとは、知りませんでした。
ホント、ホント、楽しくて美味しい旅行、
近い将来、またできますように。
んで、老後の住処によい場所のリサーチも引き続き、お願いします(笑)。
Commented by darari at 2010-09-25 11:38
yukoさん、このドーナツを平気で食べる私も野蛮だなぁと思いました(笑)

はい、楽しくて美味しい旅、次は一年後ぐらいかな〜と思いますが、今回の旅行本当に楽しかったのでフォトブックにして1年間眺めるつもりにしていまーす。
Commented by darari at 2010-09-25 11:40
organistnikkiさん、ポートランド行った気分になっていただけたなんて嬉しいです〜

ポートランド、ダラスより人口的にはよっぽど小さい街(ダラスが9位、ポートランドは30位ぐらい?)ですが都会的でした。思ったのは、ダラスみたいに大きな都市なのに田舎っぽく人々が親切っていうのは貴重なことかもな〜ってことで、老後はともかく、子育て中はいい街なのかもってことなんですよ。
ともあれ、山あり海ありのポートランド、老後には魅力的です〜


<< ハードルあげといた      Day 4:オレゴン海岸 >>