2010年 09月 13日

Day 1-2:ポートランド市内観光

c0005318_4245365.jpg
9月4日(土)。DFW->PDX

午前中はカネゾのプールのクラスへ行って、カネゾのお昼寝後空港へ向かったので、午後4時と遅めの出発となりました。

で、なぜポートランドかと言われると、
1)親分が将来リタイアしたらポートランドに住むのってあこがれる・・・などというので
2)親分の同僚(で奥さんが双子出産予定の人)がポートランド出身で、すごく良い街で食べ物が狂いそうにおいしい!と強く薦めるので(Food is insanely good!!)

私は3歳児つれて街中散策するより、ビーチ(ハワイ)とかディズニー(オーランド)とかがいいなぁと思ったんですが、狂いそうにおいしいという料理というところで落ちました。

(メモ)
4時間のフライトなので途中でお腹が空く事を見越して私とカネゾ用におにぎり4つ、親分用にハムサンドウィッチを仕込みました。
今回はレンタカーする計画があるのでカネゾのカーシートをゲートチェック。
飛行機好きのカネゾ、わりとおとなしく過ごしましたがDVDがあって良かった。
前の人の座席を蹴るのをやめるよう、20回ぐらい注意しました(汗)エコノミークラスの座席間隔、幼児の足のちょうどいい距離に前の座席があるものですね・・・


ポートランドに到着したのは現地時刻6時すぎ。
ホテルにチェックインして近場のレストランで夕食を食べて、この日は終了。
カネゾくんの体内時計的には夜11時ぐらいまで元気でした。宵っ張りめ。




翌日は朝6時に行動開始です・・・といっても、ダラス時間の朝8時ですが(時差2時間)。
ホテルのバフェで朝食を食べてからまずホテル目の前のHawthorne Bridgeという跳ね橋を渡って・・・
c0005318_4251134.jpg
川向こうにある、OMSI (:Oregon Museum of Science and Industry オレゴン科学工業博物館へ)。

朝早くから開館していたのと、カネゾに受けるかなと思ったからというだけの理由で選ばれた行き先でしたが、結構面白くて、大人がはまりました。色んな展示が自分で実験できるようになっているのです。子供も大勢いて大にぎわい。
c0005318_4424369.jpg
博物館のすぐ外には潜水艦があり、この潜水艦のツアーで私は妙に疲れました。
ちいさな潜水艦に77人乗船して60日密閉、艦内の気温は130Fという説明を聞いたところでなんか倒れそうになり・・・親分に閉所恐怖症なんじゃ?と言われましたが、そうなのかも。

ま、潜水艦は置いておいて。
ここの博物館、併設のレストランも予想外においしかったです。
カネゾはオーガニック神戸牛のホットドッグ、私はワイルドサーモンサンドなど食べて、さすがポートランド!!とまず感心。
お昼ご飯を食べたところで、カネゾ昼寝タイムになったのでひとまずホテルへ撤収。

2時間後、ふたたび街へ繰り出して、こんどはSaturday Market(日曜日もやってるよ)へ。
c0005318_4525250.jpg
もっと素朴なファーマーズマーケットのようなのをイメージしていたのだけれど、ライブをやっていたりお土産の工芸品を売っていたり食べ物の屋台が出ていたり、ということでぶらぶら眺めるだけで終わりました。

マーケットで退屈したカネゾは、ご褒美に電車に乗せてあげて(市内は無料なんですが)
c0005318_4564170.jpg

ホテルの近所のリバーサイドにあるThree Degreesというところで晩ご飯。
外のテラスに座って、涼しい風に吹かれるだけでダラスから来てよかった〜って思えます。

で、食べたのはビーツとルッコラのサラダ。
c0005318_457655.jpg
地元産のブルーチーズが添えてありました。オレンジのビーツが甘くて夢中で食べていたら、このお皿だけでお腹がいっぱいになった・・・

鴨のコンフィ。
c0005318_4573161.jpg
アペタイザーポーションで、とお願いしたので半量だったはず・・・鴨と甘いイチゴのソースがペストリーにのっていました。絶妙においしかった。

親分のフィッシャーマンズシチュー。
c0005318_4574986.jpg
シーフードが新鮮で、サーモンは地元産。あぁ幸せ。

ポートランドのレストランは地元の材料を良く使うと聞いていたのですが、ここのレストランもふんだんに「ローカルの」材料を使いました、とウェイトレスの方が言っていました。
カネゾのチキンフライも妙においしかったし、いや〜ポートランドの食べ物、やっぱり狂いそうにおいしいかも〜!!と旅先をポートランドにしたことに大満足しながら、ホテルへ歩いて戻り(歩いて移動できるっていうのもダラスから来ると新鮮なのです)、一日終了。

by darari | 2010-09-13 05:12 | 旅行 | Comments(6)
Commented by cogicogilucky at 2010-09-13 05:43
ご飯がおいしいって、旅行のすごく大きなポイントですよね(´∀`) 特においしいシーフードっていいなぁ。
昔ハワイで潜水艦観光したとき、私も息が詰まった感じになって、早々外に出て家族を外で待ってました。私も閉所恐怖症かなぁ?とか思ったけど、思い出すと、なんだか特別なうぷっとくるような圧迫された空気感みたいなのが嫌だったかも。 それを感じれる私たちって、デーリケートォ♪
Commented by darari at 2010-09-13 10:22
実際ね、130Fで何十人も人が乗ってて、シャワーは2ヶ月に一度しか回ってこなかったそうで、引退して20年以上なのに匂いがあるんですよ。

でも、閉所苦手なのは本当かも・・・最近チリの鉱夫のニュースを読みすぎなせい(あれもすごい圧迫感だと想像されます)で、夢でうなされてます。親分に、「チリの鉱夫の事を考えると眠れない」っていったら、蹴りいれられました。夜中の三時でしたけど。
Commented by kmy at 2010-09-13 15:13 x
うちの師匠もチリの鉱夫の話にものすごく反応してます。あのニュースになると、「怖くて見ていられない」とチャンネルを変えるほど。
Commented by ティガ at 2010-09-14 04:05 x
お久しぶりです。
広いアメリカ、余生を送る最適な場所を探る旅って良いですね。私も、ダラスを離れて北カリフォルニアにいますが、カラッと晴れてハーブや花の匂いに囲まれて生活してると、正直ダラスへ戻るのっていうのを考えさせられます。
それにしてもシーフード♪美味しそう!
Commented by darari at 2010-09-16 11:10
kmyさん、師匠もですか〜。早く彼らを救ってあげたいですね。あと、海底トンネルも私はキツいなと。胎内も想像するとけっこう恐怖です。師匠はいかがでしょう。
Commented by darari at 2010-09-16 11:11
ティガさん、お久しぶりです!
北カリフォルニアいいな〜!!そちらに慣れるとダラスの夏なんて絶対いやでしょうね。ボーイズは元気ですか?


<< Day 3: Mt. Hood...      2010夏休み旅行 >>