だらだらダラス

daradalla.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2005年 03月 15日

Ski Santa Fe (3)

日曜は、下界はちょっと雲が出ているだけだったのだけど、スキー場まで行くと風がきつくて寒い!かつ、二人とも筋肉痛が来たっていう感じ。

なので、スキーは軽めに2時に切り上げ、山を下りることにしました。帰りは、初日からチェックしてあった、ジャパニーズ・スパ萬波(Ten Thousand Waves)へ寄ってお風呂に入ることに。c0005318_142269.jpg門構えからして和風です。Kumagai groupという日本ぽい名前の会社が主体らしいです。メニューは、パブリックバス$15の他、プライベートバスは$19〜色々。マッサージなども充実している様子。私たちは特に予約もしていなかったし、飛行機に乗る前に汗臭くさえなければ良しってことで、パブリックバスでいいや!ってことにしました。


ところでパブリックバスの「水着可」というのはどういうことでしょうか、とフロントで聞くと、
「混浴なので、水着を着ている人も着ていない人もいます。だいたい半分ずつ。着てなくてもみんなが裸なので、リラックスできますよ。パブリックバスは混浴と女性専用の二種類あります」という。
このあたりで、私は「いやー、私日本人なんだけど、混浴で裸はちょっとリラックスできそうにないので、(女性専用にレズの人もいるかもしれないし)、混浴に水着着て入るわ〜」と、ちょい腰引け気味。(アメリカ人は水着着てるだろうっていう思惑あり)

ロッカーでシャワーを浴びてから(このあたりがちょっと日本の温泉とは違います)、二人で水着を着て混浴のお風呂場にむかいます。
c0005318_1411741.jpg
             ↑この塀の中が露天のお風呂。
風呂桶には、先客5名ほど(うち女性1名)と、ウッドデッキにすっぱだかで新聞を読んでいるおじさん2人。なんでお風呂で新聞読むんだー、じゃなくて、うっわーーーーみんな裸だ!

急に、私は時々日本の温泉でみかけるような、「温泉で水着着ている、場を読めないヤーな外人」へと立場逆転。しまったー水着きないで、女性専用のお風呂にしておけば良かった・・・と思っても、今更っていう感じなので、開き直っておきました。こんなに沢山男の人の裸みたの、初めてだよぉっ。

ちなみに、雰囲気はとても良いです。メキシカンな背景と和風の建物が絶妙にマッチしている感じ。サンタフェの空の下で、お風呂というのは、何とも言えない開放感があります。これで桶に浮かぶ冷えたテキーラなどあれば、日本の温泉よりも良いかもしれません。お客様は、地元のアーティスト風、というかちょっとアカデミックだったり、ヒッピーぽかったり。スキー客という客層ではなさそうな感じ。ちょっとお値段高めなので、そうなるのかもしれません。
次は、プライベートバスの予約をして、マッサージとかもしてもらおう〜、と心に決めて、アルバカーキー空港へ向かい、ニューメキシコを後にしたのでした。

by darari | 2005-03-15 13:57 | 旅行 | Comments(2)
Commented by ラッキー at 2005-03-16 07:29 x
楽しそう~~。 日本風の温泉ですか~。
ニューメキ、あなどれん・・・。ぜひ行ってみたいです。温泉だけに
すごく近いうちに! darariさんのブログはいつも情報満載で本当
に参考になります。(^^)
Commented by darari at 2005-03-16 13:07
ラッキーさん、本当にNMあなどれないです、是非行って下さい。水着持参をお勧めしますけど。


<< 歯ぎしりの予感が      Ski Santa Fe (2) >>