だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2009年 08月 23日

バンクーバー:街編

c0005318_1371926.jpg
しばらく間が空きましたが、バンクーバー旅行の記録など。

灼熱のダラスから4時間ほど西北へ飛び、空港を降り立つと曇り空のバンクーバー着。

天気予報では旅行中ずっと雨ということだったので、どうかな〜と思っていたのですが
(前日に予報を見て「バンクーバーやめて、別のところへ行こうよ〜」
と無茶なことを言ってのけていたのは私です)
結局、一日雨だっただけで後はずっと曇ったり晴れたり。

ロジ係の私はバンクーバーを拠点とした見所を色々とリサーチしていたものの、
息子のお昼寝(1PM-3PM)のスケジュールを優先したために、毎日ホテル周りをうろうろして、バスに乗って10分ほどのStanley Parkへ毎日通っただけという、ある意味非常に贅沢な、だらだらとした旅行でした。

上の写真は、ホテルから歩いて1ブロックの水際の公園にあった子供のウォーターパーク。
息子は見つけるなり大はしゃぎで水と戯れていました。
・・・ちょっと前まで水コワかった人、誰だったっけ?
と思いつつ保護者としては一緒にぬれておく。




c0005318_1375791.jpg
この水遊び場、後ろを振り向くと、水上機の発着場です。
お天気が悪い写真ですが、晴れるとなかなかの景色でした。
もう少し西へ行くとヨットが沢山停泊しているところがあったり。
c0005318_1381626.jpg


どこへ行くにもとても便利な街で、バスや電車にのればいいので、レンタカーは借りずしまいでした。
息子はバス見て興奮。
バスに乗ると
"Wow! Oh, man!"
と非常にアメリカンな反応を示して喜ぶヤツ(汗)。
他人のふりしたいですが、だっこしてますから。
とにかく目新しい都会の光景、彼は歩いてるだけで大喜びなのです。
田舎育ちなもので(ダラスにも市バスぐらいありますけどね、乗りませんから)。
c0005318_1384160.jpg

息子、まだまだいっちょまえに歩けない年齢なのに、我々はストローラー非携帯です。
去年の11月の日本旅行でストローラーは乗らずに、押す!!と強烈な主張をする二歳児に完敗して以来、ストローラーはもう屋根裏にしまい込んであります。
よそのお子様がストローラーに乗っているのをみると、とてもうらやましい・・・うちは夫婦で交代で息子を担いで歩きます(だから今回の旅行で筋肉がまたついたみたい)。

街角にはこんな鷲の像があちこち立っていてかわいい。
一つ一つ違うデザインに塗られていてそれぞれ個性的(うちの近所には牛バージョンがあります)。
c0005318_139482.jpg

この鷲にはたしか、"Salmons make the eagle fly"っていうタイトルがついていたと記憶しているのですが、サーモンの本拠地だよね〜と話をしていたら、滞在中にホテルで読んだ地元の新聞の一面に今年のカナダのサーモンの不漁具合についての記事が出ていました。
なんでも今年捕獲が期待できる量は予想していた分の1/10ぐらいなんだそうです。
地元の経済圏の打撃が心配されているという記事でしたが、うちはサーモン食いなのでテキサスみたいな内陸までサーモンが回ってこなくなっちゃうのじゃないか、かなり心配・・・。

写真では鷹の後ろにスタバが写っていますが、カナダではスタバにはいかないのです、こっちこっち。
c0005318_1394477.jpg

Tim Hortonsで頼むコーヒーはダボダボ"double-double"(お砂糖とミルク、ふたつづつ)。
むー、シャボシャボ・・・。

お店の前でドーナツを食べていたら、カモメにじいぃぃぃっと見つめられました。
c0005318_1310337.jpg

ここには朝ご飯調達にお世話になりました。
Tim Hortons以外に通ったのは、Urban Fareっていうスーパー/デリ。
ホテルの隣のブロックにあるもので、ランチを買ったりおやつを買ったり。
c0005318_13115418.jpg

で、このデリがオシャレな品揃えで色々と目移りしましたが、カナダドルが高い(米ドルが弱い)もので必要なもの以外は眺めるだけにしておきました。

ホテルのコンシェルジェに日本人の方がいらっしゃっることを途中で発見して、子連れで遊びに行ける場所、子連れでも大丈夫なレストランなど教えてもらえてもらえました。

教えてもらったレストランの一つZefferelli'sにて。
こんな大人向きっぽい佇まいのお店なので、2歳児がいても大丈夫かな〜と思ったのですが、ここはよかった(DVDプレーヤーも持って歩き、2歳児を黙らせる秘密兵器として活用していました)。
c0005318_13102449.jpg


えーと、前菜のチキンレバー(ワインがすすむ・・・)
c0005318_13105732.jpg

親分が頼んだ、ふつうのスパゲッティ・ラグー・・・なんですが、とてもおいしかった。
c0005318_13112642.jpg
私は、シーフードぉ〜と思いつつ、息子と一緒にチキン・パルメザンなどをシェアしておきました。

ところで、バンクーバーは2002年にウィスラー帰りに妹と遊びに来た事があります。
私はシカゴ発(当時シカゴに留学していた)ダラス経由(親分の家に遊びに行った後)バンクーバー集合、妹は日本発ソウル経由バンクーバー集合というへんな旅だったなー。
どこに泊まって何食べたか、たった6年半前だというのに細かいことは思い出せない自分の記憶力が恐ろしい・・・ただ、このイタリアンレストランの界隈だけは、
「あぁ?ここは昔歩いた事があるのでは?」
と記憶がかすりました。

今回の旅行の行動範囲は、6年半前の時の四分の一もないのではないかと思われ・・・つくづく生活、変わったな〜としみじみしました。
当時は消灯8時半なんてあり得なかったでしょうが、今回は息子の就寝時間にあわせて電気を消すとなにもできなくなり・・・非常に睡眠時間がたっぷりとれた旅でした(爆)。ま、そんなもんやね?

次、公園編に続けます。

by darari | 2009-08-23 14:04 | 旅行 | Comments(4)
Commented by souu at 2009-08-25 14:44 x
子供の年齢に合わせた旅行が一番良いですネ
娘が幼稚園の頃ヨーロッパへ行きましたが 知らない地元のお嬢ちゃんとごく普通の公園で遊んだ事しか覚えていないようです。
カネちゃん大きくなられましたね。
Commented by ハヤシくん at 2009-08-26 14:16 x
分かる分かる、旅先ってやたら寝るの早くて睡眠たっぷりだよね。
もう、寝かしつけと同時に両親もバッタリ。でもそれも楽しみだわー。
ウチは、今週末やっと夏休みらしいイベントがあります。もう夏も
終わりだっつーの。
Commented by darari at 2009-08-28 12:30
souuさん、
子供が小さいと、旅行の目的ががらっと変わりますね。遊んで楽しい旅行から、名所や世界遺産をめぐる旅行へはいつ変わるのかな〜って考えてみましたが・・・当分なさそうです、でもみんなが楽しいのが一番ですね!
Commented by darari at 2009-08-28 12:32
ハヤシくん、睡眠不足を取り戻すのも旅行の目的になりましたね(笑) 
家にいるとなんだかんだ用事に追われるので、ずーっと3人で顔をつきあわせるというのも旅行ならではなのかな〜と思ったり。
夏休みイベント楽しんでください♪


<< バンクーバー :公園編      残暑お見舞い >>